東京スポーツ杯2歳ステークス2018の結果

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2018の動画

 

レース回顧

 
大外枠に入った1番人気ルヴォルグが痛恨の出遅れ。スタートから場内がどよめく波乱含みの1戦となった。淡々としたペースで1分前後の流れ、途中外からゴータイミングが早めに仕掛けて先頭を伺うも、それ以外はジッと我慢の競馬を続けていた。4コーナーから直線にかけて上手く脚を溜めれた馬が上位争いを繰り広げるも、キャリアとレース運びで一日の長があったニシノデイジーの完勝となった。最後は追い詰めるアガラス、ヴァンドギャルド、ヴェロックスなどの追撃を振り切って重賞連勝を飾る勝利。2着はそのヴァンドギャルド、3着争いはアガラスに軍配が上がる。1~3番人気が全て飛んで3連単は60万に届きそうな大万馬券となった。
 

勝ち馬ニシノデイジー

 
ニシノデイジー

ニシノデイジー

牡馬

父馬:ハービンジャー
母馬:ニシノヒナギク
母父:アグネスタキオン
所属:高木登厩舎(美浦)
生産:谷川牧場
馬主:西山茂行

通算成績:4戦3勝(3-1-0-0)
主な戦績:札幌2歳ステークス、東京スポーツ杯2歳ステークスなど
via google imghp
 
札幌2歳ステークス以来となる実戦で馬体重はプラス12kg。それでも太め残りは無く成長分で馬が更に逞しくなっていた。レースも直線、決してスムーズには運べずともスペースを見つけた途端に突き抜ける脚はまさに本物。唯一の重賞馬という実績がありながらも案外だった評価を覆す走りを見せた。ハービンジャー産駒だけにまだまだこれからの伸びシロも大きい、もしかしたら意外に化け物クラスの馬になるのかもしれない。勝浦正樹騎手初のクラシック制覇、という夢も見えて来る1頭だ。
 

レースを振り切ってのベスト予想

 
◎ヴェロックス
◯ヴァンドギャルド
▲ルヴォルグ
カテドラル
ホウオウサーベル
ニシノデイジー
△ダノンラスター
アガラス
×ゴータイミング
ナイママ
アドマイアヤスコール
クリノガウディー
 

馬連:想定13点:×不的中、三連単:想定420点:◯勝利

 
本命はヴェロックス、対抗単穴はニシノデイジー含む単勝15倍未満から、連下は単勝35倍未満、紐は単勝100倍未満が理想の想定だっただろう。軸は取りづらいが三連単は比較的取りやすい高配当だったと考える。
 

全着順結果

 
                 
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 大川 河本 浜野 道永 単勝オッズ
1 2 ニシノデイジー 55.0 勝浦 ---- 1:46.6 38.4
2 4 アガラス 55.0 Wビュ ---- ハナ × × 34.8
3 5 ヴァンドギャルド 55.0 Cデム ---- アタマ 7.9
4 7 ヴェロックス 55.0 Cルメ ---- ハナ 3.7
5 9 ダノンラスター 55.0 Jモレ ---- 1.3/4 × × 18.7
6 12 ホウオウサーベル 55.0 Mデム ---- 1.1/4 12.6
7 10 クリノガウディー 55.0 戸崎 ---- クビ × 98.8
8 14 アドマイヤスコール 55.0 田辺 ---- 1/2 84.1
9 15 ルヴォルグ 55.0 Rムア ---- 3/4 2.5
10 1 ハクサンタイヨウ 55.0 1.1/4 ---- 1.1/4 674.0
11 3 カテドラル 55.0 福永 ---- クビ 6.8
12 6 トーラスジェミニ 55.0 木幡育 ---- 3/4 220.4
13 11 [地]ナイママ 55.0 柴田大 ---- 1.1/4 48.0
14 8 トーセンギムレット 55.0 三浦 ---- ハナ 600.5
15 16 ゴータイミング 55.0 武豊 ---- 2.1/2 × 39.5
16 13 メイスンハナフブキ 54.0 石川 ---- 大差 804.5


 

危険な人気馬結果 ルヴォルグ→9着(1人気)

 
大外、中2週、初めての重賞などが絡み合ってスタートからいきなり立ち遅れたルヴォルグ。2歳戦の重賞では典型的な敗戦パターンに陥ってしまった形だ。そこから道中大きく巻き返す訳でも無く、ジワジワと伸びて9着入線。ポテンシャルは相当なだけに次回見直したい。
 

穴馬予想結果 ニシノデイジー→1着(8人気)

 
上位人気勢を嘲笑うかの様な玄人地味た競馬での勝利を飾ったニシノデイジー。道中もジッと内で我慢、直線何度も前が壁になりそうな所を鮮やかに突き抜ける圧巻の内容だった。プラス10kg以上の馬体増であの競馬、地味なキャラクターの牡馬が2歳戦の主役候補に一躍躍り出た。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ①⑪-③⑤⑥⑧⑨⑫ 的中
単勝 1 140円 枠連 1-5 600円
複勝 1 110円 ワイド 1-8 230円
8 160円 1-11 240円
11 150円 8-11 470円
馬連 1-8 590円 馬単 1→8 700円
三連複 1-8-11 960円 三連単 1→8→11 2,690円


 

編集部の回顧

 
本命ヴェロックスは着順こそ馬券圏外になってしまったが地力は出せた。運がなかったのもあるだろう。対抗ホウオウサーベル、単穴ルヴォルグはキャリアのなさと展開、スタート直後のポジショニングなど見直せるとしても着順的には悪すぎるので次回改めてだろう。カテドラルは展開とそもそもの地力もあるだろう。ニシノデイジーはやはり強いので単穴にはしておくべきだったなと反省。紐想定馬まで連下想定にしておくべきレースだった結果だがなかなかピンポイントでこのレースでよめないので結果配当通り意外に難しい結果だっただろう。(大川)
 
多頭数のためミドルからハイペースを予想したが、予想とは反対にスローペースな展開で差し、追込み有利な競馬となった。ニシノデイジー、アガラス、ヴァンドキャルドは内から上手に立ち回っており、最後は横一線となったが一枚勝ち馬が上手だった。特に強い競馬をしたアガラスは距離が延びてもプラスと思われる。本命ホウホウサーベル、対抗ルヴォルグはスタートで好位取れず、そのまま最後は伸びず終わってしまった。能力はあるだけにもったいないレースになってしまった。(河本)
 
完全に切った北海道組が1、2着で、3着馬も無印...。最低の予想と結果になってしまいました。ひどいものです。Cコースに替わったこともあって、道中はインをそつなく回った馬が脚を溜めることができましたね。それにしてもニシノデイジーは典型的な人気にならないタイプ。札幌2歳ステークスも嵌まった競馬とみてフロック視しましたが、人気からすると多くの方がそうだったということですね。そして、今回も上手く立ち回ったという面もありますし、他の有力馬がイマイチだったというのもあります。この後の付き合い方が難しくなりました。(浜野)
 
荒れたこのレースは予想馬がほぼ上位に入らないと言う惨敗ぶり。重賞馬の割に軽視され過ぎていたニシノデイジーとアガラスも元々は期待されていた馬。おいしいレースだが2歳は難しいと痛感。(道永)
 

東京スポーツ杯2歳ステークス2018の予想

 

◎ヴェロックス

 
ヴェロックス

ヴェロックス

牡馬

父馬:ジャスタウェイ
母馬:セルキス
母父:Monsun
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
新馬戦を持ったままの8馬身差で大勝、スケールの大きさから相当な大物の呼び声が高かったヴェロックス。2戦目の野路菊ステークスではカテドラルの後塵を拝したものの、あれはあくまでも展開のアヤ。その時も3着以下は引き離しており能力の疑い様が無い。今回はC.ルメール騎手に乗り替わり万全の態勢で重賞初制覇を狙う。
 

○ホウオウサーベル

 
ホウオウサーベル

ホウオウサーベル

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:バランセラ
母父:Acatenango
所属:奥村武厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:小笹芳央

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
デビュー戦で驚愕の上がり33秒8の脚を楽々と繰り出し圧勝を飾ったホウオウサーベル。そのレースぶりはまだまだ荒削りで、如何にもハーツクライ産駒といった未完成ながら大器っぷりを遺憾なく発揮。本格化はまだ先だろうが、それでも十分にここで上位争い出来る逸材と判断する。その後の伸びシロからもあっさり勝ち切っておかしくない1頭。
 

▲カテドラル

 
カテドラル

カテドラル

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:アビラ
母父:ロックオブジブラルタル
所属:池添学厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:2戦2勝(2-0-0-0)
主な戦績:野路菊ステークスなど
via google imghp
 
デビュー2連勝中のカテドラル。いずれのレースも危なげない走りで完勝の内容、最も安定感のあるパフォーマンスでここもそう崩れる事は無いだろう。インパクトという点では上位勢と比較してやや弱い部分もあるが、それだけ馬が完成されているという事か。今回も先行抜け出しからきっちり自身の競馬は見せてくれる筈だ。
 

▲ルヴォルグ

 
ルヴォルグ

ルヴォルグ

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:キトゥンカブードル
母父:Kitten's Joy
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:パカパカファーム
馬主:フクキタル

通算成績:1戦1勝 (1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
とにかく初戦の勝ちっぷりが異次元だったルヴォルグ。番手抜け出しから馬なりで後続を突き放し、2着馬に4馬身の完勝。その2着馬も決して弱い馬では無く、それをも寄せ付けない同馬の走りだけが際立った1戦だった。鞍上にR.ムーアを迎え陣営も必勝態勢、新生クラブ『フクキタル』の今後を占う意味でも非常に重要且つターニングポイントとなる1頭ではないだろうか。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 大川 河本 浜野 道永 予想オッズ
1 ハクサンタイヨウ 55.0 松岡 ----- 800.0
2 ニシノデイジー 55.0 勝浦 ----- 27.9
3 カテドラル 55.0 福永 ----- 4.8
4 アガラス 55.0 Wビュ ----- × × 61.5
5 ヴァンドギャルド 55.0 Cデム ----- 18.8
6 トーラスジェミニ 55.0 木幡育 ----- 387.9
7 ヴェロックス 55.0 Cルメ ----- 3.5
8 トーセンギムレット 55.0 三浦 ----- 232.7
9 ダノンラスター 55.0 Jモレ ----- × × 7.0
10 クリノガウディー 55.0 戸崎 ----- × 128.6
11 [地]ナイママ 55.0 柴田大 ----- 32.1
12 ホウオウサーベル 55.0 Mデム ----- 9.3
13 メイスンハナフブキ 54.0 石川 ----- 609.6
14 アドマイヤスコール 55.0 田辺 ----- 86.8
15 ルヴォルグ 55.0 Rムア ----- 2.5
16 ゴータイミング 55.0 武豊 ----- × 20.4


 

危険な人気馬 ルヴォルグ(想定1人気)

 
強いて挙げるレベルにはなるが、ヴェロックスやカテドラルは既に2戦走っている分ある程度の物差しがある。一方、新馬戦の走りだけではまだ本当の意味でルヴォルグの能力は推し量れないだけに、まだ全幅の信頼は置きにくい。飛ぶとすればここか。
 

穴馬予想 ニシノデイジー(想定8人気)

 
メンバー中、2勝馬はカテドラル含め4頭。その内で唯一の重賞馬がニシノデイジーだが、その割には人気が無さ過ぎる。血統面や勝ち方、その他の上位勢と比較してこの想定なのだろうが…レースが終わってみて『やっぱり重賞馬か』というオチも十分に一考では。
 

編集部の見解

 
本命はヴェロックス、前走は負けたものの相手も強かったし騎手強化で一番信用できる。対抗はホウオウサーベル。他の実績馬と比べるとキャリア1戦1勝は軽視したいがそれでもこちらが上だろうと感じるパフォーマンスなのでこちらが対抗。単穴にカテドラルとルヴォルグ。この4頭が上位とは見ている。ニシノデイジー、ナイママもけして弱くないが上位4頭全崩れは考えづらいので連下まで。ヴァンドギャルドも他よりはパフォーマンス見劣る。(大川)
 
好メンバーが揃った一戦。混戦が考えられ、ミドルからハイペースな展開が予想される。ハーツ産駒、ディープ産駒を中心に考え、上がりが使える馬を印とした。あとは、調教の動きが抜群であったホウホウサーベルを本命。対抗は同じ舞台で勝っているルヴォルグを対抗。以下は調教、騎手、レース展開、上がりが使える馬を印とした。(河本)
 
野路菊ステークス組を上位にみましたが、中でもルメール騎手を乗せてきたという点でヴェロックスが◎です。ノーザンファーム勢ではこの馬ということでしょう。野路菊ステークスの勝ち馬カテドラルが当然〇になります。外国人騎手を乗せてきた1戦1勝馬の中で最上位はルヴォルグになり▲。残りの2頭が△です。(浜野)
 
ここからクラッシック候補や、ダービーまで輩出するレース。能力馬、素質馬、実績馬悩むところではあるが◎ヴェロックスから入る。前走人気を裏切るも金子オーナー、浜中→ルメールへの乗り替わり、ここはちょっと取りに来てる気がする。○カテドラルはそのヴェロックスに勝った馬。強い先行力と粘りは魅力。▲ルヴォルグを単穴に。前走のインパクト、ムーア騎乗。過剰人気は避けられないが、能力は確か。(道永)

関連記事

関連タグ

著者