2歳新馬直後

 

2019年8月25日 2歳新馬 芝2000m 小倉競馬場

1着:メイショウラツワン 牡2 (和田竜二)
2着:ラズルダズル 牡2 (北村友一)
3着:モズトンボ 牡2 (松若風馬)

レースタイム:2:05.7(良)
レース上がり3ハロン:35.0
勝ち馬上がり3ハロン:34.9
 
好位から競馬を進め、逃げたモズトンボを見据える形でレースを進めたラズルダズル。4コーナーで後ろが押し上げて行くと自身もポジションを上げて逃げ馬に並びかける様にして先頭へ。更に勢い良く上がって来た外のメイショウラツワンとの争いに最後は競り負けてしまい2着となったが、あくまで隊列や展開によるものであって決して力負けでは無いだろう。一度叩いた上積みで次回こそは初勝利をあげてくれるに違いない。
 

ラズルダズル

 
ラズルダズル(ラシンティランテ2017)

ラズルダズル(ラシンティランテ2017)

牡馬

父馬:ルーラーシップ
母馬:ラシンティランテ
母父:アグネスタキオン
所属:斉藤崇史厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:1戦0勝(0-1-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
クラフティワイフファミリーの牝系で、本線とも言えるエヴリウィスパー→アドマイヤキラメキのラインを組んだラシンティランテ。自身の走りはハマれば重賞クラスのポテンシャルを持ち合わせていた実力馬で、アグネスタキオンの肌なら良い産駒を出しそうな雰囲気はある。そこにルーラーシップとなれば中長距離の雄を期待してしまうが、いずれにせよ本格化は3歳秋以降のイメージか。切れる脚は使えなさそうなだけに、早めに進出して長く良い脚を使いつつ捩じ伏せる競馬が主流となる筈。
 

血統構成

 
ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー
ラシンティランテ アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
アグネスフローラ ロイヤルスキー
アグネスレディー
アドマイヤキラメキ エンドスウィープ フォーティナイナー
Broom Dance
エヴリウィスパー ノーザンテースト
クラフティワイフ


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
トーセンジョーダン(エヴリウィスパー2006)

トーセンジョーダン(エヴリウィスパー2006)

牡馬

父馬:ジャングルポケット
母馬:エヴリウィスパー
母父:ノーザンテースト
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:島川隆哉

通算成績:30戦9勝(9-4-2-15)
主な戦績:天皇賞秋など
via google imghp
 
トーセンホマレボシ(エヴリウィスパー2009)

トーセンホマレボシ(エヴリウィスパー2009)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:エヴリウィスパー
母父:ノーザンテースト
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:島川隆哉

通算成績:7戦3勝(3-2-1-1)
主な戦績:京都新聞杯など
via google imghp
 
トーセンスターダム(アドマイヤキラメキ2011)

トーセンスターダム(アドマイヤキラメキ2011)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:アドマイヤキラメキ
母父:エンドスウィープ
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:島川隆哉

通算成績:17戦5勝(5-1-0-11)※JRA所属時のみ
主な戦績:きさらぎ賞、朝日チャレンジカップなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
クラフティワイフ一族だが今後の本命はディープインパクト産駒の母の半妹センテリュオか。母はタキオン産駒で競走成績自体は水準以上だが母父アグネスタキオンがやはり底力ないのかもしれない。結構ダートに出ている産駒が多いのでダート種牡馬もありだろう。血統背景から期待したいところだが兄弟もまだはしっていないので安定感はなさそう。
 

前評判

 
母ラシンティランテのポテンシャルと、そもそも牝系の底力を考えるといきなりGⅠクラスの大物を輩出してもおかしくない。実際、初年度産駒で父がノヴェリストのエスプランデルも新馬ではかなり良い脚を使って将来性を感じさせた。その兄は気性が問題で大成していないが、やはりこの一族の可能性を測るには十分な内容だった。そこにルーラーシップを付けられたラズルダズル、それ以上の期待値しか湧いて来ない魅力的な1頭である。
 

馬名の意味

 

きらびやか、トリックプレー

 
響きから来るネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者