札幌2歳ステークス2018の結果

 

札幌2歳ステークス2018の動画

 

レース回顧

 
2歳戦にしては前のプレスが激しい展開となり前半1分過ぎのやや厳しい流れとなった1戦。1番人気ウィクトーリアが早めの競馬で押し上げて行くも、外から地方馬ナイママが前走同様にそれを潰しに行って直線早め先頭へ。しかし、更に外から被せ気味に上がって来たニシノデイジーがゴール前までの攻防を僅かに競り勝ち重賞初勝利を飾った。後手後手の競馬ながら大外ぶん回しの競馬でも際どく3着に入ったクラージュゲリエも地力の高さを示すレース内容だった。牝馬で大物候補だったアフランシールは2戦目でテンションが上り終始行きたがってしまって脚を使い切った様子。やはり2歳はまだまだ不確定要素が多い。
 

勝ち馬ニシノデイジー

 
ニシノデイジー

ニシノデイジー

牡馬

父馬:ハービンジャー
母馬:ニシノヒナギク
母父:アグネスタキオン
所属:高木登厩舎(美浦)
生産:谷川牧場
馬主:西山茂行

通算成績:3戦2勝(2-1-0-0)
主な戦績:札幌2歳ステークスなど
via google imghp
 
新馬戦こそラブミーファインの後塵を拝したが、その後未勝利戦を快勝。今回の札幌2歳ステークスでも道中後方待機から徐々にポジションを押し上げ、自らレースを動かしてねじ伏せる競馬で予想以上の強さを示した1戦だった。人気は低かったが決してフロックで勝てる内容では無くある程度の実力を見込める1頭だろう。ハービンジャー産駒で成長もあり、何よりニシノフラワーの系譜を引いた由緒正しき母系。底力もしっかりと受け継いでいる筈でクラシック戦線でも楽しみだ。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎クラージュゲリエ
◯アフランシール
▲ウィクトーリア
ナイママ
△ラブミーファイン
ニシノデイジー
×ナンヨーイザヨイ
エメラルドファイト
トーセンギムレット
ダディーズマインド
 

馬連:想定9点:×不的中、三連単:想定160点:×不的中

 
本命対抗は結果ある程度上位に来てるので想定としてはこれがベストだっただろう。単勝10倍未満を単穴に、単勝30倍未満を連下に、単勝100倍未満を紐が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 
                 
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 道永 田中 結城 浜野 単勝オッズ
1 3 ニシノデイジー 54.0 勝浦 ---- 1:50.1 × × 28.2
2 14 [地]ナイママ 54.0 五十嵐 ---- クビ 8.0
3 1 クラージュゲリエ 54.0 Mデム ---- クビ 2.5
4 2 エメラルファイト 54.0 石川 ---- 1.1/4 70.4
5 5 アフランシール 54.0 岩田 ---- 3 6.4
6 11 クリスタルバローズ 54.0 藤岡康 ---- 3 × × 101.0
7 10 ウィクトーリア 54.0 田辺 ---- ハナ 2.9
8 9 ラブミーファイン 54.0 池添 ---- 2 × 14.7
9 8 ダディーズマインド 54.0 丸山 ---- 2 78.5
10 12 トーセンギムレット 54.0 松岡 ---- 4 73.2
11 7 ナンヨーイザヨイ 54.0 藤岡佑 ---- 2.1/2 × 40.4
12 13 テイエムバリバリ 54.0 横山典 ---- 4 264.2
13 6 セントセシリア 54.0 川島 ---- 1.1/4 312.9
14 4 ラバストーン 54.0 加藤 ---- 4 4


 

危険な人気馬結果 ラブミーファイン→8着(5人気)

 
レースぶりとしては1200mからの延長でも十分に対応出していたラブミーファイン。そう考えると相当センスの高い1頭なのだろう。ただ、4コーナーで一気に後ろから押し上げられ自分のペースで進出出来ず直線伸びあぐねたのはまだまだ非力な部分なのだろう。ニシノデイジーには新馬戦で完勝しており、実力的にはこんなものでは無い。
 

穴馬予想結果 ナンヨーイザヨイ→11着(7人気)

 
やはり少々行きたがる面を見せ前半は力んだ感じの走りだったナンヨーイザヨイ。さすがに600mの距離延長で重賞戦、粘り込むには実力が足りなかったのか早々に脱落して11着大敗を喫している。今後はマイル以下でスピードを活かした競馬での活躍に期待したい所だ。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑤⑩-①②⑨⑭ 不的中
単勝 3 2,820円 枠連 3-8 7,260円
複勝 3 340円 ワイド 3-14 1,830円
14 190円 1-3 870円
1 140円 1-14 470円
馬連 3-14 8,770円 馬単 3→14 23,600円
三連複 1-3-14 6,320円 三連単 3→14→1 87,570円


 

編集部の回顧

 
本命クラージュゲリエが難なく勝つ想定だったが、これだけ上がりがかかるレースだともう少し捲れないと厳しかったか。それでもラストは最速で負けて強かった印象は残した。勝ったニシノデイジーは本命より後ろにいたがうまく回って直線を迎えた分の利。ナイママも運びは良かった。位置取りや展開読みがもう一息の結果。(道永)
 
大器と見込んだアフランシール、ウィクトーリアは2戦目の重賞でまともな競馬が出来ず。不利なシーンがあったとしてもしっかり上位争いに加わってくれるかと思ったがあっさり敗退。ニシノデイジーはともかく、ナイママの前走はフロックかと思っていたが普通に実力は高そう。今後は速い上がりの競馬でどこまで対応出来るかだろう。この中ではクラージュゲリエが一番将来性が高そうな1頭か。(田中)
 
◎アフランシール○ウィクトーリア共に揃って圏外。勝ったのは×ニシノデイジー、2着△ナイママ、3着▲クラージュゲリエ。無印馬がいなかったことだけがせめてもの救い?(結城)
 
ゴールに向けて時計がかかる持久力を問われる流れを、早めに動いて厳しい競馬をした◎のナイママが頑張ってくれましたし、▲のエメラルファイトも最後に突っ込んで来てくれましたし、印をつけた馬が上位に来てくれたので悪い予想ではなかったんですけど、勝ったニシノデイジーが全くのノーマーク...。結局、何にもならないハズレ予想になってしまいました。それにしてもニシノデイジーは競輪かのようにウィクトーリアをマークする形から上手くナイママに切り替えて嵌まりましたね。逆に〇ウィクトーリアは流れに合わせて早めに動いたことで、キャリア2戦目の馬には厳しい展開になってしまいました。(浜野)
 

札幌2歳ステークス2018の予想

 

◎アフランシール

 
アフランシール

アフランシール

牝馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ルシュクル
母父:サクラバクシンオー
所属:尾関知人厩舎(美浦)
生産:ノースヒルズ
馬主:ノースヒルズ

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
新馬戦では躍動感のある走りで圧勝して来たアフランシール。姉に函館2歳ステークスなどを制したブランボヌールがいる血統馬、ハーツクライに変わり中距離適性が上がると共に大物感が増した印象だ。中間の動きも絶好で、今回1番人気想定であるウィクトーリアの手綱も握っている岩田騎手が鞍上なのも心強い。
 

○ウィクトーリア

 
ウィクトーリア

ウィクトーリア

牝馬

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:ブラックエンブレム
母父:ウォーエンブレム
所属:小島茂之厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
デビュー戦では逃げて後続を引き離し圧巻のレコード勝ちしたウィクトーリア。しかも、それが調整不足の状態で出したモノだから尚驚きだろう。半兄に札幌2歳ステークスを制したブライトエンブレム、母がGⅠ馬で底力のある血統である。ここを勝てば一気にクラシック戦線の主役候補だ。
 

▲クラージュゲリエ

 
クラージュゲリエ

クラージュゲリエ

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ジュモー
母父:タニノギムレット
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
新馬戦は後方から一気に捲って外から突き抜けたクラージュゲリエ。その走りは京成杯を制した兄プロフェット以上の素質を感じる1頭だ。父キングカメハメハのお陰で全体的な能力の底上げに成功、先ず間違いなく重賞級の素材という事は間違いない。後は安定感のある走りが出来るかどうか。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 
                   
馬番 出走馬 性齢斤量 騎手 評価 本印 道永 田中 結城 浜野 予想オッズ
1 クラージュゲリエ 牡254.0 Mデム ---- 2.4
2 エメラルファイト牡2 54.0 石川 ---- 82.9
3 ニシノデイジー牡2 54.0 勝浦 ---- × × 38.2
4 ラバストーン牡2 54.0 加藤 ---- 266.5
5 アフランシール牝2 54.0 岩田 ---- 11.5
6 セントセシリア牝2 54.0 川島 ---- 213.9
7 ナンヨーイザヨイ牡2 54.0 藤岡佑 ---- × 27.7
8 ダディーズマインド牡2 54.0 丸山 ---- 90.8
9 ラブミーファイン 牝2 54.0 池添 ---- × 6.9
10 ウィクトーリア 牝2 54.0 田辺 ---- 2.6
11 クリスタルバローズ 牡2 54.0 藤岡康 ---- × × 12.6
12 トーセンギムレット 牡2 54.0 松岡 ---- 42.3
13 テイエムバリバリ 牡2 54.0 横山典 ---- 130.0
14 [地]ナイママ 牡2 54.0 五十嵐 ---- 9.0


 

危険な人気馬 ラブミーファイン(想定3人気)

 
函館2歳ステークスではほぼ勝ちに等しい内容で2着だったラブミーファイン。その実力は認めるものの、初戦から今回までの臨戦過程である1800m→1200m→1800mという点が気掛かりだ。600mの距離短縮と延長をこの若駒時代にやるというリスクは相当、レースに影響して来なければ良いが。
 

穴馬予想 ナンヨーイザヨイ(想定7人気)

 
上位の数頭が抜けている為、かなり難しいジャッジとはなったが巻き返しがあるとすればナンヨーイザヨイか。函館2歳ステークスでは堂々の1番人気、レースはチグハグだったが血統的に見ればむしろ中距離でこその馬。初戦のパフォーマンスを600mの距離延長で更に上がるとすれば馬券圏内に食い込む可能性は有り得る。
 

編集部の見解

 
◎クラージュゲリエ、同舞台で最速上がりで鮮やかな差し。モレイラ→デムーロとこの馬への期待感も感じる。稽古でも終いの伸びは充分。この馬で順当だろう。○ウィクトーリア、人気の一角になりそうで嫌だったが、前走完勝。逃げなくても強そうなこの馬が対抗。スピードがかなりありそう。本命より前にいればそのままいく可能性も。▲アフランシール、稽古の動きがかなり良かったのでこの馬から。事情は知らないが岩田ジョッキーもこちらに引き続き。割って入るのはこの馬か。(道永)
 
新馬戦の走りを見れば本命はアフランシール1択。如何にもな大物感で全身をフルに使った走りはポテンシャルの塊そのもの。対抗にはペースの主導権を握りそうなウィクトーリア、単穴クラージュゲリエ辺りが正直抜けているだろう。一応連下にラブミーファインを入れておくものの、上3頭の内どれかがポカを打った時のみの期待。(田中)
 
本命アフランシール。初戦は道中促される場面もあったが直線では抜群の反応であっという間に先頭。奥深さを感じる。対抗ウィクトーリア。新馬戦は比較的速いペースで逃げ、上がり3ハロンを11.7-11.6-11.6と最後まで脚色衰えず3馬身差。兄に続くか。単穴にクラージュゲリエ。初戦はドスローの流れを上がり11.4-11.3-11.3の瞬発力で楽に逃げていた馬をあっさり交わし2馬身差。勝ち方が派手で鞍上が鞍上だけに人気はこれだと思うが、印上位にとった牝馬2頭はかなりの器と見ている。(結城)
 
時計的な裏付けはないですがコスモス賞を勝ったナイママに◎をうちます。札幌ももしかしたら土曜日は少し雨が降るかもしれないですしね。そうなれば有利です。この時期の地方馬の仕上がり早を買います。1戦1勝馬の中では、時計が出る馬場だったとはいえ、やはりレコード勝ちの〇ウィクトーリアです。間隔が開いたのもいいですね。自厩舎とはいえ、石川騎手がわざわざ乗りに来る▲エメラルファイトはそれなりに脈があるということでしょう。△は新馬の勝ちっぷりがよかったアフランシールとクラージュゲリエです。(浜野)

関連記事

関連タグ

著者