ライバルとの一騎打ちに敗れる

 

2018年09月15日 野路菊ステークス 芝1800m 阪神競馬場

1着:カテドラル 牡2 (福永祐一)
2着:ヴェロックス 牡2 (浜中俊)
3着:モンテアーサー 牡2 (C.ルメール)

レースタイム:1:48.1(良)
レース上がり3ハロン:34.1
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
 
スタートを決めるも無理に前は行かず4番手で戦局を見ながらの追走となった1戦。道中はリズム良く外目を走り、4コーナーで逃げ馬カテドラルに馬体を併せて行く理想的な走り。そのまま差し切るかに見えたが、カテドラルの粘り腰が勝り半馬身まで詰め寄るも2着に敗退。思えば新馬戦時とは違いレース前追い切りも動かず、馬体重も減少して臨んだ1戦。これが同馬の実力でないのは明らか、一度立て直しを図りまた強烈なパフォーマンスを見せてもらいたい。
 

2戦連続で衝撃を与えられるか注目

 
幼さは残すも走りに真面目なヴェロックス

幼さは残すも走りに真面目なヴェロックス

via google imghp
 
とにかく新馬戦のパフォーマンスは圧巻のひと言。最後の直線、後続を引き離す時の脚はまさにGⅠクラス、あれがたまたま出来る走りな訳も無く。今回の野路菊Sでは強敵と目されるモンテアーサー、カテドラルとの三つ巴が予想されるも、ここをあっさり勝つ様なら一気にクラシックの最有力候補へ躍り出るだろう。新種牡馬ジャスタウェイ産駒で母父Monsunと異色の組み合わせだが、それだけ未知数のポテンシャルが魅力。金子オーナーにまたしてもダービーの勲章をプレゼントする孝行息子が誕生しそうだ。
 

浜中騎手『良い出会いになった』

 

2018年08月05日 2歳新馬 芝1800m 小倉競馬場

1着:ヴェロックス 牡2 (浜中俊)
2着:プラネットアース 牡2 (松若風馬)
3着:サトノバリオス 牡2 (M.デムーロ)

レースタイム:1:48.7(良)
レース上がり3ハロン:34.4
勝ち馬上がり3ハロン:34.2
 
外枠から好スタートを切って前へ行くヴェロックス。平均ペースを4番手からいつでも前へ進出出来る抜群の手応えで追走、ペースが上がった4コーナーでスッと逃げ馬に並んで行くと直線入り口で独走態勢へ。そこから軽くGOサインを出されると、粘るプラネットアースを一瞬の内に突き放し次元の違う走りで8馬身差のV。鞍上の浜中俊騎手は『現時点では文句なし、良い出会いになりました』と只々褒めちぎっていた。金子真人オーナーにまたクラシックのタイトルを献上する有力馬が現れた。
 

ヴェロックス

 
ヴェロックス(セルキス2016)

ヴェロックス(セルキス2016)

牡馬

父馬:ジャスタウェイ
母馬:セルキス
母父:Monsun
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
母はドイツ芝2000mの重賞馬で父Monsun、そこにジャスタウェイが配合されたとあれば中長距離砲としての活躍を期待せざるをえない。このヴェロックスは今年のセレクトセールにおいて金子真人氏が約5000万円で落札しているが、氏は金額のレンジとして同額から1億円以内までの購入馬が活躍するケースが多い。そういう意味ではかなりの注目度を集めても良いものだが、如何せん金子真人ホールディングス所有馬はデビューまでほぼ情報が出回らないのが残念。
 

血統背景

 
ジャスタウェイ ハーツクライ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アイリッシュダンス トニービン
ビューパーダンス
シビル Wild Again Icecapade
Bushel-n-Peck
シャロン Mo Exception
Double Wiggle
セルキス Monsun Konigsstuhl Dschingis Khan
Konigskronung
Mosella Surumu
Monasia
Schwarzach Grand Lodge Chief's Crown
La Papagena
Schwarzmeer Kings Lake
Sankt Johanna


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
ファミリーに日本実績はなく、兄弟も走っていないので血統構成からの強調材料はない。
 

前評判

 
さすがにメディアでもその情報は見ないが、既に入厩しており調教での動きと時計は抜群との噂が流れてはいる。新種牡馬ジャスタウェイは意外に仕上がり早で瞬発力もあり、血統面からズブさが出るかと思いきや早期デビューでも強い勝ち上がりをしている産駒が多い。金子真人氏の神通力でまたしても、代表産駒級の活躍馬が出る可能性は大いにあるだろう。
 

馬名の意味

 

素早い(ラテン語)

 
フットワークか身のこなしが素軽く俊敏性を感じてこのネーミングにしたのだろう。

関連記事

関連タグ

著者