主役不在、菊花賞を制するのは?

 
今年の菊花賞ほど難しいレースは無いのではないだろうか。本命とされるブラストワンピースが新潟記念からの直行で謎ローテ、皐月賞馬のエポカドーロも神戸新聞杯で不可解な負けを喫して絶対視は出来ない存在だ。エタリオウがどこまで本番で戦えるかという所だろうが、その他にも勝ち負け出来そうな伏兵候補が特に多い年とも言える。そこで、今回は本番で警戒が必要そうな馬を一頭ずつご紹介して行きたい。
 

グロンディオーズ

 
グロンディオーズ

グロンディオーズ

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:シェリール
母父:サンデーサイレンス
所属:田村康仁厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:4戦3勝(3-0-1-0)
主な戦績:信濃川特別など
via google imghp
 
何と言っても最大の惑星はこのグロンディオーズだろう。デビューから4戦3勝と快進撃を続け、特に前走の信濃川特別では古馬相手に余裕の競馬で好タイム圧勝。昨年のキセキも勝ち上がった縁起の良いレースで、未知の能力に大きな期待がかかる。キャリア全レースで上がり最速を計時、先手も取れスタミナも豊富な事から菊花賞の長丁場でより持ち味が活きて来そう。無事に出走出来れば鞍上は名手J.モレイラ騎手がスタンバイしており、上位人気すら予想される1頭だ。
 

グローリーヴェイズ

 
グローリーヴェイズ

グローリーヴェイズ

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:メジロツボネ
母父:スウェプトオーヴァーボード
所属:尾関知人厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:5戦2勝(2-2-0-1)
主な戦績:佐渡ステークスなど
via google imghp
 
春の重賞戦線でも掲示板に入る活躍を見せていたグローリーヴェイズ。圧巻だったのは夏の新潟、佐渡ステークス。4番手から楽に抜け出し何と2000m=1分56秒6という驚異的なタイムで快勝して見せた。高速馬場という事を考えても、まだ伸びシロの余地含めて同馬の可能性を大いに感じる1戦だったと言える。そこから菊花賞へ直行、鞍上に福永祐一騎手を迎え万全の状態で本番へと駒を進める。内枠でジッと我慢の競馬を出来れば一発もあるだろう。
 

アフリカンゴールド

 
アフリカンゴールド

アフリカンゴールド

牡馬

父馬:ステイゴールド
母馬:ブリクセン
母父:Gone West
所属:西園正都厩舎(栗東)
生産:ダーレー・ジャパン・ファーム
馬主:ゴドルフィン

通算成績:7戦3勝(3-1-0-3)
主な戦績:兵庫特別など
via google imghp
 
“上がり馬”という代名詞はこの馬にこそ相応しい。4月の未勝利脱出から瞬く間に1600万クラスまで駆け上がって来たアフリカンゴールド。圧巻だったのは前走の兵庫特別、逃げ馬の番手から馬なりで抜け出すと軽く気合を付けただけで2着馬に4馬身差の大楽勝だった。距離が延びれば延びる程にパフォーマンスが上がりそうで、ステイゴールド産駒最後の大物として大金星をあげる可能性は高い。何より、兄にはドバイワールドカップを制したアフリカンストーリーがいる良血馬、GⅠの舞台設定こそが真骨頂だろう。
 

フィエールマン

 
フィエールマン

フィエールマン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リュヌドール
母父:Green Tune
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:3戦2勝(2-1-0-0)
主な戦績:ラジオNIKKEI賞2着など
via google imghp
 
こちらは逆に“上がり馬”と言うと違和感のあるフィエールマン。春の頃から潜在能力を見せ付けうまく行けばクラシック戦線にも乗れていた逸材の1頭だ。初の重賞挑戦となったラジオNIKKEI賞では、絶望的な位置から直線とんでもない追い込みを見せ勝ち馬に際どく迫る2着と、改めてそのポテンシャルの高さを見せ付けた。そこで勝ったメイショウテッコンが次の神戸新聞杯でワグネリアンと差のない競馬をしている事から、当馬も有力勢とそこまでの力差は無い筈。鞍上にはC.ルメール騎手が騎乗予定、最後の一冠でタイトル獲得なるか。
 

ユーキャンスマイル

 
ユーキャンスマイル

ユーキャンスマイル

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ムードインディゴ
母父:ダンスインザダーク
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:7戦3勝(3-2-0-2)
主な戦績:阿賀野川特別など
via google imghp
 
前走の阿賀野川特別では鮮やかな差し切り勝ちで3勝目をあげ、好タイムを記録したユーキャンスマイル。母父にダンスインザダークを抱え、菊花賞の伏兵要素としての資質は十分。何より母のムードインディゴが秋華賞で大穴を演出した張本人、その遺伝子は当馬にも脈々と受け継がれているだろう。そして、鞍上には淀の長丁場を知り尽くす天才武豊騎手がスタンバイ。これぞまさに“鬼に金棒”という諺がしっくり来る。
 

まとめ

 
以上、2018年の菊花賞における穴馬・伏兵候補まとめ。

ワグネリアン、ダノンプレミアムが抜けたとは言え今年はある意味面白いメンバーが揃った1戦と言えるだろう。同列に比べると失礼だが、臨戦過程や立ち位置が昨年の勝ち馬キセキに似た馬も多くどれが勝ってもおかしくない1戦になるのではないだろうか。

勿論、他馬の動向によっては抽選漏れなどで出走が叶わない場合もあるだろうが、上記でピックアップした馬が出て来た際には厚い印を打ってみてはいかがか。いずれにせよ、一筋縄では終わらないクラシック最終戦。淀のラスト一冠を制するのは一体どの馬か!?

関連記事

関連タグ

著者