ペガサスワールドカップターフ

 

2019年01月26日 ペガサスワールドカップターフ 芝1900m ガルフストリームパーク競馬場

9着=アエロリット 牝5 50.5kg (F.ジェルー)

レースタイム=1:54.59(重)
 
スタートから前に行く姿勢を見せるも、外のファハンミューラが更に先手を主張。アエロリットはその直後で番手をキープしながらレースを進めた。向正面あたりでキャタパルトがハナを奪って先頭へ、そこから一気に流れが動き出すもアエロリットは反応を見せずズルズルと後退。ファハンミューラと共に4コーナーでは戦意喪失で最下位争いを繰り広げる結果となった。勝ったのは中団から外差しを決めたブリックスアンドモルタル。アエロリットは重馬場が合わなかったのか全く走りにならずブービー入線に終わっている。
 

ゴドルフィンマイル

 

2019年3月30日 ゴドルフィンマイル ダート1600m メイダン競馬場

12着=ノンコノユメ セ7 57kg (J.モレイラ)

レースタイム=1:36.51(良)
 
ドバイワールドカップデーの第1Rで行われたゴドルフィンマイルに出走したノンコノユメ。スタートから大きく出遅れて最後方追走を余儀なくされた道中。前のスピードに付いて行けず、4コーナーに入るまでも差を詰められない形で直線コースへ。そのままダラダラと脚を伸ばしてはいるものの、結果としてシンガリ負けを喫してしまった。勝ったのは粘るヘヴィメタルをゴール前で鮮やかにかわしたコールフロント。
 

UAEダービー

 

2019年3月30日 UAEダービー ダート1900m メイダン競馬場

4着=デルマルーヴル 牡3 57kg (C.ルメール)

レースタイム=1:58.41(良)
 
スタートで立ち遅れたデルマルーヴルは、馬群の中を後方から3頭目あたりから追走となった1戦。ペースが上がって行った4コーナーで上手く外に出すと、直線は追い込み勢で唯一脚を伸ばして4着まで上がる健闘の走りを見せた。前3頭の競り合いからは大きく離されたが、前半の後手が悔やまれるレースだった。勝ったのはJ.オルティス騎手騎乗のプリュクパルフェ。さすがに海外の3歳ダート勢は層が分厚い。
 

ドバイゴールデンシャヒーン

 

2019年3月30日 ドバイゴールデンシャヒーン ダート1200m メイダン競馬場

2着=マテラスカイ 牡5 57kg (武豊)

レースタイム=1:10.75(良)
 
好スタートを切ったマテラスカイは、エックスワイジェットの番手に位置しピッタリとマークして追走。前の2頭が飛ばし気味に後続を引き離す展開で直線コースへ。勢いそのままに、エックスワイジェットがマテラスカイ以下を突き放してあっさりと逃げ切り勝ちを決めた。ラストで脚が鈍ったマテラスカイも何とか2着を死守し、昨年以上の内容でフィニッシュ。ダートの日本レコードホルダーとしての面目は躍如された。
 

ドバイターフ

 

2019年3月30日 ドバイターフ 芝1800m メイダン競馬場

1着=アーモンドアイ 牝4 55kg (C.ルメール)
2着=ヴィブロス 牝6 55kg (M.バルザローナ)
3着=ロードグリッターズ セ6 57kg (D.タドホープ)

レースタイム=1:46.78(良)
 
心配されたアーモンドアイはスタートを出て中団やや前の位置を追走。ヴィブロス、ディアドラはその一~二列後ろでレースを進めて直線コースでの決め手勝負へ。直線に入って外から持ったままの手応えから先頭に立ったアーモンドアイ。後ろからヴィブロスが迫って来ると、後方を確認しながらの追い出しで悠々と一位を死守しあっさりとゴール。初海外遠征も何のそのの内容でGⅠ5勝目を飾った。ヴィブロスは2年連続の2着、ヴィブロスは4着に入線している。
 

ドバイシーマクラシック

 

2019年3月30日 ドバイシーマクラシック 芝2410m メイダン競馬場

2着=シュヴァルグラン 牡7 57kg (H.ボウマン)
3着=スワーヴリチャード 牡5 57kg (J.モレイラ)
6着=レイデオロ 牡5 57kg (C.ルメール)

レースタイム=2:27.17(良)
 
やや掛かり気味にレイデオロが単騎先頭という予想外の展開で幕が開いたドバイシーマクラシック。シュヴァルグラン、スワーヴリチャードは後方から虎視眈々と上位を狙っての追走となった。道中はリラックスして走っていたように思われたレイデオロだったが、やはり直線入り口で早々に脱落。早めに抜け出したオールドペルシアンを外からシュヴァルグランとスワーヴリチャードが迫るものの、そのままの態勢で決着。日本馬3頭に明暗が分かれた1戦だった。
 

ドンカスターマイル

 

2019年4月6日 ドンカスターマイル 芝1600m ランドウィック競馬場

4着=クルーガー 牡7 53kg (T.ベリー)

レースタイム=1:37.65(重)
 
初海外遠征となったクルーガーだったが、気負いせず平常心の競馬で対応して見せた1戦。先行勢の後ろからレースの展開を見る様にして進めた道中。徐々にペースアップして行くと、自身も追いながらエンジンをふかしつつ直線コースに入って行った。すると内から馬群を捌いて良い脚色で上がって行く同馬。最後は強豪ハートネルに食らい付く走りで一応の格好を付けた内容。
 

クイーンエリザベスS

 

2019年4月13日 クイーンエリザベスステークス 芝2000m ランドウィック競馬場

2着=クルーガー 牡7 59kg (T.ベリー)

レースタイム=2:02.54(良)
 
内枠から道中は中団後方に位置したクルーガー。4コーナーにかけて徐々に進出して行くと、直線入り口で最内を突いてあっという間に先頭へ立つ痛快な競馬を見せた。しかし、その外から悠々と差し切った世界No.1ホースのウィンクスに差し切られてしまい無念の2着。とは言え、想像以上の善戦に自身のポテンシャルと、日本競馬のレベルの高さを再確認できる貴重な1戦だっただろう。
 

クイーンエリザベス2世カップ

 

2019年4月28日 クイーンエリザベス2世カップ 芝2000m シャティン競馬場

1着=ウインブライト 牡5 57kg (松岡正海)
3着=リスグラシュー 牝5 55.5kg (O.マーフィー)
6着=ディアドラ 牝5 55.5kg (武豊)

レースタイム=1:58.81(良)
 
ウインブライトが前、リスグラシューが中団、ディアドラが後方待機とそれぞれが自分の位置取りをしっかり主張してレースを進めた道中。馬群が密集したまま直線コースを迎えると、内から上手く外へ進路を見つけたウインブライトが一完歩ずつ前に迫って加速。更に外からリスグラシューとエグザルタントが馬体を並べて上がって来るも、ゴール前で更にひと伸びしたウインブライトが2019年3連勝で嬉しい初GⅠタイトルを獲得した。リスグラシューは競り合いに負け3着、ディアドラはジワジワ伸びるだけの6着。
 

ケンタッキーダービー

 

2019年5月5日 ケンタッキーダービー ダート2000m チャーチルダウンズ競馬場

6着=マスターフェンサー 牡3 57kg (J.ルパルー)

レースタイム=2:03.94(不良)
 
スタートで後手を踏んだマスターフェンサーは、道中大きく最後方追走を余儀なくされた。前が4コーナーでやり合う形となったものの、マスターフェンサーは最内を突いてグングン追い上げると、ゴール前で上位とほぼ差の無い6着に入り日本の競馬ファンを驚かせる走りを見せた。それ以上に仰天したのは、1着入線のマキシマムセキュリティが斜行で降着処分。繰り上げで14番人気のカントリーハウスが優勝し、3連単は1600万オーバーの大波乱決着となった。
 

ベルモントステークス

 

2019年6月9日 ベルモントステークス ダート2400m ベルモントパーク競馬場

5着=マスターフェンサー 牡3 57kg (J.ルパルー)

レースタイム=2:28.30(良)
 
やや出負けした印象のマスターフェンサー。とは言え、後方からの競馬は当初からの予定通りといった感じでレースを展開する。10頭立ての少頭数でかなりのスローペースとなった1戦、マスターフェンサーも勝負どころで仕掛けたかったが如何せん動かずそのまま団子状態で直線コースへ入って行った。大外に持ち出して脚を伸ばして行くも前が止まらず、最後はグングン加速して追い込むも5着。展開次第ではもしかすると勝ち切っていたかもしれないだろう。
 

プリンスオブウェールズステークス

 

2019年6月19日 プリンスオブウェールズステークス 芝1990m アスコット競馬場

6着=ディアドラ 牝5 55.5kg (武豊)

レースタイム=2:10.25(稍重)
 
スタートから積極的に位置を取りに行ったディアドラ。4番手の好位でレースを進めて行くも、道悪馬場が合わなかったのか勝負どころでズルズルと後退して行って直線コースでは既にギブアップの状態。それでも最後まで懸命に走り続け、何とか6着でゴールインするも勝ち馬は遥か前方でフィニッシュしていた。父ハービンジャーはアスコット競馬場で行われたキングジョージでレコードを記録した名馬。その娘もやはり良馬場で戦いたかったのが本音か。
 

ベルモントオークス招待

 

2019年7月6日 ベルモントオークス招待 芝2000m ベルモントパーク競馬場

4着=ジョディー 牝3 55kg (武藤雅)

レースタイム=1:59.97(良)
 
積極的に押してハナを主張したジョディー。他に競りかける馬もなくマイペースで行くには行けたが、番手のコンクリートローズに終始マークされる形になった道中。自身も手応え良く4コーナーを回って行くものの、それ以上に持ったままで先頭に並びかけるコンクリートローズ。必至で粘りを見せるも一瞬にしてかわされてしまってからは、2~3着馬にもかわされて最後は4着入線となった。それでも、想像以上の走りで日本のファンたちを興奮させた事は間違いない。ナイストライの1戦だろう。
 

ベルモントダービー招待

 

2019年7月6日 ベルモントダービー招待 芝2000m ベルモントパーク競馬場

13着=マスターフェンサー 牡3 55.5kg (浜中俊)

レースタイム=1:58.29(良)
 
スタートから行き脚が付かないマスターフェンサー。道中も何とか必死に前の集団に取り付こうとするも、やはりダートとは違って走りに推進力が物足りないか。4コーナーでの勝負どころでは他馬が一気に動いて行くところで追い付いて行けず、直線コースでは既にシンガリのポジション。そこから加速する訳でもなく、終わって見れば出走中最下位となる13着大敗を喫してしまった。とは言え、適性外の1戦だけに何ら悲観する必要はないだろう。
 

キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス

 

2019年7月27日 キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス 芝2390m アスコット競馬場

6着=シュヴァルグラン 牡7 60.0kg (O.マーフィー)

レースタイム=2:32.42(稍重)
 
道中はエネイブルを見据える様な形で後方からの競馬となったシュヴァルグラン。しかし、そのエネイブルが馬なりで上がって行った勝負どころで置いて行かれる様な格好となり、追っ付けてやっとの追走で直線コースへ。稍重馬場という事もあってか、ジワジワと脚を使うも上位勢とは全く相手にならず6着入線。勝ったのはクリスタルオーシャンとの激闘を制したエネイブル。これでGⅠ9勝目と共に、凱旋門賞3連覇に向けて視界良好のスタートとなった。
 

ナッソーステークス

 

2019年8月1日 ナッソーステークス 芝1980m グッドウッド競馬場

1着=ディアドラ 牝5 60.0kg (O.マーフィー)

レースタイム=2:02.93(良)
 
スタート直後、馬のリズムに合わせてストレスフリーの後方追走を選択したディアドラ。道中は馬群が凝縮された中、淡々と大きな動きもなく進んで行く。メダーイが平均的なペースで余力十分のまま勝負どころに入って行くと、更にリードを広げて逃げ切り態勢に。しかし、内からグングン脚を伸ばしたディアドラが襲いかかると、ゴール前であっさりかわし快勝で海外GⅠ初制覇を達成。トップハンデの60kgを背負ってのこの走りは非常に価値ある内容だろう。
 

インターナショナルステークス

 

2019年8月21日 インターナショナルステークス 芝2050m ヨーク競馬場

8着=シュヴァルグラン 牡7 60.0kg (O.マーフィー)

レースタイム=2:07.77(良)
 
サーカスマキシマムが先手を主張、人気のクリスタルオーシャンは2番手から定位置で競馬を進める形。シュヴァルグランは前の先行集団を見る形の7~8番手を追走となった。道中は淡々と流れ隊列も変わらずにヨーク競馬場の長い長い直線コースへ。この時、人気のクリスタルオーシャンに並びかける様にして3歳馬ジャパンが位置を押し上げてペースが一気に上昇。流れの緩急に付いて行けなかったシュヴァルグランは置いてけぼりとなってしまい、最後までそのロスが響いて8着に流れ込むだけの競馬となった。勝ったのはクリスタルオーシャンとの一騎打ちに競り勝ったR.ムーア騎手騎乗のジャパン。
 

愛チャンピオンステークス

 

2019年9月14日 愛チャンピオンステークス 芝2000m レパーズタウン競馬場

4着=ディアドラ 牝5 59.0kg (O.マーフィー)

レースタイム=2:06.49(良)
 
内枠から好スタートを決めたハンティングホーンが単騎先頭、2番手にマジカルが付けてディアドラは中団やや後方の馬群に付けての追走となった。馬群が5馬身以内に凝縮する形のまま淡々と競馬は進み、隊列も変わらずにそのまま直線コースへ。絶好の手応えから早めに抜け出したマジカルが後続を寄せ付けない走りで快勝。注目のディアドラは直線半ばまで前が開かず、仕方なしに外へ出してから猛追するも時既に遅し。4着入線も非常にもったいない競馬となった。まともなら2着はあった1戦。
 

凱旋門賞

 

2019年10月6日 凱旋門賞 芝2400m ロンシャン競馬場

7着=キセキ 牡5 59.5kg (C.スミヨン)
11着=ブラストワンピース 牡4 59.5kg (川田将雅)
12着=フィエールマン 牡4 59.5kg (C.ルメール)

レースタイム=2:31.97(重)
 
戦前の予想通り、ガイヤースが単騎で逃げる展開に2番手にはフィエールマン、その外から進出するマジカル、それを見る様にしてエネイブルが追走。ブラストワンピース、キセキは中団の位置で前を窺う形のレース運びとなった。直線コースではそのマジカルをエネイブルが早めに競り落として単独先頭に立つと、ソットサス、ジャパンを振り切り3連覇濃厚の残り1F。しかし、外からグングン伸びて来たヴァルトガイストがゴール前で鮮やかに差し切って昨年のリベンジを果たす快走を見せた。エネイブルの歴史的瞬間は見られず、現地も唖然の雰囲気となっていた。
 

コーフィールドステークス

 

2019年10月12日 コーフィールドステークス 芝2000m コーフィールド競馬場

7着=スズカデヴィアス 牡5 59kg 

レースタイム=2:02.51(不明)
 
スタートは出たものの最後方でレースを進めたスズカデヴィアス。レースはゲイローチョップが平均的な流れで逃げ、続いてホームズマン、ドリームキャッスルと続く。勝負どころでその直後にいたブラックハートバートが早めの仕掛けで直線先頭へ立つとそのまま押し切る態勢に。しかし、外からケープオブグッドホープがゴール前で並びかけハナ差かわした所がゴールとなった。スズカデヴィアスは大外へ持ち出し追い込みに縣けるものの、伸び切れず8着に沈んでいる。
 

コーフィールドカップ

 

2019年10月19日 コーフィールドカップ 芝2400m コーフィールド競馬場

1着=メールドグラース 牡4 55.5kg 

レースタイム=2:30.16(良)
 
4頭が出走取消となり18頭立てとなったコーフィールドカップ。日本から参戦したメールドグラースは外枠からの発走となり、同中は最後方に近いポジションで追い込みに縣ける競馬となった。レースはウォルフが逃げハートネルが2番手、そこから隊列は馬群が凝縮し流れはかなりのスローペースで流れて行った。それを嫌ったメールドグラースが勝負どころで一気に前へ押し上げて行くと、直線入り口では先行集団を飲み込む勢い。そこからあっという間に先頭へ躍り出ると、最後までそのリードを守り切って見事に海外GⅠのタイトルを勝ち取った。これで年内は無傷の6連勝を達成。
 

英チャンピオンステークス

 

2019年10月19日 英チャンピオンステークス 芝2000m アスコット競馬場

3着=ディアドラ 牡4 58kg 

レースタイム=2:08.42(重)
 
レースは外から果敢に逃げたリーガルリアリティがレースを引っ張り、人気のマジカルは好位の2番手。日本馬ディアドラは後方のインを追走となった英チャンピオンステークス。道中は少頭数という事もありそこまで大きな動きもなく、マジカルがいつも通り勝負どころで仕掛けて直線入り口では先頭へ。更にその外から伸びて来たアデイブとの一騎打ちとなるも、余力たっぷりに振り切り快勝。凱旋門賞から中1週の強行ローテも何のその、GⅠタイトル3勝目をGET。肝心のディアドラは直線ジリジリと伸びて、内で粘るフォックスタルをゴール前で差し切り何とか3着入線を果たした。
 

コックスプレート

 

2019年10月26日 コックスプレート 芝2040m ムーニーバレー競馬場

1着=リスグラシュー 牝5 57kg
13着=クルーガー 牡7 59kg 

レースタイム=2:04.21(稍重)
 
スタートでややタイミングの合わなかったリスグラシューは道中後方から展開、クルーガーはそれより前の先行集団やや後ろといった位置取りとなったコックスプレート。レースは2番人気マジックワンドが果敢に逃げるも、道中でやや厳しいマークに遭い勝負どころで手応えが怪しく後退気味に。代わって捲くり気味に上がったキャステルヴェキオが直線入り口で早々に先頭へ立つと、それを4コーナーで一気に押し上げたリスグラシューがねじ伏せる様にして完封。堂々の1番人気に応える走りで海外GⅠ初制覇を飾った。クルーガーは13着大敗を喫している。
 

BCジュヴェナイル

 

2019年11月1日 BCジュヴェナイル ダート1700m サンタアニタパーク競馬場

5着=フルフラット 牡2 55.5kg

レースタイム=1:44.93(良)
 
やや発馬で立ち遅れ気味となったフルフラット。前の先行集団がグングン引っ張って行くレースを、自身は外々を回って何とか追走して行く競馬となった。ストームザコートが終始ハナを譲らず、手応え良く直線コースへ入って行くと、最後までリードを譲らずゴール前で猛追するアニュードールをクビ差振り切ってBCジュヴェナイルを制覇。そこから約1秒強遅れて5着入線を果したフルフラットだった。アメリカではスローペース表記となっていたが、ダート1700m=1分44秒9は2歳の日本レコードとタイ記録。さすがに初ダートでこの時計は追い掛けるのだけで精一杯だったろう。
 

BCスプリント

 

2019年11月2日 BCスプリント ダート1200m サンタアニタパーク競馬場

8着=マテラスカイ 牡5 57kg

レースタイム=1:09.00(良)
 
スタートから好ダッシュを見せて逃げる姿勢を見せたマテラスカイ。しかし、内からシャンスロットが更に加速してスッとハナに立つとそこから引いて外目の2番手を追走して行った。暫くは良い感じで付いて行けてたのだが、4コーナーでハイペースから既に手応えが怪しくスピードが落ちて行ってしまう。直線入り口では後続の追い上げにも飲まれて見る影もなくなり、最後はバテバテでの8着最下位入線に終わる。勝ちタイムが1分9秒ちょうどとほぼ芝並みの未体験ゾーンで決着している事から、やはり米ダートのレベルの高さを思い知らされる結果となった。
 

メルボルンカップ

 

2019年11月5日 メルボルンカップ 芝3200m フレミントン競馬場

6着=メールドグラース 牡4 56kg

レースタイム=3:24.76(重)
 
スタート直後はヴァウアンドディクレアが先頭に立つも、1コーナーに入る直前でヤングスターがハナを奪い返し道中はスローペースとなった1戦。人気の日本馬メールドグラースは先行集団の直後を追走するも、24頭立ての馬群に揉まれてやや苦しい展開に。そのまま大きな隊列の変化もなく直線入り口でマスターオブリアリティが早め先頭の仕掛けを見て一気に各馬追い出しを図る。更に内からヴァウアンドディクレアが盛り返し、そこにプリンスオブアランも加わり横一列の大激戦。最後はヴァウアンドディクレアが軽量ハンデを活かしてグイッと抜け出しメルボルンカップを制覇した。メールドグラースは終始手狭の競馬で直線外に持ち出すも時既に遅し、6着に敗退している。
 

マッキンノンステークス

 

2019年11月9日 マッキノンステークス 芝2000m フレミントン競馬場

7着=スズカデヴィアス 牡8 56kg
8着=クルーガー 牡7 59㎏

レースタイム=2:01.82(稍重)
 
スタートからやや押し気味にポジションを取りに行ったクルーガー、一方で大外枠から一旦は最後方まで下がって追い込みにかけたスズカデヴィアス。ペース自体はゆったりとした流れで進み、各馬大きな動きもなく4コーナーから直線へ。番手に付けていたマジックワンドがそのまま抜け出しを図り、後続を寄せ付けない走りで快勝。クルーガーは中団から後退し、後ろから追い込んだスズカデヴィアスと着順が入れ替わる様にして仲良く7、8着に敗れている。

関連記事

関連タグ

著者