平安ステークス2019の結果

 

平安ステークス2019の動画

 

レース回顧

 
サンライズソアが押してハナに立ちレースの主導権を握った前半戦。番手にマイネルオフィール、マイネルユキツバキの2頭。そこから意外にも縦長の隊列となって、チュウワウィザードやアナザートゥルース、オメガパフュームなど有力勢が後方で追走する展開で3コーナーへ。後ろの集団もようやく動き始めると、オメガパフュームが一気に捲りながら先頭を窺って直線コースに入って行った。勢い良く単独先頭に立ちそのまま押し切るかに見えたが、仕掛けを一完歩待って仕掛けたチュウワウィザードがモズアトラクションと馬体を並べて大外から豪快に追い込み、最後はクビの上げ下げでハナ差振り切って中央の重賞タイトル初勝利を飾った。
 

勝ち馬チュウワウィザード

 
チュウワウィザード

チュウワウィザード

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:チュウワブロッサム
母父:デュランダル
所属:大久保龍志厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:中西忍

通算成績:11戦7勝(7-2-2-0)
主な戦績:平安ステークス、ダイオライト記念、名古屋グランプリなど
via google imghp
 
いつもより少し下げ目の位置で道中はゆっくり進めたチュウワウィザード。さすがの川田騎手、ペースの読みもさることながら、後ろから上がって行ったオメガパフュームの動きを見てもまだ動かず。ワンテンポ仕掛けを遅らせて直線大外へ持ち出すと、一旦はモズアトラクションに被されるもしっかりとそこから盛り返してグングン加速。最後は勝負根性で差し返して貫禄の重賞制覇となった。これでキャリア11戦して全て3着以内という見事な戦績を更新し続けている。今後は帝王賞を予定。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎チュウワウィザード
〇オメガパフューム
▲サンライズソア
アナザートゥルース
△ロンドンタウン
サトノティターン
×ジョーダンキング
ハイランドピーク
 

馬連:想定9点:×不的中、三連単:想定120点:×不的中

 
本命対抗単穴は単勝10倍未満で連下は単勝15倍未満、紐は単勝20倍未満が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:102.6 ※想定RR:107.7

 
                                                   
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 石川 坂入 大川 今中田中 単勝オッズ
1 7 チュウワウィザード 58.0 川田 111.5 1:58.1 2.5
2 6 モズアトラクション 56.0 藤岡康 106.0 ハナ 147.6
3 1 オメガパフューム 59.0 Mデム 108.0 1.1/4 6.7
4 5 アナザートゥルース 57.0 大野 107.0 1.1/4 8.8
5 8 サンライズソア 57.0 田辺 108.2 1.1/2 4.8
6 9 ジョーダンキング 56.0 岩田康 99.5 ハナ × × × 16.2
7 14 マイネルユキツバキ 56.0 和田 94.0 1.3/4 × 40.8
8 11 クイーンマンボ 54.0 北村友 103.5 クビ × 36.1
9 15 サトノティターン 57.0 石橋 105.0 アタマ × 10.7
10 3 グレンツェント 57.0 103.4 2 62.9
11 2 サンマルデューク 56.0 武士沢 97.5 3/4 164.2
12 16 ロンドンタウン 56.0 藤岡佑 104.4 1.1/4 10.0
13 10 ハイランドピーク 57.0 武豊 101.8 1.3/4 × 18.3
14 4 トラキチシャチョウ 56.0 水口 93.2 1/2 564.3
15 13 メイショウスミトモ 57.0 小牧 97.9 クビ 435.6
16 12 マイネルオフィール 56.0 国分恭 93.0 1/2 347.3


 

危険な人気馬結果 該当馬なし

 

穴馬予想結果 マイネルユキツバキ→7着(10人気)

 
スタートから3番手の好位に付けてレースの流れに乗ったマイネルユキツバキ。ジワジワと脚を伸ばして行きたかったが、後方からオメガパフュームなどが一気に捲ってペースアップした時に瞬時に反応できなかったのが辛かった。大飛びで器用さには欠ける分、ペースに大きな緩急が生まれてしまうとどうしても後手を踏んでしまう事になる。そういう点ではやはり東京などの広いコースが合っているのだろう。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ①⑦-⑤⑧⑩⑪⑭⑮⑯ 不的中
単勝 7 250円 枠連 3-4 720円
複勝 7 140円 ワイド 6-7 5,330円
6 1,720円 1-7 480円
1 280円 1-6 11,660円
馬連 6-7 21,830円 馬単 7→6 30,210円
三連複 1-6-7 32,970円 三連単 7→6→1 218,430円


 

編集部の回顧

 

勝ち馬チュウワウィザードについて、斤量58キロを背負ってこの内容の競馬は素晴らしいの一言。鞍上のペース判断もさすが。今後の活躍が期待をもてる。とても強い競馬であった。2着馬モズアトラクションについて、首の上げ下げだっただけに悔しい2着だが、ペースがはまったとはいえ素晴らしい末脚。京都1900メートルなら今後も期待の持てる馬であろう。3着馬オメガパフュームについて、斤量59キロを背負ってのこの内容なら立派。やはり右回りなら堅実。この馬の強さを改めて実感したレースであった。(石川)
 
勝ったチュウワウィザードはやはり強かった。58キロ背負いあの競馬ができるならばこの先も楽しみだ。今後は一線級の相手となった場合どういう競馬になるかだが、今の出来ならばある程度太刀打ちできるのではないかとは思う。(坂入)
 
斤量背負っててもチュウワウィザード、オメガパフュームは強かった。他と僅差との判断が間違いだったがしかしながら基本的にはモズアトラクションがつっこんでいているとおり前がとばしすぎて全滅した印象も同時になるので2頭は強いとしても他は展開で負けすぎたのも事実だろう。(大川)
 
先行馬が多い中で想定通りのハイペース。じっくり堪えてタイミング良くスパートをかけたチュウワウィザードは予想通り強かったが、2着にきたモズアトラクションは展開が向いたとはいえすごい末脚だった。3着にきたオメガパフュームも59を背負って勝ちに動いての3着なので地力はやっぱり高い。帝王賞が楽しみになるレースだった。(今中)
 
チュウワウィザード、オメガパフューム、アナザートゥルースまであんな後方にいるとは思いもよらず。オメガパフュームが一気に上がって行った時でも冷静に待てるチュウワウィザードの鞍上川田騎手の読みが冴え渡った1戦だったろう。オメガパフュームも59kgを背負ってこの競馬はお見事。モズアトラクションは京都のダートで警戒が必要だった。(田中)
 

平安ステークス2019の予想

 

◎チュウワウィザード

 
チュウワウィザード

チュウワウィザード

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:チュウワブロッサム
母父:デュランダル
所属:大久保龍志厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:中西忍

通算成績:10戦6勝(6-2-2-0)
主な戦績:ダイオライト記念、名古屋グランプリなど
via google imghp
 
これまでキャリア10戦中4着以下が無いチュウワウィザード。相手なりに走れて大崩をしない安定感は、3連系の軸には最適の1頭になるだろう。重賞タイトルは地方の2勝だけだが、前々走の東海ステークスではインティの後塵を拝したものの、自身も3着以下を大きく引き離しており中央重賞でも十分に戦える事は証明している。後はオメガパフュームとの兼ね合い次第か。
 

○オメガパフューム

 
オメガパフューム

オメガパフューム

牡馬

父馬:スウェプトオーヴァーボード
母馬:オメガフレグランス
母父:ゴールドアリュール
所属:安田翔伍厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:原禮子

通算成績:10戦5勝(5-2-1-2)
主な戦績:東京大賞典など
via google imghp
 
昨年の東京大賞典馬オメガパフューム。前走のフェブラリーステークスは不運なレース運びで敗戦を喫してしまったが、とは言え1800m以上の距離でこその馬である。今回、JBCクラシックでケイティブレイブをあと一歩の所まで追い詰めた時と同条件の舞台。そうそうの事が無い限りは崩れるというシーンが考えられない。チュウワウィザードとの一騎打ちを想定しておきたい。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:107.7

 
チュウワウィザードとオメガパフュームは斤量差がどうでるかだがアナザートゥルース、サンライズソア、サトノティターン、ロンドンタウンまでの6頭ボックスを推奨のレースだろう。
 
   
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 石川 坂入 大川 今中 田中 予想オッズ
1 オメガパフューム 59.0 Mデム 107.7 4.7
2 サンマルデューク 56.0 武士沢 97.9 102.1
3 グレンツェント 57.0 104.7 59.1
4 トラキチシャチョウ 57.0 水口 93.5 186.3
5 アナザートゥルース 57.0 大野 109.0 6.0
6 モズアトラクション 56.0 藤岡康 90.0 76.6
7 チュウワウィザード 58.0 川田 109.0 2.9
8 サンライズソア 57.0 田辺 109.5 3.5
9 ジョーダンキング 56.0 岩田康 100.0 × × × 28.7
10 ハイランドピーク 57.0 武豊 102.7 × 29.2
11 クイーンマンボ 54.0 北村友106.3 × 22.1
12 マイネルオフィール 56.0 国分恭 93.3 82.8
13 メイショウスミトモ 57.0 小牧 98.1 140.7
14 マイネルユキツバキ 56.0 和田 94.0 × 26.6
15 サトノティターン 57.0 石橋 109.0 × 12.3
16 ロンドンタウン 56.0 藤岡佑 106.7 9.3


 

危険な人気馬 該当馬なし

 

穴馬予想 マイネルユキツバキ(想定8人気)

 
上位勢がどれも安定感抜群で崩れそうにないイメージだが、勢いと大物食いという感覚で推奨するならこのマイネルユキツバキか。フットワークやレースぶりを見ても自身のスケールが大きく、いずれは重賞戦線の常連になって来てもおかしくない素材。前走の勝ち方も余裕があり、今回も展開次第ではアッと言わせるシーンはあるかもしれない。
 

編集部の見解

 
本命はチュウワウィザード、前走、前々走と素晴らしいパフォーマンス。斤量58キロになるが能力の高い馬なのでこなしてくれるであろう。また追い切りを見てもいい動きをしており期待がもてる。今の京都の馬場も合いそうなのでその点もプラス。対抗はサンライズソア、他に行きたい馬もいるので展開的にどうかだがこのメンバーなら逃げたら面白い。斤量57キロはプラスだし、今の京都も合うイメージ。去年のような素晴らしいパフォーマンスに期待。▲はオメガパフューム、能力のある馬だが、斤量59キロと今の京都の馬場を考えると少しマイナスのかたち。やや先を見据えたつくりだが能力の差でどこまで。(石川)
 
本命はオメガパヒューム。休み明けとはいえ実績最上位。乗り込みもまずまずで格好はつけるだろう。対抗はチュウワウィザード。58キロとはいえここも崩れることはまずないだろう。(坂入)
 
現役上位メンバーがある程度集まってきた印象。上位にそこまで差がないと考えているので斤量差は大きいと判断、条件レースのときにチュウワウィザードが54でアナザートゥルースが57で僅差だったでどちらも重賞クラスになったとはいえ、58と57だったら4キロ差、前回の対決と斤量差あるので本命をアナザートゥルースにあとは上位の中で唯一56のロンドンタウンを対抗に。残りを単穴のほぼ6頭BOXで。(大川)
 
◎ロンドンタウン、近二走とも重賞で結果を残しているなかで斤量が56ならこの馬から狙いたい。安定した走りでこのメンバーでも馬券内は固い。○チュウワウィザード、勝った前走よりレベルが下がる今回は斤量が不安だが、それ以外に不安要素はない。△ハイランドピーク、ハナを切れれば武豊騎手の得意の逃げで、なんとか残る可能性もある。(今中)
 
本命はチュウワウィザード、その安定感と近走の充実ぶりはメンバー中随一。実力的に成長した今ならオメガパフュームと遜色ないと判断する。対抗は勢い著しいアナザートゥルース。こちらは血統的にもっと上へ行っても良い一族だけに、ここもあっさり連勝まで。単穴に実績だけなら文句なしのオメガパフューム。この上位3頭は斤量差もあるが基本的に上位争いを演出してくれる筈。(田中)

関連記事

関連タグ

著者