紫苑ステークス直後

 

2019年9月7日 紫苑ステークス 芝2000m 中山競馬場

1着:パッシングスルー 牝3 (戸崎圭太)
2着:フェアリーポルカ 牝3 (三浦皇成)
3着:カレンブーケドール 牝3 (津村明秀)

レースタイム:1:58.3(良)
レース上がり3ハロン:34.0
勝ち馬上がり3ハロン:33.8
 
スタートは出たものの、行き脚が付かず後方からの競馬を余儀なくされたレッドベルディエス。一旦、ほぼ最後尾まで下げて外から少しずつ上って行く位置取りとなってしまった。道中も行きたがる面を見せ少し頭を上がり気味、そのままジワジワとポジションを上げて行き勝負どころでは一気に先団に取り付く構え。直線もしっかり脚は使っているものの、最後はフィリアプーラを捉えて4着に上がるのが精一杯だった。開幕週の競馬で後手に回るとさすがに苦しいレース展開となった。
 

紫苑ステークス直前

 
織姫賞を+馬体重ながら完勝したレッドベルディエス

織姫賞を+馬体重ながら完勝したレッドベルディエス

via google imghp
 
デビュー時は438kgだった馬体も、前走の織姫賞では460kgと大幅に成長したレッドベルディエス。陣営もまだ馬が出来上がっていない内から無理強いしない使い方で、しっかりと馬の成長に合わせた調整を続けて来た。甲斐あって馬格も一回り大きくなり走りもパワー仕様に。前走の福島競馬場で稍重状態だったコースでも力強く直線伸びて来たのが何よりの証拠だろう。中山の開幕週はキレも求められるが、天候状況や馬場によってはタフな1戦になる可能性もあるだけに今の調子ならいずれもこなしてくれそうだ。
 

クイーンカップ直前

 
前走後、じっくり調整を続けたレッドベルディエス

前走後、じっくり調整を続けたレッドベルディエス

via google imghp
 
クロノジェネシス、ビーチサンバ+ミリオンドリームズの上位争いと見られているクイーンカップ。その3頭をまとめて負かせるとしたら、このレッドベルディエス以外において無い。それだけ未勝利でのパフォーマンスは秀逸なものだったし、そこからクイーンカップへ直行して来るあたりも調教師に自信がある証拠だろう。F.ブロンデル騎手が騎乗するも、日本での記念すべき初勝利がこのレースならそんなドラマチックな事は無い。
 

上がり33秒6を軽々とマーク

 

2018年11月24日 2歳未勝利 芝1600m 東京競馬場

1着:レッドベルディエス 牝2 (C.ルメール)
2着:サピアウォーフ 牝2 (戸崎圭太)
3着:レコルダーレ 牝2 (柴山雄一)

レースタイム:1:35.5(良)
レース上がり3ハロン:34.2
勝ち馬上がり3ハロン:33.6
 
まずまずのスタートを切ったレッドベルディエス。道中も無理する事なく外々を回り中団から徐々にポジションを押し上げて行く。直線でも持ったままの手応えで外へ持ち出すと、坂上まで楽な形で先頭に並びかける圧巻の競馬。そこからステッキ数発でグンと加速し、2着に逃げ粘るサピアウォーフにあっさりと差を付けて完勝。タイムは平凡も内容は完全な力差を感じさせる内容だった。これは上手く行けば重賞クラスだろう。
 

2歳新馬直後

 

2018年10月27日 2歳新馬 芝1600m 東京競馬場

1着:レディマクベス 牝2 (J.モレイラ)
2着:レッドベルディエス 牝2 (C.オドノヒュー)
3着:フォークアート 牝2 (三浦皇成)

レースタイム:1:35.0(良)
レース上がり3ハロン:33.7
勝ち馬上がり3ハロン:33.2
 
外枠から先行集団に取り付き、終始外々を回って安全コースを走ったレッドベルディエス。直線コースに入ると、持ったままの手応えで前に並びかけ後続の追い出しを待つ余裕も見せた。いざGOサインが出ると、一気に末脚を伸ばし勝利目前のところまで来るも、外から更に豪快に追い込んだレディマクベスに差し切られて2着に終わってしまった。鞍上も『枠による道中のポジショニングの差』と敗因をハッキリさせており、次回は恐らく勝ちに近い1戦だろう。
 

レッドベルディエス

 
レッドベルディエス(レッドファンタジア2016)

レッドベルディエス(レッドファンタジア2016)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:レッドファンタジア
母父:Unbridled's Song
所属:鹿戸雄一厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:東京ホースレーシング

通算成績:5戦2勝(2-1-0-2)
主な戦績:織姫賞など
via google imghp
 
曾祖母Phone Chatterはアメリカ2歳牝馬チャンピオン、祖母のCat chatも重賞馬で代々に渡り層の厚い産駒を輩出している優秀な母系である。1つ上の全姉レッドベルローズも気性面さえまともならクラシックを狙えるだけの能力は秘めていたと言え、地味ながらも注目の1頭である。東京ホースレーシングからまたタイトルを獲得する馬が現れるとしたら当馬の可能性は高い。
 

血統背景

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
レッドファンタジア Unbridled's Song Unbridled Fappiano
Gana Facil
Trolley Song Caro
Lucky Spell
Cat Chat Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Phone Chatter Phone Trick
Passing My Way


 

兄弟馬

 
レッドベルローズ(レッドファンタジア2015)

レッドベルローズ(レッドファンタジア2015)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:レッドファンタジア
母父:Unbridled's Song
所属:鹿戸雄一厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:東京ホースレーシング

通算成績:12戦2勝(2-1-4-5)
主な戦績:ミモザ賞など
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
血統構成としては、Phone TrickにStorm CatにUnbridled's Songでディープインパクトと無駄がない。全姉も重賞3着がありクラシック戦線でも活躍しただけに当馬にも高い期待をしていいだろう。
 

前評判

 
姉も管理する鹿戸調教師曰く、『レッドベルローズと比較しても馬体がスラッとして距離適正は幅がありそう。性格も真面目で前進気鋭があるし、いきなりから能力を発揮してくれるのでは』との事。坂路で終い1Fで馬ナリ12秒台をマーク。重賞馬ビッシュと併走、手応えはレッドベルディエスの方が良かった程だ。能力的には姉に何ら引けを取らない。
 

馬名の意味

 

冠名+美しい女神(フランス語)

 
姉レッドベルローズから連想してのネーミングか。

関連記事

関連タグ

著者