福島記念2018の結果

 

福島記念2018の動画

 

レース回顧

 
マルターズアポジーが果敢に逃げてハナへ、差がなく番手にマイスタイルが付けこの2頭が後続を大きく引き離す形でレースは進む。前半1000m57秒台のハイラップを刻み、全体的に脚を使わされる展開となった。そのままの隊列で直線コースに入ると、3番手の絶好位に付けたナムラミラクルがあっさりと抜け出し2着マイスタイル以下を完封。嬉しい重賞初勝利を達成した。3着には内からスルスルと脚を伸ばしたエアアンセムが入線。ハンデ戦ながら上位人気3頭がきっちりとパフォーマンスを発揮した手堅い決着で終わっている。
 

勝ち馬スティッフェリオ

 
スティッフェリオ

スティッフェリオ

牡馬

父馬:ステイゴールド
母馬:シリアスアティテュード
母父:Mtoto
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:19戦6勝(6-3-2-8)
主な戦績:福島記念など
via google imghp
 
前に大きく飛ばした2頭を見て、実質の逃げのポジションに付けたスティッフェリオ。前が後退して来るタイミングで後ろを引き連れながら進出、直線では1頭だけ抜けた脚で前をかわすと着差以上の完勝ぶりで重賞初タイトルを獲得した。成長曲線が急カーブを描き、完全にステイゴールド産駒特有の覚醒ゾーンに入っている様な印象だ。この手の馬は大舞台でも案外大仕事をやってのける傾向があり、有馬記念などのコースでは特に面白い存在と言える。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎エアアンセム
◯スティッフェリオ
▲マイスタイル
マルターズアポジー
×レトロロック
マサハヤドリーム
ナイトオブナイツ
キンショーユキヒメ
マイネルハニー
メドウラーク
 

馬連:想定5点:◯勝利、三連単:想定96点:△的中

 
本命対抗単穴は、単勝10倍未満の4頭から連下なしで紐は単勝30倍未満が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:103.0 ※想定RR:104.2

 
                 
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 大川 河本 浜野 道永 単勝オッズ
1 2 スティッフェリオ 55.0 丸山 107.5 1:58.3 4.5
2 6 マイスタイル 55.0 田中勝 105.6 1.1/4 4.7
3 1 エアアンセム 57.0 田辺 107.0 クビ 3.6
4 7 ナイトオブナイツ 56.0 松山 100.4 3.1/2 × × 18.6
5 10 ルミナスウォリアー 56.0 柴山 103.7 クビ 50.3
6 9 トーセンビクトリー 55.0 三浦 102.1 クビ × 45.9
7 12 マルターズアポジー 57.5 戸崎 104.6 1/2 8.4
8 11 マイネルハニー 57.0 丹内 101.7 アタマ × × 21.7
9 15 マイネルフロスト 56.0 松岡 104.0 1/2 × 48.6
10 8 マイネルミラノ 56.0 木幡巧 102.9 クビ 158.7
11 5 レトロロック 55.0 吉田隼 97.0 1/2 × × 11.0
12 14 メドウラーク 56.0 丸田 99.3 1.3/4 25.0
13 4 ツクバアズマオー 56.0 柴田善 101.0 1.1/2 234.9
14 16 マサハヤドリーム 55.0 勝浦 97.4 1/2 × × 18.2
15 3 キンショーユキヒメ 54.0 鮫島駿 99.9 クビ 19.9
16 13 トミケンスラーヴァ 54.0 藤田 93.2 クビ 59.8


 

危険な人気馬結果 マイスタイル→2着(3人気)

 
結果、飛ばすマイスタイルの後ろで理想的なレース運びが出来たマイスタイル。溜めてキレるタイプではないだけに、ある程度のハイペースで後続にもなし崩しで脚を使わせる競馬がベストな1頭だ。その点、今回は文句無しの展開。これで負けたなら相手を褒めるしか無いだろう。
 

穴馬予想結果 マサハヤドリーム→14着(6人気)

 
ほぼ最後方からレースを進めハイペースで展開が向いたかと思われたマサハヤドリーム。それでも直線全く伸びを見せず、そのまま流れ込んだだけの14着と大敗。能力以前に脚質的にもピンかパーかのタイプで悲観する必要の無い敗戦。今後もハンデ戦で軽快はすべき1頭。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ①②-③⑥⑫⑭ 的中
単勝 2 450円 枠連 1-3 430円
複勝 2 150円 ワイド 2-6 460円
6 170円 1-2 310円
1 140円 1-6 430円
馬連 2-6 1,130円 馬単 2→6 2,250円
三連複 1-2-6 1,430円 三連単 2→6→1 7,540円


 

編集部の回顧

 
メドウラークとキンショーユキヒメの連下想定は余計だったがあとは本命対抗からフォーメーションのバランスもよかったとおもう。思いの外地力決着になっただけで予想外の結果はなかったので順当だったなと。(大川)
 
予想を送ったあとの前日に再検討したら、「あれ?何でマイスタイル抜けにしてるの?」と。「△うつならトーセンビクトリーじゃなくてこっちじゃん」 と思ったのも後の祭りで嫌な予感が...。どちらにせよハズレなんですが、外し方が良くなかったです。展開の読みと対戦比較という視点からいくと、マイスタイル抜け予想はいただけないですね。結果をみればペースと位置取りを考えると◎エアアンセムがちょっとだらしなかったということなんですが。それにしてもこれも◎〇で1着3着ですか...。(浜野)
 
もう少し荒れると思ったが大誤算。堅い…。一応予想は▲→◎→○で決まったもののこれでは。(道永)
 

福島記念2018の予想

 

◎エアアンセム

 
エアアンセム

エアアンセム

牡馬

父馬:シンボリクリスエス
母馬:エアマグダラ
母父:サンデーサイレンス
所属:吉村圭司厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:ラッキーフィールド

通算成績:28戦5勝(5-4-5-14)
主な戦績:函館記念など
via google imghp
 
函館記念快勝後、オールカマーではダンビュライトと接戦の4着と奮闘したエアアンセム。一線級の牡馬相手にある程度の戦いを出来た事はかなりの自信、このローカル重賞なら頭を張っても良い存在だろう。器用なタイプだけに福島コースも先行して楽に抜け出すイメージが付く、ここは軸にしたい1頭。
 

○スティッフェリオ

 
スティッフェリオ

スティッフェリオ

牡馬

父馬:ステイゴールド
母馬:シリアスアティテュード
母父:Mtoto
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:18戦5勝(5-3-2-8)
主な戦績:TVh賞など
via google imghp
 
メキメキと力を付け頭角を現して来たスティッフェリオ。前々走の札幌記念ではサングレーザーやモズカッチャン相手に4着と大善戦。前走のオクトーバーステークスは決め手勝負に持ち込まれて惜敗を喫しているが、上がりがかかる福島のコースなら先ず走って来るだろう。今なら自ら動いてレースを作っても面白い存在。
 

▲マイスタイル

 
マイスタイル

マイスタイル

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ファーストナイナー
母父:フォーティナイナー
所属:昆貢厩舎(栗東)
生産:猪野毛牧場
馬主:寺田千代乃

通算成績:14戦4勝(4-2-1-7)
主な戦績:五稜郭ステークスなど
via google imghp
 
今年に入って秘めたる力を開花させつつあるマイスタイル。札幌記念こそ、トップクラスの圧にやられて大敗してしまったが能力的にはあんなものじゃない。マイペースで気分良く先行出来れば、同世代のトップクラスともやり合える逸材だろう。福島は脚質的にドンピシャのコース、田中勝春騎手に久々の重賞タイトルをプレゼントしたい。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:104.2

 
大混戦のローカル重賞斤量設定含めて難解ではあるので積極的に荒れ想定で馬券構成していきたい。高配当になりそうな激走想定馬が複数いるのでどこを狙うか。
 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 大川 河本 浜野 道永 予想オッズ
1 エアアンセム 57.0 田辺 106.7 2.2
2 スティッフェリオ 55.0 丸山 107.0 3.8
3 キンショーユキヒメ 54.0 鮫島駿 101.1 28.9
4 ツクバアズマオー 56.0 柴田善 101.3 144.0
5 レトロロック 55.0 吉田隼 97.0 × × 40.2
6 マイスタイル 55.0 田中勝 105.4 4.1
7 ナイトオブナイツ 56.0 松山 100.3 × × 51.5
8 マイネルミラノ 56.0 木幡巧 101.9 132.2
9 トーセンビクトリー 55.0 三浦 103.1 × 41.5
10 ルミナスウォリアー 56.0 柴山 101.8 105.4
11 マイネルハニー 57.0 丹内 99.7 × × 12.4
12 マルターズアポジー 57.5 戸崎 104.6 10.4
13 トミケンスラーヴァ 54.0 藤田 93.3 103.4
14 メドウラーク 56.0 丸田 100.4 23.5
15 マイネルフロスト 56.0 松岡 103.1 × 72.3
16 マサハヤドリーム 55.0 勝浦 98.6 × × 41.0


 

危険な人気馬 マイスタイル(想定3人気)

 
上位2頭と比べると、マイスタイルに関しては結果の良し悪しが極端なタイプ。逃げて番手から変に絡まれる危険性があるだけに、全幅の信頼とまではいかないだろう。とは言え、今回の上位3頭はいずれも好走しそうな気配も漂うのだが…。
 

穴馬予想 マサハヤドリーム(想定10人気)

 
2走前の福島テレビオープンでの激走が記憶に新しいマサハヤドリーム。まるで馬が変わったかの様なパフォーマンスでコース適性が高い事の証明だろう。今回も大外枠で後方からの競馬となるが、前がやり合う展開になればゴール前の強襲も十分。
 

編集部の見解

 
本命はエアアンセム。対抗スティッフェリオ。実績上位だが全体信用というわけでもない。マイスタイルは前走レベルがレベルなので一番実績あるといえばある。マルターズアポジーは距離はマイルよりこっちのほうがよいが斤量がこのメンバー相手だと楽といえば楽だがどこまでやれるか。(大川)
 
ハンデ戦とはいえそれほどハンデ差が無く、あまり気にせずに予想をしました。強力な逃げ馬が3頭いて速く淀みのない締まった流れになりそうですから、コース的にもその後ろに位置できる馬が有利でしょう。その視点で印をうちました。あとは対戦比較。函館と札幌で対戦している馬が多くその天気では比較はつけやすいです。(河本)
 
ここは福島記念らしい渋いメンバー構成。荒れも充分考えられる。◎マイスタイルが斤量的にも買い。恐らくアポジーが逃げるから番手か3番手ぐらいか。この馬最近は逃げて勝ってるが以前は先行から抜け出すイメージ。そのパターンの予感。○エアアンセム、サクラを振り切った函館は強かった。あの形の競馬が出来ればここでも。▲スティッフェリオ、切れ味ならこの馬。位置取りと展開さえ向けば頭までも普通にある。(浜野)

関連記事

関連タグ

著者