表向きは単独の共同馬主クラブ的立ち位置の東京ホースレーシングだが、実のところは社台グループ傘下のポジション。その証拠に募集馬のほとんどがノーザンファームや社台ファーム生産馬であり、同クラブ代表はペルーサやスピルバーグでお馴染みの山本英俊氏夫人である。故にそのコネクションと豊富な資金力で良質な馬をどんどん自らのラインナップに加える事が出来るのだ。正直、ここは社台グループとひとまとめにした見た方が良い。
 

東京ホースレーシング所属高額馬一覧

 

レッドゼニス|レッドヴァージン2016

 
レッドゼニス(レッドヴァージン2016)

レッドゼニス(レッドヴァージン2016)

牡馬

価格:7400万円

父馬:ディープインパクト
母馬:レッドヴァージン
母父:Distorted Humor
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:東京ホースレーシング

兄弟:特になし
via google imghp
 
初仔のレッドヴァールが早期デビューから優秀な走りで2着、その後は故障で長期離脱を余儀なくされているものの母の繁殖能力は高いものと判断して良いだろう。実際、レッドヴァージン自体が京都の未勝利戦でマイルを1分33秒1の好時計で走破している事からもスピードの絶対値は相当。高速馬場だったとはさて置き、その軽快さを仔に遺伝させる事は容易い。今年もディープインパクト産駒、最高額に値する活躍が出来るかどうか。
 

レッドレイル|ナイトオブドバイ2016

 
レッドレイル(ナイトオブドバイ2016)

レッドレイル(ナイトオブドバイ2016)

牡馬

価格:7000万円

父馬:ディープインパクト
母馬:ナイトオブドバイ
母父:Lord of England
所属:中竹和也厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:東京ホースレーシング

兄弟:特になし
via google imghp
 
母の姉にバーデン大賞や独オークスなどを制した名牝ナイトマジックがいるレッドレイル。血筋は確かなものがあり、持ち込みでハイシャパラル産駒が走っているが成績は奮わない。とは言え、今回が日本における実質の初年度産駒と言って良い。実際、角居勝彦厩舎(中竹和也厩舎に変更)に預けられるという事はつまりそれだけの期待がかけられている証拠だろう。馬名も良く、今年のレッド目玉になりそうな予感。
 

レッドガニアン|セレブレイションキャット2016

 
レッドガニアン(セレブレイションキャット2016)

レッドガニアン(セレブレイションキャット2016)

牡馬

価格:7000万円

父馬:ディープインパクト
母馬:セレブレイションキャット
母父:Storm Cat
所属:庄野靖志厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:東京ホースレーシング

兄弟:特になし
via google imghp
 
“ディープインパクト×Storm Cat”の黄金配合、とは言え全兄のレッドエクシードが大して走っていない事を考えるとそこまで過度な期待はしない方が良いだろう。馬体を見てもまだ全体的に幼く成長はまだまだ先の様。ここが走った後に以降の産駒を狙うスタンスが好ましい。とにかくレッドは当たり外れが激しいのでそこの取捨を間違えないでおきたいところだ。
 

レッドアステル|レッドエルザ2016

 
レッドアステル(レッドエルザ2016)

レッドアステル(レッドエルザ2016)

牝馬

価格:4400万円

父馬:ディープインパクト
母馬:レッドエルザ
母父:Smart Strike
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:東京ホースレーシング

兄弟:特になし
via google imghp
 
これといった特色はないが、全兄レッドレオンがデビュー勝ち後のきさらぎ賞でも4着入線と初年度からそれっぽい産駒を出した母レッドエルザ。大体が2番仔で更にそのクオリティが上がるとされており、本馬はそれ以上の素質馬が期待出来るのではないだろうか。但し、1つの懸念は今回は牝馬という点。同じ牡馬ならかなりテンションを上げても良いのだが、性別が変われば全く違う質の産駒になる可能性も0では無い。
 

レッドアクトレス|トゥーピー2016

 
レッドアクトレス(トゥーピー2016)

レッドアクトレス(トゥーピー2016)

牝馬

価格:4400万円

父馬:スクリーンヒーロー
母馬:トゥーピー
母父:Intikhab
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:東京ホースレーシング

兄弟:サトノラーゼン、サトノクロニクル
via google imghp
 
兄にサトノラーゼン、サトノクロニクルがいる血統で父がスクリーンヒーローに変わりどの様な産駒が出て来るのか非常に興味深い1頭。ゼンノロブロイ産駒のマイハートビートも早めに2勝をあげた事を考えてもそうそう外れる事は無いだろう。ただ、こちらも牝馬という点がどうか。上は全て牡馬による活躍で、この母系が偏った実績を上げる可能性も無くはない。預託厩舎は申し分無し。
 

レッドクレオス|サセッティ2016

 
レッドクレオス(サセッティ2016)

レッドクレオス(サセッティ2016)

牡馬

価格:4200万円

父馬:ハーツクライ
母馬:サセッティ
母父:Selkirk
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:東京ホースレーシング

兄弟:レッドセインツ、レッドセシリアなど
via google imghp
 
母サセッティは初年度から立て続けに重賞級を輩出、種牡馬違いでも結果を出しており優秀な繁殖牝馬の部類に入るだろう。その中でも、レッドクレオスの全姉にあたるレッドセシリアがキャリア2戦目の阪神ジュベナイルフィリーズで3着に入る成績が特に目立つ。性別は違えど、ようやくのハーツクライ産駒で待っていたファンも多いのではないだろうか。確実に距離適性は長くクラシック向きの1頭。
 

レッドベルディエス|レッドファンタジア2016

 
レッドベルディエス(レッドファンタジア2016)

レッドベルディエス(レッドファンタジア2016)

牝馬

価格:4200万円

父馬:ディープインパクト
母馬:レッドファンタジア
母父:Unbridled's Song
所属:鹿戸雄一厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:東京ホースレーシング

兄弟:レッドベルローズ
via google imghp
 
全姉レッドベルローズが新馬戦で度肝を抜くパフォーマンスで圧勝したのが記憶に新しい。その後、気性面の影響で大成しなかったがその素質は確かにクラシック級だった。その2番仔にあたるレッドベルディエスは、全体的にもう少しドッシリとした産駒にあがっている筈で、姉よりもひと回りスケールが大きくなっている可能性は高い。そうなれば活躍してくれる見込みは立つ筈だ。
 

レッドベレーザ|レッドメデューサ2016

 
レッドベレーザ(レッドメデューサ2016)

レッドベレーザ(レッドメデューサ2016)

牝馬

価格:4200万円

父馬:ディープインパクト
母馬:レッドメデューサ
母父:Mr. Greeley
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:東京ホースレーシング

兄弟:特になし
via google imghp
 
初年度は一度も走らず終いだったが、2番仔の全姉レッドランディーニがチューリップ賞5着やカーネーションカップ2着などそれなりの活躍をしたのは非常に明るい話題。その全妹にあたるレッドベレーザは総合的にもうワンパンチ効いた産駒になると判断すれば、ディープインパクト産駒でこの値段はお買い得だろう。厩舎が厩舎だけに、ある程度の素質馬なら軌道に乗せてくれそうなイメージが付く。
 

レッドアウローラ|レジュールダムール2016

 
レッドアウローラ(レジュールダムール2016)

レッドアウローラ(レジュールダムール2016)

牝馬

価格:4200万円

父馬:ディープインパクト
母馬:レジュールダムール
母父:Kingmambo
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:東京ホースレーシング

兄弟:特になし
via google imghp
 
Halo→Sadler'sWells →Kingmamboという名種牡馬が掛け合わされた豪華な母系に、ディープインパクトで締めた血統構成だけは世界一流クラスの1頭。これで走らない方が嘘の様な気もするが、今の所全兄姉はいずれも勝利すら上げられていない。この判断のし所が難しいものの、フサイチパンドラがアーモンドアイを出した様に待てば海路の日和あり。
 

まとめ

 
以上、東京ホースレーシングの2016年産駒募集馬の4200万円までを上位掲載。

今後もその他有力クラブの同ランキングを掲載予定となっております。どうぞお楽しみに。

尚、これらの記事は随時更新予定ですので引き続き御覧下さい。

関連記事

関連タグ

著者