2018年 スズカデヴィアス

 

2018年05月06日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=①スズカデヴィアス 牡7 56.5 (三浦皇成) 5番人気
2着=⑭ステイインシアトル 牡7 57 (秋山真一郎) 9番人気
3着=②ナスノセイカン 牡6 55 (丸山元気) 11番人気

タイム=2:00.0(良)
レース上がり3ハロン=33.1
勝ち馬上がり3ハロン=32.8

3連複=106,860円
3連単=581,000円
 

レース回顧

 
前がゆっくりとした流れで道中は進み、馬群も団子状態のまま直線コースへ。新潟らしい究極の瞬発力勝負となったが、前に行った馬の有利は変わらない。番手で進めたステイインシアトルが33秒台前半の脚を使ってリードを死守するも、最後の最後で内から伸びたスズカデヴィアスが僅かに差し切り重賞初制覇を飾った。3着に人気薄のナスノセイカンが入線し、3連単は60万円弱の大波乱となった。1~3人気の上位陣は揃って敗退。
 

2017年 サンデーウィザード

 

2017年05月07日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=②サンデーウィザード 牡5 55 (石橋脩) 3番人気
2着=⑥マイネルフロスト 牡6 57 (丹内祐次) 11番人気
3着=⑪メートルダール 牡4 55 (浜中俊) 1番人気

タイム=1:58.6(稍重)
レース上がり3ハロン=34.5
勝ち馬上がり3ハロン=34.1

3連複=10,610円
3連単=89,460円
 

レース回顧

 
トーセンレーヴが作ったやや速めの流れも各馬には余り影響の無かった1戦。番手で競馬を進めたマイネルフロストが堂々と直線早め抜け出しを図ると、その内からサンデーウィザードが馬体を並べて一騎打ちの様相。半ばから壮絶な一進一退の攻防を繰り広げ、最後は見事に並んでゴールイン。僅かに内のサンデーウィザードがハナ差退けて重賞初制覇を飾った。しかし、この直後に故障を発症し戦線離脱となってしまった。離れた3着には1番人気のメートルダールが入線している。
 

2016年 パッションダンス

 

2016年05月08日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=⑨パッションダンス 牡8 57 (津村明秀) 10番人気
2着=③フルーキー 牡6 57.5 (藤岡佑介) 1番人気
3着=⑫シャイニープリンス 牡6 56.5 (幸英明) 8番人気

タイム=1:57.8(良)
レース上がり3ハロン=34.8
勝ち馬上がり3ハロン=34.5

3連複=23,210円
3連単=161,790円
 

レース回顧

 
平均ペースを3番手から進めたパッションダンスが直線早々に抜け出すと、後続を一切寄せ付けない走りで新潟開催の重賞3勝目を飾った。これで新潟は5戦4勝と完全に庭と化す走りで得意の舞台を制圧。2馬身差の2着にフルーキーがハナ差でシャイニープリンスを差し切り入線、1番人気が絡むも3連単は16万円台の中波乱決着となった。総じてハンデを背負った馬たちでの上位入線。
 

2015年 ダコール

 

2015年05月10日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=⑥ダコール 牡7 57 (小牧太) 5番人気
2着=④ナカヤマナイト 牡7 57 (L.オールプレス) 13番人気
3着=⑤アルフレード 牡6 56 (津村明秀) 6番人気

タイム=1:59.6(良)
レース上がり3ハロン=33.9
勝ち馬上がり3ハロン=32.9

3連複=130,520円
3連単=945,420円
 

レース回顧

 
アーデントの楽逃げでペースは落ち着き、前残りが予想された道中。実際直線に入ってもアーデントが半ばまで先頭をキープするが、外からナカヤマナイトがジワジワと差を詰めかわすラスト200m。そこから一気に馬場の真ん中を選んで突き抜けたダコールが32秒台の脚を駆使しての差し切り勝ち。3着には最内から伸びたアルフレードが入線し、3連単は100万円に届きそうな大万馬券が炸裂した。
 

2014年 ユールシンギング

 

2014年05月11日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=⑩ユールシンギング 牡4 56 (吉田隼人) 3番人気
2着=⑤マジェスティハーツ 牡4 55 (森一馬) 2番人気
3着=⑯レッドレイヴン 牡4 56.5 (柴山雄一) 1番人気

タイム=1:59.2(良)
レース上がり3ハロン=34.1
勝ち馬上がり3ハロン=33.1

3連複=1,300円
3連単=7,500円
 

レース回顧

 
流れはゆったりめペースで進むも、先行勢がビッシリ並んでの展開となって結果的に息の入りにくい1戦となった。中団で脚を温存したマジェスティハーツが先ずは真ん中から抜け出し必勝態勢に持ち込むも、外から一気に脚を伸ばしたユールシンギングとの叩き合いとなった。最後は馬体をぶつける様にして併入、クビ差かわしたユールシンギングがセントライト記念に続いて重賞2勝目を飾っている。3着には1番人気レッドレイヴンが入り、上位人気馬のワンツースリーフィニッシュ。
 

2013年 パッションダンス

 

2013年05月05日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=⑪パッションダンス 牡5 55 (藤岡康太) 6番人気
2着=⑦アドマイヤタイシ 牡6 56 (丸山元気) 3番人気
3着=④ダコール 牡5 56 (丸田恭介) 4番人気

タイム=1:56.9(良)
レース上がり3ハロン=35.1
勝ち馬上がり3ハロン=34.3

3連複=4,470円
3連単=29,360円
 

レース回顧

 
前半58秒ちょうどのハイペースで飛ばすダンツホウテイ。離れた番手の位置にパッションダンスが付け、更にそこから後続が続く隊列となった。直線に向いて抜群の手応えで抜け出したパッションダンスとそれに追随するアドマイヤタイシ。この2頭による一騎打ちとなり叩き合いの末、地の利があるパッションダンスがハナ差振り切って重賞勝利を飾った。3馬身差の3着にはダコールが後方から追い込んで入線。
 

2012年 ヒットザターゲット

 

2012年05月06日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=①ヒットザターゲット 牡4 56 (古川吉洋) 5番人気
2着=⑤ダンツホウテイ 牡7 56 (吉田豊) 11番人気
3着=④メイショウカンパク 牡5 56 (吉田隼人) 9番人気

タイム=1:59.0(稍重)
レース上がり3ハロン=35.9
勝ち馬上がり3ハロン=35.4

3連複=43,450円
3連単=306,700円
 

レース回顧

 
アグネスワルツが後続を引っ張る形でやや速めのペースでレースは流れる。番手のダンツホウテイが脚色良くそのまま抜け出すと、暫く先頭を死守し完全に勝ちパターンの様相でレースは終盤へ。そこへ内からスルスルと脚を伸ばしたヒットザターゲットがあっという間にかわすと、最後は2馬身差を付ける完勝の内容で重賞制覇。3着には大外から猛然と追い込んだメイショウカンパクが入線。上位人気陣はこぞって敗退している。
 

2011年 セイクリッドバレー

 

2011年05月08日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=⑤セイクリッドバレー 牡5 56 (丸山元気) 2番人気
2着=⑯マッハヴェロシティ 牡5 54 (宮崎北斗) 10番人気
3着=⑬サンライズベガ 牡7 56 (秋山真一郎) 4番人気

タイム=1:58.4(良)
レース上がり3ハロン=35.1
勝ち馬上がり3ハロン=34.4

3連複=13,250円
3連単=80,490円
 

レース回顧

 
シャドウゲイトがやや速めの流れで逃げての淀み無いペースで展開。直線に向いて番手のサンライズベガが一旦先頭に躍り出るも、馬場の真ん中からセイクリッドバレー、外目からマッハヴェロシティが2頭並んで追い込む。ゴール前でやや大勢有利の形に持ち込んでフィニッシュしたセイクリッドバレーが待望の重賞初制覇を飾った。
 

2010年 ゴールデンダリア

 

2010年05月08日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=⑯ゴールデンダリア 牡6 56 (柴田善臣) 2番人気
2着=⑨セイクリッドバレー 牡4 56 (三浦皇成) 3番人気
3着=②ニホンピロレガーロ 牡7 56 (酒井学) 6番人気

タイム=1:57.7(良)
レース上がり3ハロン=35.0
勝ち馬上がり3ハロン=33.8

3連複=5,280円
3連単=27,010円
 

レース回顧

 
アグネススターチ、エイシンコンファー、タマモサポートなどの先行勢が並んで飛ばす展開。前半58秒前半のハイペースで入り、後半は完全に追い込み勢の出番となった1戦。その中でベストなポジションから外目を気持ち良く伸び切ったゴールデンダリアが最速の上がりで差し切り好タイムで快勝。2着にセイクリッドバレー、3着ニホンピロレガーロと全て10番手以下からの競馬が上位を独占した。
 

2009年 シンゲン

 

2009年05月09日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=⑨シンゲン 牡6 56 (藤田伸二) 5番人気
2着=⑥ニホンピロレガーロ 牡6 55 (酒井学) 16番人気
3着=⑧オペラブラーボ 牡5 56 (蛯名正義) 2番人気

タイム=1:56.9(良)
レース上がり3ハロン=34.3
勝ち馬上がり3ハロン=33.6

3連複=59,520円
3連単=453,690円
 

レース回顧

 
前が飛ばして58秒2のハイペース、中団から後方で脚を温存した各馬にチャンスが残された最後の直線。馬群を縫って楽々と上がって来たシンゲンがいざ追い出されると弾かれる様にして伸び、後続をあっという間に置き去りにする競馬で快勝。2着の最下位人気ニホンピロレガーロに3馬身差を付ける内容で初重賞勝利を飾った。タイムは57秒を切る好時計を記録。3着にオペラブラーボが入り、3連単は45万円を超える波乱決着となった。
 

2008年 オースミグラスワン

 

2008年05月10日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=⑤オースミグラスワン 牡6 57 (川田将雅) 3番人気
2着=④マンハッタンスカイ 牡4 54 (芹沢純一) 6番人気
3着=⑩フィールドベアー 牡5 56 (秋山真一郎) 7番人気

タイム=1:58.5(良)
レース上がり3ハロン=32.9
勝ち馬上がり3ハロン=31.9

3連複=18,320円
3連単=103,310円
 

レース回顧

 
比較的、新潟大賞典にしてはペースも落ち着いて前が楽をする展開で流れた1戦。直線に入っても番手のマンハッタンスカイがまだまだ余裕の脚取りで抜け出すと直後のフィールドベアーやシルクネクサスが続いて前残りの様相を呈した。しかし、大外から驚異的な鬼脚を披露したオースミグラスワンがまとめて差し切る圧巻の競馬。展開を無視する驚異的な31秒台の上がりでローカルの重賞を大いに盛り上げた。
 

2007年 ブライトトゥモロー

 

2007年05月05日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=④ブライトトゥモロー 牡5 55 (木幡初広) 4番人気
2着=⑩サイレントプライド 牡4 55 (後藤浩輝) 1番人気
3着=⑬ヴィータローザ 牡7 57 (上村洋行) 11番人気

タイム=1:57.7(良)
レース上がり3ハロン=34.4
勝ち馬上がり3ハロン=33.7

3連複=26,850円
3連単=128,860円
 

レース回顧

 
やや速めの流れも馬場状態が良く先行集団も無理せずの自然なペースで道中は進む。ある程度馬群がかたまった形で直線コースへ入ると、1番人気サイレントプライドが内からスルスルと先頭へ。そこへヴィータローザが並びにかかり熾烈な争いを繰り広げるが、ラスト200mで大外からブライトトゥモローがまとめて2頭を差し切り重賞初勝利。57秒台の好時計で決着となった。
 

2006年 オースミグラスワン

 

2006年05月06日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=⑤オースミグラスワン 牡4 55 (四位洋文) 1番人気
2着=⑦カナハラドラゴン 牡8 56 (大西直宏) 11番人気
3着=⑨エルカミーノ 牡8 51 (小林淳一) 15番人気

タイム=1:59.1(良)
レース上がり3ハロン=35.0
勝ち馬上がり3ハロン=33.9

3連複=270,820円
3連単=1,047,480円
 

レース回顧

 
コンゴウリキシオーが平均ペースで逃げる展開。直線半ばまでそのコンゴウリキシオーが粘りを見せるも、外からカナハラドラゴンやエルカミーノといった人気薄の馬が一斉に襲い掛かった。しかし、それらをあっさりとまとめてかわしたのが最後方追走のオースミグラスワン。唯一の33秒台の上がりを駆使し、見事1番人気に応える快勝で勝利を飾った。1番人気が勝ったとは言え、2~3着が大荒れで3連単は100万円超えの大万馬券が炸裂した。
 

2005年 エアセレソン

 

2005年05月15日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=⑭エアセレソン 牡5 55 (藤田伸二) 1番人気
2着=⑧カンファーベスト 牡6 57.5 (柴山雄一) 4番人気
3着=④プライマリーケア 牡5 52 (田辺裕信) 14番人気

タイム=1:58.9(良)
レース上がり3ハロン=35.0
勝ち馬上がり3ハロン=34.5

3連複=36,760円
3連単=152,360円
 

レース回顧

 
息の入りにくい流れで先行勢にとっては厳しいペースとなった1戦。中団に位置したカンファーベストが満を持して直線先頭に立つと、内からプライマリーケアが詰めより2頭が並んで先頭争いを繰り広げる。そこへ馬場の真ん中からエアセレソンが最後の100mで一気の伸びを見せてクビ差かわした所がゴール。1番人気の重責を果たす見事な差し切り勝ちで藤田伸二騎手も渾身のガッツポーズが飛び出した。
 

2004年 マイネルアムンゼン

 

2004年05月16日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=⑯マイネルアムンゼン 牡5 56 (大西直宏) 2番人気
2着=⑮ハレルヤサンデー 牡6 55 (後藤浩輝) 7番人気
3着=⑬スーパージーン 牡6 55 (向山牧) 5番人気

タイム=2:00.5(良)
レース上がり3ハロン=34.5
勝ち馬上がり3ハロン=34.2

馬単=7,290円
3連複=11,990円
 

レース回顧

 
降雨で稍重馬場、内目は荒れて馬群が外々を周りながら道中は淡々と進む。直線に入って各馬が外ラチを頼りながら一進一退の攻防を見せる派手なレース。4番手にいたマイネルアムンゼンが後続を引き連れて単独先頭に立つと、大外から追い込んだハレルヤサンデーの猛追を半馬身振り切って見事重賞勝利を飾った。3着にはスーパージーンが入線。
 

2003年 ダンツフレーム

 

2003年05月18日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=⑦ダンツフレーム 牡5 59 (本田優) 1番人気
2着=③タフネススター 牝6 54 (武幸四郎) 2番人気
3着=⑭エルカミーノ 牡5 54 (鹿戸雄一) 12番人気

タイム=1:58.3(良)
レース上がり3ハロン=34.8
勝ち馬上がり3ハロン=33.7

馬単=2,070円
3連複=10,020円
 

レース回顧

 
マイネルブラウが後続を引き離して逃げる展開も、2番手集団以下は平均ペースで流れる。長い直線に入って各馬余力たっぷりで追われると、見事に団子状態の際どい争いが繰り広げられた。その中で唯一突き抜けたのがダンツフレーム。59kgの圧倒的トップハンデを背負いながら最後方追走から上がり最速で差し切る芸当はさすがのGⅠ馬といったところか。2着タフネススター、3着には繰り上がりでエルカミーノが入線。
 

2002年 キングフィデリア

 

2002年05月12日 新潟大賞典 芝2000m 新潟競馬場

1着=⑨キングフィデリア 牡4 54 (幸英明) 6番人気
2着=⑩ビッグゴールド 牡4 56 (宝来城多郎) 4番人気
3着=④テンザンセイザ 牡4 57 (四位洋文) 2番人気

タイム=1:58.8(稍重)
レース上がり3ハロン=35.0
勝ち馬上がり3ハロン=35.0

馬連=8,720円
 

レース回顧

 
好スタートを切ったグリーンソニックがハナへ、その番手にキングフィデリアが続き後続が追随する展開。淡々としたペースで流れ、直線に入ってすぐにスパートをかけたキングフィデリアがそのままグングン加速して気が付けば独壇場の競馬で完勝。2着ビッグゴールドに2馬身半差を付ける圧巻の内容で嬉しい重賞初タイトルを獲得。3着にはテンザンセイザが追い込んで入線している。
 

2001年 サイレントハンター

 

2001年05月13日 新潟大賞典 芝2000m 福島競馬場

1着=④サイレントハンター 牡8 57 (吉田豊) 2番人気
2着=⑥オースミブライト 牡5 55 (村本善之) 11番人気
3着=⑧クラフトマンシップ 牡6 55 (勝浦正樹) 5番人気

タイム=1:59.5(良)
レース上がり3ハロン=37.6
勝ち馬上がり3ハロン=37.6

馬連=12,340円
 

レース回顧

 
代替開催となり福島競馬場で行われた1戦。2番人気サイレントハンターがスタートからグングン加速し後続を引き離して恒例の大逃げ。前半58秒フラットという無謀なペースも同馬にとっては当然のペースだったのだろう。直線コースに入るとさすがにバテは見せたものの、最後までそのリードを保って見事な逃亡劇を飾った。2着にクビ差のオースミブライト、3着クラフトマンシップと怒涛の追い込みを見せるも僅かにサイレントハンターには届かなかった。
 

2000年 タヤスメドウ

 

2000年05月14日 新潟大賞典 芝2000m 福島競馬場

1着=⑮タヤスメドウ 牡6 56 (土肥幸広) 2番人気
2着=⑬アメリカンボス 牡6 56 (江田照男) 1番人気
3着=②トゥナンテ 牡6 54 (幸英明) 7番人気

タイム=2:01.0(稍重)
レース上がり3ハロン=36.8
勝ち馬上がり3ハロン=36.2

馬連=920円
 

レース回顧

 
福島競馬場での開催となったレース。道中で最後方にいたタヤスメドウが一気に捲りを見せ直線入り口では早くも先頭へ。無謀な抜け出しに見えたが、最後までしっかりと脚を使い1番人気アメリカンボスの追撃を難無く振り切って作戦勝ちの勝利となった。鞍上土肥幸広騎手の手綱さばきが光った1戦と言える。3着にはトゥナンテが粘っての入線。
 

まとめ

 
以上、新潟大賞典の過去19年分レースまとめ。

広大なコース、新潟競馬場。芝2000mでもワンターンの周回で行われるため道中もほぼ直線での攻防となり基本的にハイペースとなりやすい。それでいて最後のストレートが相当長いので差し切り勝ちが顕著。逆を言えば逃げ切りはさすがに難しいだろう。

特に改修以降は上がり33秒台は当たり前、32秒台の決着も頻出する程で決め手に欠ける馬にとってはややしんどい競馬となる。あくまでもそれまでに最速の上がりを数回マークしているくらいの瞬発力が無ければ頭には持って来れないと言える。

関連記事

関連タグ

著者