2018年 ブラストワンピース

 

2018年03月24日 毎日杯 芝1800m 阪神競馬場

1着=①ブラストワンピース 牡3 56 (池添謙一) 1番人気
2着=⑤ギベオン 牡3 56 (D.バルジュー) 2番人気
3着=③インディチャンプ 牡3 56 (岩田) 3番人気

タイム=1:46.5(良)
レース上がり3ハロン=34.1
勝ち馬上がり3ハロン=33.9

3連複=860円
3連単=3,570円
 

レース回顧

 
少頭数特有の団子状態で直線コースへ。逃げ馬の直後を追走したブライトワンピースが最内から抜群の手応えで抜け出し、後方から迫るギベオンやインディチャンプの追撃を楽に振り切って重賞初制覇。これでデビューから無傷の3連勝を達成、ハービンジャー産駒の大物として日本ダービーへ直行する事となる。ギベオン、インディチャンプも通常であれば勝ち切れるレベルの素材だけに今回のレースは非常にレベルの高い1戦だったと言える。特にギベオンは今後の成長次第では化ける可能性も、インディチャンプはマイル以下で見直したい。
 

2017年 アルアイン

 

2017年03月25日 毎日杯 芝1800m 阪神競馬場

1着=③アルアイン 牡3 56 (松山弘平) 2番人気
2着=①サトノアーサー 牡3 56 (川田将雅) 1番人気
3着=⑥キセキ 牡3 56 (A.シュタルク) 7番人気

タイム=1:46.5(良)
レース上がり3ハロン=34.4
勝ち馬上がり3ハロン=34.3

3連複=1,990円
3連単=14,420円
 

レース回顧

 
淡々とレースが進み、平均的な流れながらやや縦長の隊列で競馬は行われる。その中で番手から抜け出たアルアインが前半のリードを保ち、後方から追い込んだサトノアーサーやキセキの追撃を凌ぎ切って重賞初勝利。この後、勢い勝って皐月賞へ駒を進め見事に優勝する偉業も達成する事となる。サトノアーサーは能力こそあれど、走法や気性的な面から極端な脚質になってしまったのが大成の妨げになっているのだろう。
 

2016年 スマートオーディン

 

2016年03月26日 毎日杯 芝1800m 阪神競馬場

1着=⑩スマートオーディン 牡3 57 (戸崎圭太) 1番人気
2着=②アーバンキッド 牡3 56 (石橋脩) 4番人気
3着=⑤タイセイサミット 牡3 56 (川田将雅) 2番人気

タイム=1:47.3(良)
レース上がり3ハロン=33.3
勝ち馬上がり3ハロン=32.7

3連複=660円
3連単=2,410円
 

レース回顧

 
スローペースから究極の上がり勝負となった。その中でも後方から徐々に進出したスマートオーディンが直線半ばまで持ったままの競馬で上がり32秒台の脚を駆使する異次元の競馬。単勝1.7倍の支持に応える内容でクラシック戦線に殴り込みをかける事となる。2着にはアーバンキッド、3着はタイセイサミットが入線。
 

2015年 ミュゼエイリアン

 

2015年03月28日 毎日杯 芝1800m 阪神競馬場

1着=⑨ミュゼエイリアン 牡3 56 (川田将雅) 7番人気
2着=⑧ダノンリバティ 牡3 56 (武豊) 3番人気
3着=⑮アンビシャス 牡3 56 (松山弘平) 1番人気

タイム=1:47.2(良)
レース上がり3ハロン=34.7
勝ち馬上がり3ハロン=34.6

3連複=6,280円
3連単=50,680円
 

レース回顧

 
平均ペースの中、番手でしっかり折り合ったミュゼエイリアンが直線早めの抜け出しを図る。後続からはその直後にアンビシャス、後方からダノンリバティなどが伸びて猛追を見せるも、最後まで脚色の衰えなかったミュゼエイリアンが7番人気の低評価を覆す完勝の内容で重賞初勝利を飾った。2番人気アッシュゴールドは何と最下位に沈む。
 

2014年 マイネルフロスト

 

2014年03月29日 毎日杯 芝1800m 阪神競馬場

1着=①マイネルフロスト 牡3 56 (柴田大知) 5番人気
2着=②エイシンブルズアイ 牡3 56 (秋山真一郎) 3番人気
3着=⑭ステファノス 牡3 56 (A.シュタルケ) 4番人気

タイム=1:46.7(良)
レース上がり3ハロン=35.0
勝ち馬上がり3ハロン=34.6

3連複=6,050円
3連単=40,230円
 

レース回顧

 
直線で各馬が横一線に広がる大混戦。一旦はステファノスが単独先頭に立つも、内からエイシンブルズアイが伸びて差し返す。しかし、その間から更に伸びたマイネルフロストが最後はハナ差かわし切った所がゴールイン。柴田大知騎手渾身の騎乗で重賞初勝利のタイトルをもぎ取った。1番人気ラングレーは半歩及ばず4着に敗退した。
 

2013年 キズナ

 

2013年03月23日 毎日杯 芝1800m 阪神競馬場

1着=⑥キズナ 牡3 56 (武豊) 1番人気
2着=⑤ガイヤースヴェルト 牡3 56 (A.シュタルケ) 6番人気
3着=④バッドボーイ 牡3 56 (川田将雅) 3番人気

タイム=1:46.2(良)
レース上がり3ハロン=35.8
勝ち馬上がり3ハロン=34.3

3連複=4,020円
3連単=14,510円
 

レース回顧

 
直線入口では圧倒的1番人気キズナは先頭から10馬身以上離れたポジション。先に抜け出したガイヤースヴェルトもセーフティーリードを取って万事休すと思われたが、大外から驚異的な末脚を披露し更にそこから3馬身突き抜けたキズナが重賞初勝利を飾った。3着にはバッドボーイが入線。父ディープインパクトを彷彿とさせる飛びを見せた。
 

2012年 ヒストリカル

 

2012年03月24日 毎日杯 芝1800m 阪神競馬場

1着=⑥ヒストリカル 牡3 56 (安藤勝己) 1番人気
2着=⑪マウントシャスタ 牡3 56 (池添謙一) 3番人気
3着=④スピルバーグ 牡3 56 (四位洋文) 7番人気

タイム=1:49.6(重)
レース上がり3ハロン=36.0
勝ち馬上がり3ハロン=35.4

3連複=3,140円
3連単=10,350円
 

レース回顧

 
直線で馬場の真ん中から突き抜けたマウントシャスタ。完全に独走態勢かと思われたが、大外から猛然と追い込んだヒストリカルがラスト100mであっさりと差し切る豪快な競馬を見せた。3着にも鋭く伸びたスピルバーグが入線。4着以下はそこから5馬身離される極端なレース内容となった。2番人気アドマイヤブルーは重馬場が響いて6着に敗退した。
 

2011年 レッドデイヴィス

 

2011年03月27日 毎日杯 芝1800m 阪神競馬場

1着=⑥レッドデイヴィス 牡3 56 (浜中俊) 2番人気
2着=③コティリオン 牡3 56 (小牧太) 4番人気
3着=⑭トーセンレーヴ 牡3 56 (U.リスポリ) 1番人気

タイム=1:47.1(良)
レース上がり3ハロン=34.2
勝ち馬上がり3ハロン=33.9

3連複=1,100円
3連単=10,510円
 

レース回顧

 
馬群が一団となって直線へ。最内をかき分ける様にして先頭にたったレッドデイヴィスがそのまま後続を引き離しにかかり、最後は外から伸びて来たコティリオンの追撃をクビ差かわしてシンザン記念に続く連勝で重賞2勝目を飾った。3着には先行から粘り込んだトーセンレーヴが入線。3番人気のスマートロビンは最後方からの競馬で10着に沈んだ。
 

2010年 ダノンシャンティ

 

2010年03月27日 毎日杯 芝1800m 阪神競馬場

1着=④ダノンシャンティ 牡3 56 (安藤勝己) 3番人気
2着=⑦ミッキードリーム 牡3 56 (和田竜二) 5番人気
3着=⑨リルダヴァル 牡3 56 (内田博幸) 2番人気

タイム=1:49.3(良)
レース上がり3ハロン=34.1
勝ち馬上がり3ハロン=33.4

3連複=2,850円
3連単=16,440円
 

レース回顧

 
シャイニーナイトが引き離し気味に直線へ入るも、ミッキードリームがそこから押し出される様にして先頭へ。しかし、更に外から持ったままの手応えでダノンシャンティが一瞬の脚でかわし切る圧巻の競馬。この後、NHKマイルCでは鮮やかなレコード勝ちを決める事となる。3着には間を突いて伸びたリルダヴァルが入線。1番人気のルーラーシップは良い所なく5着に敗退した。
 

2009年 アイアンルック

 

2009年03月28日 毎日杯 芝1800m 阪神競馬場

1着=⑭アイアンルック 牡3 56 (小牧太) 1番人気
2着=⑫ゴールデンチケット 牡3 56 (木村健) 12番人気
3着=⑪アプレザンレーヴ 牡3 56 (内田博幸) 2番人気

タイム=1:48.0(良)
レース上がり3ハロン=34.5
勝ち馬上がり3ハロン=33.6

3連複=18,690円
3連単=115,030円
 

レース回顧

 
ミッキーパンプキンが作るやや遅めの流れを各馬が固まって追い掛ける展開。直線に入って一斉に追われるもなかなか差が縮まらなかったが、最後は大外から豪快に伸びた1番人気アイアンルックが見事差し切って重賞初勝利を飾った。結局2着には番手から脚を伸ばしたゴールデンチケットが入り、3着は最速の上がりを叩き出したアプレザンレーヴが入線。
 

2008年 ディープスカイ

 

2008年03月29日 毎日杯 芝1800m 阪神競馬場

1着=②ディープスカイ 牡3 56 (四位洋文) 6番人気
2着=④アドマイヤコマンド 牡3 56 (川田将雅) 1番人気
3着=⑥ミダースタッチ 牡3 56 (池添謙一) 11番人気

タイム=1:46.0(良)
レース上がり3ハロン=35.3
勝ち馬上がり3ハロン=34.8

3連複=38,880円
3連単=233,880円
 

レース回顧

 
前半59秒のハイペースで差し馬に有利な展開となった。その中でも飛び抜けて抜け出したのは6番人気のディープスカイ。直線やや行き場を失うもそこから外に出して豪快なフットワークから驚異的な末脚を繰り出した。結果、2着のアドマイヤコマンドに2馬身半差を付ける圧勝劇でこの後のNHKマイルCと日本ダービー連勝を決める流れを作った。3着には11番人気のミダースタッチが入線。
 

2007年 ナムラマース

 

2007年03月24日 毎日杯 芝1800m 阪神競馬場

1着=⑩ナムラマース 牡3 57 (藤岡佑介) 1番人気
2着=⑦ヒラボクロイヤル 牡3 56 (武幸四郎) 6番人気
3着=⑤ニュービギニング 牡3 56 (武豊) 4番人気

タイム=1:48.0(稍重)
レース上がり3ハロン=34.5
勝ち馬上がり3ハロン=34.0

3連複=2,700円
3連単=8,860円
 

レース回顧

 
稍重の馬場も何のその、強烈な末脚で突き抜けたのは1番人気のナムラマース。後方追走から直線で外に持ち出すと各馬が伸びあぐねる中、力強い脚取りで抜け出し札幌2歳S以来の重賞2勝目を飾った。2着には更に後方から伸びたヒラボクロイヤル、3着には最速上がりのニュービギニングが入線。2番人気のクレスコワールドは9着に敗退した。
 

2006年 アドマイヤメイン

 

2006年03月25日 毎日杯 芝2000m 阪神競馬場

1着=⑫アドマイヤメイン 牡3 56 (福永祐一) 1番人気
2着=⑩インテレット 牡3 56 (四位洋文) 11番人気
3着=⑮マイネルアラバンサ 牡3 56 (佐藤哲三) 3番人気

タイム=2:00.5(良)
レース上がり3ハロン=35.9
勝ち馬上がり3ハロン=35.9

3連複=14,460円
3連単=84,210円
 

レース回顧

 
1番人気のアドマイヤメインが労せず単騎の逃げ。前半1000m60秒フラットと完璧なペース配分で進むと、直線に入っても確かな脚取りで後続を突き放し全く危なげのない走りで重賞初勝利を達成。2着に中団から脚を伸ばしたインテレット、3着同じくマイネルアラバンサが入線している。アドマイヤメインはこの後、青葉賞も連勝し意気揚々と日本ダービーへ駒を進める。
 

2005年 ローゼンクロイツ

 

2005年03月26日 毎日杯 芝2000m 阪神競馬場

1着=⑥ローゼンクロイツ 牡3 57 (安藤勝己) 2番人気
2着=③コスモオースティン 牡3 56 (武幸四郎) 5番人気
3着=②コンゴウリキシオー 牡3 57 (藤田伸二) 1番人気

タイム=2:02.2(良)
レース上がり3ハロン=34.7
勝ち馬上がり3ハロン=34.1

3連複=910円
3連単=8,470円
 

レース回顧

 
1000mの入りが62秒5という超スローペースからの直線勝負。番手に付けていたカネヒキリの内からコンゴウリキシオーが伸びるも、逃げるコスモオースティンが必死に粘りを見せ先頭をキープ。しかし、そんな争いをよそ目に外から一気の追い込みを見せたローゼンクロイツがあっさりと差し切って重賞初タイトルをゲット。1、2番人気馬が上位に決着する手堅いレースとなった。
 

2004年 キングカメハメハ

 

2004年03月27日 毎日杯 芝2000m 中山競馬場

1着=⑧キングカメハメハ 牡3 57 (福永祐一) 2番人気
2着=④シェルゲーム 牡3 56 (岡部幸雄) 1番人気
3着=③マイネルマクロス 牡3 57 (大西直宏) 3番人気

タイム=2:01.2(良)
レース上がり3ハロン=34.7
勝ち馬上がり3ハロン=34.5

馬単=490円
3連複=200円
 

レース回顧

 
無敗馬シェルゲームとキングカメハメハの一騎打ちの様相。3番人気マイネルマクロスが淡々と逃げる中、その2頭が番手に構えるレース展開となる。4コーナーで合わせて上がって行くと、直線で叩き合いになると見られるもキングカメハメハが一気に脚を伸ばして快勝。2馬身半差を付ける内容で力の違いを見せ付けた。マイネルマクロスが逃げ粘って3着に入線。
 

2003年 タカラシャーディー

 

2003年03月29日 毎日杯 芝2000m 阪神競馬場

1着=⑪タカラシャーディー 牡3 56 (佐藤哲三) 9番人気
2着=③ユートピア 牡3 57 (武豊) 5番人気
3着=⑧スズカドリーム 牡3 57 (蛯名正義) 3番人気

タイム=1:59.9(良)
レース上がり3ハロン=35.6
勝ち馬上がり3ハロン=35.1

馬単=31,300円
3連複=26,980円
 

レース回顧

 
ユートピアが単独逃げを打ち直線でも後続を突き放しにかかる競馬。上位人気勢が後ろから伸びあぐね逃げ切り勝ちの展開かと思われたが、3番手から一気に追い込んだタカラシャーディーが突き抜けて完勝。9番人気ながら3着には5馬身差を付ける圧倒的な内容で重賞タイトルを獲得した。1.7倍に支持されたマッキーマックスは4着に敗退。
 

2002年 チアズシュタルク

 

2002年03月23日 毎日杯 芝2000m

1着=⑧チアズシュタルク 牡3 57 (藤田伸二) 1番人気
2着=⑤ダイタクフラッグ 牡3 55 (松永幹夫) 13番人気
3着=⑦ゼンノカルナック 牡3 55 (福永祐一) 7番人気

タイム=2:02.2(良)
レース上がり3ハロン=36.3
勝ち馬上がり3ハロン=35.8

馬単=8,450円
 

レース回顧

 
ダイタクフラッグが勢い良く飛び出し単騎逃げ。前半61秒台のスローペースとなり、馬群もひと塊で直線コースへ。団子状態から大きく抜け出しのは単勝1.5倍のダントツ人気を受けたチアズシュタルク。あっという間に先頭に立つと外目を鮮やかに突き抜け、最後はダイタクフラッグに1馬身以上もの差を付ける走りで快勝した。3着に番手から粘り込んだゼンノカルナックが入っている。
 

2001年 クロフネ

 

2001年03月24日 毎日杯 芝2000m 阪神競馬場

1着=②クロフネ 牡3 55 (四位洋文) 1番人気
2着=①コイントス 牡3 55 (藤田伸二) 3番人気
3着=⑨ダイタクバートラム 牡3 55 (河内洋) 4番人気

タイム=1:58.6(良)
レース上がり3ハロン=34.8
勝ち馬上がり3ハロン=34.5

馬連=350円
 

レース回顧

 
稀代の名馬クロフネの衝撃的なレースその①、毎日杯。番手で悠々と道中は進み、直線に入った瞬間にギアチェンジ。一気に後続を突き放すと、2着コイントスに5馬身差、3着ダイタクバートラム以下には大差を付ける圧勝で重賞初タイトルを獲得した。その後はNHKマイルカップとジャパンカップダートを勝利して日本にクロフネの名を轟かせたのは言うまでもあるまい。
 

2000年 シルヴァコクピット

 

2000年03月25日 毎日杯 芝2000m 阪神競馬場

1着=②シルヴァコクピット 牡4 56 (武豊) 1番人気
2着=⑪リワードフォコン 牡4 55 (安藤勝己) 6番人気
3着=⑤キングザファクト 牡4 55 (幸英明) 2番人気

タイム=2:03.6(良)
レース上がり3ハロン=36.1
勝ち馬上がり3ハロン=35.6

馬連=1,450円
 

レース回顧

 
道中、逃げ馬の直後を追走したシルヴァコクピット。4コーナーで上手く外に出すとそこから確かな脚取りで抜け出し、最後は内から迫るリワードフォコンの追撃を振り切ってきさらぎ賞に続く連勝を達成。3着に2番人気キングザファクトが入線している。人気勢がきっちりと上位争いに加わる1戦となった。
 

まとめ

 
以上、毎日杯の過去19年分レースまとめ。

想像以上に荒れないレース。と言うのも、近年は特に後のGⅠを制する馬などが顕著に輩出され、クラシックのみならず古馬戦線への長い目で見た登竜門的位置づけとなっている。なので、穴馬の台頭よりも実力馬の活躍を中心に考えた方が良いだろう。

展開的には差しがかなり決まっている印象で、逃げ馬にとっては厳しい展開が予想される。外回りで直線も長く、ある程度の上がりを叩き出した経験なども大いに必要となって来る。

関連記事

関連タグ

著者