ダンスインザダークの血も要因

 

2018年10月21日 菊花賞 芝3000m 京都競馬場

1着:フィエールマン 牡3 (C.ルメール)
2着:エタリオウ 牡3 (M.デムーロ)
3着:ユーキャンスマイル 牡3 (武豊)

レースタイム:3:06.1(良)
レース上がり3ハロン:34.2
勝ち馬上がり3ハロン:33.9
 
道中、完璧なレース運びを見せたユーキャンスマイルが直線でも最速の上がりを駆使して上位2頭に次ぐ3着入線。武豊騎手の巧みな騎乗ぶり、友道厩舎の仕上げなど含めて総合的に他馬を上回った印象だ。それ以上に好走した余地としては、やはり菊花賞との相性が抜群と言えるダンスインザダークの血のおかげだろう。母ムードインディゴも秋華賞という大舞台で3着に入って大万馬券を演出、後々考えると好走するファクターが揃いも揃った1頭だった。
 

ユーキャンスマイル

 
ユーキャンスマイル(ムードインディゴ2015)

ユーキャンスマイル(ムードインディゴ2015)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ムードインディゴ
母父:ダンスインザダーク
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:8戦3勝(3-2-1-2)
主な戦績:菊花賞3着など
via google imghp
 
2歳暮れにデビュー後、右に大きくヨレる癖がありなかなか勝ち切れなかったユーキャンスマイル。それでも持ち前の素質の高さで未勝利→つばき賞と連勝しクラシック戦線に。しかし、重賞ではさすがに上手く立ち回る事は出来ず春を無念のシーズンとして過ごした。そして夏の阿賀野川特別で古馬相手に快勝し臨んだ菊花賞。初めて真っ直ぐ走れ、左ステッキも入れられる程に馬が成長。やはり血統馬というのは大舞台に合わせて成長して来るものなのだ。
 

血統背景

 
キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector Raise a Native
Raise You
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンフィス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
ムードインディゴ ダンスインザダーク サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダンシングキイ Nijinsky
Key Partner
リープフォージョイ Sharpo Sharpen Up
Moiety Bird
Humble Pie Known Fact
Scarcely Blessed


 

兄弟馬

 
ノガロ(ムードインディゴ2013)

ノガロ(ムードインディゴ2013)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ムードインディゴ
母父:ダンスインザダーク
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:16戦3勝(3-0-3-10)
主な戦績:野分特別など
via google imghp
 

近親馬

 
チャペルコンサート(リープフォージョイ1999)

チャペルコンサート(リープフォージョイ1999)

牝馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:リープフォージョイ
母父:Sharpo
所属:池江泰郎厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:26戦3勝(3-4-2-17)
主な戦績:オークス2着など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
母と母の姉はそれぞれG12着馬で父キングカメハメハと来ればある程度期待できるが当馬も母同様のあと一歩の結果までは出したので兄弟もある程度の成績は期待していいだろう。
 

前評判

 
金子オーナー所有馬らしくデビュー前は本当に情報が漏れてこない。その新馬戦ではかなり強い勝ち方をしたスラッシュメタル相手に、当馬はヨレるのを矯正しながら2着に押し上げる地力の高さを示していた。そう思えば、普通に真っ直ぐ走ってくれればもっと早く日の目を浴びた1頭だったのだろう。左回りは相性が良く、今後は右回りでも問題なく活躍して来る筈だ。
 

馬名の意味

 

笑ってごらん

 
金子氏のネーミングはふざけてる様でカッコいい。

関連記事

関連タグ

著者