先良し、仲良し、終い良し

 

2018年09月08日 2歳新馬 芝2000m 中山競馬場

1着:リバーシブルレーン 牡2 (大野拓弥)
2着:ブランクエンド 牡2 (田辺裕信)
3着:アナザークイーン 牝2 (柴田大知)

レースタイム:2:03.5(良)
レース上がり3ハロン:34.5
勝ち馬上がり3ハロン:34.3
 
スッとスタートを出て道中は番手の競馬、追走もやけにスムーズでとても初レースとは思えない程に優等生の走りをするリバーシブルレーン。手応え抜群のまま押し上がって行くと、直線早め先頭で2着ブランクエンドを突き放し余裕の脚色でゴール。まさに文句なしの内容で完勝、兄とは違い既に完成された様な素質馬でそうそう崩れる事も無さそう。ただ、ハーツクライ産駒でまだ成長の余地もあるだろう。距離は幾ら伸びても問題無いタイプの1頭だ。
 

『長距離馬、素質は高い』

 
追い切りでの時計は目立たないが、それでも余力あるフットワークでまずまずの走り。父の産駒を考えても本格化はまだ先だろうから、デビュー前にしては及第点を与えて良いだろう。管理する高木調教師もその潜在能力は認めており、主戦の大野拓弥騎手を配して勝負気配を漂わせている。番組を考えても3歳に入ってからの方が活躍しそうだが、先ずは新馬戦でその走りをとくと拝見しよう。
 

リバーシブルレーン

 
リバーシブルレーン(カウアイレーン2016)

リバーシブルレーン(カウアイレーン2016)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:カウアイレーン
母父:キングカメハメハ
所属:高木登厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:吉田照哉

通算成績:1戦1勝 (1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
半兄ステイフーリッシュが京都新聞杯を制覇、さすが近親馬に重賞勝ち馬がズラリと並ぶStrait Lane一族の底力を見せ付けた血統である。そこにハーツクライを配合しよりクラシック適正を高めた産駒がこのリバーシブルレーン。牧場内での評判も上々で、デビュー時期さえ上手く調整が進めば兄より活躍する事も十分に可能だろう。厩舎にクラシック実績が乏しいものの、馬自体のポテンシャルで何とかしてくれる筈。馬体重は春の段階で450kg。
 

血統背景

 
ハーツクライ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス トニービン カンパラ
Severn Bridge
ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
カウアイレーン キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
シルバーレーン Silver Hawk Roberto
Gris Vitesse
Strait Lane Chieftain
Level Sands


 

兄弟馬

 
ステイフーリッシュ(カウアイレーン2015)

ステイフーリッシュ(カウアイレーン2015)

牡馬

父馬:ステイゴールド
母馬:カウアイレーン
母父:キングカメハメハ
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:5戦2勝(2-0-1-2)
主な戦績:京都新聞杯など
via google imghp
 

近親馬

 
ブラックホーク(シルバーレーン1994)

ブラックホーク(シルバーレーン1994)

牡馬

父馬:Nureyev
母馬:シルバーレーン
母父:Silver Hawk
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:Watership Down Stud(英)
馬主:金子真人

通算成績:28戦9勝 (9-8-6-5)
主な戦績:安田記念、スプリンターズステークスなど
via google imghp
 
ピンクカメオ(シルバーレーン2004)

ピンクカメオ(シルバーレーン2004)

牝馬

父馬:フレンチデピュティ
母馬:シルバーレーン
母父:Silver Hawk
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:パカパカファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:21戦4勝 (4-2-0-15)
主な戦績:NHKマイルカップなど
via google imghp
 
グレイル(プラチナチャリス2015)

グレイル(プラチナチャリス2015)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:プラチナチャリス
母父:Rock of Gibraltar
所属:野中賢二厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:カナヤマホールディングス

通算成績:5戦2勝(2-0-0-3)
主な戦績:京都2歳ステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.2pt

 
シルバーレーンのファミリーで母の兄弟にはG1馬が2頭いる。母父キングカメハメハで母は半姉より血統構成は優秀。ステイフーリッシュがでたのも必然で、父がステイゴールドからハーツクライにかわるのは安定感としてはプラスだろう。ファミリーの産駒でハーツクライ産駒としてはグレイルもいるので期待していいだろう。
 

前評判

 
『父の傾向的に本格化はまだ先になると思いますが、日々成長を見せてくれています。馬体にハリがあり、バネのある動きで存在感がありますね。気性面も問題なくここから更に良くなってくるでしょう』との事。ジャスタウェイの活躍が目覚ましい同世代の中で、ハーツクライが意地を見せる産駒と成り得る素材だ。
 

馬名の意味

 

可逆車線

 
交通量に応じてセンターラインの位置を移動できる道路の事。

関連記事

関連タグ

著者