好時計快勝で久々の美酒

 

2018年10月20日 富士ステークス 芝1600m 東京競馬場

1着:ロジクライ 牡5 (C.ルメール)
2着:ワントゥワン 牝5 (J.モレイラ)
3着:レッドアヴァンセ 牝5 (北村友一)

レースタイム:1:31.7(良)
レース上がり3ハロン:34.3
勝ち馬上がり3ハロン:33.9
 
絶好調のC.ルメール騎手に導かれ、マルターズアポジーの後ろで単独2番手の競馬となったロジクライ。前半3Fが34秒後半の入りでかなりゆったりとした先行有利のペースでレースは流れる。絶好の手応えで迎えた直線、いち早く抜け出すとそのまま後続を引き離し上がり33秒台の脚でフィニッシュ。レコードに迫る速い時計で勝利し、マイルチャンピオンシップに向けてこの上ない前哨戦の内容となった。この走りが出来れば本番でも怖い存在の1頭になりそうだ。
 

ロジクライ

 
ロジクライ(ドリームモーメント2013)

ロジクライ(ドリームモーメント2013)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ドリームモーメント
母父:Machiavellian
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:久米田正明

通算成績:13戦5勝(5-2-2-4)
主な戦績:富士ステークス、シンザン記念など
via google imghp
 
3歳春、シンザン記念で後の桜花賞馬となるジュエラーを降して重賞初勝利。その後、骨折による長期休養を経て復帰すると調子を取り戻して重賞戦線に復帰したロジクライ。強靭なメンタルと、豊富なスピードと持久力を兼ね備えた万能型の1頭だろう。展開、条件、時計面も不問で大崩れしないタイプ。GⅠでは少し足りない部分は否めないがGⅢレベルなら鉄板の実力がある。後はハーツクライ産駒の成長力でどこまで。
 

ロジクライ

 
ハーツクライ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス トニービン カンパラ
Severn Bridge
ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
ドリームモーメント Machiavellian Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Coup de Folie /td> Halo
Raise the Standard
Dream Ticket Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Capo Di Monte Final Straw
Burghclere


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
ディープインパクト(ウインドインハーヘア2002)

ディープインパクト(ウインドインハーヘア2002)

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ウインドインハーヘア
母父:Alzao
所属:池江泰郎厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:14戦12勝(12-1-0-1)
主な戦績:クラシック3冠、有馬記念、宝塚記念、天皇賞春、ジャパンカップなど
via google imghp
 
ゴルトブリッツ(レディブロンド2007)

ゴルトブリッツ(レディブロンド2007)

牡馬

父馬:スペシャルウィーク
母馬:レディブロンド
母父:Seeking the Gold
所属:吉田直弘厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:19戦10勝(10-1-2-6)
主な戦績:帝王賞、アンタレスステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
兄弟は全く走っていないが一族としてはハイクレアの一族だが直近のファミリーからは活躍馬は出ていない。それでも名一族にダンジグにマキャベリアンでハーツクライ〆なので良血といえるだろう。今後は兄弟にも注目していいだろう。
 

前評判

 
前評判らしい声は聞こえないものの、近親にはディープインパクトなどを輩出したウインドインハーヘアに辿り着く母系のライン。そこにDanzig→Machiavellianと代重ねした肌馬にハーツクライならこれだけの馬が出ても何ら不思議ではない。そう考えると、むしろこれまでの兄弟が走らなかった事の方が不可解な程。さすがはハイクレア一族という所か。
 

馬名の意味

 

冠名+父名

 
ロジもたった2文字だが、様々なワードと非常に相性の良い冠名だろう。

関連記事

関連タグ

著者