マーフィー『感触は掴めていた』

 

2019年1月19日 初富士ステークス 芝1800m 中山競馬場

1着:レッドローゼス 牡5 (O.マーフィー)
2着:アッフィラート 牝6 (北村宏司)
3着:チャンピオンルパン 牡8 (石橋脩)

レースタイム:1:48.6(良)
レース上がり3ハロン:34.5
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
 
スタートはややひと息も前にある程度出して行ってのポジショニングを図ったレッドローゼス。道中は折り合いに専念し脚を溜めながらの追走、手応え良く直線コースを迎えた。先抜けしたアーバンキッドを早めに捉えると、そこから坂上でグッとひと伸びし後続を抑えての内容で勝利。騎乗したO.マーフィー騎手のソツない騎乗ぶりが5勝目を導いたと言っても過言ではないだろう。次は初の重賞挑戦となるか。
 

レッドローゼス

 
レッドローゼス(リヴィアローズ2014)

レッドローゼス(リヴィアローズ2014)

牡馬

父馬:ステイゴールド
母馬:リヴィアローズ
母父:Gallileo
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:坂東牧場
馬主:東京ホースレーシング

通算成績:19戦5勝(5-6-5-3)
主な戦績:初富士ステークスなど
via google imghp
 
遠く遡ればヘクタープロテクターやシャンハイが繋がる血統で、その他にも近親馬には海外のGⅠなどを制した馬がズラリと並ぶ優秀な牝系。そこにナシュワン、ガリレオと代重ねされステイゴールド産駒となって産まれたのがこのレッドローゼスだ。東サラで2400万円募集だが、その血統構成を考えればお値打ちの感覚である。実際、堅実に入着を繰り返して気付けばオープン入り。非常に馬主孝行な1頭ではないだろうか。
 

血統背景

 
ステイゴールド サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュ ディクタス Sanctus
Doronic
ダイナサッシュ ノーザンテースト
ロイヤルサッシュ
リヴィアローズ Gallileo Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
アーバンシー Miswaki
Allegretta
Kiftsgate Rose Nashwan Blushing Groom
Height of Fashion
Kapuchka ソヴィエトスター
Proskona


 

兄弟馬

 
初仔
 

近親馬

 
イブキパーシヴ(ノエシス1986)

イブキパーシヴ(ノエシス1986)

牝馬

父馬:Caerleon
母馬:ノエシス
母父:ペルセポリスII
所属:伊藤雄二厩舎(栗東)
生産:北陽ファーム
馬主:伊吹

通算成績:16戦3勝(3-3-2-8)
主な戦績:クイーンカップなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
一族には世界的な活躍馬多数だがこと該当ファミリーの牝系に関しては、目立った活躍馬はない。それでも優秀な一族出身でミスプロ、ソヴィエトスター、ナシュワン、ガリレオと日本に合うかは別として良血である。ただ兄弟が当馬に続いてまだ結果を出していないのでもう1,2頭結果を出してくれれば評価できる血統だろう。
 

前評判

 
母リヴィアローズは未勝利に終わったが母系が超優秀な系譜を引いていただけに、繁殖牝馬としての価値はある程度見込めていたと言える。初年度産駒でステイゴールドを配合、ある意味で賭けに出た形だが結果的には成功の部類だろう。それにしても堅実で安定な成績を残しており、このタイプはクラスが上がっても相手なりに走るイメージが容易に付く。
 

馬名の意味

 

冠名+バラ

 
母名より連想してネーミング、赤い薔薇の花言葉は“情熱”。

関連記事

関連タグ

著者