京都2歳ステークス2017の結果

 

京都2歳ステークス2017の動画

 

レース回顧

 
ケイティクレバーが逃げ、少頭数らしく落ち着いた流れで4コーナーへ。1番人気タイムフライヤーが押し出される様にして直線入り口で先頭に立つ積極的な競馬。しかし、その直後を追走していたグレイルが一完歩ずつ迫ると、最後の50mで並びかけてクビの上げ下げでゴール。結果、グレイルの差し切り勝ちで重賞タイトルを見事に手にした。3着にはケイティクレバーが粘り込み。
 

勝ち馬グレイル

 
グレイル

グレイル

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:プラチナチャリス
母父:ロックオブジブラルタル
所属:野中賢二厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:カナヤマホールディングス

通算成績:2戦2勝(2-0-0-0)
主な戦績:京都2歳ステークスなど
via google imghp
 
新馬戦の不良馬場以上にパフォーマンスを上げたグレイル。フットワークが大きくエンジンが掛かるまでに少し時間を要するも、伸び始めの躍動感はなかなかのもの。タイムフライヤー自体も決して弱い相手ではないが、それをキャリア1戦で撃破する同馬もお見事。母プラチナチャリスはロジチャリスに続いて、産駒の重賞タイトル2勝目を手にした。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎タイムフライヤー
○グレイル
△マイハートビート
×スラッシュメタル
ケイティクレバー
シスターフラッグ
アイトーン
 

予想回顧

 
前走の内容からタイムフライヤーを本命、対抗には唯一血統的にも華のあるグレイルを対抗に。連下候補に一応の2勝馬マイハートビート。後は怪しい所をヒモ扱いにしておくのが1番理想的な展望ではないだろうか。
 

全着順結果

 
                   
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 道永 田中 大川結城 単勝オッズ
1 6 グレイル 55.0 武豊 ---- 2:01.6 4.8
2 2 タイムフライヤー 55.0 Cデム ---- アタマ 1.7
3 1 ケイティクレバー 55.0 小林 ---- 2.1/2 × × × 18.1
4 4 アイトーン 55.0 国分恭 ---- 3 × 61.6
5 7 シスターフラッグ 54.0 岩田 ---- 2.1/2 × × × 41.8
6 9 ナムラアッパレ 55.0 国分優 ---- ハナ × × × 268.0
7 3 マイハートビート 55.0 ---- ハナ 7.7
8 8 スラッシュメタル 55.0 Mデム ---- 2 × 6.0
9 5 ランリーナ 54.0 長岡 ---- 5 219.4


 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ②③-⑥⑧ 的中
単勝 6 480円 枠連 2-6 400円
複勝 6 130円 ワイド 2-6 190円
2 110円 1-6 620円
1 190円 1-2 320円
馬連 2-6 380円 馬単 6→2 1,000円
三連複 1-2-6 1,180円 三連単 6→2→1 5,450円


 

危険な人気馬結果 グレイル→1着(2番人気)

 
結果的に良馬場の方がパフォーマンスが上がったという事、それだけだろう。血統からして重賞クラスの可能性は大いにあっただけに、そちらに賭けるべきだったか。馬体の良さ含めて、来年のクラシック最有力候補に浮上と見て良い。
 

穴馬予想結果 該当馬無し

 

編集部の回顧

 
対抗に見誤り。グレイルの走りは将来性を感じさせるダイナミックなもので、あれを新馬戦の段階で読み取っておかなくてはならなかった。マイハートビートは母系良しも、父ゼンノロブロイというのがイメージダウン。行く行く上で戦えるのは上位2頭のハーツクライ産駒のみだろう。(田中)
 
本命対抗、点数的にベストだっただろう。マイハートビートはたいしたことないとおもっていたので連下でも評価しすぎていたがグレイル1本というのもレース前の判断としてはこわかったのでこの位が一番よかった。(大川)
 
1着▲グレイル、2着◎タイムフライヤー、3着は無印ケイティクレバー。上位人気を構成していたスラッシュメタルとマイハートビートは圏外と少頭数の内回りだけに立ち回りの上手さがより求められた一戦となった。(結城)
 

京都2歳ステークス2017の予想

 

◎タイムフライヤー

 
タイムフライヤー

タイムフライヤー

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:タイムトラベリング
母父:ブライアンズタイム
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:3戦2勝(2-1-0-0)
主な戦績:萩ステークスなど
via google imghp
 
前走の萩ステークスは重馬場ながら、直線だけで後続を4馬身突き放す圧巻の競馬を見せたタイムフライヤー。現状、1勝馬がほとんどのメンバー構成なら同馬が本命になるのは当然の話だろう。加えて、新馬戦で負けた相手は札幌2歳ステークス覇者のロックディスタウン。つまり、まだ重賞クラス以外の馬には敗れておらずここは必勝の舞台となる。
 

◯マイハートビート

 
マイハートビート

マイハートビート

牡馬

父馬:ゼンノロブロイ
母馬:トゥーピー
母父:Intikhab
所属:高橋義忠厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:三田昌宏

通算成績:3戦2勝(2-0-0-1)
主な戦績:紫菊賞など
via google imghp
 
紫菊賞では道中最後方から直線インを強襲、最後にきっちりと差し切って2連勝を達成したマイハートビート。競馬センスの高さは折り紙付きで、紛れの多い上のクラスのレースではその器用さが武器になる。兄サトノラーゼン、サトノクロニクルはクラシックの重賞戦線で早くから活躍した血統。同馬もその血の開花が既に始まっている。
 

▲グレイル

 
グレイル

グレイル

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:プラチナチャリス
母父:ロックオブジブラルタル
所属:野中賢二厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:カナヤマホールディングス

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬など
via google imghp
 
新馬戦では不良馬場をもろともせず、先行策からあっさり抜け出して快勝したグレイル。そのレースぶりにはまだまだ余裕があり、是が非でも次は良馬場で本領発揮の姿を見てみたい逸材だ。兄に重賞馬のロジチャリスがおり成長力も豊富な血統。もしタイムフライヤーを喰ってかかるとすれば同馬が一番手だろう。
 

▲スラッシュメタル

 
スラッシュメタル

スラッシュメタル

牡馬

父馬:ワークフォース
母馬:ゼマティス
母父:ゼンノロブロイ
所属:西村真幸厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田勝己

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
先行策から鋭い反応で先に抜け出し、後続を完封してデビュー戦を完勝したスラッシュメタル。走りを見る限り、まだギアを隠し持っている様な雰囲気で底知れぬ魅力がある。しかも、その力を120%引き出してくれる鞍上が目下確変中のM.デムーロ騎手。無条件に印は1つ厚めにしておかなくてはなるまい。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 
                
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 道永 田中 大川結城 予想オッズ
1 ケイティクレバー 牡2 55.0 小林 ---- × × × 24.3
2 タイムフライヤー 牡2 55.0 Cデム ---- 2.1
3 マイハートビート 牡2 55.0 ---- 6.9
4 アイトーン 牡2 55.0 国分恭 ---- × 78.3
5 ランリーナ 牝2 54.0 長岡 ---- 221.8
6 グレイル 牡2 55.0 武豊 ---- 3.4
7 シスターフラッグ 牝2 54.0 岩田 ---- × × × 11.5
8 スラッシュメタル 牡2 55.0 Mデム ---- × 3.6
9 ナムラアッパレ 牡2 55.0 国分優 ---- × × × 92.2


 

危険な人気馬 グレイル(想定2番人気)

 
強かったとは言え、さすがに不良馬場で1戦1勝の新馬を重賞で重く見るのはリスキーだ。良馬場でキレ負けする可能性も高く、ただでさえ少頭数のスローペースが濃厚なレース。能力はあれど、経験した事の無い展開で馬自身が戸惑うシーンも一考だろう。
 

穴馬予想 該当馬無し

 

編集部の見解

 
◎タイムフライヤー。恐らく先週のワグネリアンみたいにこの馬が一頭抜けた印象。前走ぐらいの圧勝でも驚かない。2歳戦なら兄も弟に譲るかも?。◯マイハートビート。前走は内から外に出し間を縫って良血馬にクビ差勝ち。ロスは完全にこっちだったがあれは強い内容で操作性も抜群。引き続きの鞍上だし、本命に食い下がるのはこの馬か?▲スラッシュメタル。本来単穴はいらないと思っていた。勿論当馬の前走内容もなかなかだったが、それ以上にこの鞍上の重賞に対する貪欲さが予想とかを超えて本当に怖い。最早秋競馬のメインは彼を買ってればいい状態になってる気がする。急遽単穴に引き上げ。(道永)
 
本命はタイムフライヤー。さすがに前走のあのパフォーマンスを見せられたらここでも一番手の扱いだろう。対抗はマイハートビート。血統から来るレースセンスは重賞でもいきなり通用か。この2頭から勝ち馬が出ると見て、後は共に1戦1勝のグレイルとスラッシュメタルを。いずれもまだキャリア1戦で信用し辛いが、2着は拾う可能性があるだけに一応の印を。とは言え、先週の東京スポーツ杯2歳ステークス同様に絞って勝ちを狙うべき1戦。(田中)
 
本命はタイムフライヤー。前走の馬場を考えると全体信用ってわけではないが頭抜けているのではと考えている。対抗は、グレイル。マイハートビートが対抗における感じではないので人気しすぎのイメージがあるので。どれもこれもでグレイル。という感じ。どちらにせよ3頭でいいかなという感じ。(大川)
 
本命はタイムフライヤー。前走は大きく外を回りながらも直線鋭い末脚で2着馬に4馬身差。
時計も同日の古馬準オープンより0.1秒速く、重賞制覇へ死角は見当たらない。対抗はスラッシュメタル。デビュー戦は中団外々を追走、残り1ハロンで抜け出すと最後は流す余裕も。中2週だが状態もすこぶる良く、2勝馬にも全く引けを取らない。単穴にグレイル、マイハートビートまで。(結城)

関連記事

関連タグ

著者