ラジオNIKKEI賞直前

 
馬体も一回り大きくなって迫力が増したランスオブプラーナ

馬体も一回り大きくなって迫力が増したランスオブプラーナ

via google imghp
 
前走の皐月賞はさすがに飛ばし過ぎた印象で、加えて距離も長かった故に最下位に終わったランスオブプラーナ。本来のペースで走れれば1800mまでなら毎日杯の結果からも十分に距離は持つ。小回りなら特に問題もなく、スタートさえ決められれば楽に先手を取ってマイペースで逃げたいところだ。57kgのトップハンデを背負う事になるが、逃げてスピードがある程度乗って行けば余り気にならない。下手に控えてスピードの緩急を使う競馬の方が斤量差が響いて来るだけに、ここは是が非でも逃げに打って出て欲しい。
 

皐月賞直前

 
ペースの鍵を握るランスオブプラーナ

ペースの鍵を握るランスオブプラーナ

via google imghp
 
距離が懸念されているランスオブプラーナだが、毎日杯の競馬を見る限り2000mは確実にもつと判断して良いだろう。むしろ、コーナー4回の小回りなら更に立ち回り次第で脚を残せる可能性の方が高い。今回は逃げたい馬が他にダディーズマインドくらいのもので、スタートだけ決めれれば道中は割と楽に進められる予感。そうなればサートゥルナーリアばかり警戒している後続が、同馬を捉えきれないという形は無くもない。
 

毎日杯直後

 

2019年3月23日 毎日杯 芝2000m 阪神競馬場

1着:ランスオブプラーナ 牡3 (松山弘平)
2着:ウーリリ 牡3 (福永祐一)
3着:ヴァンドギャルド 牡3 (C.ルメール)

レースタイム:1:47.2(良)
レース上がり3ハロン:34.3
勝ち馬上がり3ハロン:34.3
 
最内から予想通りに楽逃げを打てたランスオブプラーナ。加えて、人気のヴァンドギャルドが出遅れて最後方からの展開となり、後続馬も動くに動けない状態。ペースは完全に落ち着いて前有利の流れとなった上、手応え抜群のまま直線コースへ。そこから後続を寄せ付けず坂上まで駆け上がると、最後はウーリリがゴール前で迫る所をクビ差残してランスオブプラーナが重賞初制覇を達成した。クラシックでもレースの主導権を握るのはこの馬か。
 

毎日杯直前

 
CWで追い切ったランスオブプラーナは、終始ブレの無い抜群の動きを披露し最高級の評価をされていた。助手も『ここで更に体調は上向いている。前走と同じコースだし、マイペースで行ければ好勝負を期待したい』と上々の手応えを感じている様子だった。単騎の楽逃げが予想できるメンバー構成だけに、きさらぎ賞での走りをフロックと言わせない逃亡劇を演出してもらいたいところ。鞍上は前走に引き続き、松山弘平騎手がスタンバイしている。
 

アルメリア賞直後

 
リズム良く逃げてアルメリア賞を快勝したランスオブプラーナ

リズム良く逃げてアルメリア賞を快勝したランスオブプラーナ

via google imghp
 
アルメリア賞はスタートを決めてすぐにレースの主導権を握ったランスオブプラーナ。前半3ハロンを36秒5という超スローペースに持ち込み、1番人気の番手ジャミールフエルテ以下を引き連れつつ直線コースへ。手応え十分の脚色で後続を突き放すと、最後は楽にゴールへ入る内容で見事に2勝目を飾った。松山騎手も自信を持って乗っており、決してきさらぎ賞の好走がフロックだったとは思えない。今後のレースも要注意だろう。
 

ランスオブプラーナ

 
ランスオブプラーナ(マイプラーナ2016)

ランスオブプラーナ(マイプラーナ2016)

牡馬

父馬:ケープブランコ
母馬:マイプラーナ
母父:マンハッタンカフェ
所属:本田優厩舎(栗東)
生産:フジワラファーム
馬主:五影慶則

通算成績:7戦3勝(3-2-1-1)
主な戦績:毎日杯など
via google imghp
 
ケープブランコ産駒で初の芝レース2勝目をあげたランスオブプラーナ。決め手は無けれども、持続的に長く良い脚を使うのは母父マンハッタンカフェの血の影響か。馬体自体はそこまで見栄えしないが、小気味の良いフットワークでポテンシャルの高さはしかと見受けられる。トップスピードもあり、スタミナも兼備している事から距離適性に広い活躍が期待出来る1頭だろう。
 

血統背景

 
ケープブランコ Galileo Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
アーバンシー Miswaki
Allegretta
Laurel Delight Presidium General Assembly
Doubly Sure
Foudroyer アーテイアス
Foudre
マイプラーナ マンハッタンカフェ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
チェリーコウマン スプレンディドモーメント Storm Bird
Racquette
チェリーガール クラウドプリンス
チェリービーナス


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
アンバルブライベン(チェリーコウマン2009)

アンバルブライベン(チェリーコウマン2009)

牡馬

父馬:ルールオブロー
母馬:チェリーコウマン
母父:スプレンディドモーメント
所属:福島信晴厩舎(栗東)
生産:フジワラファーム
馬主:伊藤信之

通算成績:28戦8勝(8-3-2-15)
主な戦績:シルクロードステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
祖母と妹に重賞馬がいるものの血統構成としては強調材料がない。
 

前評判

 
ダート戦線で長く活躍したチェリーコウマンの血を引くランスオブプラーナ。近親には快速牡馬アンバルブライベンなどがいる一族で、重賞馬が出る下地は十二分に揃っていると言えよう。とは言え、さすがに実績のまだ無いケープブランコ産駒では良い前評判が出る訳も無く、今後同馬が父の評価を上げるべく縦横無尽の走りを見せてくれるだろう。
 

馬名の意味

 

プラーナ(母名の一部)の槍

 
母名より連想してのネーミング。

関連記事

関連タグ

著者