天保山ステークス直後

 

2019年6月8日 天保山ステークス ダート1400m 阪神競馬場

1着:ヴェンジェンス 牡6 (幸英明)
2着:ファッショニスタ 牝5 (川田将雅)
3着:スマートアヴァロン 牡7 (松若風馬)

レースタイム:1:22.2(重)
レース上がり3ハロン:35.6
勝ち馬上がり3ハロン:35.3
 
道中は絶好の手応えで先行集団を見据えながらの追走となったヴェンジェンス。4コーナーで徐々にエンジンをふかしながら上がって行くと、直線早め先頭で突き抜け競馬を見せた。最後まで脚色は衰えず、結果1番人気のファッショニスタ以下を寄せ付けない走りでオープンクラスを2連勝となった。この前後の距離なら中央の重賞はもちろん、地方の砂も克服できれば重賞タイトルはもはや目の前。ベテランの実力馬がこれから活躍の場を広げるか。
 

ヴェンジェンス

 
ヴェンジェンス(スペシャルクイン2013)

ヴェンジェンス(スペシャルクイン2013)

牡馬

父馬:カジノドライヴ
母馬:スペシャルクイン
母父:スペシャルウィーク
所属:大根田裕之厩舎(栗東)
生産:富田牧場
馬主:宮川純造

通算成績:22戦6勝(6-6-3-7)
主な戦績:天保山ステークスなど
via google imghp
 
母系を遡ればソシアルバターフライに辿り着く、トウショウ一族のメインファミリー出身となるヴェンジェンス。即ち、遠親にはあのトウショウボーイがいる日本競馬でもかなり由緒ある血統である。母スペシャルクインはダート短距離で活躍した1頭で、そこにカジノドライヴという配合で完全な砂適性を高める配合。実際に本馬はダートで安定した成績を残しており、生産側の意図としては完全に狙いとして正しい掛け合わせだろう。
 

血統背景

 
カジノドライヴ Mineshaft A.P. Indy Seattle Slew
Weekend Surprise
Prospectors Delite Mr.Prospector
Up the Flagpole
Better Than Honour Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Blush With Pride Blushing Groom
Best in Show
スペシャルクイン スペシャルウィーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペーンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
ソシアルクイン エルハーブ Chief's Crown
Histoire
ニーストウショウ アンバーシャダイ
ブルートウショウ


 

兄弟馬

 
ハイパーノヴァ(スペシャルクイン2014)

ハイパーノヴァ(スペシャルクイン2014)

牡馬

父馬:アイルハヴアナザー
母馬:スペシャルクイン
母父:スペシャルウィーク
所属:大根田裕之厩舎(栗東)
生産:富田牧場
馬主:宮川純造

通算成績:6戦2勝(2-1-1-2)
主な戦績:2歳500万下など
via google imghp
 

近親馬

 
トウショウレオ(ブルートウショウ1982)

トウショウレオ(ブルートウショウ1982)

牡馬

父馬:シャトーゲイ
母馬:ブルートウショウ
母父:ネプテューヌス
所属:鶴留明雄厩舎(栗東)
生産:藤正牧場
馬主:トウショウ産業

通算成績:16戦5勝(5-3-3-5)
主な戦績:中京記念、京阪杯など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
さかのぼればソシアルバターフライの一族だがファミリーには日本実績馬はいないのでカジノドライヴ産駒のあたり馬だろう。全兄弟が未勝利からも兄弟実績もないので血統構成からの強調材料はない。
 

前評判

 
結果としてスペシャルクインの初仔からこれだけのダート馬が生まれるのだから、スペシャルウィークのブルードメアサイアーとしての資質はやはり高い。そこにカジノドライヴの砂適性を放り込めば、ヴェンジェンスレベルの馬が出て来るというのも頷ける。重賞タイトルまであともうひと段階上のギアが必要にはなるだろうが、地方重賞なら現状でも十分獲得出来そう。
 

馬名の意味

 

敵討ち

 
響きから来るネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者