ルメール騎手に合わせての遠征か

 
この時期に京都へ遠征して来る動機付けが余り分からないが、1つ言えるとするならばC.ルメール騎手の騎乗を確保する為というのが最もしっくり来る。姉のアーモンドアイを三冠牝馬に導き、それ以外でも大活躍中の同騎手。ここ最近は彼を中心にローテーションを組まれる傾向もあり、500万クラスの1戦ですらその影響力が及んでいる証拠。ユナカイトは距離適性的に桜花賞が最大目標となりそうだが、妹もそこまでエスコートして欲しい。
 

牡馬相手に正攻法の差しでV

 

2018年09月23日 2歳未勝利 芝1600m 中山競馬場

1着:ユナカイト 牝2 (C.ルメール)
2着:シセイタイガ 牡2 (江田照男)
3着:フィーユブランシェ 牝2 (木幡育也)

レースタイム:1:35.4(良)
レース上がり3ハロン:35.0
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
 
外枠スタートとなったユナカイト。無理に前へは行かずロスの無いスムーズな追走を心掛けた1戦。結果的に中団待機となったが、4コーナーでは手応え抜群のまま押し上げ直線コースへ。先に抜け出したシセイタイガを一気に差し切り、上がり最速の脚で見事な競馬を見せた。姉と同じ臨戦過程で初勝利をあげ、今後は重賞戦線での活躍が見込める1頭に違いない。
 

C.ルメール継続騎乗で決める

 
姉と同じ軌跡を辿れるか注目のユナカイト

姉と同じ軌跡を辿れるか注目のユナカイト

via google imghp
 
陣営も馬も『今度こそ』という想いは強いだろう。アーモンドアイの半妹ユナカイトが、新馬戦2着後の未勝利戦に必勝態勢で臨む。ここを勝てば姉と同じ臨戦過程で初勝利を上げる事になり、未来のクラシックホースに成り得るチャンスを掴む事になる。オカルト的要素が強いものの、いずれにせよ未勝利で地団駄を踏んでいる様では今後の活躍は望めない。そういう意味でもここは是が非でも勝っておきたい1戦、そのためにC.ルメール騎手が引き続き手綱を取る訳である。
 

姉同様で2着は縁起の良いスタート

 

2018年08月05日 2歳新馬 芝1400m 新潟競馬場

1着:ベルスール 牝2 (田辺裕信)
2着:ユナカイト 牝2 (C.ルメール)
3着:ニシノドレッシー 牝2 (的場勇人)

レースタイム:1:22.2(良)
レース上がり3ハロン:35.4
勝ち馬上がり3ハロン:35.2
 
大外枠から好発を決めたユナカイト。外々を回らせれる事もあり、道中は無理に前へ行かず先行集団の直後を追走するレース運び。新馬の割にはペースも淡々と流れ絶好のポジションで直線に入るも、ユナカイト自身上がり最速で伸びたが番手から抜け出したベルスールが更に前で突き抜け3馬身半差の2着に終わった。しかし、C.ルメール騎手は『アーモンドアイと同じ2着、なので次は勝ちます』とポジティブなコメントを残していた。
 

稽古の動き良く順調な滑り出し

 
ミカリーニョと互角の動きを見せるユナカイト

ミカリーニョと互角の動きを見せるユナカイト

via google imghp
 
日に日に稽古の動きが良くなって来ているユナカイト。ヨハネスブルグの影響もあり仕上がりが早く、最終追い切りもデビュー戦前としては合格点のデキだろう。何と言ってもアーモンドアイの半妹、世間の注目を一身に集めるのは当然の事だ。姉の実績と比べると可哀想だが、マイル以下の適性なら恐らく同馬の方が上だろう。妹は短距離のスペシャリストとして活躍の場を広げたい。新潟の芝1400mにスタンバイ、鞍上は勿論C.ルメール騎手。
 

ユナカイト

 
ユナカイト(フサイチパンドラ2016)

ユナカイト(フサイチパンドラ2016)

牝馬

父馬:ヨハネスブルグ
母馬:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
所属:木村哲也厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:2戦1勝(1-1-0-0)
主な戦績:2歳未勝利
via google imghp
 
半姉アーモンドアイが牝馬2冠を達成し、否が応でも注目が集まるユナカイト。父はヨハネスブルグに変わり、より短距離適性が上がった印象の産駒と言える。その姉がデビューする前から同馬自体の評判も良く、桜花賞を目標に調整が進められている。縁起を担いで姉と同じ新潟デビュー予定との事だが、クラシック戦線に名を連ねられれば母フサイチパンドラも繁殖牝馬として覚醒したと言って良い。馬体重は春の段階で458kg。
 

血統背景

 
ヨハネスブルグ ヘネシー Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Island Kitty Hawaii
T.C.Kitten
Myth オジジアン Damascus
Gonfalon
Yarn Mr.Prospector
Narrate
フサイチパンドラ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ロッタレース Nureyev Northern Dancer
Special
Sex Appeal Buckpasser
Best in Show


 

兄弟馬

 
アーモンドアイ(フサイチパンドラ2015)

アーモンドアイ(フサイチパンドラ2015)

牝馬

父馬:ロードカナロア
母馬:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:5戦4勝(4-1-0-0)
主な戦績:桜花賞、オークスなど
via google imghp
 

近親馬

 
Try My Best(Sex Appeal1975)

Try My Best(Sex Appeal1975)

牡馬

父馬:Northern Dancer
母馬:Sex Appeal
母父:Buckpasser
所属:Michael Vincent O'Brien厩舎(愛)
生産:Edward P.Taylor(米)
馬主:Robert Sangster

通算成績:5戦4勝(4-0-0-1)
主な戦績:デューハーストステークスなど
via google imghp
 
El Gran Senor(Sex Appeal1981)

El Gran Senor(Sex Appeal1981)

牡馬

父馬:Northern Dancer
母馬:Sex Appeal
母父:Buckpasser
所属:Michael Vincent O'Brien厩舎(愛)
生産:Edward P.Taylor(米)
馬主:Robert Sangster

通算成績:8戦7勝(7-1-0-0)
主な戦績:デューハーストステークス、英2000ギニー、愛ダービーなど
via google imghp
 
Xaar(Monroe1995)

Xaar(Monroe1995)

牡馬

父馬:Zafonic
母馬:Monroe
母父:Sir Ivor
所属:Andre Fabre厩舎(仏)
生産:Juddmonte Farms(英)
馬主:Khalid Abdulla

通算成績:11戦5勝(5-3-2-1)
主な戦績:サラマンドル賞、デューハーストステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.8pt

 
祖母のロッタレースは、トライマイベストとエルグランセニョールの下でヌレイエフ産駒そこにサンデーサイレンスを配合した母フサイチパンドラは、超良血でG1勝ちもあり繁殖も当然期待していたのに全く結果を出せずにいたがようやくアーモンドアイを出して貴重なファミリーを伸ばす事が出来た。本馬は父がヨハネスブルグに代わるのでその分、血統構成としては見劣るが母の可能性は再確認できたので当たればデカイが安定感にはかける血統だろう。
 

前評判

 
『ヨハネスブルグなので比較し辛いですが、姉と比べても完成度は非常に高いと思います。馬体や走りを見る限りダートもいけます、でもスピード感のあるフットワークなので芝で走ってもらいたいですね。距離はスプリントからマイルまでこなせる筈で、桜花賞に是非進んで欲しい1頭です』との事。全く性質の違う種牡馬だけに何とも言えないが、これも活躍してフサイチパンドラの系譜を広げて欲しいものだ。
 

馬名の意味

 

やさしく心を癒してくれるという天然石の一つ

 
血統からの連想では無さそう。姉アーモンドアイもそうだった様に響きでのネーミングか。

関連記事

関連タグ

著者