ユニコーンステークス直後

 

2019年6月16日 ユニコーンステークス ダート1600m 東京競馬場

1着:ワイドファラオ 牡3 (福永祐一)
2着:デュープロセス 牡3 (M.デムーロ)
3着:ダンツキャッスル 牡3 (幸英明)

レースタイム:1:35.5(重)
レース上がり3ハロン:37.1
勝ち馬上がり3ハロン:37.1
 
外のヴァニラアイスを制し、内からやや先手を主張気味に取りに行ったワイドファラオ。道中はそのヴァニラアイス、イメルの2頭に絡まれて息の入りにくい展開となった。前半33秒台の入りでかなりのハイペースから直線コースへ、そのまま後続を突き放すと外から迫ったデュープロセスを二枚腰の粘りで振り切って見事重賞2勝目を飾った。初ダートでこれだけの競馬が出来れば、今後の活躍は前途洋々だろう。芝でもダートでも上のクラスを狙える1頭だ。
 

ユニコーンステークス直前

 
初ダートの今回で化けるかもしれないワイドファラオ

初ダートの今回で化けるかもしれないワイドファラオ

via google imghp
 
デュープロセス、デアフルーグの2強対決に割り込める可能性があるとすればこのワイドファラオか。ニュージランドトロフィー勝利の実績に加えて、父ヘニーヒューズはダートも得意の血統構成。普通に考えればこなせておかしくないだけに、適正が高ければむしろ圧勝まであるだろう。すんなり先手を取って後続を馬なりで突き放すシーンも考えておいた方が良い。鞍上は福永祐一騎手。
 

ニュージランドトロフィー直後

 

2019年4月8日 ニュージーランドトロフィー 芝1600m 阪神競馬場

1着:ワイドファラオ 牡3 (内田博幸)
2着:メイショウショウブ 牝3 (横山典弘)
3着:ヴィッテルスバッハ 牡3 (戸崎圭太)

レースタイム:1:34.2(良)
レース上がり3ハロン:33.9
勝ち馬上がり3ハロン:33.9
 
肝心のスタートで猛ダッシュを決めたワイドファラオ。前走は2番手抜け出しだったが、馬のリズムを優先してそのまま単騎逃げを選択。前半36秒に近い超スローペースに落とすと、完全に前有利の展開を作り出して直線コースへ。手応え抜群で抜け出しリードを広げると、最後に詰め寄って来たメイショウショウブをクビ差凌ぎ切って重賞初勝利を決めた。内田博幸騎手もポテンシャルの高さを認識し、次走の更なる躍進へ期待のコメントを残していた。
 

ワイドファラオ

 
ワイドファラオ

ワイドファラオ

牡馬

父馬:ヘニーヒューズ
母馬:ワイドサファイア
母父:アグネスタキオン
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:フジワラファーム
馬主:幅田昌伸

通算成績:6戦3勝 (3-2-0-1)
主な戦績:ユニコーンステークス、NZTなど
via google imghp
 
母系を遡れば曾祖母エイプリルソネットから枝分かれした分系の産駒に、日本で重賞実績のある馬が多数いる優秀な社台血統である。実際、母ワイドサファイアも新馬戦で圧勝後、ファンタジーステークスで1番人気に支持されるなど素質は相当なモノを感じた1頭だった。そこに、基本的な能力を底上げしてくれるヘニーヒューズが付けられたのだからワイドファラオくらいの馬が出て当然といえば当然。むしろ、ダートでかなりの所まで行ける器なのではないだろうか。
 

血統背景

 
ヘニーヒューズ ヘネシー Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Island Kitty Hawaii
T. C. Kitten
Meadow Flyer Meadowlake Hold Your Peace
Suspicious Native
Shortley Hagley
Short Winded
ワイドサファイア アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレディー
クイーンソネット ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
エイプリルソネット Dike
Pass Me


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
ミリオンディスク(ハッピーリクエスト2004)

ミリオンディスク(ハッピーリクエスト2004)

牡馬

父馬:アフリート
母馬:ハッピーリクエスト
母父:トニービン
所属:田中剛厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:34戦9勝 (9-7-6-12)
主な戦績:カペラステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
一族にはちらほら重賞級は出ているが、兄弟含めファミリー実績はほぼなく血統構成からの強調材料としては全くない。
 

前評判

 
母の能力、アグネスタキオンの肌含めて期待されたワイドサファイアの仔だったが、キングカメハメハやハービンジャーで結果が出なかった分、それ以降の産駒に余り高い評判は聞こえて来なかったのが事実。とは言え、これまでとは色が違うヘニーヒューズを配合したのは若干の色気を見せても良い配合だったと言える。実際に馬っぷりも良く、母系のスピード力と良い所が出た成功の結果ではないだろうか。
 

馬名の意味

 

冠名+王様

 
王と呼べる様な常勝の活躍を期待してのネーミング。

関連記事

関連タグ

著者