天皇賞春2019の結果

 

天皇賞春2019の動画

 

レース回顧

 
ヴォージュが勢い良く先手を奪うと、ロードヴァンドールとメイショウテッコンを引き連れ1000mが1分を切るハイペースで入った前半。縦長の隊列から途中は一旦緩むものの、3コーナー付近から後方にいたエタリオウが押し上げて行くと再度ペースが上がって出し入れの激しい展開となった。1番人気のフィエールマンがその中で早めに捲って直線入り口で先頭に立つと、外から迫って来たグローリーヴェイズとの壮絶な叩き合いを演出。後続をグングン引き離すと最後はクビ差競り勝ったフィエールマンが昨年の菊花賞に続く長距離GⅠを連勝した。6馬身離れた3着に人気薄のパフォーマプロミスが入線、期待されたエタリオウは4着に惜敗を喫している。
 

勝ち馬フィエールマン

 
フィエールマン

フィエールマン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リュヌドール
母父:Green Tune
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:6戦4勝(4-2-0-0)
主な戦績:菊花賞、天皇賞春など
via google imghp
 
AJCCは休み明けとシャケトラの復活劇に敗れてしまったフィエールマン。しかし、ひと叩きされメイチの仕上げで臨んだ天皇賞春では見事な競馬でGⅠ2勝目を飾った。3〜4コーナーの動きの中で自分のリズムで上がって行ったレース運びは、さすがC.ルメール騎手といったエスコート。そこからグローリーヴェイズとの一騎打ちを着差以上の余裕な走りで退けて距離適性の高さを見せ付けた。ディープインパクト産駒が3000m以上の距離で2つのタイトルを獲得したのは史上初の快挙となった。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎フィエールマン
〇エタリオウ
△ユーキャンスマイル
メイショウテッコン
グローリーヴェイズ
×クリンチャー
ロードヴァンドール
パフォーマプロミス
カフジプリンス
 

馬連:想定7点:〇勝利、三連単:想定56点:〇勝利

 
本命対抗はフィエールマン、エタリオウ1択。単穴、連下は単勝15倍未満、紐は単勝50倍未満が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:103.4 ※想定RR:111.0

 
                   
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 石川 坂入 大川 今中 田中 単勝オッズ
1 10 フィエールマン 58.0 Cルメ 116.0 3:15.0 × 2.8
2 7 グローリーヴェイズ 58.0 戸崎 114.2 クビ × 11.3
3 8 パフォーマプロミス 58.0 北村友 108.4 6 × × 30.6
4 2 エタリオウ 58.0 Mデム 114.2 クビ 3.3
5 9 ユーキャンスマイル 58.0 岩田康 109.0 3 6.4
6 1 チェスナットコート 58.0 坂井 103.7 1 × 54.2
7 6 カフジプリンス 58.0 中谷 102.6 3 × × 44.5
8 3 リッジマン 58.0 蛯名 101.7 3/4 × × 60.0
9 11 ケントオー 58.0 101.5 ハナ 158.7
10 12 クリンチャー 58.0 三浦 107.1 3/4 × × 9.2
11 5 メイショウテッコン 58.0 福永 105.9 7 × 9.2
12 13 ロードヴァンドール 58.0 横山典 100.4 大差 × × × 30.3
---- 4 ヴォージュ 58.0 和田 97.4 中止 × 68.4


 

危険な人気馬結果 フィエールマン→1着(1人気)

 
出入りの激しい展開の中、王道の競馬で圧勝したフィエールマン。グローリーヴェイズとの着差は僅かだが、内容的には完封という見方で良いだろう。超スローペースで制した菊花賞とは違い、スタミナも要求される流れで後続を大きく引き離している辺りを見ると、本馬自身の長距離適性は思っている以上に相当高い。
 

穴馬予想結果 カフジプリンス→7着(9人気)

 
先行集団の後ろを4番手で追い掛けたカフジプリンス。3コーナーから一気に番手へ押し上げ、勝ちに行くレース運びで見せ場を作った。さすがに力尽きてしまって最後は脚が上がったものの、しっかりと自分の能力を出し切ったという点では良い走りだったと言える。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ②⑩-①⑤⑦⑨⑫ 的中
単勝 10 280円 枠連 5-7 1,480円
複勝 10 150円 ワイド 7-10 710円
7 320円 8-10 1,660円
8 630円 7-8 4,260円
馬連 7-10 1,780円 馬単 10→7 2,470円
三連複 7-8-10 16,410円 三連単 10→7→8 49,110円


 

編集部の回顧

 
勝ち馬フィエールマンはとても強かった。鞍上の判断もさすがではあったが、内容が非常に素晴らしい。使い詰めできないタイプなので休み休みにはなるが、センスのある馬でこれからの活躍にとても期待がもてる。2着馬グローリーヴェイズは距離が伸びるのは血統的にプラスに働くと思っていたが、正にその通りだったと感じた。長距離は向いていると思うし、最後は負ける形になったがいい競馬をしている。馬券外からはエタリオウについて。敗因は一言、位置につきる。あの位置からではかなり厳しい。メンバー的にも今回の負けは非常に痛いと思う。次走巻き返しはきくが、直線ふわふわするだけに勝ちきれるか今後も不安な部分にはなってこよう。(石川)
 
フィエールマンの強さだけが際だったレースだった。ルメール騎手はペースが遅いとみて、向こう正面すぎに動いていった。ここで後方にいたエタリオウも動かざるを得なかったが、勝負はここでついた感じであった。あとはグローリーヴェイズが直線馬体を併せてきたが、勝負根性はフィエールマンの方が一枚上だった。ルメール騎手はとにかく位置取りが上手いと改めて思ったレースだった。(坂入)
 
デムーロどうしたってくらい最低な騎乗だったなと。フィエールマンは普通に強かった。でもエタリオウは負けすぎ。グローリーヴェイズとフィエールマンにはまだまだ差がありそうだがかなり成長をしているなと。テッコンは距離ダメなんだろうなと。ユーキャンスマイルも負けすぎなので調整不足だろうか。(大川)
 
上位二頭の最後の叩き合いは痺れたが、強いと言えるのはこの二頭だけ。エタリオウは完全に騎手の読み間違い作戦失敗。ルメールがエタリオウに乗っていたら勝っていただろう。ディープインパクト産駒が平成最後に大仕事をした一戦だった。それと、このレースに出ていれば勝ち負け必至だったシャケトラ事を忘れないでいてほしい。(今中)
 
ユーキャンスマイルはともかく、グローリーヴェイズの強さが際立った1戦。それ以上に圧巻の競馬だったのがフィエールマン。菊花賞とは真逆のレース展開で、それ以上のパフォーマンスを出したのは正直驚きを隠せなかった。ディープインパクト産駒で歴代で一番長距離適正に出た1頭だろう。パフォーマプロミスはまさにこういったタフな流れの中で地力を発揮するステイゴールド産駒の真骨頂だった。(田中)
 

天皇賞春2019の予想

 

◎エタリオウ

 
エタリオウ

エタリオウ

牡馬

父馬:ステイゴールド
母馬:ホットチャチャ
母父:Cactus Ridge
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:Gリビエール・レーシング

通算成績:10戦1勝(1-7-0-2)
主な戦績:菊花賞2着など
via google imghp
 
昨年の菊花賞2着馬エタリオウ。豊富なスタミナと自在性のある脚質、そして末脚の決め手を持ち合わせたオールマイティーな1頭だ。それ故、勝ち切れないツメの甘さもありそれが10戦して2着7回という驚異的な結果に表れているのだろう。安定感という意味では抜けた上位評価、連軸にするなら最適な存在か。いずれにせよ、“最強の1勝馬”というレッテルを早々に剥がしたいところだ。
 

○フィエールマン

 
フィエールマン

フィエールマン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リュヌドール
母父:Green Tune
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:5戦3勝(3-2-0-0)
主な戦績:菊花賞など
via google imghp
 
そのエタリオウを菊花賞で負かしたのがこのフィエールマン。休み明けのAJCCはシャケトラを捉え切れず2着に終わっているが、本番はあくまで今回だ。狙い澄ましたローテーションでメイチの仕上げなら、まず末脚が不発に終わる事は無い筈。道中好位からエタリオウを見る形で勝負どころからスパートをかければ自ずと結果は付いて来ているだろう。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:111.0

 
エタリオウ、フィエールマン、ユーキャンスマイル、メイショウテッコン、グローリーヴェイズの4歳菊花賞上位組が出揃ったのでここが中心、それ以外だとクリンチャーがどこまで元に戻れるかとカフジプリンスの前走を完全復調とみるかだけだろう。
 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 石川 坂入 大川 今中 田中 予想オッズ
1 チェスナットコート 58.0 坂井 104.0 × 57.1
2 エタリオウ 58.0 Mデム 115.6 2.9
3 リッジマン 58.0 蛯名 103.2 × × 74.9
4 ヴォージュ 58.0 和田 97.7 × 89.3
5 メイショウテッコン 58.0 福永 110.7 × 10.3
6 カフジプリンス 58.0 中谷 105.0 × × 27.5
7 グローリーヴェイズ 58.0 戸崎 110.5 × 14.6
8 パフォーマプロミス 58.0 北村友 109.5 × × 44.6
9 ユーキャンスマイル 58.0 岩田康 111.5 7.3
10 フィエールマン 58.0 Cルメ 115.7 × 3.1
11 ケントオー 58.0 102.8 142.2
12 クリンチャー 58.0 三浦 109.7 × × 13.3
13 ロードヴァンドール 58.0 横山典 102.7 × × × 37.7


 

危険な人気馬 フィエールマン(想定2番人気)

 
菊花賞馬とは言え、昨年の同レースは近年稀に見る超スローペースで前半はお遊戯みたいな走り。実質、残り1000mのスパート勝負だった事から本質的にフィエールマンにとっては距離が長いと判断する。今回、ヴォージュやロードヴァンドール、メイショウテッコンがいる様に前が止まらない流れを作りそうで、そうなると潜在的なスタミナ勝負を問われる事になるだろう。その時は脚が上がっている可能性も高い。
 

穴馬予想 カフジプリンス(想定7番人気)

 
長期休養明けから尻上がりに調子を上げて来ているカフジプリンス。前走の阪神大賞典の様なスタミナ勝負になれば、この馬には願ってもない展開。上記の様に今回は逃げ馬が揃っているため、スローペースからのヨーイドンはあり得ない筈。2016年の菊花賞では3番人気に支持された程の1頭で、目覚めるならこの長距離戦でしかない。
 

編集部の見解

 
本命はエタリオウ、菊花賞をみても一頭外を回しながら強い競馬をしているし、能力は高くこの中でも力は抜けていると思う。この馬の場合は乗り方が非常に難しくそこの点だけがどうかというかたち。しかし追い切りをみる限りではその点をしっかりと意識したいい調教ができているし、鞍上も理解しているので今回は癖をしっかりと修正し、最後まで集中し勝利してくれることであろう。対抗はフィエールマン、前走は少しゆるく作っている分のアタマ差2着。今回は追い切りの動きが素晴らしく、しっかりと仕上げているので文句なし。能力の高い馬であり、枠もいいところを引けたと思うのでその点も良し。後はスムーズに運べればというところ。(石川)
 
シャケトラが残念の結果になってしまい、混戦模様となった平成最後の天皇賞。本命は4歳馬のエタリオウ。前走はメイショウテッコンのマイペースの逃げを捉えられず2着に終わったが中団で競馬ができたのは収穫。今回は枠の利を生かし中団より前で競馬ができれば初のタイトルに手が届くのでは。対抗は同じく4歳馬フィエールマン。前走のAJCCはシャケトラのタイム差なし2着。ここでは力を出せれば結果はついてくるのではないか。天栄でかなり乗り込んで来ており仕上がりは万全、中団ぐらいからの競馬が理想か。3番手はメイショウテッコン。前走は絶妙な逃げで見事な競馬だった。とにかくこの馬は逃げればしぶとい。今回もスタートを決めてマイペースで運べればいい競馬になるのではないか。ただし入れ込み癖がある馬で当日の気配が重要。(坂入)
 
本命は、フィエールマン。地力的には当然エタリオウだが勝ちきれない馬なので、であれば菊花賞本命ドンピシャだったフィエールマン。メイショウテッコン、グローリーヴェイズ、ユーキャンスマイルまで力差はないので調子と仕上がり、騎手、展開次第だろう。とはいえ他は一切いらないクリンチャーが来たら来たで嬉しいし順調な5頭BOXで!(大川)
 
◎フィエールマン、昨年の菊花賞馬が中心になるだろう。調教も抜群で前走使って良化している。普通に走れば勝ち負け。○エタリオウ、持っている才能はこのメンバーの中でもズバ抜けている。だが、性格難のせいか勝ちきれない。今回も馬券内に来る可能性が1番高いのはこの馬だが、勝ちきれる確率は低いかもしれない。▲クリンチャー、平成元年生まれの三浦皇成騎手。平成最後の天皇賞。サイン馬券ならこの馬。同じ平成生まれとして応援したい。(今中)
 
からっからの馬場で瞬発力勝負ならフィエールマンだろうが、週末にかけて下り坂の天気模様。逃げ馬も揃いに揃ってペースが流れれば自ずと上がりがかかるスタミナ勝負になってくれる筈だ。そうなればユーキャンスマイルが最上位の存在。グローリーヴェイズに関してはシャケトラの件から乗り替わった戸崎騎手の一発というだけ。エタリオウの2着付という意味で連下は1頭のみ、後はそれなりの馬を全頭ヒモ扱いとした。(田中)

関連記事

関連タグ

著者