当サイトの恒例記事となっております重馬場適性診断。桜花賞では◎に推したレーヌミノルが人気薄で快勝する結果の通り、GⅠクラスになると実力が均衡している為に各馬の適性ファクターが着順に大きく影響して参ります。今年の秋は秋華賞と菊花賞がいずれも道悪で開催中。

今週末も週間天気予報の欄では土曜、日曜日が雨。という事で少し気が早いかもしれませんが、いつもと同じ形式で有力馬たちの中から道悪巧者を抽出して行きたいと思います。ちなみに、あくまでも予報ですので晴れに変わった場合はご容赦下さいませ。
 

天皇賞秋の上位人気順から(想定)

 

1番人気 キタサンブラック 重馬場適性◯

 

稍重~不良馬場での戦績 3戦1勝(1-0-1-1)

 
キタサンブラック

キタサンブラック

牡馬

父馬:ブラックタイド
母馬:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
所属:清水久詞厩舎(栗東)
生産:ヤナガワ牧場
馬主:大野商事

通算成績:17戦10勝(10-2-3-2)
主な戦績:菊花賞、天皇賞春、ジャパンカップ、大阪杯など
via google imghp
 
先日、年内で引退を発表されたキタサンブラック。残す所、後3戦のキャリアとなるが初戦の天皇賞秋から抜かりのない仕上がりで出走して来る事は間違いない。春の宝塚記念は不可解な敗戦を喫したが、あれだけ大きく負ければ参考外と見て良い筈。終いを平均34秒台でまとめるタイプという事からも馬場が湿って上がりがかかるのは好材料だろう。内枠を引いた時点で好走確率が一気に上昇する。春に逃した古馬3冠のタイトルを再び秋のシーズンで狙い打ちだ。
 

2番人気 リアルスティール 重馬場適性△

 

稍重~不良馬場での戦績 0戦0勝(0-0-0-0)

 
リアルスティール

リアルスティール

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:14戦4勝 (4-5-1-4)
主な戦績:ドバイターフなど
via google imghp
 
前哨戦の毎日王冠で見事な復活を果たしたリアルスティール。思えば一昨年のクラシックではドゥラメンテよりも評価の高かった同馬だが、ドバイターフこそ勝利したものの未だ国内のタイトルは手にしていない。だが、馬券に絡んでいる10戦全てで上がり3位以内の末脚を駆使している様に、基本的にはキレ味勝負のレースで力を発揮する1頭。今回の雨予報がプラスに働くとは到底思えず、道悪が未経験というのは雲行きがやや怪しい。
 

3番人気 サトノクラウン 重馬場適性◎

 

稍重~不良馬場での戦績 5戦4勝(4-0-0-1)

 
サトノクラウン

サトノクラウン

牡馬

父馬:Marju
母馬:ジョコンダⅡ
母父:Rossini
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:里見治

通算成績:14戦7勝(7-0-1-6)
主な戦績:宝塚記念、香港ヴァーズなど
via google imghp
 
周知の事実とは思うが、出走メンバー中で馬場が湿った時に1番を得をするのはサトノクラウンだろう。成績が示す様に良績具合が半端ではなく、稍重馬場で開催された今年の宝塚記念でのパフォーマンスは記憶に新しい。33秒台の脚も使えるには使えるが、どちらかと言えば良い脚を長く使う方が得意な部類。そういう意味でも、再びキタサンブラックを撃破する可能性は大いに有り得る。
 

4番人気 サトノアラジン 重馬場適性△

 

稍重~不良馬場での戦績 4戦1勝(1-1-1-1)

 
サトノアラジン

サトノアラジン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:マジックストーム
母父:Storm Cat
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:里見治

通算成績:26戦8勝(8-5-3-10)
主な戦績:安田記念など
via google imghp
 
世代でも随一の切れ者サトノアラジン。道中は後方待機で脚を溜め最後の直線で一気に追い込みをかける1頭であり、出来れば良馬場で走りたいのは明らかだ。道悪での成績は良く見えるものの、馬券に絡んでいるのは条件クラスで走っている時のものばかり。実際、今年の春に重馬場で戦った京王杯スプリングカップでは案外の着順に終わっているだけに適性は低いと判断する。
 

5番人気 グレーターロンドン 重馬場適性△

 

稍重~不良馬場での戦績 1戦1勝(1-0-0-0)

 
グレーターロンドン

グレーターロンドン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ロンドンブリッジ
母父:ドクターデヴィアス
所属:大竹正博厩舎(美浦)
生産:下河辺牧場
馬主:窪田康志

通算成績:9戦6勝(6-1-1-1)
主な戦績:安田記念4着など
via google imghp
 
メキメキと頭角を現し始めたグレーターロンドン。前走の毎日王冠でも絶望的な位置から追い上げて3着入線と、いかにも天皇賞秋での好走フラグが立っている。しかし、同馬はキャリア9戦の上がり平均が何と33秒3という驚異的な瞬発力型。成績は稍重時に1勝しているが、これはサトノアラジン同様にあくまでも条件戦時のもの。GⅠの舞台だとさすがに能力の削がれる条件は割引材料だろう。
 

6番人気 ソウルスターリング 重馬場適性◯

 

稍重~不良馬場での戦績 1戦0勝(0-0-1-0)

 
ソウルスターリング

ソウルスターリング

牝馬

父馬:Frankel
母馬:スタセリタ
母父:Monsun
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:7戦5勝(5-0-1-1)
主な戦績:阪神ジュベナイルフィリーズ、オークスなど
via google imghp
 
フランケル産駒で初のGⅠ馬に輝いたソウルスターリング。3歳牝馬ながら果敢にも古馬戦線に挑戦して来る辺り、藤沢和雄調教師も自信があるのだろう。しかし、同世代で唯一の負けが桜花賞での稍重の舞台、とは言え3着に入線している点を含めて取捨が困難。当時、ルメール騎手は『馬場を気にしていた』とコメントしていものの、両親は芝の深いヨーロッパのGⅠホースで共に重馬場での勝利経験も有り。同馬自身、キレ味というより持続性の高い末脚で先行抜け出しを図る脚質で、どう考えても苦手にする理由が見当たらないのである。前走敗退と合わせて人気を落とす様なら積極的に買いたい所だ。
 

7番人気 ステファノス 重馬場適性◯

 

稍重~不良馬場での戦績 4戦1勝(1-1-0-2)

 
ステファノス

ステファノス

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ココシュニック
母父:クロフネ
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:26戦4勝(4-6-4-10)
主な戦績:天皇賞秋2着、大阪杯2着など
via google imghp
 
国内外合わせてGⅠで5度馬券圏内に好走しているステファノス。特に天皇賞秋は2年連続で3着以内入線と得意にしている舞台だ。が、道悪での成績はやや芳しくなく、後方から一気に追い上げをする脚質からするにプラスとなるには考えにくい。こなすにはこなすが、元々が善戦マンだけに勝ち切る要素に発展する事は有り得ないだろう。陣営が良馬場を希望している事からも割り引いて見たい。
 

8番人気 マカヒキ 重馬場適性△

 

稍重~不良馬場での戦績 1戦0勝(0-0-0-1)

 
マカヒキ

マカヒキ

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:10戦5勝(5-1-1-3)
主な戦績:日本ダービーなど
via google imghp
 
昨年のハイレベルな3歳世代において堂々の日本ダービーを制したマカヒキ。凱旋門賞への挑戦後は馬が変わったかの様に成績も下降気味なのが残念で仕方ない。重馬場適性以前に能力自体が足りないと見て良いが、それに加えて元々が究極の末脚勝負に徹していた1頭。今年の京都記念でも稍重馬場で終いが鈍っていた事からも先ず持って厳しい戦いが強いられる事となる。今回は見送りか。
 

9番人気 ヤマカツエース 重馬場適性△

 

稍重~不良馬場での戦績 7戦2勝(2-0-1-4)

 
ヤマカツエース

ヤマカツエース

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ヤマカツマリリン
母父:グラスワンダー
所属:池添兼雄厩舎(栗東)
生産:岡田牧場
馬主:山田和夫

通算成績:25戦7勝(7-1-4-13)
主な戦績:大阪杯2着、金鯱賞など
via google imghp
 
気が付けばGⅠの常連、重賞5勝と骨っぽい競走馬になったヤマカツエース。昨年の有馬記念、今年の大阪杯と立て続けにビッグタイトルで好走した実績は見逃せない。“キングカメハメハ、母父グラスワンダー”と馬場が重くなる事に関しては全く問題がない筈で、この馬に関しては自分自身との戦いだろう。気分良く走って上手くハマれば馬券圏内の好走も十分、天気に関係なく抑えておきたい1頭。
 

10番人気 ネオリアリズム 重馬場適性◎

 

稍重~不良馬場での戦績 4戦2勝(2-1-0-1)

 
ネオリアリズム

ネオリアリズム

牡馬

父馬:ネオユニヴァース
母馬:トキオリアリティー
母父:Meadowlake
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:18戦8勝(8-1-2-7)
主な戦績:クイーンエリザベス2世カップなど
via google imghp
 
前走のクイーンエリザベス2世カップでは香港の並み居る強豪を抑えてGⅠウィナーとなったネオリアリズム。兄にリアルインパクトなどがいる血統で、父ネオユニヴァースは重馬場の日本ダービーを圧勝した名馬だ。自身も昨年の札幌記念であのモーリス以下を完封するなど、湿った馬場は大得意。前目でストレス無く走れればあわやのシーンも一考か。堀厩舎だけに休み明けの心配も不要だろう。
 

11番人気 シャケトラ 重馬場適性◯

 

稍重~不良馬場での戦績 3戦1勝(1-1-0-1)

 
シャケトラ

シャケトラ

牡馬

父馬:マンハッタンカフェ
母馬:サマーハ
母父:シングスピール
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:8戦4勝(4-1-1-2)
主な戦績:日経賞など
via google imghp
 
稍重馬での競馬は今年の宝塚記念含めて3戦1勝2着1回とこなせているシャケトラ。単純に地力の面でまだGⅠクラスになると物足りない部分が否めない。今回はそれに加えて、休み明けと初の東京コースという不安要素が多数揃っている。そういう意味で買い材料はひとつも無いが、得てして大波乱が起こる時はこの手の馬が絡む事必至。資金に余裕があれば抑えておいても良いのではないだろうか。
 

12番人気 サクラアンプルール 重馬場適性×

 

稍重~不良馬場での戦績 3戦0勝(0-0-0-3)

 
サクラアンプルール

サクラアンプルール

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:サクラメガ
母父:サンデーサイレンス
所属:金成貴史厩舎(美浦)
生産:谷岡スタット
馬主:さくらコマース

通算成績:20戦6勝 (6-3-1-10)
主な戦績:札幌記念など
via google imghp
 
札幌記念で初重賞制覇を成し遂げたサクラアンプルール。そこからの直行パターンはヘヴンリーロマンスやトーセンジョーダンなどの好走パターンがあり、如何にも穴人気しそうな気配がプンプン。が、稍重以下の馬場では3戦して一度も馬券に絡んでいないなど苦手とする口。元は地方でダートを走っていただけにこなせない事は無さそうだが、実績を考えるととても買える馬には思えない。
 

13番人気 レインボーライン 重馬場適性◯

 

稍重~不良馬場での戦績 2戦0勝(0-0-1-1)

 
レインボーライン

レインボーライン

牡馬

父馬:ステイゴールド
母馬:レーゲンボーゲン
母父:フレンチデピュティ
所属:浅見秀一厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:三田昌宏

通算成績:17戦3勝 (3-3-3-8)
主な戦績:菊花賞2着など
via google imghp
 
名バイプレーヤーの匂いしかしないレインボーライン。実績だけ見ると物足りないが、血統的に見てどう考えても重の鬼のイメージがピッタリだ。とは言え、地力の面とコース適性を含めて東京コースがそこまで強調材料とならないのは事実だろう。内枠を引いて、岩田康誠騎手お得意のイン差しがよっぽど上手くハマったとしても3着が精一杯か。もう少し距離が欲しい。
 

14番人気 ミッキーロケット 重馬場適性◯

 

稍重~不良馬場での戦績 6戦1勝(1-3-0-2)

 
ミッキーロケット

ミッキーロケット

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:マネーキャントバイミーラヴ
母父:Pivotal
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:野田みづき

通算成績:16戦4勝(4-5-0-7)
主な勝鞍:日経新春杯など
via google imghp
 
日経新春杯でシャケトラとの激しい叩き合いを制したミッキーロケット。昨年の神戸新聞杯でもあのサトノダイヤモンド相手に肉薄するなど、秘めたる潜在能力は一級品だ。が、1つのミスも許されないGⅠレースにおいて出遅れ癖があるのはさすがに買い辛いものがある。それでも常に勝ち馬から数馬身内の範囲で負けているのが競馬ファンとしては取捨に悩む所か。
 

まとめ

 
以上、天皇賞秋へ出走予定の有力馬(上位14番人気まで)の重馬場適性診断でした。

何度も申し上げますが、あくまでこれらは筆者の個人的見解によるものです。断定した要素ではありませんので、その点は予めご了承下さい。

台風22号も近付いて来ているという事で何かと天気が気になる週末。ただ、大切なのは当日の馬場状態の見極めなので、降っていた場合は芝レースの流れや結果などを参考にして頂き、それぞれの感覚で馬場の判断をなさって下さい。それでは今週末も万馬券をゲットしましょう!!

関連記事

関連タグ

著者