これしかないという騎乗

 

2019年1月27日 愛知杯 芝2000m 中京競馬場

1着:ワンブレスアウェイ 牝6 (津村明秀)
2着:ノームコア 牝4 (C.ルメール)
3着:ランドネ 牝4 (戸崎圭太)

レースタイム:2:00.0(良)
レース上がり3ハロン:34.3
勝ち馬上がり3ハロン:33.9
 
好スタートから前にポジションを取りに行ったワンブレスアウェイ。ランドネが作ったスローペースに見事ハマり、前残りのペースを読んで3番手追走となった。抜群の手応えで直線を迎えると、楽々と抜け出し単騎先頭。最後まで脚色は鈍らず、最後に大外から迫ったノームコアの追撃を振り切って見事に重賞初制覇を飾った。前走の出遅れを糧に、しっかりと意識して乗った津村明秀騎手のファインプレーがもたらした勝利と言えるだろう。
 

ワンブレスアウェイ

 
ワンブレスアウェイ(ストレイキャット2013)

ワンブレスアウェイ(ストレイキャット2013)

牝馬

父馬:ステイゴールド
母馬:ストレイキャット
母父:Storm Cat
所属:古賀慎明厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:21戦6勝(6-5-2-9)
主な戦績:愛知杯など
via google imghp
 
上にタガノエリザベート、キャットコイン、下にロックディスタウンと重賞馬が3頭もいるという優秀な牝系出身のワンブレスアウェイ。しかも全て牝馬という性別に偏りのある活躍が面白い。ステイゴールド産駒で成長曲線も緩やかなカーブを描き、6歳の引退間近で愛知杯を制するという実に馬主孝行な1頭だろう。本馬も当然ながら繁殖牝馬としての活躍が大いに期待出来る。
 

血統背景

 
ステイゴールド サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュ ディクタス Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ ノーザンテースト
ロイヤルサッシュ
ストレイキャット Storm Cat Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
ローミンレイチェル マイニング Mr. Prospector
I Pass
One Smart Lady Clever Trick
Pia's Lady


 

兄弟馬

 
タガノエリザベート(ストレイキャット2007)

タガノエリザベート(ストレイキャット2007)

牝馬

父馬:スペシャルウィーク
母馬:ストレイキャット
母父:Storm Cat
所属:松田博史厩舎(栗東)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:八木昌司

通算成績:13戦2勝 (2-0-0-11)
主な戦績:ファンタジーステークスなど
via google imghp
 
キャットコイン(ストレイキャット2012)

キャットコイン(ストレイキャット2012)

牝馬

父馬:ステイゴールド
母馬:ストレイキャット
母父:Storm Cat
所属:二ノ宮敬宇厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:13戦3勝 (3-0-0-10)
主な戦績:クイーンカップなど
via google imghp
 
ロックディスタウン(ストレイキャット2015)

ロックディスタウン(ストレイキャット2015)

牝馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:ストレイキャット
母父:Storm Cat
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:社台コーポレーション白老ファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:5戦2勝(2-0-0-3)
主な戦績:札幌2歳ステークスなど
via google imghp
 

近親馬

 
ゼンノロブロイ(ローミンレイチェル2000)

ゼンノロブロイ(ローミンレイチェル2000)

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ローミンレイチェル
母父:マイニング
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:白老ファーム
馬主:大迫久美子

通算成績:20戦7勝(7-6-4-3)
主な戦績:天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念など
via google imghp
 

血統評価:1.8pt

 
ディアブロを出している一族のローミンレイチェルを輸入する際に受胎していた母で現役成績は全くだがこの牝系とSS系種牡馬との相性は、母の半弟ゼンノロブロイが証明していたが母は繁殖牝馬として覚醒、当馬含め4頭の重賞馬を出しているが母父ストームキャットだが父ディープインパクト産駒では奮っていないという不思議な血統。兄弟にも注目。
 

前評判

 
デビュー時からの活躍を考えると、本馬以外の姉妹は全て2~3歳時に早期活躍をした後、成績が伸びずに現役生活を終えている馬ばかり。唯一、徐々に馬が完成して古馬になってから花が開いたのはこのワンブレスアウェイのみなのである。そういう意味でも同牝系で特殊なタイプの1頭なのだろう。これが得てして繁殖牝馬にあがってどう影響するかは未知数でもある。
 

馬名の意味

 

一瞬のうちに

 
どういう意図で命名されたか分からないが、センスも良く儚いネーミングである。

関連記事

関連タグ

著者