3歳上1勝クラス直後

 
2019年10月26日 3歳上1勝クラス ダート180...

2019年10月26日 3歳上1勝クラス ダート1800m 京都競馬場

1着:ロードレガリス 牡4 (A.シュタルケ)
2着:サウンドテーブル 牡5 (水口優也)
3着:モサ 牡3 (和田竜二)

レースタイム:1:50.4(重)
レース上がり3ハロン:36.2
勝ち馬上がり3ハロン:35.5
via google imghp
 
道中は5番手から前を常に射程圏に入れながらレースを運んで行ったロードレガリス。逃げたサウンドテーブルが単騎逃げでスローペースに落とし込む展開で重馬場含めても完全に前残りが濃厚な1戦。その中で、1頭だけ別次元の末脚を駆使して直線早々に先頭へ立ったロードレガリス。追えば追うだけ伸びて行き、最後は2着に粘ったサウンドテーブルを楽に5馬身差を付けて地方からの復帰戦を快勝し中央初勝利を飾った。上がり35秒5を現級クラスで使える馬もそうそうおらず、昇級戦でもまだお釣りが来そうな内容だったのでは無いだろうか。
 

ロードレガリス

 
ロードレガリス(レディマーメイド2015)

ロードレガリス(レディマーメイド2015)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:レディマーメイド
母父:Fusaichi Pegasus
所属:野中賢二厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム
馬主:ロードホースクラブ

通算成績:11戦4勝(4-1-1-5)
主な戦績:3歳上1勝クラスなど
via google imghp
 
Sadler's Wells肌の海外重賞馬Mother of PearlにFusaichi Pegasusを付けたレディマーメイドが母。例えその母が現役時代に走ってなかろうとも正真正銘の良血ファミリーである。底力を重ね合わせた上に、ハマれば大きいハーツクライを配合したのがロードレガリス。新馬戦ではセンテリュオに迫る最速上がりを叩き出している様にポテンシャル自体は相当高い筈。歯車が噛み合って来れば古馬になり一気に本格化するタイプだろう。
 

血統構成

 
ハーツクライ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス トニービン カンパラ
Severn Bridge
ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
レディマーメイド Fusaichi Pegasus Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Angel Fever Danzig
Rowdy Angel
Mother of Pearl Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Sisania High Top
Targos Delight


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
Turtle Island(Sisania1991)

Turtle Island(Sisania1991)

牡馬

父馬:Fairy King
母馬:Sisania
母父:High Top
所属:Peter W.Chapple-Hyam厩舎(英)
生産:Ron Con Ltd. and Swettenham Studl(愛)
馬主:Partnership Terminated

通算成績:13戦6勝 (6-1-3-3)
主な戦績:愛2000ギニー、フェニックスステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
祖母は血統構成同じ半兄に欧州G1馬がいるサドラーズウェルズ産駒でそこにフサイチペガサスと血統構成は優秀、そこにハーツクライなので構成自体は良いが当馬の兄弟はほぼ走っていないので血統背景からの強調材料としては弱い。
 

前評判

 
ロードホースクラブでハーツクライの牡馬とは言え、2700万円募集なら強気の値段設定に思える。逆を言えばそれだけの血統的裏付けがあり、馬自体のデキも良ければ納得の範囲とも。デビュー戦で見せた脚は間違いなく本物のパフォーマンスであったし、地方へ転籍しダート替わりで能力を発揮出来たのであればそれは不幸中の幸いだったのではないだろうか。ハーツクライ産駒のダート適性も近年は顕著に活躍馬が出ているだけに勢いも後押しして来るだろう。
 

馬名の意味

 

冠名+王者の(ラテン語)

 
名前通り、王者の様な走りと成績を期待してのネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者