札幌記念2019の結果

 

札幌記念2019の動画

 
エイシンティンクルがポンと飛び出して単騎の逃げに打って出た1戦。サングレーザー、ワグネリアンなどが想定よりも前に付けて勝負を仕掛けて行く中、人気のフィエールマンとブラストワンピースはやや遅れて後方からレースを進めて行った。サングレーザーが直線早々に先頭へ立ち抜け出しを図るも、いつの間にか内からスルスルと上がっていたブラストワンピースが怒涛の勢いでゴール前差し切り勝ち。3着には大外から何とか格好を付けたフィエールマンが入線。ワグネリアンは両前脚が落鉄という不運で4着に敗退している。
 

勝ち馬ブラストワンピース

 
ブラストワンピース

ブラストワンピース

牡馬

父馬:ハービンジャー
母馬:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
所属:大竹正博厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:10戦6勝(6-0-0-4)
主な戦績:有馬記念、札幌記念など
via google imghp
 
最内枠から後手の競馬となって道中は後ろからのレース運びを余儀なくされたブラストワンピース。3コーナー辺りから鞍上は早くも手を動かし促して行くと、上手く馬群を縫って上がって行き直線でもインを突く思い切った走りを見せた。先に抜け出したサングレーザーとワグネリアンの間を強引気味に割って出ると、ジワジワと脚を使い前との差を詰めて行く。最後にグッと前に出たところがゴール、見事初タッグを組んだ1戦で馬のパフォーマンスを最大限引き出した鞍上のファインプレーによる勝利だっただろう。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎フィエールマン
〇ワグネリアン
▲ブラストワンピース
△サングレーザー
×ペルシアンナイト
 

馬連:想定5点:×不的中、三連単:想定27点:〇勝利

 
本命対抗単穴は単勝5倍未満で連下が単勝10倍未満、紐が単勝18倍未満が理想の想定だっただろう。この5頭と他馬には地力差が明確になるので追加してもクロコスミアを紐以外は過剰想定だろう。
 

全着順結果

 

RR:113.1 ※想定RR:113.5

 
                       
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 石川 道永 坂入 田中 単勝オッズ
1 1 ブラストワンピース 57.0 川田 118.3 2:00.1 4.7
2 10 サングレーザー 57.0 岩田康 115.4 クビ 4.7
3 9 フィエールマン 57.0 Cルメ 116.0 1 2.3
4 12 ワグネリアン 57.0 福永 115.8 クビ 3.7
5 11 ペルシアンナイト 57.0 Mデム 113.8 1/2 17.7
6 7 エイシンティンクル 55.0 勝浦 104.2 2 164.6
7 14 クロコスミア 55.0 戸崎圭 108.0 クビ 18.5
8 2 クルーガー 57.0 丸山 110.3 1.1/4 44.5
9 3 ステイフーリッシュ 57.0 中谷 109.0 ハナ 32.9
10 8 ゴーフォザサミット 57.0 石橋 107.7 クビ 129.6
11 5 ロードヴァンドール 57.0 横山武 103.7クビ 214.4
12 4 ナイトオブナイツ 57.0 池添 103.0 1.3/4 × 244.0
13 13 サクラアンプルール 57.0 横山典 104.7 8 172.2
14 6 ランフォザローゼス 54.0 藤岡佑 104.3 1.3/4 × × 28.5


 

危険な人気馬結果 ブラストワンピース→1着(3人気)

 
最内からスタートでは進んで行かず、飛ぶパターンのそれに該当したレース運びを見せたブラストワンピース。しかし、内からワープするかの様に位置を押し上げる川田騎手の好騎乗によりそのビハインドを相殺した。直線でも外を回さず有力どころ2頭の間に割り込む位置取りは、やはり池添謙一騎手との腕の差を感じさせたと言っても過言ではない。全国リーディングはダテでは無いという事だ。ハービンジャー産駒で元々洋芝適正があったという事も勝因の1つか。
 

穴馬予想結果 ロードヴァンドール→11着(13人気)

 
スタートで押して行くも、更に出の速かったエイシンティンクルに前をカットされる形となって結果抑え込んでしまったロードヴァンドール。道中も馬群に押し込まれる形で身動きが取れず、こうなってしまっては好走の余地は一切無し。どちらかと言えば大逃げに近い形でハイペースを形成するイメージでいた分、今回のレース運びでは苦しい1戦だった。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑨⑫-①③⑤⑩⑪⑭ 不的中
単勝 1 470円 枠連 1-6 490円
複勝 1 170円 ワイド 1-10 630円
10 180円 1-9 290円
9 120円 9-10 330円
馬連 1-10 2,150円 馬単 1→10 3,650円
三連複 1-9-10 1,260円 三連単 1→10→9 10,150円


 

編集部の回顧

 
勝ち馬ブラストワンピースについて、このメンバー相手にしっかりと勝ち切り、力のあるところを見せてくれた。鞍上のレース運びも素晴らしい。洋芝の適性もあり、少し重たい馬場も向いている。次走は大きな挑戦にはなるが条件としては向いていると思うので大きく期待したい。今後G1の舞台でも上がりが少しかかる馬場であればとても期待できるであろう。2着馬サングレーザーについて、札幌のコースが非常に合っている。力のあるところは見せてくれたし、強い競馬であった。先行して結果を出せたのも収穫。3着馬フィエールマンについて、久しぶりの影響かエンジンのかかりが遅く、少し重たい感じであった。距離も短く、コース適性の分の3着といったところか。馬券外からはワグネリアンについて、今レースは落鉄があり、いい位置につけていたがその影響か全く伸びなかった。札幌よりは東京のコースの方が合っているので次走は巻き返しがきくであろう。(石川)
 
今まで外からの追い込みの印象だったブラストワンピースが内をすくいながら最後鋭く伸びた。鞍上の巧さもあったがあの乗り方で応えられるこなら海外も含めて今後も期待できそう。本命に挙げたワグネリアンは少し前過ぎたか、伸びを欠き圏外という結果。フェエールマンは一度りの差だったが流石の伸び脚で秋のG1戦線が楽しみだ。馬券的には惨敗。買い目も多過ぎたと反省。(道永)
 
ブラストワンピースの川田騎手が一か八かの勝負で見事に勝利した。最内枠という事もありコースロスなく運び直線は空いたスペースを見事に突っ込み差し切った。凱旋門賞へ向け弾みがつく勝利だった。2着のサングレーザーは惜しかったがやはり札幌の馬場は本当に合う。3着のフィエールマンはやはり余裕ある競馬ではあった。最後は外から差してきて力は見せたが時すでに遅し。叩いて次走どこまで変われるか。(坂入)
 
改めて川田騎手の巧さを痛感した1戦だっただろう。今回のレース展開では池添謙一騎手なら間違いなく外をぶん回して届かずの3~4着というイメージ。それを内に拘り進路取りを徹底、直線も狭い所を割って出る形はまさに人馬一体という言葉がぴったりだった。それを初騎乗でやってのける川田騎手に脱帽である。2着サングレーザーは洋芝適正、3着フィエールマンは休み明けで距離短縮の中よく3着に持って来たという印象である。(田中)
 

札幌記念2019の予想

 

◎フィエールマン

 
フィエールマン

フィエールマン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リュヌドール
母父:Green Tune
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:6戦4勝(4-2-0-0)
主な戦績:菊花賞、天皇賞春など
via google imghp
 
菊花賞、天皇賞春の長距離GⅠを勝ち進んでいるフィエールマン。秋には凱旋門賞挑戦を正式に発表しており、今回の札幌記念はその国内最後の前哨戦となる。完全に仕上げ切っている訳ではないにしても、絶対能力の差でここでも横綱相撲をしてくれるのは間違いない。距離も道悪も何ら心配無く、不動の本命となるだろう。ディープインパクト後継種牡馬の最有力候補だ。
 

○ワグネリアン

 
ワグネリアン

ワグネリアン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:8戦5勝(5-1-1-1)
主な戦績:日本ダービーなど
via google imghp
 
前走の大阪杯で3着に入ったワグネリアン。それでもその当時で体調は万全ではなく、ある程度の状態で格好を付けたのはお見事。そこから間隔を空けてようやく馬のバランスなどが良くなり、これまででも最高レベルのコンディションで札幌記念に登場となる。先日、立て続けに他界したディープインパクトとキングカメハメハの血を持つ本馬。弔うには最もベストなタイミングではないだろうか。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:113.5

 
G1馬がそろってなかなかのレベルの札幌記念となった。こうなると上位馬でガチガチに決まるだろう。点数少なく大勝負を推奨する。
 
   
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 石川 道永 坂入 田中 予想オッズ
1 ブラストワンピース 57.0 川田 117.1 6.4
2 クルーガー 57.0 丸山 111.4 34.3
3 ステイフーリッシュ 57.0 中谷 110.0 14.7
4 ナイトオブナイツ 57.0 池添 102.9 × 95.2
5 ロードヴァンドール 57.0 横山武 103.5 156.1
6 ランフォザローゼス 54.0 藤岡佑 110.0 × × 22.8
7 エイシンティンクル 55.0 勝浦 102.5 78.4
8 ゴーフォザサミット 57.0 石橋 107.6 82.9
9 フィエールマン 57.0 Cルメ 116.0 2.5
10 サングレーザー 57.0 岩田康 114.2 5.2
11 ペルシアンナイト 57.0 Mデム 112.7 17.2
12 ワグネリアン 57.0 福永 116.8 3.4
13 サクラアンプルール 57.0 横山典 108.1 48.7
14 クロコスミア 55.0 戸崎 108.8 15.3


 

危険な人気馬 ブラストワンピース(想定4番人気)

 
ブラストワンピースも凱旋門賞参戦を予定しており、今回の札幌記念での結果次第という局面にある。大阪杯、目黒記念と立て続けに惨敗を喫しており、その悪い流れを断ち切りたいのは山々だが1枠に入ったのがどうか。大型馬でスタートが決まらなければ、後方からの競馬を余儀なくされるケースも。悠長に追い込める程の甘いメンバーでもなく、大阪杯と似た様な競馬になってしまうと危険だ。
 

穴馬予想 ロードヴァンドール(想定14番人気)

 
台風がちょうど週末にかけて北海道の方に向かう可能性もあり、その影響で道悪競馬の開催となる可能性もある札幌記念。そうなれば、ロードヴァンドールが思い切った先行策からスタミナと適正を活かして前で踏ん張る事も一考したい。横山武騎手の度胸が試される1戦だろう。
 

編集部の見解

 
本命はフィエールマン、2000メートルの小回りがどうかだが能力としては相当のものがある。血統からみても洋芝は大丈夫であると感じるし、毎レースしっかりと上がりが使える点も良い。追い切りの動きも良く、仕上がりは上々。今後の目標のためにもここは素晴らしいパフォーマンスに期待したい。対抗はブラストワンピース、血統からみても洋芝は大丈夫であると感じるし、当日馬場が渋りそうな点と距離短縮はプラス。追い切りをみても前走よりは仕上がっているし、近走は斤量の影響や不利があったりと不完全燃焼のかたちが続いているのでスムーズならあっさりのかたちも。期待できる舞台であろう。▲はクロコスミア、仕上がり具合が良く、出来はとても良い。同型も少なく、洋芝への適性もあるので自分のかたちに持ち込めば一発あるだろう。(石川)
 
◎ワグネリアンから入る。今年に入ってもう一つパワーアップした印象。近年故障や不振で古馬になってのダービー馬の活躍が乏しいので、この馬に秋に繋げてもらいたい。○ランフォザローゼスは古馬に入ってどうなるかだが、能力は高いと思っている。斤量と立ち回りで面白い存在。▲フィエールマン二つ目のタイトルを奪って充実している馬。秋に向けてここも外せないだろう。(道永)
 
超豪華メンバーが集結した今年の札幌記念。4歳馬が主力を形成する中、やはり本命はフィエールマン。天皇賞春以来だが乗り込みは十分。凱旋門賞に向けて負けられない一戦。対抗はブラストワンピース。前走は59kgに加え時計も速くチグハグな競馬だった。立て直して鞍上も替えてきた辺り陣営の意気込みが感じられる。グランプリホースの意地を見せるか。3番手以下は昨年の勝ち馬、サングレーザー、ダービー馬ワグネリアンなどが続く。(坂入)
 
上位人気の4歳世代3頭が札幌未経験。そうなれば、前年度覇者で同コース3戦3勝のサングレーザーを取りたい。その3頭がいずれも洋芝適正が高い訳もなく、いずれかは走り切れないと考えるとその隙に割って入るのは容易の筈。対抗にはディープインパクトとキングカメハメハの弔い合戦という事でワグネリアンを。単穴にフィエールマンとブラストワンピースを入れるが、道悪次第では他馬も台頭するイメージは付く。ロードヴァンドールの大逃げに期待したいところ。(田中)

関連記事

関連タグ

著者