手前を替えず遊びながらの勝利

 

2018年12月02日 3歳上1000万下 芝2500m 中山競馬場

1着:ロサグラウカ 牝3 (丸山元気)
2着:マイネルキラメキ 牡3 (丹内祐次)
3着:マスラオ セ4 (北村宏司)

レースタイム:2:34.6(良)
レース上がり3ハロン:35.0
勝ち馬上がり3ハロン:34.9
 
スタートから逃げるラッシュアタックと併走する様に番手で競馬を進めたロサグラウカ。少頭数という事もあり、レースは全く大きな動きも見せずに最終コーナーへ。持ったままの手応えで単独先頭に立つロサグラウカ、後続の追い出しを待っていざGOサインを出すと最後までそのリードを死守して1着でゴール。手前を替えずに遊び遊びの走りでこの内容なのだから、もっと馬が本気で走って来れば上のクラスでも十分に戦えるだろう。馬格は無いが、大きなフットワークで良い素材だ。
 

ロサグラウカ

 
ロサグラウカ(ローザブランカ2016)

ロサグラウカ(ローザブランカ2016)

牝馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:ローザブランカ
母父:クロフネ
所属:尾関知人厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:5戦3勝(3-0-0-2)
主な戦績:3歳上1000万下など
via google imghp
 
お馴染みローズバドなどを誇るローザネイ一族の末裔ロサグラウカ。父ルーラーシップに母父クロフネと、如何にも持続性が高くタフな競馬で力を発揮しそうな配合の1頭だ。実際、フットワークも雄大で瞬発力があるというよりは先行抜け出しから目いっぱいに押し切るパフォーマンスが顕著。牝馬ながら長距離適性があり、ある意味で番組選びが難しい存在と言える。明らかに晩成タイプだろう。
 

血統背景

 
ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー
ローザブランカ クロフネ フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
ローズバド サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ロゼカラー Shirley Heights
ローザネイ


 

兄弟馬

 
特になし
 
バンゴール(ローザブランカ2012)

バンゴール(ローザブランカ2012)

牝馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ローザブランカ
母父:クロフネ
所属:尾関知人厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:20戦5勝(5-2-3-10)
主な戦績:長岡ステークスなど
via google imghp
 

近親馬

 
ローズキングダム(ローズバド2007)

ローズキングダム(ローズバド2007)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ローズバド
母父:サンデーサイレンス
所属:橋口弘次郎厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:25戦6勝(6-2-3-14)
主な戦績:ジャパンカップ、朝日杯フューチュリティステークスなど
via google imghp
 

血統評価:3.7pt

 
ローザネイ一族の本線、ロゼカラー、ローズバドの直系で母父クロフネの産駒となるが兄弟3頭が全馬3勝以上と安定感があるので血統構成からの信頼度は高く父ルーラーシップと全体的に期待して良い血統構成となっている。
 

前評判

 
サンデーレーシングでは2000万円の額で募集されたロサグラウカ。血統構成や兄弟の走りを考えればかなり格安感を覚える金額となっている。実際、デビューから楽勝で2連勝。オークスでも伏兵視された程の逸材だが、まだまだ本格化は先のタイプ。牡馬と互角に渡り合える事が出来れば長距離路線の重賞は1つや2つ獲得してもおかしくないだろう。
 

馬名の意味

 

薔薇の品種名

 
ローザネイ一族は通称“バラ一族”とも呼ばれ、大多数の馬名は薔薇の品種になぞらえてネーミングされている。

関連記事

関連タグ

著者