小倉2歳ステークス2019の結果

 

小倉2歳ステークス2019の動画

 

レース回顧

 
内からテーオーマルクスが行く気を見せてハナに立つも、ヒバリが競りかける様にして2頭が先団を引っ張る展開となった1戦。重馬場ながら3ハロン入りが33秒7とかなり速いペースで進めて行くと、4コーナーでは後方勢が一気に押し上げて来て直線コースへ。人気のカイルアコナが一旦は見せ場を作るも、絶好位から競馬を進めたマイネルグリットが楽々と差し切り重賞初勝利を達成。2着には後手後手に回ってかろうじて直線リカバリーを見せたトリプルエースが入線。3着は大外から懸命に追い込んだラウダシオンが入っている。馬場適性がモロに出た1戦だったと言えるだろう。
 

勝ち馬マイネルグリット

 
マイネルグリット

マイネルグリット

牡馬

父馬:スクリーンヒーロー
母馬:マイネショコラーデ
母父:ロージズインメイ
所属:吉田直弘厩舎(栗東)
生産:ビッグレッドファーム
馬主:サラブレッドクラブ・ラフィアン

通算成績:3戦3勝(3-0-0-0)
主な戦績:小倉2歳ステークスなど
via google imghp
 
レースセンス、馬場適性、経験値など全ての要素で他馬を上回ったマイネルグリットが鮮やかに突き抜けてタイトルを初獲得。スピード値を活かしきれない道悪なら、やはり本馬の様な多角的に勝負できる1頭が中心となるのだろう。鞍上の国分優作騎手も初騎乗ながら乗りやすそうなイメージで上手くエスコート。先に仕掛けざるを得ないカイルアコナを見ながら4コーナーを回って来る辺りである程度の結果を確信出来たのではないだろうか。新馬ではマイルを快勝しており、距離もある程度は融通が効く筈。どこまで無敗記録が続くのか大いに楽しみである。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎トリプルエース
◯マイネルグリット
▲カイルアコナ
△ラウダシオン
テーオーマルクス
×ヒバリ
シゲルミズガメザ
ゼンノジャスタ
グランドデューク
カリニート
ホープホワイト
ヒメサマ
ローランダー
ミントティー
 

馬連:想定7点:◯勝利、三連単:想定144点:〇勝利

 
本命対抗は、トリプルエースとマイネルグリット。単穴は単勝8倍未満、連下は単勝10倍未満、紐は単勝80倍未満が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 
                               
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 石川 道永 坂入 田中 単勝オッズ
1 10 マイネルグリット 54.0 国分優 ---- 1:10.5 6.2
2 5 トリプルエース 54.0 和田 ---- クビ 4.5
3 3 ラウダシオン 54.0 武豊 ---- 1/2 × 8.5
4 13 ゼンノジャスタ 54.0 田中健 ---- 1/2 29.0
5 7 カイルアコナ 54.0 川田 ---- クビ 2.8
6 2 テーオーマルクス 54.0 浜中 ---- クビ 9.7
7 12 カリニート 54.0 ---- 1/2 × 49.0
8 4 ヒメサマ 54.0 岩田望 ---- 1/2 66.8
9 8 ホープホワイト 54.0 酒井 ---- 1.3/4 60.5
10 9 シゲルミズガメザ 54.0 岩崎 ---- クビ 28.3
11 14 ミントティー 54.0 秋山 ----2 62.2
12 1 ローランダー 54.0 松山 ---- 1.1/2 × 67.6
13 11 グランドデューク 54.0 西村淳 ----2.1/2 33.3
14 6 ヒバリ 54.0 福永 ---- 大差 × 15.1


 

危険な人気馬結果 トリプルエース→2着(2番人気)

 
久々の実戦と初の1200mという事もあり序盤はやや劣勢のレース運びとなったトリプルエース。それでも中盤から盛り返しを見せ、4コーナーでは完全に勢いを付けた状態。直線では狭い所をグングン加速して勝ち馬に迫る走りはやはり地力が一枚も二枚も上の印象だった。
 

穴馬予想結果 ヒメサマ→8着(12番人気)

 
スタートダッシュが付かず、先手をあっさりと他馬に取られてしまったヒメサマ。重馬場でスピードを活かせない馬場も堪えて、直線では伸び切れず8着惨敗を喫した。今後は平坦の直線が短いローカルコースで地道にクラスを勝ち上がって行くタイプになるだろう。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑦⑩-①②③④⑤⑥⑬⑭ 的中
単勝 10 620円 枠連 4-6 780円
複勝 10 190円 ワイド 5-10 510円
5 180円 3-10 780円
3 240円 3-5 680円
馬連 5-10 1,310円 馬単 10→5 3,090円
三連複 3-5-10 3,190円 三連単 10→5→3 17,400円


 

編集部の回顧

 
勝ち馬マイネルグリットについて、タフな馬場は得意な馬。いい上がりを使い、強い内容。際どかったがしっかりと勝ち切った面は大きい。今後も期待したい。2着馬トリプルエースについて、スタートが痛かったか。そこからのリカバリーは素晴らしく、タフな馬場で2着は評価できるが2着は出遅れの分であろう。次走も注目したい。(石川)
 
本命にしたマイネルグリットは強いと思っていたが、予想に反せず見事三連勝。トリプルエースもうまく間を抜け来たのだが僅かに及ばず。この馬もなかなか強いと馬とみた。ラウダシオンもあの位置から最後の切れ味は抜群。展開次第では突き抜けそうな印象。予想的には本命と紐の三着が来てるので、トリプルエースをしっかり入れておけばというレース。こういうレースをしっかり取れるようにしたい。(道永)
 
マイネルグリットが無傷の3連勝を飾った。重馬場も味方したが強い競馬だった。1600mでも勝ち鞍があり距離的にはスプリントからマイル路線になりそうだが今後が楽しみだ。トリプルエースはスタートが決まっていればもしや勝てたのではないか。ただあの末脚は魅力で良馬場ならばもっと生きるだろう。(坂入)
 
ある程度、馬場が悪くなる想定含めて◎マイネルグリットが勝った事は良し。連下にしたトリプルエースが普通に回ってくれば楽勝という走りだっただけに、印を上げておくべきだったか。ラウダシオンも大外をブン回しての3着、こちらも連下に上げるべき素材。たまたま予想に引っかかっただけであり、展望自体はいまいち納得が行かなかった1戦。(田中)
 

小倉2歳ステークス2019の予想

 

◎カイルアコナ

 
カイルアコナ

カイルアコナ

牝馬

父馬:キンシャサノキセキ
母馬:コナブリュワーズ
母父:キングカメハメハ
所属:高橋義忠厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
新馬戦の内容がとにかく圧巻。スピードの違いから先頭に立つと、後続に何もさせない完璧な内容で好タイムの快勝を飾っている。持ちタイムという点では他に譲る馬もいるが、新馬の初戦で1分9秒1を楽に叩き出すのだから、実質の時計勝負ならこの馬が最有力だろう。まだ本気で走っていない分、2戦目でまだまだパフォーマンスも上がって来る筈だ。何より絶好調の川田将雅騎手が鞍上というのも非常に心強い限り。
 

○マイネルグリット

 
マイネルグリット

マイネルグリット

牡馬

父馬:スクリーンヒーロー
母馬:マイネショコラーデ
母父:ロージズインメイ
所属:吉田直弘厩舎(栗東)
生産:ビッグレッドファーム
馬主:サラブレッドクラブ・ラフィアン

通算成績:2戦2勝(2-0-0-0)
主な戦績:フェニックス賞など
via google imghp
 
新馬、フェニックス賞と連勝中のマイネルグリット。マイルから1200mへの対応もスムーズにこなし、且つ好タイムでの快勝は能力の高さを思う存分示した1戦だった。展開や条件など不問で、多頭数の混戦時には最も頼りになるタイプ。カイルアコナが2戦目で力を発揮出来なかった場合でも、本馬に関しては間違いなく上位争いを演出してくれるだろう。軸系には持って来いの1頭。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 
   
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 石川 道永 坂入 田中 予想オッズ
1 ローランダー 54.0 松山 ---- × 45.2
2 テーオーマルクス 54.0 浜中 ---- 11.4
3 ラウダシオン 54.0 武豊 ---- × 7.8
4 ヒメサマ 54.0 岩田望 ---- 47.5
5 トリプルエース 54.0 和田 ---- 7.1
6 ヒバリ 54.0 福永 ---- × 13.1
7 カイルアコナ 54.0 川田 ---- 1.7
8 ホープホワイト 54.0 酒井 ---- 90.3
9 シゲルミズガメザ 54.0 岩崎 ---- 27.9
10 マイネルグリット 54.0 国分優 ---- 3.6
11 グランドデューク 54.0 西村 ---- 42.1
12 カリニート 54.0 ---- × 31.7
13 ゼンノジャスタ 54.0 田中健 ---- 18.7
14 ミントティー 54.0 秋山 ---- 71.6


 

危険な人気馬 トリプルエース(想定3人気)

 
6月頭の新馬戦を勝利したトリプルエース。内容も良く走りに素質を感じる1頭ではあるが、休み明けで他馬より仕上がり面での不安はある。加えて、初戦の時計が1分12秒5とかなり遅く、上位に来るには少なくとも3秒以上詰めなければいけない事実は捨て置けない。上位人気想定の中では、凡走の材料が一番揃っているのではないだろうか。
 

穴馬予想 ヒメサマ(想定12人気)

 
フェニックス賞では2着ゼンノジャスタとハナ差のヒメサマ。その時の3ハロン入りが33秒5とかなりのハイペースで粘り込んでいるのだから価値のある内容だった。今回、それよりも楽に前半を進める事が出来ればもう少し粘りも増して来るだろう。スタートさえ決められれば、高配当を呼ぶ先行策が期待出来るかもしれない。
 

編集部の見解

 
本命はカイルアコナ、新馬戦のパフォーマンスがとても素晴らしい。内容も良くタイムも優秀。力のいる馬場がどうかというところであり課題はその点だけか。能力としては素晴らしいものを持っているので期待したい。対抗はトリプルエース、新馬戦はレベルの高いレースをいい内容で勝っており、能力は相当高いものがある。重い馬場でいい上がりも使えておりその点も高く評価したい。▲はテーオーマルクス、重たい馬場が得意であると思うし追い切りでもタイム良く素晴らしい動き、一発の期待がもてる。(石川)
 
短距離二歳重賞。去年は結構な配当だったが果たして。◎マイネルグリットから狙う。前走は上手く内をすくった感も強いが、抜け出して最後まで抜かせなかった強い勝ち方。タイムも悪くないし三連勝もある。○カイルアコナが対抗。前走は圧倒的な逃げ切りだった。今回も自分のペースでいければ充分に勝つチャンスはある。▲ヒバリが単穴。前走、巡り合わせか美空ひばりさんの愛燦燦を聞いていた翌日に出走していたので名前だけで本命にしたのだが、見事に勝ってくれた思い入れのある馬。完全なる個人的な応援馬。(道永)
 
混戦な一戦だが本命はカイルアコナ。とにかくスピードがあり、今回もスタートさえ決まればそのままスピードで押し切れるのではないか。対抗はトリプルエース。こちらは休み明けになるが新馬戦で差す競馬ができたのは収穫。前に行く馬が多いので差し脚が生きれば面白い。(坂入)
 
時計、2連勝の実績、条件など不問ベースでマイネルグリットが本命か。単純にフェニックス賞のレベルが高かったと想定して2着のゼンノジャスタを対抗に。カイルアコナは素質一番だが、2戦目できっちり走るまでは信用が出来ないので単穴に。カイルアコナが普通に回ってくれれば圧勝まであると見るが果たして。(田中)

関連記事

関連タグ

著者