府中牝馬ステークス直前

 
重馬場で未勝利を快勝、道悪も歓迎のレッドランディーニ

重馬場で未勝利を快勝、道悪も歓迎のレッドランディーニ

via google imghp
 
デビュー前から相当な期待値で石坂厩舎に預託されているレッドランディーニ。本来ならクラシック戦線に乗せたかった存在だけに、前走のマーメイドステークス2着は遅過ぎる活躍だった。覚醒した後はクラスの壁にぶち当たる事なく昇級戦でもすんなりと結果を出すあたりさすがの良血馬と言える。池添謙一騎手が継続騎乗するという時点で色気はある、今回は斤量背負うも余り関係ないだろう。
 

マーメイドステークス直後

 

2019年6月9日 マーメイドステークス 芝2000m 阪神競馬場

1着:サラス 牝4 (松若風馬)
2着:レッドランディーニ 牝4 (池添謙一)
3着:スカーレットカラー 牝4 (岩田康誠)

レースタイム:2:00.3(良)
レース上がり3ハロン:36.0
勝ち馬上がり3ハロン:34.6
 
大外枠からスタートしたレッドランディーニ。道中は無理せず自然なポジションニングで中団後方から、前のペースが速い事も含めて理想的な前半の進め方だった。4コーナーの大局で、自らしごいて上がって行くと早めに仕掛けて直線コースへ。そこから前を一気に捉えて半ばでは単独先頭、そのまま最後までしっかりと伸びて押し切るかに見えたが、ゴール前で更に大外から追い込んだサラスに捕まってしまう。それでも、内容的には負けて尚強し。今後の評価に十分値する走りだった。
 

レッドランディーニ

 
レッドランディーニ(レッドメデューサ2015)

レッドランディーニ(レッドメデューサ2015)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:レッドメデューサ
母父:Mr. Greeley
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:東京ホースレーシング

通算成績:14戦3勝(3-2-3-6)
主な戦績:マーメイドステークス2着など
via google imghp
 
祖母Catchascatchcanはヨークシャーオークス馬で、母レッドメデューサも当時外国産馬として鳴り物入りで東サラで募集されていた逸材候補だった。それがデビューすら出来ずに引退、繁殖牝馬にあがってしまった。但し、血統構成は一流レベルで初年度産駒は未出走。2番仔にあたるこのレッドランディーニが実質の初年度産駒にあたる。Mr. Greeleyの肌にディープインパクトの掛け合わせは、サンプルが極めてすくないもののマウントロブソンなどの活躍馬を輩出しているだけに心強いデータとなるだろう。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
レッドメデューサ Mr.Greeley Gone West Mr.Prospector
Secrettame
Long Legend Reviewer
Lianga
Catchascatchcan Pursuit of Love グルームダンサー
Dance Quest
Catawba Mill Reef
Catalpa


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
Antonius Pius(Catchascatchc...

Antonius Pius(Catchascatchcan2001)

牡馬

父馬:Danzig
母馬:Catchascatchcan
母父:Pursuit of Love
所属:Aidan P. O'Brien厩舎(愛)
生産:Kentucky(米)
馬主:Michael B. Tabor

通算成績:14戦2勝(2-1-3-8)
主な戦績:ブリーダーズカップマイル2着など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
海外G1馬の祖母にMr.Greeleyの母、そこにディープインパクトという血統。ファミリー、兄弟に日本実績はないもののこれから彼女を筆頭に結果だしはじめそうな勢いは感じる。とはいえ現時点での血統背景からの強調材料はない。
 

前評判

 
前述の通り、血統構成の素晴らしい肌馬にディープインパクトと、母が未出走ながらレッドランディーニが牝馬で3800万円なら東サラとしては強気の値段設定だろう。それだけ馬のデキも良く自信があっての事。この牝系がもしコンスタントに走る様なら、クラブ側にとっても今後の屋台骨に成り得る貴重なラインになって来る。
 

前評判

 

冠名+黒百合の品種名

 
本馬の美しく艶やかな漆黒の馬体よりイメージしてネーミング。

関連記事

関連タグ

著者