神戸新聞杯2018の結果

 

神戸新聞杯2018の動画

 

レース回顧

 
スタートでエポカドーロがまさかの躓き。単騎逃げを楽に打てたメイショウテッコンが後続を引き連れてバックストレッチへ。前半1000m1分2秒と重賞にしてはかなりのスローペースで直線での瞬発力勝負となった。中団で脚を溜めていたワグネリアンが直線外から弾かれる様にして伸びると、坂下で粘るメイショウテッコンを捉えゴール前で猛追して来たエタリオウを抑えての堂々たる勝利を飾った。代打騎乗の藤岡康太騎手が陣営の期待に応えるエスコートでダービー馬の秋初戦を白星発進とさせた。エポカドーロは後方待機から後手の競馬で4着、こちらは手痛い復帰初戦となった。
 

勝ち馬ワグネリアン

 
ワグネリアン

ワグネリアン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:7戦5勝(5-1-0-1)
主な戦績:日本ダービー、神戸新聞杯など
via google imghp
 
秋初戦を馬体重+10kgで迎えたワグネリアン。パドックでは精神面での成長も窺い知れ、ダービー馬の貫禄が出ていた。レースは乗り替わりとなった藤岡康太騎手が上手くエスコートし、直線での瞬発力勝負でしっかりと力を出し切りV。2着エタリオウを引き連れ、友道厩舎のワンツーフィニッシュを堂々と飾った。レース後、次走予定を天皇賞秋とし鞍上は再び主戦の福永祐一騎手に戻る。ダービー馬がその年の天皇賞秋を制覇すれば史上初の快挙達成となる。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎エポカドーロ
◯ワグネリアン
▲エタリオウ
×ステイフーリッシュ
ゴーフォザサミット
メイショウテッコン
 

馬連:想定3点:◯勝利、三連単:想定24点:◯勝利

 
本命対抗単穴は人気通りで1択。連下なしで紐に単勝20倍未満が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:108.6 ※想定RR:109.9

 
                 
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 道永 田中 結城 浜野 単勝オッズ
1 3 ワグネリアン 56.0 藤岡康 116.5 2:25.6 2.7
2 2 エタリオウ 56.0 Mデム 116.3 1/2 4.6
3 6 メイショウテッコン 56.0 松山 110.3 アタマ × 16.7
4 8 エポカドーロ 56.0 戸崎 115.3 2.1/2 2.7
5 4 ステイフーリッシュ 56.0 川田 106.5 1.3/4 × 11.9
6 5 タイムフライヤー 56.0 和田 105.7 1/2 27.4
7 7 ビッグスモーキー 56.0 浜中 98.3 クビ 181.4
8 1 ゴーフォザサミット 56.0 蛯名 106.5 1.1/2 × 12.9
9 9 アドマイヤアルバ 56.0 岩田 106.7 3/4 × × × 27.1
10 10 ハーベストムーン 56.0 90.0 7 314.7


 

危険な人気馬結果 ワグネリアン→1着(1人気)

 
結果、最も安定感のある走りで1着をもぎ取ったワグネリアン。藤岡康太騎手の乗り替わりも何のその、前残りの展開を中団から差し切ってダービー馬の意地を見せ付けた。馬体重も順調に増加しており、レースぶりも心身ともに成長した姿を披露。次の天皇賞秋へ絶好のスタートを切った。
 

穴馬予想結果 アドマイヤアルバ→9着(7人気)

 
ダービーと同じく後方待機から直線勝負に賭けたアドマイヤアルバ。しかし、これが本来の力なのかいまいち伸び切れずブービー着順の敗退となってしまった。少頭数での勝負よりも、多頭数で紛れがあっての上位進出でないとさすがにこのクラスでは太刀打ち出来ないのかもしれない。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ③⑧-①②④⑥ 的中
単勝 3 270円 枠連 2-3 730円
複勝 3 120円 ワイド 2-3 320円
2 170円 3-6 710円
6 330円 2-6 940円
馬連 2-3 720円 馬単 3→2 1,300円
三連複 2-3-6 2,930円 三連単 3→2→6 10,650円


 

編集部の回顧

 
エポカドーロ、ワグネリアンで固いと思っていたがまさかの本命エポカドーロが躓きあの位置でのレース運び。直線ヨーイドンならワグネリアンより不利なのは明らか。対抗ワグネリアンから一応全種的中も、本命を間違えたやや不満の残る結果。さらに言うなら脚色を見る限りエタリオウは成長著しく、単穴にすべきだった。(道永)
 
本命エポカドーロが痛恨のスタートミス。結果としてメイショウテッコンの楽逃げとなり展開自体、予想が全くの想定外となってしまった。それでも対抗ワグネリアンが地力を見せ付け、秋初戦を乗り替わりがありながらも危なげなく勝利。何とか馬連、3連単も的中したが決して上手くはない展望だった。(田中)
 
勝ったのは○ダービー馬ワグネリアン。◎皐月賞馬はスタートをしくり、楽しみだった対決も興醒めなものに。2着▲エタリオウ、3着無印メイショウテッコン。3着馬は夏に力を付けたのもあるが展開に恵まれたのが大きい。(結城)
 
不安だった▲ワグネリアンの藤岡康太騎手がしっかりと仕事をして、逆にやらかしてしまったのが〇エポカドーロの戸崎騎手でした。本当に関西圏での戸崎騎手は3割引くらいで考えておいたほうがいいですね。予想の〇と▲の印が逆でした。そうすれば馬連には届いていたのでもったいなかったです。◎ステイフーリッシュはパドックでのイレ込みがキツくて嫌な予感。その割には頑張ってくれたのですが、上位陣も力がある馬でさすが逆転は厳しかったです。メイショウテッコンが思っていたよりも力をつけており、この無印は反省しなければいけません。(浜野)
 

神戸新聞杯2018の予想

 

◎エポカドーロ

 
エポカドーロ

エポカドーロ

牡馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:ダイワパッション
母父:フォーティーナイナー
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:田上徹
馬主:ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン

通算成績:6戦3勝(3-2-1-0)
主な戦績:皐月賞など
via google imghp
 
皐月賞1着、ダービー2着と明らかに現3歳世代トップの実力馬エポカドーロ。脚質に自在性があり末もしっかり、先行出来るスピードとバテないスタミナを持ち合わせた安定感抜群の1頭だろう。菊花賞はともかくとして、芝2400mは問題なく走破可能。少頭数で如何にも同馬がペースの主導権を握りそうな展開となる筈。逃げなくとも番手で進み、4コーナーでレースを動かせばエポカドーロの術中だ。
 

○ワグネリアン

 
ワグネリアン

ワグネリアン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:6戦4勝(4-1-0-1)
主な戦績:日本ダービーなど
via google imghp
 
何と言っても日本ダービー優勝のワグネリアンは捨て置けまい。皐月賞も1番人気に支持されており、エポカドーロ以上の末脚でキレ勝負になればこの馬か。夏を越して更に成長した見込み、ひと皮むけたダービー馬の姿をこの目で確かめたいところだ。但し、今回は藤岡康太騎手が代打騎乗となるため、エポカドーロよりは1つ印を下げた印象である。そこまで無理な競馬はして来ないだろう。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:109.9

 
春終わってみて結果エポカドーロの強さが目立ったので軸としては信用していいだろう。相手はワグネリアン、エタリオウのダービー上位組から数頭含みでいいだろう。
 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 道永 田中 結城 浜野 予想オッズ
1 ゴーフォザサミット 56.0 蛯名 107.8 × 17.1
2 エタリオウ 56.0 Mデム 113.5 4.3
3 ワグネリアン 56.0 藤岡康 114.0 2.8
4 ステイフーリッシュ 56.0 川田 108.7 × 12.8
5 タイムフライヤー 56.0 和田 107.0 27.8
6 メイショウテッコン 56.0 松山 103.0 × 15.8
7 ビッグスモーキー 56.0 浜中 93.0 176.3
8 エポカドーロ 56.0 戸崎 115.7 2.1
9 アドマイヤアルバ 56.0 岩田 109.5 × × × 23.7
10 ハーベストムーン 56.0 90.0 269.9


 

危険な人気馬 ワグネリアン(想定2人気)

 
周知の事実だが、福永祐一騎手がケガのため藤岡康太騎手にスイッチしている。普段から調教に跨っておりそこまで心配は不要だが、何より次の菊花賞は福永騎手に戻る予定。つまり、『無理はせず抑えて折り合いだけ専念』的な指示が出たとすれば最後方待機のまま差し届かずというシーンも考えられる。
 

穴馬予想 アドマイヤアルバ(想定7人気)

 
10戦中2着6回、相手なりに走るため実力がイマイチ把握出来ないアドマイヤアルバだが日本ダービーでも最速の上がりでそこそこの競馬を見せている。GⅠではさすがにパンチ不足だが、GⅡ以下ならこのメンバーでも立ち回り次第という様な気がしてならない。外枠に入ったが、岩田騎手が上手く内に潜らせられれば。
 

編集部の見解

 
◎エポカドーロ。皐月馬、ダービー馬を含め3歳上位陣が揃った今回は固め決着とみる。ワグネリアンも強かったが優駿では一番強い競馬をした印象。位置取り的にもこの馬を挙げる。○ワグネリアン。ダービーの様な末脚を出せれば勿論連勝だが、なにせ鞍上も変わりチグハグになる可能性はある。対抗に下げた。▲ゴーフォザサミット。レイエンダを先週に回したところで、藤沢厩舎のこの馬への期待も感じる。実際ダービーの時も大分期待されてたので改めて。(道永)
 
間違ってもエポカドーロ、ワグネリアンが負ける事は考えらない。展開も前残り有利なら前者、追い込み有利なら後者と都合の良いメンバーが揃った1戦。少頭数でごちゃ混ぜにならない分、紛れも少ない。連下にもしもの場合のエタリオウ、ステイフーリッシュ2頭を入れておく。(田中)
 
皐月賞馬VSダービー馬、大注目の前哨戦。本命は皐月賞馬エポカドーロ。ダービーでは最後差されはしたが、目標になりながらの半馬身差なら力量互角。対抗はダービー馬ワグネリアン。先行して折り合いがついたのは大きな収穫も乗り替わりは痛い。単穴にエタリオウ。 先行決着だったダービーで唯一後方から差し込んできた。(結城)
 
ダービーのVTRを何度か見ると、ここに使ってきたダービー組は着順ほど差がないのではないか?と思うようになりました。それであれば展開と人気順に妙味があるとみて◎はステイフーリッシュにしました。このメンバーであれば3~4番手で競馬ができそうですし、休み明けが良いトライアルホースのイメージもあります。〇は前に行けるエポカドーロです。乗り替わりではないのもいいですね。次に▲ワグネリアンですが、ダービーはある意味嵌まった競馬でもあり、乗り替わりもプラスにはならないでしょう。△は後ろからの競馬になりそうなエタリオウとアドマイヤアルバです。(浜野)

関連記事

関連タグ

著者