ペガサスワールドカップターフ

 

2019年01月26日 ペガサスワールドカップターフ 芝1900m ガルフストリームパーク競馬場

9着=アエロリット 牝5 50.5kg (F.ジェルー)

レースタイム=1:54.59(重)
 

レース回顧

 
スタートから前に行く姿勢を見せるも、外のファハンミューラが更に先手を主張。アエロリットはその直後で番手をキープしながらレースを進めた。向正面あたりでキャタパルトがハナを奪って先頭へ、そこから一気に流れが動き出すもアエロリットは反応を見せずズルズルと後退。ファハンミューラと共に4コーナーでは戦意喪失で最下位争いを繰り広げる結果となった。勝ったのは中団から外差しを決めたブリックスアンドモルタル。アエロリットは重馬場が合わなかったのか全く走りにならずブービー入線に終わっている。
 

ゴドルフィンマイル

 

2019年3月30日 ゴドルフィンマイル ダート1600m メイダン競馬場

12着=ノンコノユメ セ7 57kg (J.モレイラ)

レースタイム=1:36.51(良)
 
ドバイワールドカップデーの第1Rで行われたゴドルフィンマイルに出走したノンコノユメ。スタートから大きく出遅れて最後方追走を余儀なくされた道中。前のスピードに付いて行けず、4コーナーに入るまでも差を詰められない形で直線コースへ。そのままダラダラと脚を伸ばしてはいるものの、結果としてシンガリ負けを喫してしまった。勝ったのは粘るヘヴィメタルをゴール前で鮮やかにかわしたコールフロント。
 

UAEダービー

 

2019年3月30日 UAEダービー ダート1900m メイダン競馬場

4着=デルマルーヴル 牡3 57kg (C.ルメール)

レースタイム=1:58.41(良)
 
スタートで立ち遅れたデルマルーヴルは、馬群の中を後方から3頭目あたりから追走となった1戦。ペースが上がって行った4コーナーで上手く外に出すと、直線は追い込み勢で唯一脚を伸ばして4着まで上がる健闘の走りを見せた。前3頭の競り合いからは大きく離されたが、前半の後手が悔やまれるレースだった。勝ったのはJ.オルティス騎手騎乗のプリュクパルフェ。さすがに海外の3歳ダート勢は層が分厚い。
 

ドバイゴールデンシャヒーン

 

2019年3月30日 ドバイゴールデンシャヒーン ダート1200m メイダン競馬場

2着=マテラスカイ 牡5 57kg (武豊)

レースタイム=1:10.75(良)
 
好スタートを切ったマテラスカイは、エックスワイジェットの番手に位置しピッタリとマークして追走。前の2頭が飛ばし気味に後続を引き離す展開で直線コースへ。勢いそのままに、エックスワイジェットがマテラスカイ以下を突き放してあっさりと逃げ切り勝ちを決めた。ラストで脚が鈍ったマテラスカイも何とか2着を死守し、昨年以上の内容でフィニッシュ。ダートの日本レコードホルダーとしての面目は躍如された。
 

ドバイターフ

 

2019年3月30日 ドバイターフ 芝1800m メイダン競馬場

1着=アーモンドアイ 牝4 55kg (C.ルメール)
2着=ヴィブロス 牝6 55kg (M.バルザローナ)
3着=ロードグリッターズ セ6 57kg (D.タドホープ)

レースタイム=1:46.78(良)
 
心配されたアーモンドアイはスタートを出て中団やや前の位置を追走。ヴィブロス、ディアドラはその一~二列後ろでレースを進めて直線コースでの決め手勝負へ。直線に入って外から持ったままの手応えから先頭に立ったアーモンドアイ。後ろからヴィブロスが迫って来ると、後方を確認しながらの追い出しで悠々と一位を死守しあっさりとゴール。初海外遠征も何のそのの内容でGⅠ5勝目を飾った。ヴィブロスは2年連続の2着、ヴィブロスは4着に入線している。
 

ドバイシーマクラシック

 

2019年3月30日 ドバイシーマクラシック 芝2410m メイダン競馬場

2着=シュヴァルグラン 牡7 57kg (H.ボウマン)
3着=スワーヴリチャード 牡5 57kg (J.モレイラ)
6着=レイデオロ 牡5 57kg (C.ルメール)

レースタイム=2:27.17(良)
 
やや掛かり気味にレイデオロが単騎先頭という予想外の展開で幕が開いたドバイシーマクラシック。シュヴァルグラン、スワーヴリチャードは後方から虎視眈々と上位を狙っての追走となった。道中はリラックスして走っていたように思われたレイデオロだったが、やはり直線入り口で早々に脱落。早めに抜け出したオールドペルシアンを外からシュヴァルグランとスワーヴリチャードが迫るものの、そのままの態勢で決着。日本馬3頭に明暗が分かれた1戦だった。
 

ドンカスターマイル

 

2019年4月6日 ドンカスターマイル 芝1600m ランドウィック競馬場

4着=クルーガー 牡7 53kg (T.ベリー)

レースタイム=1:37.65(重)
 
初海外遠征となったクルーガーだったが、気負いせず平常心の競馬で対応して見せた1戦。先行勢の後ろからレースの展開を見る様にして進めた道中。徐々にペースアップして行くと、自身も追いながらエンジンをふかしつつ直線コースに入って行った。すると内から馬群を捌いて良い脚色で上がって行く同馬。最後は強豪ハートネルに食らい付く走りで一応の格好を付けた内容。
 

クイーンエリザベスS

 

2019年4月13日 クイーンエリザベスステークス 芝2000m ランドウィック競馬場

2着=クルーガー 牡7 59kg (T.ベリー)

レースタイム=2:02.54(良)
 
内枠から道中は中団後方に位置したクルーガー。4コーナーにかけて徐々に進出して行くと、直線入り口で最内を突いてあっという間に先頭へ立つ痛快な競馬を見せた。しかし、その外から悠々と差し切った世界No.1ホースのウィンクスに差し切られてしまい無念の2着。とは言え、想像以上の善戦に自身のポテンシャルと、日本競馬のレベルの高さを再確認できる貴重な1戦だっただろう。

関連記事

関連タグ

著者