友道厩舎から不気味なもう1頭

 
併走馬相手に絶好の動きで先着するレッドアネモス(左)

併走馬相手に絶好の動きで先着するレッドアネモス(左)

via google imghp
 
友道厩舎からはビーチサンバの他に新馬、サフラン賞と連勝中のレッドアネモスもスタンバイ。新馬は番手抜け出し、サフラン賞は逃げ切り勝ちと変幻自在の競馬でセンスの高さを披露しているだけに、展開が紛れた時でも自信のパフォーマンスは発揮してくれそうな1頭である。乗り替わりとなった戸崎圭太騎手がわざわざ栗東まで駆け付け調教に跨っているだけに、陣営の意気込みが非常に不気味である。その他、同厩舎からは1勝馬サヴォワールエメも控えており上手く行けば3頭出しも。
 

コントラチェックを僅かに振り切る

 

2018年09月30日 サフラン賞 芝1600m 中山競馬場

1着:レッドアネモス 牝2 (川田将雅)
2着:コントラチェック 牝2 (C.ルメール)
3着:ブルーグローブ 牝2 (戸崎圭太)

レースタイム:1:35.7(稍重)
レース上がり3ハロン:34.1
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
 
好スタートを切ったレッドアネモスがコントラチェックを制してハナへ立つと、そのままペースを落としてレースの主導権を握る形に。そのまま理想的な流れで直線コースに入ると、直後から迫って来たコントラチェックとの一騎打ちに。一旦は抜かれそうになるも、そこからまた伸びを見せ猛追を凌ぎ切る根性を見せた。まだ能力全開という訳でも無さそう、この時点である程度の賞金が確保出来たのは大きいだろう。目指すは重賞→GⅠの大舞台だ。
 

レッドアネモス

 
レッドアネモス(マチカネハヤテ2016)

レッドアネモス(マチカネハヤテ2016)

牝馬

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:マチカネハヤテ
母父:サクラバクシンオー
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:東京ホースレーシング

通算成績:2戦2勝(2-0-0-0)
主な戦績:サフラン賞など
via google imghp
 
母マチカネハヤテは現役時代4勝をあげオープンにまで上り詰めた活躍馬。その兄妹には天皇賞秋2着のアグネスアーク、更に遡ればビハインドザマスクやコイウタなどがいる渋めの繁栄ファミリーでもある。とは言え、サクラバクシンオーの肌にヴィクトワールピサという配合自体が活躍領域をイメージしにくい血統で頭から期待はしにくい。東サラでも1600万円という価格設定が頃合いか。
 

血統背景

 
ヴィクトワールピサ ネオユニヴァース サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ポインテッドパス Kris
Silken Way
ホワイトウォーターアフェア Machiavellian Mr.Prospector
Coup de Folie
Much Too Risky Bustino
Short Rations
マチカネハヤテ サクラバクシンオー サクラユタカオー テスコボーイ
アンジェリカ
サクラハゴロモ ノーザンテースト
クリアアンバー
ベルセゾン ベリファ Lyphard
Belga
ヴアインゴールド Mr.Prospector
Chancy Dance


 

兄弟馬

 
ウォーターピオニー(マチカネハヤテ2013)

ウォーターピオニー(マチカネハヤテ2013)

牝馬

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:マチカネハヤテ
母父:サクラバクシンオー
所属:河内洋厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:山岡良一

通算成績:17戦3勝(3-1-0-13)
主な戦績:4歳上500万下など
via google imghp
 

近親馬

 
アグネスアーク(ベルセゾン2003)

アグネスアーク(ベルセゾン2003)

牡馬

父馬:アグネスタキオン
母馬:ベルセゾン
母父:ベリファ
所属:河内洋厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:渡辺孝男

通算成績:12戦4勝(4-3-1-4)
主な戦績:天皇賞秋2着など
via google imghp
 
ビハインドザマスク(ヴァインゴールド1996)

ビハインドザマスク(ヴァインゴールド1996)

牝馬

父馬:ホワイトマズル
母馬:ヴァインゴールド
母父:Mr. Prospector
所属:北橋修二厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:23戦10勝(10-2-2-9)
主な戦績:スワンステークス、京都牝馬ステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.2pt

 
ヴァインゴールドの一族で、母は5勝しており母の半兄にアグネスアーク、一族にはビハインドザマスクやコイウタなどがおりある程度の反映一族であるがベルセゾンのファミリーとしては、血統にベリファが入っており若干一族の良さが薄まっている印象。ヴィクトワールピサ×サクラバクシンオーはあまり成功例がないので未知数。
 

前評判

 
やればやるだけ走る1頭で、基本的には気性が勝ったタイプ。その性格の荒さが走りに良い形で出ていればスピード感のある高いパフォーマンスを引き出せるだろう。キレるというよりは前に行ってしぶとく粘る脚質で、展開の利は必要だがよほど激しい流れにならない限りは自分の能力を発揮出来る筈だ。ヴィクトワールピサ産駒である程度の距離延長も若駒時代なら対応可能だろう。
 

馬名の意味

 

冠名+風(ギリシャ語)

 
母名より連想してネーミング。

関連記事

関連タグ

著者