共同通信杯2018の結果

 

共同通信杯2018の動画

 

レース回顧

 
コスモイグナーツが平均ペースで逃げ、少し離れた番手にエイムアンドエンド、更にそこから離れた所に集団を形成しての追走となった。直線に入って各馬横一線の末脚勝負となるも、内目から進路を確保し上手く抜け出したオウケンムーンが鋭い伸び脚で先頭に立つと坂上で更に加速し後続を完封。中団待機から伸びたサトノソルタスが最後まで食い下がるも差し切るまでには至らず。3着には必死で粘り込んだ10番人気のエイムアンドエンドが入線し大穴を演出した。逆に人気を集めたグレイルは7着、ステイフーリッシュは10着にあえなく大敗しクラシック戦線が大混戦と化す。
 

勝ち馬オウケンムーン

 
オウケンムーン

オウケンムーン

牡馬

父馬:オウケンブルースリ
母馬:ムーンフェイズ
母父:エリシオ
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:福井明

通算成績:4戦3勝(3-0-0-1)
主な戦績:共同通信杯など
via google imghp
 
2連勝中、デビュー戦から3戦連続で最速の上がりを叩き出していたオウケンムーン。共同通信杯でもそつなくレースを進め、最後の直線で前を射程圏に入れてから伸びて来た脚は確かなものがあった。今回は最速計時こそ逃したものの、前にある程度出して行って勝ちに行く競馬での内容だけに価値は十分。皐月賞へ直行する可能性が高く、これまでのパターンで考えれば本番での好走確率は非常に高いと判断する。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎グレイル
◯ステイフーリッシュ
▲オウケンムーン
△サトノソルタス
ゴーフォザサミット
×アメリカンワールド
カフジバンガード
 

馬連:想定7点:◯勝利、三連単:想定60点:×不的中

 
本命対抗は結果どうあれ人気2頭でよかった。ただオウケンムーンは十分単穴想定できる馬だったので単穴想定するべきだっただろう。サトノソルタスとゴーフォザサミットは連下で十分もこの時期の人気馬の信用度を考えると単穴でもよかった。紐想定を単勝20倍以下あたりで想定するのが理想だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:103.0 ※想定RR:99.3

 
                           
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 田中 清水 大川結城 単勝オッズ
1 6 オウケンムーン 56.0 北村宏 109.0 1:47.4 × × 13.6
2 1 サトノソルタス 56.0 Rムア 106.0 3/4 × 6.3
3 4 エイムアンドエンド 56.0 Fミナ 100.0 1.1/4 × 132.9
4 10 ゴーフォザサミット 56.0 田辺 103.0 ハナ 7.1
5 2 カフジバンガード 56.0 内田 100.5 クビ × × × 20.6
6 7 ブラゾンダムール 56.0 横山典 100.0 1.3/4 54.4
7 12 グレイル 56.0 武豊 102.0 クビ 1.8
8 5 コスモイグナーツ 56.0 柴田大 97.5 アタマ × × 105.4
9 3 アメリカンワールド 56.0 浜中 94.0 2 × 12.6
10 9 ステイフーリッシュ 56.0 中谷 96.0 クビ 5.7
11 8 トッカータ 56.0 丸田 91.0 1.1/4 562.3
12 11 [地]リュウノユキナ 56.0 吉原 ---- 8 289.5


 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑨⑫-①⑩ 不的中
単勝 6 1,360円 枠連 1-5 4,010円
複勝 6 390円 ワイド 1-6 1,570円
1 270円 4-6 8,350円
4 1,720円 1-4 5,490円
馬連 1-6 5,080円 馬単 6→1 13,620円
三連複 1-4-6 77,670円 三連単 6→1→4 556,290円


 

危険な人気馬結果 ゴーフォザサミット→4着(4人気)

 
レース前の見立て通り休み明けで動きもいまいち、レースでは最後方追走を余儀なくされたゴーフォザサミット。そのまま飛ぶかに思われたが、直線では最速の上がりで際どい4着に入るなどインパクトのある競馬を見せただけに意外と能力は高いのだろう。叩いた上積みで次走は更に走れると見て、クラシック戦線に割り込んで来るだけのモノはある素材。
 

穴馬予想結果 オウケンムーン→1着(6人気)

 
やはり3戦連続上がり最速の地力はダテではなかった。やや縦長の展開も上手く先行集団の内目を追走、そこからいち早く抜け出して後続の追撃をシャットアウトと、内容だけ見れば本命馬の様な走り。展開、コース、脚質不問と安定して走れる1頭でこの手のタイプは混戦時に怖い。国枝栄厩舎からまたしてもクラシック有力馬の誕生だ。
 

編集部の回顧

 
本命グレイル、対抗ステイフーリッシュ共に末脚不発で惨敗。単穴だったゴーフォザサミットも見せ場は作るも最後方追走では勝ち切るまでには至らない。オウケンムーンの力量を見誤っていたとは言え、エイムアンドエンドは抑えられないだけに仕方なし。しかし、結果論に過ぎないがやはり春の3歳重賞は社台グループの生産馬をピックアップしておけば良いのだろう。(田中)
 
ここの予想は完敗です。グレイル、この手薄なメンバーではこの馬にしか本命を打てませんでした。もっと勉強します!!(清水)
 
本命対抗が全部そろった初レース。だいたいこういう時は対象馬が飛ぶのがおきまりだが本当に両方飛ぶという。実際に飛ぶ要素はあったとはいえ予想としてはやはりこの2頭だっただろうし次走見直したいところだがそれにしても負けすぎなのでこのままかもしれない。オウケンムーンをしっかり評価するべきだった。サトノソルタスは差のない2着でおもったより強かったが馬券的には想定範囲だけにオウケンムーンを単穴にはするべきだった。どちらにせよ軸外しているわけだが。(大川)
 
勝ったオウケンムーンにはさすがにこれ以上の印は打てない。3着エイムアンドエンドにもしっかり印を回せたので予想的にはこれで止む無し。◎グレイルは末脚さっぱり、◯ステイフーリッシュは馬体減と入れ込みで両馬とも掲示板すら載れず。(結城)
 

共同通信杯2018の予想

 

◎グレイル

 
グレイル

グレイル

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:プラチナチャリス
母父:Rock of Gibraltar
所属:野中賢二厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:カナヤマホールディングス

通算成績:2戦2勝(2-0-0-0)
主な戦績:京都2歳ステークスなど
via google imghp
 
前走の京都2歳Sでは、その後のGⅠ馬タイムフライヤーを1戦1勝ながら力でねじ伏せたインパクトは大きかった。今年のクラシックはレベルが高そうだがその中の1頭が彼だろう。まずはここを確実に勝利して皐月賞へと無敗で駒を進めてくれるだろう。
 

○ステイフーリッシュ

 
ステイフーリッシュ

ステイフーリッシュ

牡馬

父馬:ステイゴールド
母馬:カウアイレーン
母父:キングカメハメハ
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:2戦1勝(1-0-1-0)
主な戦績:ホープフルステークス3着など
via google imghp
 
前走1戦1勝で挑んだGⅠホープフルステークスでタイムフライヤーには完敗したものの最後の最後は一番伸びておりまだまだ能力を出し切っていなかった印象をもった1戦。地力は周知のところに。ここはグレイルをタイムフライヤーに見立てて世代の頂点を目指してかかんに挑む。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:99.3

 
タイムフライヤーをものさしにしたときにグレイル、ステイフーリッシュあたりが上位だろう。ゴーフォザサミットや素質馬サトノソルタスにも注目であるがグレイル中心で流す感じでいいだろう。
 
                                    
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 田中 清水 大川結城 予想オッズ
1 サトノソルタス 牡3 56.0 Rムア 100.0 × 6.8
2 カフジバンガード 牡3 56.0 内田 94.0 × × × 13.7
3 アメリカンワールド 牡3 56.0 浜中 91.0 × 36.2
4 エイムアンドエンド 牡3 56.0 Fミナ 91.0 × 42.5
5 コスモイグナーツ 牡3 56.0 柴田大 91.0 × × 60.9
6 オウケンムーン 牡3 56.0 北村宏 91.0 × × 15.6
7 ブラゾンダムール 牡3 56.0 横山典 91.0 80.1
8 トッカータ 牡3 56.0 丸田 90.0 150.4
9 ステイフーリッシュ 牡3 56.0 中谷 109.0 4.9
10 ゴーフォザサミット 牡3 56.0 田辺 106.0 5.3
11 [地]リュウノユキナ 牡3 56.0 吉原寛 ----- 230.2
12 グレイル 牡3 57.0 武豊 112.0 2.3


 

危険な人気馬 ゴーフォザサミット(想定3人気)

 
ここ2連勝の相手のレベルが少し疑問。強い競馬はしているものの相手が相手だった可能性もある。レース間隔も少し他の馬より空いているので新馬負けている事も考えるとひと叩きしてからの馬かもしれない。
 

穴馬予想 オウケンムーン(想定6人気)

 
上がりは常に最速。前走の相手がある程度、地力がある馬なのでここで通用するかは別としてある一定の地力は保証できる。そうなってくると馬券圏内を考えると十分可能性はあるだろう。
 

編集部の見解

 
本命グレイルは相当な大物。走りもまだまだ荒削りの中、GⅠ馬のタイムフライヤーを差し切るのだから立派の一言。対抗はステイフーリッシュ、ホープフルステークスの最後の脚には見所があった。単穴はゴーフォザサミット。上位2頭とは開きがあるが、東京コースでの勝ち方が良かったので上位評価に。(田中)
 
◎はグレイル。このメンバーでは楽勝でしょう。あとは、重賞実績、展開、騎手を考慮して。(清水)
 
本命はグレイル。前走はまさかの大金星だが実力だろう。相手は前走GⅠでも対抗だったステイフーリッシュ。スタート五分なら十分勝負になるはず、牝馬ながら勝負できたナスノシンフォニーを負かしたゴーフォザサミットとこの馬で馬券落としたらシャクなんでサトノソルタスを連下に。(大川)
 
本命は2戦2勝の京都2歳S覇者グレイル。前走負かした馬たちがGⅠやOPを勝ち上がり本馬の評価はうなぎ上り。ただ、クラシックを見据えた東上で鉄板とまでは言い難い。対抗に2戦目いきなりのGⅠ戦で出遅れから鋭い追い込みを見せたステイフーリッシュ。府中の長い直線なら本馬の能力が遺憾なく発揮できる。単穴にゴーフォザサミットとサトノソルタス。どちらも休養明けだが、名門厩舎の仕上げに抜かりはない。(結城)

関連記事

関連タグ

著者