レーティング値の算出方法

 
①過去の重賞競走におけるパフォーマンスレーティングのアベレージ値
②過去の重賞競走におけるベストパフォーマンスレーティング値
③次走出走時の期待レーティング値

①~③のアベレージ数値を現時点のレーティングとして下記しております。
※適性は、2018年以降の主戦距離で判断に変更。
 

現役最強馬のランキング

 
マイルCSを終えて、ワンツーの2頭が115オーバーでランクイン。ただしそれより上位馬の順位変動はない。115pt以上が15頭で小粒ではあるが厚い層になってきた。
 
順位 馬名 性生 適性 評価 変動
レイデオロ 牡2014 I 120.4
サトノダイヤモンド 牡2013 I 119.5
アーモンドアイ 牝2015 I 119.5
ダノンプレミアム 牡2015 I 117.5
アドミラブル 牡2014 I 117.0
スワーヴリチャード 牡2014 I 116.9
エタリオウ 牡2015 I 116.8
ブラストワンピース 牡2015 I 116.5
ワグネリアン 牡2015 I 116.5
アルアイン 牡2014 I 116.5
11 サングレーザー 牡2014 M 115.6
12 マカヒキ 牡2013 I 115.5
12 フィエールマン 牡2015 I 115.5
14 ステルヴィオ 牡2015 M 115.2
15 ペルシアンナイト 牡2014 M 115.1


 
レイデオロ

レイデオロ

RT120.4

父馬:キングカメハメハ
母馬:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:11戦7勝(7-1-1-2)
主な戦績:日本ダービー、天皇賞秋など
via google imghp
 
2017年初戦のぶっつけ本番だった皐月賞を最後方追走から5着まで押し上げる快走を見せ評価は上昇。本番のダービーではレース途中に自ら動いて押し切る競馬で圧勝し世代のチャンピオンに輝いた。同年ジャパンカップでも2着に入線し現役最強の座に一歩近付く。2018年年明けから不甲斐ない成績が続いていたものの、秋初戦のオールカマーを楽勝し勢いに乗って天皇賞秋も制覇。GⅠ2勝目を楽に飾り、改めて現役最強馬のポジションに鎮座する事となる。
 
サトノダイヤモンド

サトノダイヤモンド

RT119.5

父馬:ディープインパクト
母馬:マルペンサ
母父:Orpen
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:里見治

通算成績:16戦8勝(8-1-3-4)
主な戦績:菊花賞、有馬記念など
via google imghp
 
3歳時の有馬記念でキタサンブラックを破り、実質の現役最強馬を自身でアピールしたサトノダイヤモンド。総合的なパフォーマンスが高く、如何なる馬場・展開になっても崩れない安定感が魅力の1頭で全ての要素において超一流のレベルを備えている。しかし、昨年の天皇賞春ではキタサンブラックの前に後塵を拝し、その後凱旋門賞挑戦へ専念する事となったがフォワ賞と凱旋門賞で立て続けに見せ場なく連敗。帰国後、精彩を欠き暫く敗戦が続いたが先の京都大賞典で復活の勝利をあげた。
 
アーモンドアイ

アーモンドアイ

RT119.5

父馬:ロードカナロア
母馬:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:6戦5勝(5-1-0-0)
主な戦績:牝馬三冠など
via google imghp
 
牝馬の3歳から飛び級でランクインしたアーモンドアイ。史上5頭目の牝馬三冠達成、その全レースで度肝を抜かれる走りを披露し現役牝馬では最強の位置に来たと言って良い。後は古馬との対戦だけとなるが、オークスの走りを見る限り同世代の牡馬とも対等に戦えると判断。ブラストワンピースが新潟記念を圧勝している様に物差しだけで考えると当馬も通用して良い。今後はジャパンカップへの出走を予定しているが、その真の実力は如何に。
 
ダノンプレミアム

ダノンプレミアム

RT117.5

父馬:ディープインパクト
母馬:インディアナギャル
母父:Intikhab
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム
馬主:ダノックス

通算成績:5戦4勝(4-0-0-1)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークス、弥生賞など
via google imghp
 
朝日杯フューチュリティステークスを完璧な走りで勝利したダノンプレミアム。同世代でライバルはいないと思わせる程にその完成度は高い。続く弥生賞でも強敵と目されたワグネリアン、ジャンダルムなどを子供扱いしまさに1強ムードを作り上げる。日本ダービーでは距離不安が囁かれてしたが、それ以上に中間で一頓挫あった事も含めて不完全燃焼の6着敗退となった。今後は短~中距離路線での活躍が期待される。
 
アドミラブル 

アドミラブル 

RT117.0

父馬:ディープインパクト
母馬:スカーレット
母父:シンボリクリスエス
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤英子

通算成績:5戦3勝(3-0-1-1)
主な戦績:青葉賞など
via google imghp
 
青葉賞をレコード勝ちし一躍日本ダービーの有力候補に名乗り出たアドミラブル。その本番では不利な大外枠発走に加えて、近年稀に見るスローペースによる展開不利から3着に敗退。しかし、それでも内容的には1番強い競馬をしたと見て良い。更に本格化は秋以降のタイプで休養を挟んで更に強くなっている可能性は大。現時点での実績は足りないが、間違いなく2017年世代のトップに位置する馬。今後は現役最強の座を目指して先ずはタイトルを手にしたい。
 
スワーヴリチャード

スワーヴリチャード

RT116.9

父馬:ハーツクライ
母馬:ピラミマ
母父:Unbridled's Song
所属:庄野靖志厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:NICKS

通算成績:12戦5勝(5-3-1-3)
主な戦績:大阪杯など
via google imghp
 
昨年の共同通信杯ではモノが違う競馬で圧勝。皐月賞ではごちゃついた展開で力を発揮出来ずに敗退したが、日本ダービーはきっちりと巻き返して2着入線。続く秋初戦のアルゼンチン共和国杯では初の古馬相手に完勝、続く有馬記念では4着に入る健闘を見せた。明けた4歳初戦、金鯱賞では現役最強馬の呼び声が高いサトノダイヤモンド以下を寄せ付けず楽々と完勝。続く大阪杯では圧巻の競馬で遂にGⅠタイトルを手中に収めた。矛先を変えて挑んだ安田記念はマイルのスペシャリスト達相手に3着と健闘、スピード能力の高さを示している。
 
エタリオウ

エタリオウ

RT116.8

父馬:ステイゴールド
母馬:ホットチャチャ
母父:Cactus Ridge
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:Gリビエール・レーシング

通算成績:9戦1勝(1-6-0-2)
主な戦績:菊花賞2着など
via google imghp
 
2戦目の勝利以降、2着を立て続けに4度と善戦マンのエタリオウ。それでも青葉賞で権利を獲得、出走した日本ダービーではほぼ最後方の一から直線で最速の上がりを繰り出し、3着争いにハナ差まで迫る競馬で存在感を示した。これまでは先行して来たが、ボウマン騎手曰く『溜めた方が伸びそうな気がしていた』とコメントした様に脚質転換で覚醒か。秋初戦の神戸新聞杯、菊花賞と連続2着で相変わらずのキャラクターぶりを発揮したが確実に地力は上がって来ている。
 
ブラストワンピース

ブラストワンピース

RT116.5

父馬:ハービンジャー
母馬:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
所属:大竹正博厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:6戦4勝(4-0-0-2)
主な戦績:新潟記念など
via google imghp
 
デビューから3連勝で毎日杯を制覇。しかし、適性やローテーションを考え皐月賞はパス。日本ダービーの一本に照準を絞って調整するも、本番ではプラス体重も含めて動きにモタツキがあり直線も右往左往。それでも最後は差し切る勢いで伸びて来た事を考えると最も強い競馬をしたのではないだろうか。続く新潟記念では大外からノーステッキで楽々と差し切り勝ち。実力は世代トップで後必要なのはタイトルだけ。しかし、菊花賞では距離適性と瞬発力勝負で他馬に屈して4着に敗れてしまう。
 
ワグネリアン

ワグネリアン

RT116.5

父馬:ディープインパクト
母馬:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:7戦5勝(5-1-0-1)
主な戦績:日本ダービーなど
via google imghp
 
世代屈指の末脚を誇るワグネリアン。東京スポーツ杯2歳ステークスまでの圧勝ぶりはまさに最強を象徴する様なパフォーマンスだった。しかし、弥生賞で初めて王者ダノンプレミアムとの対決に敗れ土が付く。それでも上がりは最速、展開によっては逆転の目もあるだろう。しかし、その皐月賞では全く良いところなく7着に敗退。巻き返しを期した日本ダービーでは大外枠の不利を跳ねのけ、見事な差し切り勝ちで平成最後の日本ダービー馬へと輝いた。
 
アルアイン

アルアイン

RT116.5

父馬:ディープインパクト
母馬:ドバイマジェスティ
母父:Essence of Dubai
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:13戦4勝(4-3-1-5)
主な戦績:皐月賞など
via google imghp
 
昨年の皐月賞をレコードで快勝したアルアイン。その後、勝利こそないものの地力の高さを見せるレースぶりは健在でクラシックディスタンスよりもマイル~中距離がベスト。今後は大阪杯から安田記念と宝塚記念を両睨みする様な形でローテーションは組まれるだろうが、いずれは短距離戦線を席巻するレベルの1頭と判断する。秋のオールカマーではレイデオロと接戦を演じ、世代上位の実力を示す。2000m前後ならGⅠタイトルをもう1つ狙える位置にいる。
 
サングレーザー

サングレーザー

RT115.6

父馬:ディープインパクト
母馬:マンティスハント
母父:Deputy Minister
所属:浅見秀一厩舎(栗東)
生産:追分ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:16戦7勝 (7-2-4-3)
主な戦績:札幌記念、マイラーズカップなど
via google imghp
 
昨年急激に力を付けスワンステークス制覇にまで至ったサングレーザー。その後はマイルチャンピオンシップ3着に入線するなど大舞台で一応の力を示す。勝ち切るまではあと一歩の所まで来ており、古馬になってからの成長次第では短距離戦線の主役を担えるレベルにあるのは間違いない。期待通り、2018年の初戦マイラーズカップを鮮やかな差し切りでレコードV。札幌記念1着、天皇賞秋2着と古馬のトップクラスにあと一歩まで来た。
 
マカヒキ

マカヒキ

RT115.5

父馬:ディープインパクト
母馬:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:14戦5勝(5-2-1-6)
主な戦績:日本ダービーなど
via google imghp
 
2016年のダービーではサトノダイヤモンドとの一騎打ちを制し3歳の頂点に立ったマカヒキ。その後、凱旋門賞へ挑戦するもあえなく14着に大敗してしまう。2017年明けの京都記念では帰国後の大事な初戦となったが、長期休み明けと不慣れな馬場に脚を取られてまさかの3着敗退。その後、暫く不甲斐ない結果が続くものの2018年札幌記念で復調気配を見せる2着と好走して見せた。しかし、続く天皇賞秋では惨敗。またも暗いトンネルにさしかかりそう。
 
フィエールマン

フィエールマン

RT115.5

父馬:ディープインパクト
母馬:リュヌドール
母父:Green Tune
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:4戦3勝(3-1-0-0)
主な戦績:菊花賞など
via google imghp
 
見事4戦目にして菊花賞を制覇したフィエールマン。未完の大器がラスト一冠でタイトルを手にし、3歳世代のトップホースへと躍り出た。体質面の弱さから使い詰め出来なかった春、その無念を晴らすべく鞍上にC.ルメール騎手を配しての勝利。しかしながら、本来の距離適性は中距離にあり、今後の成長次第ではそのレンジで無双の活躍を見せてくれるのではないだろうか。
 
ステルヴィオ

ステルヴィオ

RT111.8

父馬:ロードカナロア
母馬:ラルケット
母父:ファルブラヴ
所属:木村哲也厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:8戦3勝(3-3-0-2)
主な戦績:スプリングステークスなど
via google imghp
 
スプリングステークスを驚異的な末脚で差し切ったステルヴィオ。これまでの2敗は共にダノンプレミアムであり、それ以外には全勝。ある意味で世代の2番手筆頭とも言え、血統的に距離が不安視されるも走りは全く問題無し。ダノンプレミアム不在となった皐月賞で本命視されるも、大外枠から後方を追走し特殊な展開の影響で追い込むも4着止まりの結果に終わってしまった。日本ダービーでは距離不安もあり後方追走、追い込むも届かずの8着となった。秋初戦の毎日王冠ではベストの条件で勝ち馬に迫る追い込みで改めて地力の高さを見せ付けた。
 
ペルシアンナイト

ペルシアンナイト

RT113.9

父馬:ハービンジャー
母馬:オリエントチャーム
母父:サンデーサイレンス
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:追分ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:13戦4勝(4-3-1-5)
主な戦績:マイルチャンピオンシップなど
via google imghp
 
昨年のマイルチャンピオンシップでは圧倒的不利と思われた大外枠を問題にせず、直線で後方から馬群をゴボウ抜きし勝利を飾ったペルシアンナイト。皐月賞でも不利を受けての2着と、池江泰郎厩舎の看板を背負うに値する馬にまで成長した同馬。主戦場はマイル~中距離で、今後は両路線を睨みながらのローテーションとなる。先ずは今年の大阪杯で2着入線、安田記念と富士ステークスでは共に不完全燃焼の競馬で連敗中。秋の本番で巻き返しなるか。
 

現役最強牝馬のランキング

 
マイルCSを終えて、アエロリットが惨敗で評価を下げたものの順位変動はない。109pt以上が12頭と平均的なレベルをキープしている。
 
順位 馬名 性生 適性 評価 変動
アーモンドアイ 牝2015 I 119.5
アエロリット 牝2014 M 113.0
ディアドラ 牝2014 I 112.4
モズカッチャン 牝2014 I 112.2
リスグラシュー 牝2014 I 111.9
レッドジェノヴァ 牝2014 I 110.5
ヴィブロス 牝2013 I 110.3
ラッキーライラック 牝2015 I 110.0
リリーノーブル 牝2015 I 110.0
10 ジュールポレール 牝2013 M 109.3
11 スマートレイアー 牝2010 I 109.2
12 ミッキーチャーム 牝2015 I 109.0


 
アエロリット

アエロリット

RT114.1

父馬:クロフネ
母馬:アステリックス
母父:ネオユニヴァース
所属:菊沢隆徳厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:12戦4勝(4-5-0-3)
主な戦績:NHKマイルカップ、毎日王冠など
via google imghp
 
桜花賞5着から臨んだNHKマイルカップでは1分32秒3という好タイムで圧勝を飾ったアエロリット。元々東京マイルはアドマイヤミヤビと接戦をした得意の舞台。それでも、牡馬相手に堂々の先行抜け出しで3歳世代の短距離王に堂々と輝いて見せた。明けた4歳のヴィクトリアマイル、安田記念では惜敗が続いたものの、秋初戦の毎日王冠ではJ.モレイラ騎手を背に圧倒的な走りで強豪牡馬を撃破。マイル前後ならトップクラスの走りが期待出来そう。
 
ディアドラ

ディアドラ

RT112.4

父馬:ハービンジャー
母馬:ライツェント
母父:スペシャルウィーク
所属:橋田満厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:森田藤治

通算成績:19戦7勝(7-3-3-6)
主な戦績:秋華賞など
via google imghp
 
ドバイターフでヴィブロス、リアルスティールなどと互角の争いを繰り広げたディアドラ。帰国初戦となったクイーンステークスではソウルスターリング以下に3馬身ちぎる走りで、もはや牝馬では敵なしの内容の走りを見せ付けた。今後は牡馬勢の一線級相手にどこまで立ち向かえるかだが、ハービンジャーの成長力をここから証明して欲しい。続く府中牝馬ステークスでは上がり32秒3の鬼脚を繰り出して重賞連勝を飾っている。
 
モズカッチャン

モズカッチャン

RT112.2

父馬:ハービンジャー
母馬:サイトディーラー
母父:キングカメハメハ
所属:鮫島一歩厩舎(美浦)
生産:目黒牧場
馬主:キャピタル・システム

通算成績:13戦4勝 (4-1-4-4)
主な戦績:エリザベス女王杯、フローラステークスなど
via google imghp
 
オークス2着、秋華賞3着の後に臨んだエリザベス女王杯ではデムーロ騎手の好騎乗もあり、古馬相手に堂々の差し切り勝ちをおさめたモズカッチャン。ハービンジャー産駒だけに、まだ本格化はここからだろう。差し脚は世代屈指の破壊力があり、今後もタイトルを増やして行く可能性は非常に高い。4歳の明け京都記念、ドバイシーマクラシックではレイデオロと僅差の競馬。帰国初戦の札幌記念でもマカヒキらを差し切る勢いの末脚で牡馬相手でも堂々と戦える1頭だ。
 
リスグラシュー

リスグラシュー

RT111.9


父馬:ハーツクライ
母馬:リリサイド
母父:American Post
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:16戦4勝(4-6-3-3)
主な戦績:エリザベス女王杯など
via google imghp
 
3歳時の牝馬クラシック戦線で安定した走りを見せたリスグラシュー。どんな展開になっても最後の末脚はしっかりと引き出せるのは何よりの強みだ。2018年の初戦は得意のマイル、東京新聞杯。古馬に混じって堂々たる差し切り勝ちを見せ、短距離戦線の主役候補へ躍り出た。その春は悔しい想いが続いたが、秋のエリザベス女王杯で見事初のGⅠタイトルを獲得している。
 
レッドジェノヴァ

レッドジェノヴァ

RT110.5

父馬:シンボリクリスエス
母馬:コロンバスサークル
母父:ホワイトマズル
所属:小島茂之厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:東京ホースレーシング

通算成績:14戦5勝(5-2-2-5)
主な戦績:京都大賞典2着など
via google imghp
 
地道に力を付け、4歳夏にオープン入り。勢いそのままに臨んだ京都大賞典ではサトノダイヤモンドに際どく迫る2着入線と重賞戦線でもトップクラスのパフォーマンスを披露して見せた。当然ながら、この走りが継続出来れば牝馬同士なら最上位の力であり、今後のローテーションに注目が集まる1頭。とは言え、まだまだ信用しづらい面もあり馬券の対象としては非常に難しい存在か。
 
ヴィブロス

ヴィブロス

RT110.3

父馬:ディープインパクト
母馬:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:佐々木主浩

通算成績:14戦4勝(4-4-0-6)
主な戦績:秋華賞、ドバイターフなど
via google imghp
 
一昨年の秋華賞を制し一気にスターダムの道へと駆け上がったシンデレラだったが、2017年に入ってドバイターフも勝利する驚異的な成長を遂げた。既に男馬相手でも互角に戦える馬となっており、今後の路線がかなり注目される。復帰初戦の府中牝馬ステークスは不利もあって2着、1番人気で臨んだエリザベス女王杯では距離が長過ぎたのか5着に敗退。連覇を狙ったドバイターフでは後方から鋭く追い込み2着に好走、帰国後の宝塚記念でも終始引っ掛かりながら4着入線と地力の高さを示している。
 
ラッキーライラック

ラッキーライラック

RT110.0

父馬:オルフェーヴル
母馬:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:7戦4勝(4-1-1-1)
主な戦績:阪神ジュベナイルフィリーズ、チューリップ賞など
via google imghp
 
阪神ジュベナイルフィリーズを完勝、チューリップ賞でもライバルの2頭を相手にしない強さでまさに女王の名に相応しい走りを見せているラッキーライラック。既にそのパフォーマンスは古馬レベルに達しており、どのポジションからでも突き抜けられるレベルの高さは文句の付け所が無い。オルフェーヴルの初年度にして既に代表クラスの産駒と成り得る器だ。しかし、桜花賞とオークスでは同じく新種牡馬ロードカナロア産駒のアーモンドアイにあっさりと差し切られてしまい女王の座から陥落。秋華賞も惨敗を喫している。
 
リリーノーブル

リリーノーブル

RT110.0

父馬:ルーラーシップ
母馬:ピュアチャプレット
母父:クロフネ
所属:藤岡健一厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:6戦2勝(2-2-2-0)
主な戦績:オークス2着など
via google imghp
 
阪神ジュベナイルフィリーズ2着、桜花賞3着、オークス2着と牝馬クラシック戦線で圧倒的な安定感を誇るリリーノーブル。勝ち切れないものの、最後までしっかりと自身のポテンシャルを発揮できる走りは実に頼もしい。同世代に1頭強い怪物が存在しているものの、上手く行けば秋にはタイトルを獲得出来る可能性は残されているだろう。天候や距離など条件を問わないスタイルは大きな武器となる。
 
ジュールポレール

ジュールポレール

RT109.3

父馬:ディープインパクト
母馬:サマーナイトシティ
母父:エリシオ
所属:西園正都厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:15戦6勝(6-2-2-5)
主な戦績:ヴィクトリアマイルなど
via google imghp
 
いつの間にか地力を付けて頭角を現して来たジュールポレール。昨年のヴィクトリアマイルは展開が向いたものと思われたが、今年の同レースでは堂々と外目から差し切る実力の競馬で初タイトルをもぎ取って見せた。兄サダムパテック同様にマイルの舞台で輝く母系の力もお見事。展開や条件に問われない走りは魅力的だが、今後は人気を背負って同じパフォーマンスが出せるかに注目が集まるだろう。
 
スマートレイアー

スマートレイアー

RT109.3

父馬:ディープインパクト
母馬:スノースタイル
母父:ホワイトマズル
所属:大久保龍志厩舎(栗東)
生産:岡田スタッド
馬主:大川徹

通算成績:33戦9勝(9-5-2-17)
主な戦績:京都大賞典など
via google imghp
 
古馬になって本格化しつつあるスマートレイアー。元より、秋華賞で1番人気に支持されるなど素質は高かったが、脚質にも幅が出来て安定した成績を残せる様になったのは大きい。特に距離適性が幅広く、展開不問のタイプで牝馬同士ならかなり高確率で上位に顔を連ねるだろう。初タイトルを狙ったエリザベス女王杯では直前で武豊騎手が負傷し乗り替わる不幸もあって敗退。天皇賞春も牡馬相手に奮闘するがいかんせんタイトルには届かず終い。
 
ミッキーチャーム

ミッキーチャーム

RT109.0

父馬:ディープインパクト
母馬:リップルスメイド
母父:Dansili
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:三嶋牧場
馬主:野田みづき

通算成績:7戦3勝(3-2-1-1)
主な戦績:秋華賞2着など
via google imghp
 
休養を経て3歳夏の復帰から一気に3連勝を飾ったミッキーチャーム。勢いそのままに臨んだ秋華賞では果敢にハナを奪い、ゴール手前まで逃げ切る粘りを見せ実力を証明して見せた。まだキャリアも浅く、今後の成長次第ではアーモンドアイを脅かす存在になって来そうな1頭だろう。とにかく行き切らせたら相当にしぶとい。距離はマイル~1800mあたりが理想的なレンジか。
 

現役最強三歳馬のランキング

 
マイルCSを終えて、ステルヴィオが2ランクアップ。112pt以上が9頭と上位の層としては平均的な水準まで上がってきた。
 
             
順位 馬名 性生 適性 評価 変動
アーモンドアイ 牝2015 I 119.5
ダノンプレミアム 牡2015 I 117.5
エタリオウ 牡2015 I 116.8
ブラストワンピース 牡2015 I 116.5
ワグネリアン 牡2015 I 116.5
フィエールマン 牡2015 I 115.5
ステルヴィオ 牡2015 M 115.2
エポカドーロ 牡2015 I 114.0
レイエンダ 牡2015 I 112.0
10 ルヴァンスレーヴ 牡2015 D 111.3


 
エポカドーロ

エポカドーロ

RT114.0

父馬:オルフェーヴル
母馬:ダイワパッション
母父:フォーティナイナー
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:田上徹
馬主:ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン

通算成績:8戦3勝 (3-2-1-2)
主な戦績:皐月賞など
via google imghp
 
2連勝して臨んだスプリングステークスでは、ステルヴィオ相手に互角の走りで2着に入線したエポカドーロ。3着以下には3馬身半もの差を付ける内容で、明らかに世代でも飛び抜けた能力を持っている。それを証明する様に皐月賞では離れた馬群の先頭をリードし、そのまま逃げる先行集団をあっさり差し切って快勝。2着サンリヴァルに2馬身差を付ける圧勝、決して展開に恵まれた勝利では無く地力で勝ち取ったGⅠタイトルである。日本ダービーでは果敢に逃げて2着に粘り込み皐月賞馬の意地を見せ付けた。秋は神戸新聞杯、菊花賞と見せ場なく連敗を喫している。
 
レイエンダ

レイエンダ

RT112.0

父馬:キングカメハメハ
母馬:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:4戦3勝(3-1-0-0)
主な戦績:松前特別など
via google imghp
 
骨折明けからも難なく2連勝、無敗で臨んだセントライト記念でも様々な悪条件を跳ね除け2着に入る地力を見せたレイエンダ。間違いなく現3歳世代でもトップクラスの実力馬で、今後順調に成長して行けばGⅠでも好走可能な1頭だろう。もしかしすると兄レイデオロよりも器の大きさはあるかもしれない。恐らく2000~2400mの距離がベストのレンジか。
 

現役最強短距離馬(マイラー&スプリンター)のランキング

 
マイルCSを終えて、ステルヴィオが負かした馬より上位に浮上。ミッキーグローリーも順当に順位を上げた。109pt以上が13頭と平均レベルで推移している。
 
順位 馬名 性生 適性 評価 変動
サングレーザー 牡2014 M 115.6
ステルヴィオ 牡2015 M 115.2
ペルシアンナイト 牡2014 M 115.1
モズアスコット 牡2014 M 113.5
アエロリット 牝2014 M 113.0
エアスピネル 牡2013 M 113.0
ミッキーグローリー 牡2013 M 109.0
サトノアレス 牡2014 M 112.7
グレーターロンドン 牡2012 M 111.6
10 ファインニードル 牡2013 S 111.1
11 ロジクライ 牡2013 M 110.8
12 ジュールポレール 牝2013 M 109.6
13 レッドファルクス 牡2011 S 109.3


 
モズアスコット

モズアスコット

RT113.8

父馬:フランケル
母馬:India
母父:ヘネシー
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:Summer Wind Farm(米)
馬主:キャピタルシステム

通算成績:12戦5勝(5-4-0-3)
主な戦績:安田記念など
via google imghp
 
明け4歳で再注目のモズアスコット。オープン入り後は重賞で善戦が続いているが、3戦目のマイラーズカップではこれまでよりも先行し直線早め抜け出しからエアスピネル以下を完封した点は評価して良い。マイルまでなら十分に許容範囲内で、次走予定の安田記念でも伏兵候補として警戒しておきたい。まさかの連闘策で挑んだその安田記念は中団から追い込み見事GⅠ初タイトルを獲得している。秋初戦のスワンステークスは2着惨敗。
 
エアスピネル

エアスピネル

RT113.1

父馬:キングカメハメハ
母馬:エアメサイア
母父:サンデーサイレンス
所属:笹田和秀厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:ラッキーフィールド

通算成績:17戦4勝(4-3-4-6)
主な戦績:マイルチャンピオンシップ2着、朝日杯フューチュリティステークス2着など
via google imghp
 
マイルGⅠで2着が2回、菊花賞でも3着に入るなどマルチな活躍を見せるエアスピネル。古馬になって更に成長を重ね、今では短距離路線の中心的存在だ。が、しかし大きいレースでは勝ち切れないキャラクターになりつつあり非常に勿体無い1頭。2018年の復帰初戦マイラーズカップは叩き良化型の為、余り良い所なく3着に敗れている。その後休養を挟み復帰初戦の富士ステークスは4着と敗戦を喫している。
 
ミッキーグローリー

ミッキーグローリー

RT109.0

父馬:ディープインパクト
母馬:メリッサ
母父:ホワイトマズル
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:野田みづき

通算成績:11戦6勝(6-1-3-1)
主な戦績:京成杯オータムハンデなど
via google imghp
 
一年以上もの休養を経て、復帰から一気にクラスを駆け上がったミッキーグローリー。母メリッサの活躍に引けを取らない素質ある走りで京成杯オータムハンデを楽々と快勝して見せた。5歳馬ながらまだキャリアは10戦ちょっと。ここから成長する余地も十分に見込め、今後のGⅠ戦線でも十分活躍出来るポテンシャルを感じる1頭だろう。マイル~2000mまでの距離で活躍が見込める。
 
サトノアレス

サトノアレス

RT112.7

父馬:ディープインパクト
母馬:サトノアマゾネス
母父:デインヒル
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:里見治

通算成績:14戦4勝(4-4-1-5)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークスなど
via google imghp
 
一昨年の2歳牡馬チャンピオン、サトノアレス。クラシック戦線は距離の壁もあってか成績が奮わなかったが、短距離路線に戻ってからはさすがの安定感を見せている。特に東京コースでは見事な末脚で幾度も上位争いを繰り返し、能力の高さを誇示する走りで2個目のタイトル獲得まであと一歩の所まで来ている。
 
グレーターロンドン

グレーターロンドン

RT111.6

父馬:ディープインパクト
母馬:ロンドンブリッジ
母父:ドクターデヴィアス
所属:大竹正博厩舎(美浦)
生産:下河辺牧場
馬主:窪田康志

通算成績:15戦7勝(7-1-2-5)
主な戦績:中京記念など
via google imghp
 
決め手に関しては現役でもトップクラスのモノを誇るグレーターロンドン。勝つ時は鮮やかな為、いつも人気を背負っているが展開や条件に左右されやすい点も持ち合わせている。ハマれば一線級相手でも十分に戦えるが、歯車が噛み合わない時は明らかに弱いメンバーでも取りこぼしてしまうのがネックと言える。中京記念では中団でレースを運ぶ新境地を見せ、そのまま差し切りがちで初重賞制覇を達成。今後の活躍に期待出来る内容だった。
 
ファインニードル

ファインニードル

RT111.1

父馬:アドマイヤムーン
母馬:ニードルクラフト
母父:Mark of Esteem
所属:高橋義忠厩舎(栗東)
生産:ダーレージャパンファーム
馬主:ゴドルフィン

通算成績:27戦10勝 (10-2-2-13)
主な戦績:スプリンターズステークス、高松宮記念など
via google imghp
 
高松宮記念、スプリンターズステークスを春秋連覇したファインニードルがランクイン。特に本格化した2018年はこれまで国内4戦4勝とまさに無双状態に入っている。安定した末脚はかなりの破壊力を誇り、先行集団は当然ながら後方から追い込む馬にとっても驚異の存在だろう。アドマイヤムーン産駒の代表馬と成り得る存在だ。
 
ロジクライ

ロジクライ

RT112.0

父馬:ハーツクライ
母馬:ドリームモーメント
母父:Machiavellian
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:久米田正明

通算成績:13戦5勝(5-2-2-4)
主な戦績:富士ステークス、シンザン記念など
via google imghp
 
3歳時にシンザン記念を制した後、故障により長期休養を余儀なくされたロジクライ。復帰後、本調子を取り戻すと重賞戦線でもトップクラスと遜色ない競馬を見せ能力の高さを示している。ハーツクライ産駒だけにまだまだ伸びシロが感じられ、上手く行けば大きなタイトルも狙える1頭だろう。2018年の富士ステークスでは、見事な先行抜け出しの競馬で2年半以上となる重賞勝利を飾った。
 
レッドファルクス 

レッドファルクス 

RT109.3

父馬:スウェプトオーヴァーボード
母馬:ベルモット
母父:サンデーサイレンス
所属:尾関知人厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:東京ホースレーシング

通算成績:28戦10勝(10-2-4-12)
主な戦績:スプリンターズステークスなど
via google imghp
 
昨年は安田記念でも大外を豪快に伸びて勝ったサトノアラジンに肉薄する3着に入り大健闘を見せたレッドファルクス。完全に本格化した印象でそこからぶっつけで臨んだスプリンターズステークスでは大外を豪快に突き抜け見事に連覇を達成、短距離界の新王者へと君臨した。しかし、今年の復帰初戦、阪急杯と続く高松宮記念で敗退を喫し王座陥落の危機に陥っている。
 

現役最強ダート馬のランキング

 
変動なし。武蔵野Sを終えて、サンライズノヴァがサンライズソアと同じ位まで評価回復してきた。力関係から考えると同斤量でもおそらく上位のルヴァンスレーヴが実質最強だが中央G1で完勝するまでは現時点ではこの順位とする。109pt以上の馬が10頭とようやく平均的なレベルまで回復。
 
順位 馬名 性生 適性 評価 変動
マテラスカイ 牡2014 D 112.0
ケイティブレイブ 牡2013 D 111.5
ルヴァンスレーヴ 牡2015 D 111.3
ノンコノユメ 騙2012 D 110.1
サウンドトゥルー 牡2010 D 110.1
ゴールドドリーム 牡2013 D 109.9
サンライズノヴァ 牡2014 D 109.7
サンライズソア 牡2014 D 109.5
ルールソヴァール 牡2012 D 109.0
オメガパフューム 牡2015 D 109.0


 
マテラスカイ

マテラスカイ

RT112.0

父馬:Speightstown
母馬:Mostaqeleh
母父:Rahy
所属:森秀行厩舎(栗東)
生産:Lynch Bages LTD(米)
馬主:大野剛嗣

通算成績:22戦6勝(6-4-0-12)
主な戦績:JBCスプリントなど
via google imghp
 
プロキオンステークスをこれまでのレコードを1秒以上更新する圧巻の走りで完勝したマテラスカイ。1400mまでなら間違いなく現役最上位の実力と言っても過言ではないだろう。後はマイルまで持つ様になれば、各主要GⅠでも活躍する事が出来、実質のチャンピオンになる事も可能。自信を持って臨んだJBCスプリントでは惜しくも2着に敗れているが力は示している。
 
ケイティブレイブ

ケイティブレイブ

RT111.5

父馬:アドマイヤマックス
母馬:ケイティローレル
母父:サクラローレル
所属:目野哲也厩舎(栗東)
生産:岡野牧場
馬主:瀧本和義

通算成績:31戦11勝(11-7-5-8)
主な戦績:JBCクラシック、帝王賞、川崎記念など
via google imghp
 
地道に着実と力を付け気が付けばダートのトップクラスにまで上り詰めたケイティブレイブ。帝王賞、川崎記念と地方の最高峰クラスのGⅠを2勝と古豪の存在感も健在だ。連覇を狙った帝王賞では、現在のダートチャンピオンであるゴールドドリームと激しいマッチアップを繰り広げ惜しくも2着に敗れている。しかし、レース的には自ら前を潰しに行く堂々たる競馬だった。ルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームのいないJBCクラシックでは盤石の競馬でタイトル3勝目を手にした。
 
ルヴァンスレーヴ

ルヴァンスレーヴ

RT111.3

父馬:シンボリクリスエス
母馬:マエストラーレ
母父:ネオユニヴァース
所属:萩原清厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:G1レーシング

通算成績:7戦6勝(6-1-0-0)
主な戦績:南部杯マイルチャンピオンシップ、ジャパンダートダービーなど
via google imghp
 
昨年の全日本2歳優駿を圧勝したルヴァンスレーヴ。年明けの伏竜ステークスは調整不足でまさかの敗退を喫したが、続くユニコーンステークスは大外枠から楽々と抜け出し後続を寄せ付けない走りで快勝。ジャパンダートダービーを圧勝後、続く南部杯でも実績トップクラスのゴールドドリームを退け実質の現役最強の座に暫定王者として君臨する事となる。
 
ノンコノユメ

ノンコノユメ

RT110.1

父馬:トワイニング
母馬:ノンコ
母父:アグネスタキオン
所属:加藤征弘厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:吉田千津

通算成績:24戦8勝(8-4-1-11)
主な戦績:フェブラリーステークス、ジャパンダートダービーなど
via google imghp
 
2018年のフェブラリーステークスで待望の中央GⅠ初制覇。その末脚の破壊力は間違いなく現役トップクラスであり、展開に関係なくラストは猛然と追い込んで来る姿が印象強い。距離もマイル〜2000mまでと幅広く対応出来、数年近くも一線級で活躍し続ける事もまた凄いとしか言い様が無いのである。今後もひたむきに直線外から追い上げる競馬を見せてくれるだろう。
 
サウンドトゥルー

サウンドトゥルー

RT110.1

父馬:フレンチデピュティ
母馬:キョウエイトルース
母父:フジキセキ
所属:高木登厩舎(美浦)
生産:岡田スタッド
馬主:山田弘

通算成績:51戦10勝(10-11-15-15)
主な戦績:チャンピオンズカップ、JBCクラシックなど
via google imghp
 
相変わらずの追い込みキャラクターでダートGⅠ戦線を賑わせるサウンドトゥルー。長距離戦で直線の長いレースになるとその安定感はある意味で賞賛モノだろう。前有利の展開にも関わらず最後方追走から、完全な地力だけで2~3着に入る末脚は圧巻のひと言。それだけ展開に左右される為、キャリアの割にはタイトル3つと物足りない印象も“無事是名馬”を地で行く1頭だ。
 
ゴールドドリーム

ゴールドドリーム

RT109.9

父馬:ゴールドドリーム
母馬:モンヴェール
母父:フレンチデピュティ
所属:平田修厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田勝己

通算成績:17戦8勝(8-4-1-4)
主な戦績:フェブラリーステークス、チャンピオンズカップ、かしわ記念、帝王賞など
via google imghp
 
昨年のダートチャンピオン、ゴールドドリーム。今年のフェブラリーステークスではノンコノユメと熾烈な一騎打ちの末敗れて統一は果たせなかったが、続くかしわ記念、帝王賞と連勝を飾りGⅠタイトルを4つに伸ばしている。しかし、南部杯では3歳のルヴァンスレーヴとの一騎打ちで敗退し王者陥落の危機に陥った。
 
サンライズノヴァ

サンライズノヴァ

RT109.7

父馬:ゴールドアリュール
母馬:ブライトサファイヤ
母父:サンダーガルチ
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ヤナガワ牧場
馬主:松岡隆雄

通算成績:19戦8勝(8-5-1-5)
主な戦績:武蔵野ステークス、ユニコーンステークスなど
via google imghp
 
現役屈指の追い込み馬サンライズノヴァ。最後方から直線どこまで伸びるかの脚質で、想像以上の安定感がある当馬。特に東京コースは無類の強さを誇り、目指すはフェブラリーステークスのタイトルだろう。距離はマイルがベストであり、地方での競馬はジャパンダートダービー以来一切出向いていない。同期のサンライズソアとしのぎを削る存在となっている。
 
サンライズソア

サンライズソア

RT109.5

父馬:シンボリクリスエス
母馬:アメーリア
母父:スペシャルウィーク
所属:河内洋厩舎(栗東)
生産:富田牧場
馬主:松岡隆雄

通算成績:19戦5勝 (5-3-5-6)
主な戦績:平安ステークスなど
via google imghp
 
地道ながら着実に力を付けて来たサンライズソア。当初はサンライズノヴァに先を越されていた様な印象だが、JBCクラシックでは堂々の1番人気で3着入線とその地位を逆転させた当馬。安定感のある先行力と、しぶとい勝負根性で一線級相手に堂々の競馬を続けている。どちらが中央でのタイトルを手にするか、非常に楽しみなサンライズの2騎である。
 
ルールソヴァール

ルールソヴァール

RT109.0

父馬:フレンチデピュティ
母馬:キョウエイトルース
母父:フジキセキ
所属:高木登厩舎(美浦)
生産:岡田スタッド
馬主:ノルマンディーサラブレッドレーシング

通算成績:23戦7勝 (7-6-0-10)
主な戦績:佐賀記念など
via google imghp
 
サウンドトゥルーの全弟にあたるルールソヴァール。さすがに兄の成績に比べると見劣るが、着実に地力を付けて重賞戦線にまで這い上がって来た雑草魂の1頭だ。重賞初挑戦となったみやこステークスでは勝ったテイエムジンソクに大きく水を開けられたものの、自身もキングズガード相手に1馬身以上の差を付けている。その後、ベテルギウスステークスと佐賀記念を連勝しいよいよ本格化の時を迎えている。
 
オメガパフューム

オメガパフューム

RT109.0

父馬:スウェプトオーヴァーボード
母馬:オメガフレグランス
母父:ゴールドアリュール
所属:安田翔伍厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:原禮子

通算成績:7戦4勝(4-2-1-0)
主な戦績:JBCクラシック2着など
via google imghp
 
2018年1月にデビューし、僅か7戦でダート戦線のトップクラスに上り詰めた上がり馬オメガパフューム。長く良い脚を使え、展開に左右されず自ら動いてレースを作れる安定感は群を抜いている。同世代のライバルに強豪ルヴァンスレーヴがいるが、当馬もまだまだ伸びシロの余地は十分。今後の成長次第ではそこも逆転して行ける存在の1頭と言えるのではないだろうか。

関連記事

関連タグ

著者