ラジオNIKKEI賞2019の結果

 

ラジオNIKKEI賞2019の動画

 

レース回顧

 
予想通り、内枠のダディーズマインドが行く形を見せディキシーナイトが番手追走。ランスオブプラーナは控えた4番手となって隊列は縦長のまま最初の1コーナーへ。前半で大きな動きもなく、1000m通貨が61秒ちょうどとなるも不良馬場という事を考えればやや速めのペースだっただろう。向正面から後続も徐々に押し上げて行くと福島特有の4コーナーで一気のペースアップ。ここで大外から捲り気味に上がって行ったブレイキングドーンが直線でもあっという間に突き抜け、2着マイネルサーパスに3/4馬身差を付けて快勝。3着には同じく後方から外を回って追い上げたゴータイミングが入線している。
 

勝ち馬ブレイキングドーン

 
ブレイキングドーン

ブレイキングドーン

牡馬

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:アグネスサクラ
母父:ホワイトマズル
所属:中竹和也厩舎(栗東)
生産:高昭牧場
馬主:前田幸治

通算成績:7戦2勝(2-1-1-3)
主な戦績:ラジオNIKKEI賞など
via google imghp
 
新馬戦では後のGⅠ2着馬アドマイヤジャスタを3馬身置き去りにしたブレイキングドーン。その後は重賞で惜敗するなど歯痒い競馬が続いていたものの、道悪馬場を味方に付けラジオNIKKEI賞で見事に重賞初制覇を達成。元々持っていたポテンシャルは高く、歯車さえ噛み合えばこれくらいのパフォーマンスは優に出し切れる。後は精神面での安定と鞍上との呼吸次第だろう。上を目指すにはもう一皮剥ける必要があるのは確かだ。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎ブレイキングドーン
〇ブレイブメジャー
▲ヒシイグアス
ディキシーナイト
△ヒルノダカール
ゴータイミング
ダディーズマインド
レッドアネモス
マイネルサーパス
ランスオブプラーナ
インテンスライト
×ギルマ
アドマイヤスコール
 

馬連:想定19点:〇勝利、三連単:想定440点:〇勝利

 
本命はブレイキングドーン、対抗単穴は単勝9倍未満。連下は単勝20倍未満、紐は単勝30倍未満が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:99.6 ※想定RR:102.5

 
                     
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 石川 坂入 大川 今中 田中 単勝オッズ
1 14 ブレイキングドーン 55.0 田辺 105.3 1:49.8 8.4
2 2 マイネルサーパス 54.0 柴田大 103.5 3/4 15.4
3 13 ゴータイミング 53.0 武豊 99.5 1.1/4 × 10.9
4 3 ダディーズマインド 58.0 宮崎 101.5 クビ × 12.0
5 16 アドマイヤスコール 54.0 横山典 99.5 ハナ 25.7
6 11 ヒルノダカール 53.0 丸山 97.0 1.1/4 9.3
7 6 ブレイブメジャー 54.0 戸崎 94.0 1 8.8
8 4 ポルーニン 53.0 武藤 94.0 ハナ × 41.8
9 9 ヒシイグアス 54.0 Mデム 96.0 3 7.8
10 8 サヴォワールエメ 51.0 内田 90.0 クビ 36.0
11 5 ディキシーナイト 56.0 石橋 97.5 1/2 5.9
12 7 インテンスライト 54.0 菊沢 90.0 1.1/4 × × 19.8
13 10 レッドアネモス 54.0 北村友 90.0 2 × × 14.2
14 12 ウインゼノビア 53.0 津村 94.3 クビ 46.2
15 15 ランスオブプラーナ 57.0 松山 100.5 3/4 18.8
16 1 ギルマ 53.0 三浦 90.0 1/2 19.8


 

危険な人気馬結果 レッドアネモス→13着(8人気)

 
道中は中団に位置して流れに乗った競馬を見せたレッドアネモス。しかし、馬場に脚を取られたのか勝負どころでは一切の反応を見せずそのまま馬群に飲み込まれて行ってしまった。良いところなく、気が付けば13着敗退と力を出し切れないまま重賞初制覇はお預けとなった。今後は牝馬限定戦でしっかりと結果を残して行ってくれるだろう。
 

穴馬予想結果 マイネルサーパス→2着(9人気)

 
やはり福島競馬場はコース適性を最重要視すべし。そもそもが同条件のレコード勝ちをしている馬を9番人気に落ち着かせている意味が分からない程だ。馬場適性も含めて内から上手く競馬を進めて勝ち馬に僅かの差で2着に甘んじてしまったが、こういう混戦時には今後も警戒しておかなければならないタイプの1頭だろう。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑤⑮-②③⑥⑨⑩⑪⑬⑭⑯  不的中
単勝 14 840円 枠連 1-7 2,400円
複勝 14 280円 ワイド 2-14 2,050円
2 520円 13-14 1,520円
13 4000円 2-13 3,800円
馬連 2-14 6,240円 馬単 14→2 11,290円
三連複 2-13-14 26,540円 三連単 14→2→13 142,140円


 

編集部の回顧

 
勝ち馬ブレイキングドーンについて、道悪が得意なので馬場は合うと思っていたが、とても強い内容の勝利だったと感じる。能力のある馬だが、今回はいろいろと条件がはまった感じはあるのでその点だけは注意が必要か。2着馬マイネルサーパスについて、近走は結果がついてきていなかったが、過去の実績では強いメンバー相手に勝利しており、福島のコースも合うのであろう。鞍上も内枠を活かした素晴らしいレース運び。今後が楽しみなレース内容であったと思う。馬券外からはランスオブプラーナについて、今回は枠や相手関係やコース等いろいろ厳しい面があった。条件が向けば力のある馬なので次回の巻き返しに期待がもてるであろう。(石川)
 
田辺騎手の好騎乗が目立ったレースだった。終始慌てず3コーナー過ぎから徐々に仕掛けていき直線は外から一気に差して完勝だったのではないか。マイネルサーパスは福島適正と現状は1800mがベストだろう。(坂入)
 
マイネルサーパスの適正がよめていなかったので惨敗。ブレイキングドーン本命にしてただけにもったいない結果。ランスオブプラーナは皐月賞前までと粘りがあきらかにかわっているので当分軽視でよさそう。スプリングS組がやはり過剰人気だったのでそれも判断できていただけにマイネルサーパスの取捨が悔やまれる。(大川)
 
開幕週と馬場悪から前残りを想定したが、全く逆の外差しが伸びる馬場だった。ブレイキングドーンは重馬場適性を発揮した。ゴータイミングは控えると最後はキレると言うことがわかり、これからのレースで注目したい。(今中)
 
前に行った馬での決着と目論んだが、結果的に後方待機組に有利な展開となった。ペースの読みからして全くの論外の上、ヒシイグアス鞍上のM.デムーロ騎手はやはりもう終わった印象を受ける1戦だった。免許取得当初はルメール騎手よりも上手の様に思えたが、ここに来て如実な差を付けられている。昔なら今の馬質でも重賞で無双出来るモチベーションだった筈だが、今はもうその影すらない。今後はその事を肝に命じて印を回して行きたい。(田中)
 

ラジオNIKKEI賞2019の予想

 

◎ランスオブプラーナ

 
ランスオブプラーナ

ランスオブプラーナ

牡馬

父馬:ケープブランコ
母馬:マイプラーナ
母父:マンハッタンカフェ
所属:本田優厩舎(栗東)
生産:フジワラファーム
馬主:五影慶則

通算成績:7戦3勝(3-2-1-1)
主な戦績:毎日杯など
via google imghp
 
皐月賞はさすがに距離が長かったのとペースも早過ぎた印象。小回りの福島1800mなら毎日杯レベルのパフォーマンスは出せる筈で、すんなり先手を取れれば2つ目のタイトル獲得も十二分だろう。今回トップハンデの不安視をされている声も聞こえるが、逃げ馬の場合はある程度スピードに乗って競馬をするだけに余り気にしなくて良い材料の様に思える。
 

◯ディキシーナイト

 
ディキシーナイト

ディキシーナイト

牡馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:カメリアローズ
母父:ホワイトマズル
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:6戦2勝(2-1-2-1)
主な戦績:クロッカスステークスなど
via google imghp
 
スプリングステークス後に発症した怪我は幸い軽度のもので、クラシック戦線で疲労しなかった事を考えればある意味リフレッシュできたディキシーナイト。その証拠に、最終追い切りでは坂路でその日の一番時計を叩き出しており調子は絶好調だろう。器用な競馬が得意なタイプで、福島コースも問題なく対応可能。勝ち切るとすればこの手に限る。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:102.5

 
ディキシーナイト、ヒシイグアスのスプリングS組が人気の中心になっており、確かにその勝ち馬の皐月賞での着順を考えると妥当なのかもしれないが結果そのレースでパフォーマンス高かったのは後方から上位に来た馬だと考えられ、この2頭の中心人気には疑問が残る、しかしながら他路線のレベル、各馬のパフォーマンスを考えると他も信用し辛い、少なくとも力差を考えると斤量差が大きすぎる印象で低斤量馬を中心に考えてもよさそうだろう。狙っていっていいだろう。
 
   
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 石川 坂入 大川 今中 田中 予想オッズ
1 ギルマ 53.0 三浦 97.0 21.1
2 マイネルサーパス 54.0 柴田大 97.0 26.5
3 ダディーズマインド 54.0 宮崎 103.0 × 31.9
4 ポルーニン 53.0 武藤 97.0 × 101.7
5 ディキシーナイト 56.0 石橋脩 103.0 4.1
6 ブレイブメジャー 54.0 戸崎 103.0 9.1
7 インテンスライト 54.0 菊沢 103.0 × × 50.0
8 サヴォワールエメ 51.0 内田 94.0 84.0
9 ヒシイグアス 54.0 Mデム 100.0 4.8
10 レッドアネモス 54.0 北村友 100.0 × × 6.5
11 ヒルノダカール 53.0 丸山 94.0 47.9
12 ウインゼノビア 53.0 松岡 96.0 64.6
13 ゴータイミング 53.0 武豊 97.0 × 17.2
14 ブレイキングドーン 55.0 田辺 104.0 10.6
15 ランスオブプラーナ 57.0 松山 103.7 9.5
16 アドマイヤスコール 54.0 横山典 98.0 23.4


 

危険な人気馬 レッドアネモス(想定3人気)

 
前走の白百合ステークスは非常に強い内容だったレッドアネモス。しかしながら、牡馬相手とは言え10頭立ての小頭数の競馬で揉まれていない。今回は小回りコースな上に16頭のフルゲートだけに、道中スムーズに先行できなければプレッシャーがかかるケースも考えられる。飛ぶとすればこの馬か。
 

穴馬予想 マイネルサーパス(想定10人気)

 
きんもくせい特別で今回と同舞台をレコード勝ちしているマイネルサーパス。その時の2着馬が後のきさらぎ賞馬ダノンチェイサーという事を考えれば非常に価値の高い内容だっただろう。得てして、このタイプはキャリアを振り返って見れば福島の鬼という事も想定しておきたい。
 

編集部の見解

 
本命はディキシーナイト、前走のパフォーマンスが素晴らしい。早めに仕掛けた分きつくなったが強い内容の3着であったと感じる。追い切りの動きも良く、状態はかなり良く感じる。ハンデは少しだけ背負った感じはあるが、福島のコースも苦にしないと感じるし、このメンバーなら期待がもてる。対抗はブレイキングドーン、馬場が渋るのはこの馬にとってかなりのプラス。道悪は大丈夫なので後は気持ちの面次第か。追い切りの動きをみる限りはいい調整ができているので、後は展開等噛み合えばというところ。斤量55キロの面もプラス。▲はゴータイミング、充実しており今はとても状態がよく感じる。新馬戦では道悪で素晴らしいパフォーマンスを見せており、馬場は大丈夫と感じるので後は折り合いがつけばというところ。能力はこのメンバーの中でもひけをとらない。(石川)
 
開幕週の福島。本命は重賞勝ちがあるランスオブプラーナ。上手くスタートを決めマイペースに逃げられれば強い。戦ってきた相手を考えても勝ち負けか。対抗はレッドアネモス。小回りの競馬場がどうかだがこちらも前走のような競馬ができればここもいい競馬が出来るのではないか。(坂入)
 
正直全くわからないがランスオブプラーナが実績的には上位だとおもうものの斤量差を考えると他から行きたい気持ちになってしまう。で本命はブレイキングドーン。他路線組の地力が結局あんまりな気がするのでとなると成長してなくてもまだここから上位と判断。(大川)
 
◎ランスオブプラーナ、実積は頭一つ抜けている。すんなりハナに立てれば勝ち負けは固い。○ディキシーナイト、前が飛ばしてハイペースになるなら、最後に差すのはこの馬か。▲マイネルサーパス、福島はコース相性がかなり需要。一度勝っているこの馬は侮れない。(今中)
 
極論、何が勝ってもおかしくないレース。その中で前に行けつつ道悪にも対応できそうな馬を中心に印を組んで行った次第だ。ヒシイグアスはクラシックに向かわずじっくりと調整して来た点が好印象。ダディーズマインドは皐月賞であのペースをしっかり残った粘り腰を評価。マイネルサーパスはコース適性を、レッドアネモスは白百合ステークスの内容を軸に。(田中)

関連記事

関連タグ

著者