毎日杯2019の結果

 

毎日杯2019の動画

 

レース回顧

 
最内から好スタートを切って楽に先手を取ったランスオブプラーナ。一方で一番人気のヴァンドギャルドは外枠から出遅れ気味の発馬となって最後方からの競馬となった。前半3ハロンを36秒5のスローペース、アルメリア賞と全く同じ様な競馬で直線も粘り腰を見せたランスオブプラーナが、最後に迫るウリウリの追撃を振り切ってそのまま悠々と逃げ切り勝ち。嬉しい重賞初制覇となった。ヴァンドギャルドは後手後手のレース運びが仇となり、ゴール前で3着にあがるのが精一杯の競馬だった。やはりレースはスタートが重要な事を痛感させられた1戦。
 

勝ち馬ランスオブプラーナ

 
ランスオブプラーナ

ランスオブプラーナ

牡馬

父馬:ケープブランコ
母馬:マイプラーナ
母父:マンハッタンカフェ
所属:本田優厩舎(栗東)
生産:フジワラファーム
馬主:五影慶則

通算成績:6戦3勝(3-2-1-0)
主な戦績:毎日杯など
via google imghp
 
きさらぎ賞の激走で穴馬キャラクターが定着しているランスオブプラーナだが、新馬からここまで全て3着以内と堅実な成績で実は超優等生タイプの1頭。スタートも良く、楽に先手を奪えて終いもしっかりしている点が条件や展開を問わず上位争いを演出出来る強みなのだろう。今回もペースに恵まれたとは言え、それらを作り出すれレース運びの巧さが際立っていた。大きな舞台でも、甘く見ていたらアッと言わせる走りを見せてくれるかもしれない。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎ヴァンドギャルド
〇ランスオブプラーナ
▲ウーリリ
マイネルフラップ
△ルモンド
アントリューズ
ケイデンスコール
オールイズウェル
 

馬連:想定13点:△的中、三連単:想定168点:△的中

 
本命対抗はきさらぎ賞の2頭、単穴は単勝10倍未満、連下は、単勝15倍未満で紐なしが理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:104.5 ※想定RR:106.0

 
                 
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 大川 坂入 田中 今中 単勝オッズ
1 1 ランスオブプラーナ 56.0 松山 109.0 1:47.2 5.1
2 2 ウーリリ 56.0 福永 109.0 クビ 4.6
3 13 ヴァンドギャルド 56.0 Cルメ 108.5 1.1/4 3.2
4 5 ケイデンスコール 57.0 北村友 106.0 アタマ 14.3
5 11 マイネルフラップ 56.0 吉田隼 109.5 1.3/4 6.6
6 6 オールイズウェル 56.0 藤岡佑 103.0 ハナ 14.8
7 7 ダノンテイオー 56.0 岩田康 100.0 クビ 85.3
8 3 ルモンド 56.0 川田 100.0 1/2 × 11.2
9 4 キングオブコージ 56.0 和田 97.0 1.3/4 19.3
10 9 アントリューズ 56.0 田辺 98.5 3/4 × 14.0
11 8 コパノマーティン 56.0 浜中 95.3 1.1/4 274.1
12 10 セントウル 56.0 小牧 94.0 3/4 65.4
13 12 [地]アンタエウス 56.0 山田祥 90.0 3.1/2 190.9


 

危険な人気馬結果 ウーリリ→2着(2人気)

 
内からランスオブプラーナの直後を我慢強く追走したウーリリ。キャリア2戦目とは思えない落ち着きぶりで、クラスが上がっても血統がサポートしてくれているのだろうか。直線でも最後まで懸命に脚を使い、上々の内容で2着と賞金を加算。大幅な+馬体重で成長の余地も感じさせ、今後のローテーションにも注目が集まる。
 

穴馬予想結果 アントリューズ→10着(6人気)

 
中団追走から4コーナーである程度前に行く形でレースを作ったアントリューズ。しかし、直線に入ってパタッと脚が止まってしまい結果10着大敗となった。この内容からも、やはり2戦2勝のマイルまでが適正距離となるのだろう。今後は短距離路線に絞って、番組を選んで行くのが懸命か。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑤⑬-①②③⑥⑨⑪ 不的中
単勝 1 510円 枠連 1-2 1,420円
複勝 1 150円 ワイド 1-2 440円
2 160円 1-13 340円
13 130円 2-13 400円
馬連 1-2 1,230円 馬単 1→2 2,330円
三連複 1-2-13 1,430円 三連単 1→2→13 8,510円


 

編集部の回顧

 
展開的には前が楽だったとは言えある程度地力決着の印象。やはりルモンドとアントリューズは過剰人気だったので軽視で正解だった。もうちょっとながれていれば入れ替わっているだろうから想定範囲としてはベストだったがヴァンドギャルド、ランスオブプラーナ軸であるべきだった。反省。(大川)
 
勝ったランスオブプラーナは枠の利もあったとはいえ逃げて強い競馬だった。松山騎手の好騎乗も光った。2着ウーリリも内枠を生かしいい競馬だった。+16キロだったが成長分で次走はおそらくダービーを目指すと思うがこれから楽しみな1頭だ。ヴァンドギャルドは外枠が響いた。あの競馬しかできなかった。現状ではクラシックが難しくなったがこれからも追いかけたい。(坂入)
 
ランスオブプラーナは内から好スタート、ヴァンドギャルドは大外から出遅れ。発馬の時点で勝負あり、という形の1戦だっただろう。これらは展開や条件などが変われば逆転出来る範囲の差。それよりも、ウーリリがあそこまで走れるとは思わなかった。加えて、この短期間での成長ぶり。これはダービーに間に合えば面白い。(田中)
 
展開的に逃げたランスオブプラーナに勝って下さいというレースだった。ヴァンドギャルドはタメすぎて3着が精一杯。誰かがランスオブプラーナを突かないといけなかったが、誰もいかないのでそのまま逃げ切り。勝った馬はメンバーに恵まれた一戦だった。(今中)
 

毎日杯2019の予想

 

◎ヴァンドギャルド

 
ヴァンドギャルド

ヴァンドギャルド

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:スキア
母父:Motivator
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:4戦1勝(1-0-1-2)
主な戦績:東京スポーツ杯2歳ステークス3着など
via google imghp
 
キャリア2戦目ながら、ハイレベルの東京スポーツ杯2歳ステークスで3着に入線したヴァンドギャルド。その後、期待されたホープフルステークスは直線の不利、続くきさらぎ賞は不良馬場に脚をとられていずれも不完全燃焼で終わっている。今回、良馬場が見込めそうな毎日杯では当然ながら不動の本命候補となるだろう。勝てば堂々と皐月賞へ。
 

○ケイデンスコール

 
ケイデンスコール

ケイデンスコール

牡馬

父馬:ロードカナロア
母馬:インダクティ
母父:ハーツクライ
所属:安田隆行厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:3戦2勝 (2-1-0-0)
主な戦績:新潟2歳ステークスなど
via google imghp
 
長期休養明けの朝日杯フューチュリティステークスは出遅れもあって大きく大敗したケイデンスコール。本来は決め手も上位の存在だっただけに不甲斐ない敗戦だ。とは言え、一度で見限れる様な血統でもなく、むしろこれから秋にかけて成長して行くタイプの血筋。距離延長もむしろ歓迎のクチで、ここでもう一度見直したいところだ。
 

▲ランスオブプラーナ

 
ランスオブプラーナ

ランスオブプラーナ

牡馬

父馬:ケープブランコ
母馬:マイプラーナ
母父:マンハッタンカフェ
所属:本田優厩舎(栗東)
生産:フジワラファーム
馬主:五影慶則

通算成績:5戦2勝(2-2-1-0)
主な戦績:アルメリア賞など
via google imghp
 
きさらぎ賞で逃げ粘り高配当を演出したランスオブプラーナ。馬場と展開に助けられてフロックかと思われていたが、続くアルメリア賞では正攻法の競馬できっちりと逃げ切って見せた。自分の型に持ち込めれば二枚腰も効くだけに、ここは是が非でもスタートを決めて先手を主張したい。
 

▲ウーリリ

 
ウーリリ

ウーリリ

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:1戦1勝 (1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
11月の新馬戦を快勝したウーリリ。日本ダービー馬マカヒキの全弟という血統だけに、ここからの成長力に期待して単穴に指名しておく。そのデビュー戦で負かしたミッキーブリランテが、年明けのシンザン記念でいきなり3着に入っている事から考えても同馬のポテンシャルはそれ以上。休養明けでいきなりの重賞となるが、そこは血の勢いでクリアしてもらいたい。
 

▲マイネルフラップ

 
マイネルフラップ

マイネルフラップ

牡馬

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:マイネエレーナ
母父:ロージズインメイ
所属:梅田智之厩舎(栗東)
生産:ビッグレッドファーム
馬主:サラブレッドクラブ・ラフィアン

通算成績:7戦2勝(2-1-0-4)
主な戦績:シンザン記念2着など
via google imghp
 
2戦続けて10番人気以下での激走が続いているマイネルフラップ。とは言え、もはやその実力は本物でしかなく、後方待機から繰り出される鬼脚は世代でもトップクラスの決め手だろう。距離が延びてどうかだが、気性面から最後方で追走するのがベストなだけにゆっくり進める分問題ないと見て良い。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:106.0

 
ヴァンドギャルド、マイネルフラップ、ケイデンスコール、ウーリリ、ランスオブプラーナあたりが中心もオールイズウェル、アントリューズあたりも人気しないようなら狙い目だろう。
 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 大川 坂入 田中 今中 予想オッズ
1 ランスオブプラーナ 56.0 松山 109.0 5.9
2 ウーリリ 56.0 福永 106.0 4.6
3 ルモンド 56.0 川田 97.0 × 13.3
4 キングオブコージ 56.0 和田 90.0 117.4
5 ケイデンスコール 57.0 北村友 112.0 5.1
6 オールイズウェル 56.0 藤岡佑 103.0 25.1
7 ダノンテイオー 56.0 岩田康 90.0 39.4
8 コパノマーティン 56.0 浜中 96.5 129.7
9 アントリューズ 56.0 田辺 100.0 × 23.9
10 セントウル 56.0 小牧 94.0 238.9
11 マイネルフラップ 56.0 吉田隼 112.0 6.5
12 [地]アンタエウス 56.0 山田祥 90.0 283.0
13 ヴァンドギャルド 56.0 Cルメ 109.0 2.4


 

危険な人気馬 ウーリリ(想定2番人気)

 
血統的観点からも人気を集める事になるウーリリ。当然、その潜在能力は確かなものがあるとしても、さすがにいきなりの重賞挑戦で上位に食い込めるかというと話は別か。4~5番人気なら妥当な評価だが、戦前の予想通り2~3番人気に支持されているならむしろ消したい存在に変わる。
 

穴馬予想 アントリューズ(想定7番人気)

 
シンザン記念で1番人気ながら8着に沈んだアントリューズ。具体的な敗因が掴めていないが、ベゴニア賞で見せたパフォーマンスならここでも十分に通用して良いレベルだ。前走だけで人気を落としている様なら積極的に狙って行きたい。
 

編集部の見解

 
実績的には、ヴァンドギャルドとランスオブプラーナからなのかもしれないがそのレベルよりはマイネルフラップの豪脚と惨敗もありえるケイデンスコールを軸にしてみた。あとはウーリリ、オールイズウェル、アントリューズまで。ルモンドは過剰人気と判断。(大川)
 
戦ってきた相手関係をみるとヴァンドギャルドが本命。ここは外回りコースなんで末脚爆発するか。勝っていざクラシックへ。相手は同じディープ産駒が上位を狙うだろう。(坂入)
 
本命は迷わずヴァンドギャルド。普通の条件、展開で普通に回ってくれば圧勝まである。対抗は唯一のタイトルホルダーでもあるケイデンスコール。これも普通に外を走って追い込んでくれば上位争い必至。この2頭に立ちはだかれるとすれば、展開が向いて決め手が炸裂した時のマイネルフラップだろう。(田中)
 
◎ルモンド、今回のメンバーは信頼できる馬がいないので血統が良く、今年もかなりの好成績を残している川田騎手と中内田厩舎のコンビのこの馬に期待したい。前走は休み明けで少し重い印象だったが、今回は叩いた分の上積みに期待出来る。○ヴァンドギャルド、能力は高いが中々力を発揮出来ていない印象。鞍上がルメール騎手になって人気もするが、そこまでの信頼感は無い。それでもこのメンバーなら、地力で馬券内に来る確率は高い。△ランスオブプラーナ、全5走して全走馬券内と毎回安定した走りをする。相手なりに好走するタイプなので、絶対紐には入れときたい。(今中)

関連記事

関連タグ

著者