京成杯2019の結果

 

京成杯2019の動画

 

レース回顧

 
好スタートを切ったラストドラフトが前に行くも、内からカテドラルがハナを主張しそのまま単騎先頭へ。平均ペースで馬群を引っ張り、各馬も思い思いのポジションでレースを進めた。4コーナー手前でダノンラスターが捲りにかかるも不発。手応えの良いランフォザローゼスがラストドラフトを競り落としに行くが、逆に直線で突き放されてしまった。2戦目の重賞を危なげない走りで連勝したラストドラフトが初タイトルを獲得。同じく2戦目のヒンドゥタイムズが3着に入線している。1番人気シークレットランは大幅なプラス馬体重も影響したのか、精彩を欠いて4着惜敗となった。
 

勝ち馬ラストドラフト

 
ラストドラフト

ラストドラフト

牡馬

父馬:ノヴェリスト
母馬:マルセリーナ
母父:ディープインパクト
所属:戸田博文厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:2戦2勝(2-0-0-0)
主な戦績:京成杯など
via google imghp
 
新馬戦とはまた違った形の競馬で抜け出し完勝したラストドラフト。ノヴェリスト産駒の重賞実績が無く一抹の不安はあったのだが、母マルセリーナの底力がそれらをあっさりと払拭して見せたのだろう。東京、中山とデビュー2戦で克服する辺り、器用な競馬と操縦性の高さが窺い知れ同舞台の皐月賞でも十分に怖い存在と言えるだろう。大跳びで揉まれてどうかだが、スタートセンスも良くそもそもそういった後手の競馬に立ち回るケースも少なそう。C.ルメール騎手が既にサートゥルナーリアでのクラシック参戦を発表されており、次走の鞍上が早くも気になるところだ。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎シークレットラン
◯ランフォザローゼス
▲ダノンラスター
ラストドラフト
△カテドラル
×リーガルメイン
ヒンドゥタイムズ
ナイママ
 

馬連:想定7点:◯勝利、三連単:想定96点:〇勝利

 
本命はシークレットラン、対抗はランフォザローゼスの葉牡丹賞上位判断が正しく単穴は、単勝10倍未満、連下は単勝15倍未満、紐は単勝30倍未満が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:100.8 ※想定RR:100.8

 
                 
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 大川 坂入 田中 今中 単勝オッズ
1 7 ラストドラフト 56.0 Cルメ 112.0 2:01.2 5.1
2 5 ランフォザローゼス 56.0 Oマフ 106.0 1.1/4 3.7
3 2 ヒンドゥタイムズ 56.0 中谷 106.0 クビ × 23.6
4 9 シークレットラン 56.0 内田 101.0 1.1/4 3.3
5 11 リーガルメイン 56.0 戸崎 101.0 クビ × × 21.8
6 10 [地]ナイママ 56.0 柴田大 95.0 1.1/4 × 27.3
7 4 マードレヴォイス 56.0 三浦 94.0 クビ 216.4
8 3 クリスタルバローズ 56.0 北村宏 94.0 ハナ × 164.6
9 8 カフジジュピター 56.0 坂井 94.0 ハナ × × × 63.4
10 1 カイザースクルーン 56.0 石川 90.0 1.1/2 × × × 36.6
11 6 カテドラル 56.0 福永 90.0 1/2 11.0
12 12 ダノンラスター 56.0 Mデム 90.0 クビ 4.5


 

危険な人気馬結果 ラストドラフト→1着(4人気)

 
今回はあっさりまで、完全勝利の内容で見事に重賞初制覇を飾ったラストドラフト。ノヴェリスト産駒で初のタイトルホルダーとなった訳だが、これは母の能力とディープインパクトの血で成立した実績とでも言うべきか。現状、パフォーマンスに見誤りが無ければクラシックではまだワンパンチ足らずという印象。
 

穴馬予想結果 ヒンドゥタイムズ→3着(7人気)

 
想定通りの競馬で、想定通りの着順といった印象のヒンドゥタイムズ。能力自体は十分にこのメンバーでも足りるが、中谷雄太騎手が勝ちに行く競馬を出来るとは思えず内で流れに乗って上手く行けば2着~3着というイメージだった。まさにそのままのレース運び。これがデムーロ、ルメールならまた違ったのだろう。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑤⑨-②⑥⑦⑩⑫ 的中
単勝 7 510円 枠連 5-6 670円
複勝 7 180円 ワイド 5-7 400円
5 150円 2-7 1,670円
2 440円 2-5 1,080円
馬連 5-7 970円 馬単 7→5 1,690円
三連複 2-5-7 5,490円 三連単 7→5→2 22,140円


 

編集部の回顧

 
ラストドラフトは展開向いたものの完勝なので期待できそう。本命シークレットラン、対抗ランフォザローゼスは展開による逆転かなと。リーガルメインは次楽しみにみたい。(大川)
 
ラストドラフトはキャリア1戦ながら完璧なレース運びをした。中山コースだけに前で競馬をしてそのまま押し切る競馬だった。2400mならば距離も大丈夫だろう。ランフォザローゼスも同じく前での競馬で2着を確保。本格化はまだ先だが楽しみな1頭である。シークレットランは前走の様な末脚が不発に終わった。次走が試金石の1戦だろう。(坂入)
 
◎シークレットランは大幅な馬体増と不器用な面が仇となり4着まで、葉牡丹賞はハマったが実は東京の方が向いている様に思える。○ダノンラスターは一か八かのデムーロが捲りを見せたものの不発。もっと普通に差しの競馬を見たかった印象。▲ランフォザローゼスが最も安定した競馬で2着と、もっと上位に印を持って来るべき馬はこれだったと深く反省。(田中)
 
スローペースを想定して前につけたルメールと指示通りに動いたラストドラフトは強かった。ランフォザローゼスが来てから更に伸びて、距離もまだ伸びても大丈夫な感じだった。シークレットランはペースに恵まれなかったが、決して弱くはない競馬で次走に期待したい。ランフォザローゼスも器用な競馬でこれからに期待できる内容だった。(今中)
 

京成杯2019の予想

 

◎シークレットラン

 
シークレットラン

シークレットラン

牡馬

父馬:ダンカーク
母馬:カールファターレ
母父:キングカメハメハ
所属:田村康仁厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:亀井哲也

通算成績:3戦2勝(2-1-0-0)
主な戦績:葉牡丹賞など
via google imghp
 
前走の葉牡丹賞を2歳レコードで勝ち上がって来たシークレットラン。4コーナー手前から一気の後方捲りで上がって行くと、そこから先行集団をまとめて飲み込む差し切り勝ち。レース内容もタイムも秀逸で、ダンカーク産駒の代表馬に成り得る存在だろう。母系はダイナカール一族でれっきとした血統馬。ここで躓く様な器でも無さそう。
 

○ランフォザローゼス

 
ランフォザローゼス

ランフォザローゼス

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ラストグルーヴ
母父:ディープインパクト
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:窪田芳郎

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:葉牡丹賞2着など
via google imghp
 
葉牡丹賞では前が不利になるロスもあってシークレットランの後塵を拝したランフォザローゼス。とは言え、着差はそこまで広がっておらずレース運び次第ではまだまだ逆転も可能な範囲だろう。鞍上に若き天才、O.マーフィーを迎え陣営も万全の状態で送り出す筈。ダイナカール一族の本線としては、分家のシークレットランに二度も負けてはいられない。
 

▲ダノンラスター

 
ダノンラスター

ダノンラスター

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:プリンセスオブシルマー
母父:マジェスティックウォリアー
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:ダノックス

通算成績:2戦1勝(1-0-0-1)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
東京スポーツ杯2歳ステークスでは、上位争いに加われなかったものの後方待機からグングン追い上げ5着入線を果たしたダノンラスター。2戦目でまだ競馬が分かっていない段階の走りとしては十分に評価すべき内容だったろう。今回はM.デムーロ騎手がスタンバイ、完全に勝負気配漂う怖い存在となっているが果たして。
 

▲ラストドラフト

 
ラストドラフト

ラストドラフト

牡馬

父馬:ノヴェリスト
母馬:マルセリーナ
母父:ディープインパクト
所属:戸田博文厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
桜花賞馬マルセリーナの初年度産駒として注目が集まるラストドラフト。新馬戦は5番手からすんなりとレースを進め、直線で上がり33秒1の末脚を披露し人気馬ヒシイグアスを差し切って見せた。センスの良さとキレは昇級しても通用するレベル、後は重賞という独特の雰囲気に2戦目でどこまで順応出来るかという点か。そこは良血馬としてあっさり対応してもらいたい。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:100.8

 
シークレットラン、ダノンラスター、ランフォザローゼス、ラストドラフト、カテドラル、ナイママあたりの争いと考えるので上位ボックスを推奨する。
 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 大川 坂入 田中 今中 予想オッズ
-- カイザースクルーン 56.0 石川 94.0 × × × 24.6
-- カテドラル 56.0 福永 100.0 8.1
-- カフジジュピター 56.0 坂井 91.0 × × × 115.0
-- クリスタルバローズ 56.0 北村宏 91.0 × 88.4
-- シークレットラン 56.0 内田 106.0 3.3
-- ダノンラスター 56.0 Mデム 100.0 4.1
-- ナイママ 56.0 柴田大 100.0 × 17.6
-- ヒンドゥタイムズ 56.0 中谷 97.0 × 45.0
-- マードレヴォイス 56.0 三浦 90.0 212.6
-- ラストドラフト 56.0 Cルメ 103.0 3.6
-- ランフォザローゼス 56.0 Oマフ 106.0 4.3
-- リーガルメイン 56.0 戸崎 91.0 × × 35.9


 

危険な人気馬 ラストドラフト(想定2番人気)

 
その血統と新馬戦のパフォーマンスで一気に注目度が上がったラストドラフト。母マルセリーナに関しては言う事が無いものの、父ノヴェリスト産駒から未だ重賞馬が輩出されていない。得てして血の力とは恐ろしいもので、大舞台を前に縮こまる馬もいればいきなりあっさりの馬もいる。さて、今回はいずれか。
 

穴馬予想 ヒンドゥタイムズ(想定9番人気)

 
一方で、父ハービンジャー×母父ディープインパクトと血統構成は申し分ないヒンドゥタイムズ。新馬戦もラスト200mで更に加速し2着以下を寄せ付けない走りだった。ここでの下位人気は鞍上の知名度によるもの、普通に回ってくれば今回のメンバーでも引けを取らず上位に食い込んで来ても何らおかしくはない。
 

編集部の見解

 
本命対抗は実績信用して2頭に。ダノンラスターも確定的に上位だろう。ただそれでも3頭以外でも血統人気先行ってわけでもないラストドラフト、巻き返しありえるカテドラル、ナイママまで。ここは上位の勝負だろう。(大川)
 
本命はシークレットラン。前走の葉牡丹賞はレコードタイムでの勝利。デビューから毎レースごとに馬体重が増えており成長も伺える。中山コースのこの距離はベストではないか。対抗はダノンラスター。前走は後方からの競馬で直線追い込んで勝ち馬ニシノデイジーの0.3秒差の5着。新馬戦の時のようにもう少し前で競馬ができれば直線は必ずいい脚が使えるので、あとはいかに馬群を捌けるかだけだろう。以下、葉牡丹賞でシークレットランと差のない競馬をした良血馬ランフォザローゼス、ラストドラフト、リーガルメイン、カイザースクルーンなどが続く。(坂入)
 
同舞台で2歳レコード勝ちをしているのなら素直に本命はシークレットランで良い。不器用な面があり、チグハグなレース運びをした場合にどうかだが、そこは不確定要素だけに二の次。対抗はダノンラスター、ハイレベルの東京スポーツ杯2歳ステークスで最後の脚は目立っていた。鞍上強化で一発も。単穴に葉牡丹賞で不完全燃焼だったランフォザローゼス。こちらもO.マーフィー騎手を背に今回は勝負に出て来るだろう。(田中)
 
◎シークレットラン、前走は10㎏増で挑んでレコード勝ちと、成長の順調さを感じた。キャリア3戦のうち既に、中山で2戦2勝と相性も良く距離も大丈夫。不安要素が見当たらず、納得の本命。○ランフォザローゼス、キャリア2走ともスタートも良く、ゲートでも大人しいので、安定した走りを期待出来そう。内枠に入ってくれれば勝ち負けになるか。(今中)

関連記事

関連タグ

著者