武蔵野ステークス直後

 

2019年11月9日 武蔵野ステークス ダート1600m 東京競馬場

1着:ワンダーリーデル 牡6 (横山典弘)
2着:タイムフライヤー 牡4 (藤岡佑介)
3着:ダノンフェイス 牡6 (大野拓弥)

レースタイム:1:34.6(良)
レース上がり3ハロン:36.0
勝ち馬上がり3ハロン:35.0
 
ややスタートで立ち遅れたワンダーリーデルだったが、慌てず道中は中団より後方の位置でじっくりと脚を溜めて展開が向くのを待っている様なレース運びだった。幸い、前が息の入りにくい流れとなり4コーナーでは脚が上がる様な先行集団の姿があった。そこへうまく外目へ持ち出したワンダーリーデルが、先に抜け出したタイムフライヤーを目標にしてグングン脚を伸ばして行くと、最後は半馬身突き抜けて快勝。鞍上横山典弘騎手らしい腹の座った騎乗、見事に乗り替わりで結果を残して見せた。
 

ワンダーリーデル

 
ワンダーリーデル(アストレアピース2013)

ワンダーリーデル(アストレアピース2013)

牡馬

父馬:スタチューオブリバティ
母馬:アストレアピース
母父:マヤノトップガン
所属:安田翔伍厩舎(栗東)
生産:大島牧場
馬主:山本能成

通算成績:26戦7勝(7-0-8-11)
主な戦績:武蔵野ステークスなど
via google imghp
 
母系を見返してもこれといった強調材料のない配合で、マヤノトップガンの肌にスタチューオブリバティを付けて重賞馬が産まれるというのが血統の醍醐味である。デビュー時から安定して好結果を残し、キャリアを積んで行く毎に着実にクラスを勝ち上がって行く堅実タイプの1頭。6歳になって急激に力を付け、末脚も確かなモノになって来た持続型晩成傾向の成長曲線を描いている。この手のタイプは能力の衰えも緩やかであり、7~8歳でも一線級の舞台で活躍しているのではないだろうか。
 

血統構成

 
スタチューオブリバティ Storm Cat Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
Charming Lassie Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
Lassie Dear Buckpasser
Gay Missile
アストレアピース マヤノトップガン ブライアンズタイム Roberto
Kelley's Day
アルプミ-プリーズ Blushing Groom
Swiss
オカノスピカ コマンダーインチーフ ダンシングブレーヴ
Slightly Dangerous
ミスマルコチャン ブレイヴェストローマン
ユリカモメ


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
血統構成はマイナーで兄弟やファミリーに実績馬もいない、血統背景からの強調材料は全くない。
 

前評判

 
この手の馬にそれらしい前評判の声は見つからないが、牝系がブレイヴェストローマン→コマンダーインチーフ→マヤノトップガンの肌にスタチューオブリバティという流れの時点でダート向きのイメージしか湧かない渋い血統構成である。ある意味、持続型の成長曲線は母父の血の影響を色濃く受け継いでいるのだろう。マヤノトップガン自体も芝で活躍したが、思えば未勝利を勝ち上がったのはダートだった。
 

馬名の意味

 

冠名+リーダー(スペイン語)

 
響きから来るネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者