弥生賞2018の結果

 

弥生賞2018の動画

 

レース回顧

 
外からサンリヴァルが追って先頭へ、2番手にダノンプレミアムが追走する展開。少し離れた3番手集団にジャンダルムやワグネリアン、オブセッションなどの上位人気組が馬群を形成する流れとなった。前半1分1秒台のややスローペースで進み、4コーナーで2番手以下が一気に前へ進出。ダノンプレミアムは馬場の良い外目を大きく回って馬なりのまま直線早くも先頭に立つ競馬を見せる。そこからしっかりとした脚取りで突き抜け、最後は流す余裕の走りで無傷の4連勝を達成。2着に外から最速の上がりで追い込んだワグネリアン、3着にジャンダルムが入線。期待されたオブセッションは幼さが露呈してあえなく敗退している。ダノンプレミアムの王者の風格は見事のひと言、死角の無い万全の状態で皐月賞を迎える事となる。牝馬クラシックと共に1強ムードが漂い始めて来た。
 

勝ち馬ダノンプレミアム

 
ダノンプレミアム

ダノンプレミアム

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:インディアナギャル
母父:Intikhab
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム
馬主:ダノックス

通算成績:4戦4勝(4-0-0-0)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークス、弥生賞など
via google imghp
 
まさに王道の競馬で他馬を捻じ伏せる走りは圧巻。番手追走から自分でレースを動かし、直線も鋭く抜け出す内容に文句の付け所無し。今回の不安要素だった2000mも楽々クリアし中距離適性も証明、中山コースも何ら苦にする事無く皐月賞の予行演習を100点満点のパフォーマンスでこなして見せた。今のところ、全く問題視する所も無く今後は無事に本番を迎えられる事だけが課題となる。上手く行けば春の2冠はかなりの高確率で手にする事も出来るだろう。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎ダノンプレミアム
◯ワグネリアン
▲オブセッション
×ジャンダルム
サンリヴァル
 

馬連:想定3点:△的中、三連単:想定18点:△的中

 
この距離で同じパフォーマンスが出来るかは未知数も本命はダノンプレミアム。対抗ワグネリアン、単穴オブセッションまで。ダノンプレミアムがこの距離で確定的に勝利をイメージできるわけでなかった以上3頭BOXが理想。ジャンダルム、サンリヴァルはこの3頭の2角崩しを出来るレベルではないので着差こそたいしてなかったが上位2頭がぬけていたのでこれがベストな想定だろう。
 

全着順結果

 

RR:102.3 ※想定RR:103.4

 
                       
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 田中 清水 大川結城 単勝オッズ
1 9 ダノンプレミアム 56.0 川田 118.0 2:01.0 1.8
2 8 ワグネリアン 56.0 福永 115.0 1.1/2 3.6
3 3 ジャンダルム 56.0 武豊 112.0 1/2 × 8.0
4 10 サンリヴァル 56.0 藤岡佑 112.0 ハナ × × 17.1
5 4 リビーリング 56.0 戸崎 94.0 3 × 58.8
6 7 トラストケンシン 56.0 内田 91.0 1.1/4 126.0
7 1 オブセッション 56.0 Cルメ 96.0 4 × 4.7
8 2 アラウン 56.0 Fミナ 90.0 3/4 295.9
9 6アサクサスポット 56.0 武藤 90.0 ハナ 176.5
10 5 ヘヴィータンク 56.0 野中 90.0 大差 194.6


 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑧⑨-①③ 的中
単勝 9 180円 枠連 7-8 270円
複勝 9 110円 ワイド 8-9 150円
8 110円 3-9 230円
3 140円 3-8 320円
馬連 8-9 300円 馬単 9→8 450円
三連複 3-8-9 500円 三連単 9→8→3 1,320円


 

危険な人気馬結果 オブセッション→7着(3人気)

 
中山コースがどうこうの前に、気性的な幼さがもろに露呈した1戦。ルメール騎手がレース後、『返し馬の後に待機所に連れて行ったから、あそこに行けば良いと思ったのか4コーナーでそっちに向かって走って行った』とコメントしている。まだまだメンタルが子供だという事だろう。調教師的にも恐らく皐月賞は向かわない筈。
 

穴馬予想結果 該当なし

 

編集部の回顧

 
総合的な部分においてトップクラスの能力を兼ね備えたダノンプレミアム。2000mまでなら同世代では敵無しといった所だろう。本命に推したワグネリアンも最速上がりで実力を示したが、馬体重を減らして臨んだ為に本番ではそこの調整がメインとなって上積みも少なくなってしまうのが痛い。逃げたサンリヴァルが粘り切ってくれるとそこそこ美味しかったのだが、さすがに最後は飲み込まれてしまった。オブセッションはまた一からやり直し。(田中)
 
3強で良かったのですね。というか、1強と2着、3着候補という感じで完全に絞り切れらないといけないレースでした。勝馬、強すぎです。(清水)
 
スタート優秀、継続スピード優秀、瞬発スピード優秀。あの先行力とあの位置からのあの末脚つかわれるとさすがに対抗できない。ダノンプレミアムは久々の名馬クラスかな。マイルと2000であの競馬できるダノンプレミアムが2400で同じ芸当できない想定でいくとダービーはワグネリアンにぶがありそうか。オブセッションは4コーナーでふくれてたのでまだ見切るには早い。デジャブですね。今年の有力馬は4コーナーまわれない馬多いですね。(大川)
 
本命に推したオブセッションは4コーナー逆手前で右から鞭を入れられると外に大きく膨らむという若さ丸出し。パドックでは堂々たる雰囲気で他馬とのスケールの違いを改めて感じたのだが…。(結城)
 

弥生賞2018の予想

 

◎ダノンプレミアム

 
ダノンプレミアム

ダノンプレミアム

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:インディアナギャル
母父:Intikhab
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム
馬主:ダノックス

通算成績:3戦3勝(3-0-0-0)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークスなど
via google imghp
 
王者ダノンプレミアムに死角無し。朝日杯フューチュリティステークスを圧倒的な強さで勝利した同馬、今回の弥生賞は一部で距離不安が囁かれているものの新馬戦の1800mでも余裕たっぷりの脚色で完勝。あの競馬内容と折り合いに不安も無い点を考えればそうそう崩れるシーンは考えられない。調教も抜群の動きを披露し、いざ本番へ向け万全の態勢で始動戦を迎える。
 

◯ワグネリアン

 
ワグネリアン

ワグネリアン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:3戦3勝(3-0-0-0)
主な戦績:東京スポーツ杯2歳ステークスなど
via google imghp
 
実績ではダノンプレミアムに見劣るが、競馬のインパクトはワグネリアンの方が上。新馬戦の上がり32秒6は中京競馬場の歴代最速(古馬含む)だったし、その後の2戦も後方から一気の差し切りで3連勝。重馬場、ハイペースも経験しいずれの条件下でもパフォーマンスを発揮出来るのはさすがのひと言。懸念すべきは走る毎にテンションが上って来ている点。当日のパドックの気配を注目したい。
 

▲オブセッション

 
オブセッション

オブセッション

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:パーシステントリー
母父:Smoke Glacken
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:2戦2勝(2-0-0-0)
主な戦績:シクラメン賞など
via google imghp
 
上位2頭を負かせるとすればこのオブセッションか。シクラメン賞では最後方追走から大外を回って差し切り、1800mの2歳日本レコードで走破する強烈な圧勝劇を飾った。走りを見てもまだまだ荒削りで成長次第ではとんでもない化け物になる可能性もあり、終わってみればあっさりのケースも。2年連続のダービー制覇に向け藤沢和雄厩舎が大物を弥生賞へ送り込む。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:103.4

 
2歳王者ダノンプレミアムがこの距離でも同様の強さを発揮するのか、また2歳時の実評価ナンバーワンのワグネリアンがねじ伏せるのか。素質馬オブセッションがまとめて倒すのか。無敗馬対決でワンツーは手堅いのではないだろうか。実力馬が直接対決をさけたため、手薄で未勝利が複数登場というすごい実力差があるメンバー構成になっている。
 
                             
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 田中 清水 大川結城 予想オッズ
1 オブセッション 牡3 56.0 Cルメ 112.0 × 4.4
2 アラウン 牡3 56.0 Fミナ 90.0 622.4
3 ジャンダルム 牡3 56.0 武豊 109.0 × 4.9
4 リビーリング 牡3 56.0 戸崎 94.0 × 48.5
5 ヘヴィータンク 牡3 56.0 野中 90.0 260.0
6 アサクサスポット 牡3 56.0 武藤 90.0 222.1
7 トラストケンシン 牡3 56.0 内田 90.0 126.4
8 ワグネリアン 牡3 56.0 福永 112.0 2.9
9 ダノンプレミアム 牡3 56.0 川田 118.0 2.1
10 サンリヴァル 牡3 56.0 藤岡佑 106.0 × × 18.0


 

危険な人気馬 オブセッション(想定3人気)

 
単純に走りを見ても明らかな東京向きのタイプ。器用さという点ではダノンプレミアム、ワグネリアンよりもビハインドがあり中山競馬場の小回り故に仕掛けが遅れて末脚不発というパターンも無くは無いだろう。とは言え、それでも能力でカバーして上位には顔を出しそうな気もするが…果たして。
 

穴馬予想 該当なし

 

編集部の見解

 
実績、馬主、厩舎、生産、経験という総合的な見地でワグネリアンを本命に。テンションが上がって来ているのが不安点ではあるものの、少頭数の弥生賞なら多少スムーズさを欠いても地力で何とかしてくれるだろう。対抗はダノンプレミアム。普通に走れば同馬が最有力だが、初の2000mで脚を鈍らせるなら差し切られる事も想定。初の中山となるオブセッションより、同舞台のホープフルステークスで結果を出しているジャンダルムとサンリヴァルを上位に見立て連下に推す。(田中)
 
ここは素直に4強で。調教前迄はワグネリアンとオブセッションに厚い印をと思っていたのですが、調教の動きを見てそれぞれ評価を下げました。本番前からこのメンバーが揃ってどうなるのかなと思ってテンション上がりまくりでしたが少しワクワク感が下がりました。(清水)
 
なんだかんだで振り返ってダノンプレミアムの楽勝具合はヤバイなと判断して本命に。対抗はやってみないとだが現時点でダービー本命視しているオブセッション。単穴にワグネリアンとした。3頭で決まるだろうというイメージ。(大川)
 
ダノンプレミアムとワグネリアンの弥生賞はわかるが、2戦目も広い阪神の千八をわざわざ選んだオブセッションの参戦表明には正直驚いた。本命にはそのオブセッションを抜擢。実績ではライバルたちに劣るが、前走の勝ちっぷりからも能力は全く引けを取らない。むしろスケールの大きさならこれが一番。対抗は2歳王者ダノンプレミアム。朝日杯では好位から楽に抜け出し圧勝。そつのない完成されたレース運びは正に王者。課題はコーナー4つの中山コースと距離延長か。単穴にワグネリアン。こちらも3戦3勝の東スポ杯2歳S勝ち馬で瞬発力は世代最右翼。ただ、入れ込む気性に危うさも。後はホープフルS2着のジャンダルムを連下に押さえる。(結城)

関連記事

関連タグ

著者