M.デムーロ『勝ち馬は強い』

 

2018年04月14日 アーリントンカップ 芝1600m 阪神競馬場

1着:タワーオブロンドン 牡3 (C.ルメール)
2着:パクスアメリカーナ 牡3 (川田将雅)
3着:レッドヴェイロン 牡3 (M.デムーロ)

レースタイム:1:33.4(良)※レースレコード
レース上がり3ハロン:34.7
勝ち馬上がり3ハロン:34.2
 
立ち遅れ気味のスタートと外枠という事もあり無理に前へ行かず、最後方からじっくり脚を溜める作戦に出たレッドヴェイロン。手応え良く上がって行くと直線は大外へ、ジワジワ伸びて順位を上げて行くも横にいたタワーオブロンドンにはあっさりと突き放される。それでもゴール前でインディチャンプをギリギリかわし3着入線を果たし、NHKマイルカップへのチケットはかろうじて手に入れた形だ。鞍上のM.デムーロ騎手は『タワーオブロンドンをマークしながら乗ったけど最後は一瞬で差を付けられた、勝ち馬は強い』と脱帽気味のコメントを残している。
 

血統、馬格共に文句なしのレベル

 
馬体の雰囲気は既に重賞クラスのレッドヴェイロン

馬体の雰囲気は既に重賞クラスのレッドヴェイロン

via google imghp
 
武豊騎手が昨年末に、2017年に乗った新馬の中で印象的な馬の1頭として挙げられたレッドヴェイロン。それだけデビュー時から他とは違う逸材として注目を集めていたのだろう。ただ、肝心のレースで歯車が噛み合わず初勝利までに5戦を要したが、その勝ち方が非常に好内容。クラスが一気に上がっても十分に勝負できるレベルだったのは間違いない。その証拠に、M.デムーロ騎手が乗ってくれるのだから鬼に金棒である。既に重賞で結果を出している相手にどこまで戦えるか注目の1頭。
 

1800mを馬なりで1分46秒5

 

2018年03月03日 3歳未勝利 芝1800m 阪神競馬場

1着:レッドヴェイロン 牡3 (C.ルメール)
2着:インターセクション 牡3 (松山弘平)
3着:バイマイサイド 牡3 (川田将雅)

レースタイム:1:46.5(良)
レース上がり3ハロン:34.2
勝ち馬上がり3ハロン:34.2
 
好発を決めたレッドヴェイロンがスンナリとハナに立ち逃げる展開。後続も無理に追い掛けず平均ペースでレースは流れると、直線に入って余力十分のレッドヴェイロンが馬なりでインターセクション以下を突き放し最後は5馬身差の楽勝でゴールイン。それでも上がりは最速の34秒2、前年に行われた毎日杯でアルアインが記録した時計と同タイムで今後の活躍が期待される1頭だ。さすがエリモピクシーの産駒、潜在能力は一級品。
 

ここで楽勝ならクラシックも視野に

 
やや頭の高い走りもスピード値は相当

やや頭の高い走りもスピード値は相当

via google imghp
 
血統からして完全にマイル寄りの適性は間違いない。しかし、まだ全頭出来上がっていない若駒の時は能力が高ければ少々の距離は克服出来るというもの。前走でも常に引っ張りきりで折合いが付かない状態でも3着以下を寄せ付けない走りは、逆を言えば道中スムーズなら2000mまでは十分に持つ算段だ。とは言え、未勝利戦の1800mで楽に勝てない限りは来春のクラシック戦線に乗って行くのは難しいだろう。ここはしっかりと先々に期待が持てる内容で完勝してもらいたい。
 

掛かっても2着は死守、素質は高い

 

2017年10月28日 2歳新馬 芝1800m 京都競馬場

1着:スーパーフェザー 牡2 (M.デムーロ)
2着:レッドヴェイロン 牡2 (武豊)
3着:アドベントサンデー 牡2 (松山弘平)

レースタイム:1:50.6(稍重)
レース上がり3ハロン:36.7
勝ち馬上がり3ハロン:36.2
 
大外枠も重なってスタートからずっと頭を上げっぱなしのレッドヴェイロン。武豊騎手が必死になだめるも、暫くは掛かり続けて道中を追走する。この時点で並の馬ならジ・エンドだが、レッドヴェイロンはそのまま4コーナーでスーッと先頭へ。直線コースでもまだ余力があったのか後続を突き離しにかかる競馬を見せ、最後はスーパーフェザーに差されたもののまた盛り返す内容で2着に入線した。気性的にまだまだ若さが残っており、この部分を解消出来たならかなりの所までいけるかもしれない。
 

牡馬の産駒は全て重賞馬に

 
堂々たる馬体と風格のレッドヴェイロンが初陣

堂々たる馬体と風格のレッドヴェイロンが初陣

via google imghp
 
名門、石坂正厩舎所属の新馬の中でも存在たっぷりのレッドヴェイロン。母エリモピクシーは初年度産駒から4年続けて重賞馬を輩出するという偉業を成し遂げた名繁殖牝馬だ。その後の3頭は泣かず飛ばずの成績で終わっているが、実は後ろの牝馬はいずれもオープンクラス(これだけでも凄い実績だが)止まり。逆に上記4頭の重賞を勝利したのは全て牡馬という点に着目して欲しい。そして、今回は初のキングカメハメハで牡馬=兄達以上の活躍は決定的だろう。これは待望の初GⅠ馬誕生か!?
 

レッドヴェイロン

 
レッドヴェイロン(エリモピクシー2015)

レッドヴェイロン(エリモピクシー2015)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:エリモピクシー
母父:ダンシングブレーヴ
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:東京ホースレーシング

通算成績:6戦1勝(1-3-1-1)
主な戦績:3歳未勝利
via google imghp
 
指折りの名繁殖牝馬と言っても過言では無いエリモピクシー。その8番仔にあたるレッドヴェイロンだが、もはや何を付けても走る血統だけに馬体どうこうの問題でもない。5~7番仔までは牝馬で結果を出せていないが、牡馬となれば今のところ100%で重賞馬という点も見逃せない。シルエットだけで見ればこれまでの兄弟より幾分距離は持ちそうなスラッとした体型。上手く行けばクラシックも目指せる器だろう。馬体重は春の取材時点で450kg。
 

血統背景

 
キングカメハメハ Kingmambo Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンファス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
エリモピクシー ダンシングブレーヴ Lyphard Northern Dancer
Goofed
Navajo Princess Drone
Olmec
エリモシューティング テスコボーイ Princely Gift
Suncourt
デプグリーフ Vaguely Noble
デプス


 

兄弟馬

 
リディル

リディル

牡馬

父馬:アグネスタキオン
母馬:エリモピクシー
母父:ダンシングブレーヴ
所属:橋口弘次郎厩舎(栗東)
生産:ノースヒルズ
馬主:前田幸治

通算成績:12戦5勝(5-2-0-5)
主な戦績:デイリー杯2歳ステークス、スワンステークスなど
via google imghp
 
クラレント

クラレント

牡馬

父馬:ダンスインザダーク
母馬:エリモピクシー
母父:ダンシングブレーヴ
所属:橋口慎介(栗東)
生産:ノースヒルズマネジメント(新冠町)
馬主:前田晋二

通算成績:41戦7勝 (7-2-6-26)
主な戦績:デイリー杯2歳ステークス、富士ステークス、エプソムカップ、関屋記念、京成杯オータムハンデなど
via google imghp
 
レッドアリオン

レッドアリオン

牡馬

父馬:アグネスタキオン
母馬:エリモピクシー
母父:ダンシングブレーヴ
所属:橋口慎介厩舎(栗東)
生産:エクセルマネジメント
馬主:東京ホースレーシング

通算成績:40戦7勝 (7-4-3-26)
主な戦績:マイラーズカップ、関屋記念など
via google imghp
 
サトノルパン

サトノルパン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:エリモピクシー
母父:ダンシングブレーヴ
所属:村山明(栗東)
生産:エクセルマネジメント
馬主:里見治

通算成績:23戦5勝 (5-4-2-12)
主な戦績:京阪杯など
via google imghp
 

近親馬

 
エリモシック

エリモシック

牝馬

父馬:ダンシングブレーヴ
母馬:エリモシューティング
母父:テスコボーイ
所属:沖芳夫厩舎(栗東)
生産:えりも農場
馬主:山本慎一

通算成績:17戦4勝 (4-2-2-9)
主な戦績:エリザベス女王杯など
via google imghp
 

血統評価:4.6pt

 
牡馬兄弟が4頭とも5勝以上の重賞馬という脅威の繁殖力を見せてきたエリモピクシーは、全姉エリモシックより繁殖では成功したと言える。今回は、久々の牡馬という事で期待できる一方、初の非SS系種牡馬の産駒という点が少し心配ではあるが、鉄板血統には違いない。
 

前評判

 
『今は成長第一で調整を進めています。オンオフを意識させたメニューを消化しつつ、しっかりと馬体の土台を作って行っている途中ですね。急がずに基礎的な事を教え込みながら来年のクラシックを目標にしています』との事。さすがにダービーとまでは行かないまでも、このコメントを見る限りでは皐月賞辺りを許容範囲として見て取れる。
 

馬名の意味

 

冠名+車種名

 
スーパーカーのブガッティ・ヴェイロンから付けられたネーミング。他を圧倒する様な驚愕の走りを期待して。

関連記事

関連タグ

著者