直線で前が塞がる不利

 

2018年12月01日 葉牡丹賞 芝2000m 中山競馬場

1着:シークレットラン 牡2 (内田博幸)
2着:ランフォザローゼス 牡2 (J.モレイラ)
3着:サトノラディウス 牡2 (三浦皇成)

レースタイム:1:59.6(良)※レコード
レース上がり3ハロン:35.3
勝ち馬上がり3ハロン:34.5
 
道中は逃げ馬の直後、馬群のインを追走したランフォザローゼス。脚を溜め、折り合いも良く最後の直線で爆発する下地は整えられた道中の競馬。しかし、4コーナーで外からサトノラディウスに被せられる様な形で回ってしまい、直線も上手く前が開かず内に進路を取る不利を受けた。そこからしっかり伸びて2着は確保するも、勝ち馬シークレットランの激走に遭ってしまい無念の2着敗退。次回は確実に勝てる見込みのある内容だった。
 

ケチの付け様がない完成度

 
順調にここまで調整が進んでいるランフォザローゼス

順調にここまで調整が進んでいるランフォザローゼス

via google imghp
 
とにかく新馬戦の内容が秀逸のひと言だったランフォザローゼス。現状、文句の付けようが無い走りをしていただけに、中山コースに変わったとて全く問題無く自身のパフォーマンスを発揮するだろう。藤沢和雄師も『競馬が上手な馬だから大丈夫』と太鼓判を押していた。同厩舎には、シェーングランツやグランアレグリアなど牝馬のエースがいるも、牡馬ではまだ抜きん出た馬がいない。先ずは同馬が牽引して行く存在になるか。
 

ルメール『乗りやすく良い馬』

 

2018年10月20日 2歳新馬 芝2000m 東京競馬場

1着:ランフォザローゼス 牡2 (C.ルメール)
2着:トランスナショナル 牡2 (M.デムーロ)
3着:サトノジェネシス 牡2 (J.モレイラ)

レースタイム:2:02.1(良)
レース上がり3ハロン:33.8
勝ち馬上がり3ハロン:33.6
 
好スタートから先行集団の一角を追走、徐々にポジションを前に進めて行くと直線では逃げ馬に並びかけるセンスの良い競馬。そこから他馬の動きを待って追い出すも、一旦は前に出られる形に。それでも坂を駆け上がってから再度加速して差し返す走りを見せた。最後はクビ差も余裕のあるゴールで、初戦とは思えない大人びた内容の1着となった。鞍上のC.ルメール騎手も『のりやすい』とその操縦性の高さを絶賛していた。
 

良血馬らしい好馬体

 
日本競馬の結晶と呼ぶべきランフォザローゼス

日本競馬の結晶と呼ぶべきランフォザローゼス

via google imghp
 
“エアグルーヴ×ディープインパクト”の肌にキングカメハメハを配合した、まさに超々良血馬のランフォザローゼス。これで走らない方が嘘であり、実際に馬体はアカ抜けた見栄え。反応も乗り込む毎に良くなって来ており、本格化はまだまだ先も現時点で血の力がカバーしてくれるだろう。但し、初戦からサトノジェネシスというこちらも超良血馬が相手となる。数億円馬同士の激突に土曜の東京競馬場が大いに沸く事だろう。
 

ランフォザローゼス

 
ランフォザローゼス(ラストグルーヴ2016)

ランフォザローゼス(ラストグルーヴ2016)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ラストグルーヴ
母父:ディープインパクト
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:窪田芳郎

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:葉牡丹賞2着など
via google imghp
 
馬格十分で気性も素直そうな立ち姿。祖母にエアグルーヴ、即ちダイナカール一族となる。母ラストグルーヴは新馬戦を圧勝した後に引退、競走馬として活躍は出来なかったがキャリア1戦で繁殖に向かう上では最高の状態だろう。初年度産駒のリシュブールはさして大化けしなかったが、本領発揮はこの2年目以降の筈。管理は藤沢和雄厩舎でしっかりとクラシック戦線に乗せて来るのではないだろうか。馬体重は春の段階で489kg。
 

血統背景

 
キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector Raise a Native
Raise You
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンファス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
ラストグルーヴ ディープインパクト サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
アドマイヤグルーヴ(エアグルーヴ2000)

アドマイヤグルーヴ(エアグルーヴ2000)

牝馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:エアグルーヴ
母父:トニービン
所属:橋田満厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:21戦8勝(8-1-3-9)
主な勝鞍:エリザベス女王杯など
via google imghp
 
ルーラーシップ(エアグルーヴ2007)

ルーラーシップ(エアグルーヴ2007)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:エアグルーヴ
母父:トニービン
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:20戦8勝(8-2-4-6)
主な勝鞍:クイーンエリザベスカップなど
via google imghp
 
ドゥラメンテ(アドマイヤグルーヴ2012)

ドゥラメンテ(アドマイヤグルーヴ2012)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:アドマイヤグルーヴ
母父:サンデーサイレンス
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:9戦5勝(5-4-0-0)
主な勝鞍:皐月賞、ダービーなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
ファミリーは日本の至宝一族で全兄も素質は垣間見えているので母の実績がなくても血統構成からだけで期待できる。実際の結果が出るのを待つだけなので現時点ではギャンブル的要素も多いがその内結果はついてくるだろう。
 

前評判

 
『筋骨隆々でとにかく動きにパワーがありますね。荒れ馬場も問題無いですし、恐らく切れるというよりは長い脚を使うタイプだと思います。欲を言えばもう少し前進気鋭が欲しいですが、気性面は素直で扱いやすく距離も延びてOKでしょう。まだ伸びシロもあると思うので、これからの成長に期待したいですね』とは関係者のコメント。
 

馬名の意味

 

薔薇のために走れ

 
両親の名前やバックボーンからの連想ではなく響きからのネーミングか。

関連記事

関連タグ

著者