青葉賞2018の結果

 

青葉賞2018の動画

 

レース回顧

 
大方の予想通りディープインラヴが逃げる展開。前半を平均ペースで過ぎると直線入り口で馬群がギュッと凝縮、横一列に広がり各馬の末脚勝負となった。先行していたエタリオウが手応え抜群で脚色で抜け出すと、その外から一気にゴーフォザサミットがかわして単独先頭へ。スーパーフェザーも上位へ進出するも2着争いに加わるまで。最後は2馬身突き抜けたゴーフォザサミットが待望の重賞初勝利を飾りダービーへ悠々と駒を進める事となった。2着にエタリオウ、ここまでに本番への優先出走権が与えられる。期待されたオブセッションやサトノソルタスなどのディープインパクト産駒は見せ場無く敗れてしまった。終わって見ればハーツクライ、ステイゴールド産駒のスタミナ豊富な血統でのワンツーフィニッシュ。
 

勝ち馬ゴーフォザサミット

 
ゴーフォザサミット

ゴーフォザサミット

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ラグジャリー
母父:Storm Cat
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:矢野牧場
馬主:山本英俊

通算成績:6戦3勝(3-0-0-3)
主な戦績:青葉賞など
via google imghp
 
道中は上手くインに潜り込み距離ロスを最小限に抑えたゴーフォザサミット。4コーナーでエタリオウの直後に付けると直線では外に出してエンジン点火、そこから一気に加速すると最後までしっかりと脚を使って見事な差し切り勝ちを飾った。ハーツクライ産駒らしく距離が延びて持ち味が活きた印象で、本番でもこの舞台を勝利した経験は大きな武器となるだろう。ショウナンマイティの弟よろしく、ポテンシャルはかなりのモノを秘めておりハマった時の走りは見所十分だ。蛯名正義騎手も悲願のダービー制覇へ更に色気を出して良いだろう。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎スーパーフェザー
◯オブセッション
▲ダノンマジェスティ
△ディープインラヴ
ゴーフォザサミット
エタリオウ
ダブルフラット
スズカテイオー
×カフジバンガード
ノストラダムス
 

馬連:想定13点:×不的中、三連単:想定168点:×不的中

 
本命は、POG人気馬の中でも直近の走りに信用ができるスーパーフェザー1択だろう。相手は、オブセッション、ダノンマジェスティあたりで。連下は、単勝25倍未満、紐は単勝40倍未満が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:101.9 ※想定RR:102.7

 
                                                    
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印  伴  結城 浜野清水 単勝オッズ
1 9 ゴーフォザサミット 56.0 蛯名 106.0 2:24.4 × × 14.6
2 15 エタリオウ 56.0 石橋 103.0 2 19.6
3 10 スーパーフェザー 56.0 福永 103.0 ハナ 3.7
4 17 モンテグロッソ 56.0 北村宏 100.0 1.3/4 × 168.1
5 11 トラストケンシン 56.0 柴田大 97.5 ハナ × 88.8
6 18 サトノソルタス 56.0 Mデム 104.0 ハナ 4.6
7 7 ミッキーポジション 56.0 横山典 100.0 1/2 97.6
8 12 ダノンマジェスティ 56.0 内田 98.5 クビ 8.2
9 1カフジバンガード 56.0 古川 100.5 クビ 32.9
10 6 ディープインラヴ 56.0 岩田 97.0 1.3/4 10.1
11 8 オブセッション 56.0 Cルメ 93.0 1.3/4 4.1
12 13 ノストラダムス 56.0 和田 102.0 3/4 39.7
13 3 スズカテイオー 56.0 田辺 90.0 2.1/2 22.7
14 2ユウセイフラッシュ 56.0 三浦 90.0 1.3/4 174.9
15 14 テトラルキア 56.0 柴田善 90.0 クビ 448.1
16 5 マイネルサリューエ 56.0 松岡 90.0 6 438.5
17 16 クレディブル 56.0 大野 90.0 クビ 269.6
18 4 ダブルフラット 56.0 戸崎 90.0 3 21.7


 

危険な人気馬結果 サトノソルタス→6着(3人気)

 
大外枠から後方追走。ペースも落ち着いてしまった分、向正面から積極的に前へ進出を見せるも流石に外々を回ってのコースロスは最後の脚色に響いてしまうのも仕方が無い。そもそも共同通信杯以来となるキャリア3戦目、普通に考えればここは通用しない見方が正しかったと言える。それでも6着入線と大きく敗退していない点はやはり評価が必要だろう。
 

穴馬予想 スズカテイオー→13着(9人気)

 
やや立ち上がり気味のスタートで内枠の利を活かせず後方追走を余儀なくされたスズカテイオー。道中も無理に動けずジッと我慢をし末脚勝負へ。しかし、重賞はそこまで甘く無く外を回して懸命に伸びるも一切の見せ場を作れず13着と大敗。能力自体、上位入線馬と比べると少し物足りないレベルで秋以降の活躍に期待したい。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑧⑩-③④⑥⑫⑮⑱ 不的中
単勝 9 1,460円 枠連 5-7 1,710円
複勝 9 320円 ワイド 9-15 2,810円
15 410円 9-10 890円
10 150円 10-15 1,080円
馬連 9-15 10,940円 馬単 9→15 19,390円
三連複 9-10-15 10,910円 三連単 9→15→10 101,530円


 

編集部の回顧

 
上位人気で馬券になったのがスーパーフェザーのみ。結果を見てもダービーは皐月賞上位組がやや有利か。勝ったゴーフォザサミットは蛯名の悲願ダービー制覇に向けて頑張ってほしい。(伴)
 
×ゴーフォザサミットは東京に戻り距離が伸びたことで冴えなかった近2走から一変。2着△エタリオウ、3着△スーパーフェザー。◎オブセッション、○サトノソルタス共に掲示板にも載れずで予想は完敗。(結城)
 
蛯名騎手が内側で脚を溜めて上手な競馬をしたのと同時に、有力とされていた馬がそれほどでもなかった。青葉賞と言えば藤澤厩舎というくらいこのレースを得意にしている藤澤厩舎が勝ち、芝2400では抜群の実績を誇る友道厩舎が2、3着。厩舎力を感じる。道中5、6番手の馬が1、2着。勝ったゴーフォザサミットは蛯名騎手の立ち回りが上手かった。東京向きなことは確かとはいえ、スプリングステークスからの対戦比較でいうとダービーでは入着級か。時計的には通用してもいいのだが。2着エタリオウは長く脚を使えるタイプ。前走同様早めに動いた競馬。大崩れしないとはいえ勝ちきれない。ダービーで勝ち負けとなると疑問。関係ないですが、サトノワルキューレの株が上がりましたね。本命にしたオブセッションが見せ場無く伸びを欠き、対抗にしたスーパーフェザーが勝ち負けに絡むことの無い3着と、実力を読み誤り全く見当外れのひどい予想で弁解の余地もないです。(浜野)
 
オブセッションはどうしちゃったんでしょうね。前回、今回と重症ですね。もう終わりなんでしょうか?そして勝ったのは同じ厩舎のもう一頭ゴーフォザサミットのほうでした。全くのノーマーク。完敗です。友道厩舎の2頭が来ていたのに、残念無念。(清水)
 

青葉賞2018の予想

 

◎オブセッション

 
オブセッション

オブセッション

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:パーシステントリー
母父:Smoke Glacken
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:3戦2勝(2-0-0-1)
主な戦績:シクラメン賞など
via google imghp
 
前走の弥生賞はキャリアの浅さが祟ったのか、4コーナーでゴールを間違えて大きく外へ膨れる競馬で惨敗を喫したオブセッション。皐月賞には向かわず日本ダービーに照準を絞って再度調整をし直して青葉賞に参戦して来た。元より小回りよりは広いコース向きの1頭で、東京が舞台ならスムーズにゴールまで駆け抜けてくれるだろう。普通に走れば本番でも最有力馬に成り得るポテンシャルの持ち主、ここで圧勝すれば本命候補として駒を進める事となる。
 

◯スーパーフェザー

 
スーパーフェザー

スーパーフェザー

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:オーサムフェザー
母父:Awesome of Course
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:KTレーシング

通算成績:4戦2勝(2-1-0-1)
主な戦績:アザレア賞など
via google imghp
 
アザレア賞を鮮やかな差し切り勝ちでオープン入りを果たしたスーパーフェザー。デビュー前はセールで2億超えの額で取り引きされた事からもクラシックの有力候補に名が挙がってた程の逸材だ。出世が少し遅れたものの潜在能力はさすがのひと言で、青葉賞では対抗の印に推しておきたい。2400mを既に経験している強みと、小倉遠征で輸送もこなしている点を考えれば初の東京コースも問題ないだろう。ここで連勝出来れば本番でも期待大。
 

▲ディープインラヴ

 
ディープインラヴ

ディープインラヴ

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ラヴアンドバブルズ
母父:Loup Sauvage
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:パカパカファーム
馬主:フクキタル

通算成績:3戦1勝(1-0-2-0)
主な戦績:3歳未勝利
via google imghp
 
日本ダービー馬ディープブリランテの全弟ディープインラヴ。前走の未勝利戦は兄同様に逃げて2着に9馬身差を付ける圧勝劇で素質の高さを存分に見せ付けている。単なるスローペースでの逃げ切りでは無く、好タイムで走破してラップも優秀。気分良く走れれば今回のメンバーでも十分に台頭可能という判断で良いだろう。唯一の不安は初の遠征という点だが、そこは名門矢作厩舎のスタッフ力がカバーしてくれる筈。一気に重賞初制覇へと突き進めるか。
 

▲ダノンマジェスティ

 
ダノンマジェスティ

ダノンマジェスティ

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ドバイマジェスティ
母父:Essence of Dubai
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:ダノックス

通算成績:3戦2勝(2-0-0-1)
主な戦績:大寒桜賞など
via google imghp
 
大寒桜賞では道中終始掛かり通しの競馬にも関わらず、最後の直線でしぶとく脚を伸ばしゴール前で差し切ったダノンマジェスティ。その気性面の荒さがネックとなるものの、仮にスムーズな走りが出来ればどこまでも伸びて行きそうな爆発力は魅力に尽きる。鞍上の内田博幸騎手も2戦目である程度は手の内に入れて来るだろう事からも、この1戦は更にパフォーマンスが上がる可能性も大きい。ポテンシャルはトップクラスで後は当日のテンション次第か。
 

▲エタリオウ

 
エタリオウ

エタリオウ

牡馬

父馬:ステイゴールド
母馬:ホットチャチャ
母父:Cactus Ridge
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:Gリビエール・レーシング

通算成績:5戦1勝(1-3-0-1)
主な戦績:2歳未勝利
via google imghp
 
新馬こそ4着に敗れたが、それ以降はクラスが上がっても0秒1差内の際どい競馬で接戦を続けているエタリオウ。前走のゆきやなぎ賞で負けたサトノワルキューレがフローラステークスを圧勝している様に、同馬の能力も重賞クラスなのは間違いない。ステイゴールド産駒でスタミナは豊富、上がりが掛かる様なタフな競馬になれば有力馬達を押し退けて勝利するシーンも想定しておかなくていはならないだろう。スーパーフェザーと同僚の友道康夫厩舎管理、大舞台では警戒が必要だ。
 

▲サトノソルタス

 
サトノソルタス

サトノソルタス

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:アイランドファッション
母父:Petionville
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:里見治

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:共同通信杯2着など
via google imghp
 
共同通信杯では僅かキャリア1戦の身で堂々の2着入線を果たしたサトノソルタス。堀厩舎らしく無理なローテーションを組まずにじっくりと調整を続け、ダービートライアルの青葉賞に駒を進めて来た。2走のパフォーマンスを見る限り、既に実力は重賞クラス。後はレース間隔が空いた事と初の2400mというハードルをクリアさえ出来れば上位争いに加わって来る事は必至だろう。鞍上には仕事人のM.デムーロ騎手を配置、陣営の勝負気配がヒシヒシと伝わって来る。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:102.7

 
ダービー馬券候補が増えるかどうか注目の1戦。スーパーフェザー、オブセッション、ダノンマジェスティ、ディープインラヴ、スズカテイオーなどの期待されていた素質馬やサトノソルタス、ノストラダムスなどの実績馬が登場して楽しみなレースだが馬券想定となると難しい1戦ではないだろうか。
 
                                                
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印  伴  結城 浜野清水 予想オッズ
1 カフジバンガード 牡3 56.0 古川 99.3 64.2
2 ユウセイフラッシュ 牡3 56.0 三浦 90.0 249.5
3 スズカテイオー 牡3 56.0 田辺 100.0 67.3
4 ダブルフラット 牡3 56.0 戸崎 94.0 33.8
5 マイネルサリューエ 牡3 56.0 松岡 90.0 999.9
6 ディープインラヴ 牡3 56.0 岩田 100.0 17.0
7 ミッキーポジション 牡3 56.0 横山典 90.0 232.4
8 オブセッション 牡3 56.0 Cルメ 96.0 3.1
9 ゴーフォザサミット 牡3 56.0 蛯名 101.0 × × 17.6
10 スーパーフェザー 牡3 56.0 福永 112.0 4.0
11 トラストケンシン 牡3 56.0 柴田大 91.0 × 138.5
12 ダノンマジェスティ 牡3 56.0 内田 96.0 4.9
13 ノストラダムス 牡3 56.0 和田 106.0 45.4
14 テトラルキア 牡3 56.0 柴田善 90.0 471.3
15 エタリオウ 牡3 56.0 石橋 97.0 13.8
16 クレディブル 牡3 56.0 大野 90.0 452.5
17 モンテグロッソ 牡3 56.0 北村宏 90.0 × 297.7
18 サトノソルタス 牡3 56.0 Mデム 106.0 3.5


 

危険な人気馬 サトノソルタス(想定2人気)

 
M.デムーロ騎手騎乗という事で過剰な人気を集めそうなサトノソルタス。潜在能力は確かだが、共同通信杯以来となる競馬に加えて大外枠、初の2400m戦と飛ぶ要素も多く抱えており勝つか惨敗かという様なイメージがしなくもない。母アイランドファッションは現役時代にマイルを中心に短距離で活躍した馬という事を考えると距離が持たず直線で早々にバテるシーンも一考か。
 

穴馬予想 スズカテイオー(想定9人気)

 
新馬戦勝利後、すみれステークスと大寒桜賞で4着のスズカテイオー。特に前走の大寒桜賞はダノンマジェスティとも差の無い競馬で接戦を演じており、一完歩違えば差し切っていた内容だ。距離が延びる今回は更にパフォーマンスも上がりそうで、直線で豪快に差し込んで来る可能性も大いに有り得る。鞍上の田辺騎手がこの手の人気の馬に乗った時は思い切った競馬で勝負しに来てもおかしくないだろう。
 

編集部の見解

 
ダノンマジェスティはきさらぎ賞で人気集めるも気性の悪さが出て惨敗。前走も掛かりながらも快勝と能力は誰しも認めるところ。皐月賞には目もくれず、タービーへの出走を睨んでのTR出走。是非ラストの切符を掴んでほしい。(伴)
 
本命オブセッション。若さ丸出しだった前走はご愛嬌。阪神外回りで見せた次元の違う性能は広い府中でこそ。対抗サトノソルタス。目標をダービー一本に絞りじっくり熱心な調整。堀&ミルコがきっちり決める。(結城)
 
◎オブセッションは、ダービーでも勝ち負けを争えると思っているだけに、ここは強い内容で通過してほしい。弥生賞はご存知の通り4コーナーで膨れてしまい度外視していい競馬。東京は2度目なのでおそらく大丈夫。シクラメン賞の内容が秀逸で『2歳馬で阪神1800を1分45秒台で勝った馬はG1級』という持論もある。〇スーパーフェザーの前走は鮮やかな楽勝。スローペースだったことを踏まえれば時計面も上々だった。脚質からしても東京は合うし、友道厩舎の2400mでの強さも心強い。▲サトノソルタスは2戦目で共同通信杯2着から、皐月賞には目もくれずダービーに狙いを定めてきているところに好感が持てる。△ダブルフラットの前走は、2着とはいえ好時計。前々走の未勝利勝ちも、翌週の大寒桜賞より馬場差込みでも時計的には上だった。その大寒桜賞を勝ったダノンマジェスティもおさえに△。(浜野)
 
何だかんだ言っても本命はオブセッション。ちゃんと走れば強いでしょう。友道厩舎の2頭と共に期待します。(清水)

関連記事

関連タグ

著者