ファンタジーステークス直後

 

2019年11月1日 ファンタジーステークス 芝1400m 京都競馬場

1着:レシステンシア 牝2 (北村友一)
2着:マジックキャッスル 牝2 (戸崎圭太)
3着:クリアサウンド 牝2 (松山弘平)

レースタイム:1:20.7(良)
レース上がり3ハロン:35.1
勝ち馬上がり3ハロン:34.9
 
発馬良く、逃げる前の集団からやや離れた先行勢の内で理想的なポジショニングを取ったヤマカツマーメイド。道中もしっかりと脚を溜めれている様な形で4コーナーでは持ったままで前に取り付く、勝ちパターンに近い押し上げ方だった。直線も上手くスペースを確保して手応え良くGOサインを出したが、思いの外伸びを見せられず上位争いの3頭に加われないまま4着入線となった。想定以上の厳しいラップを刻んだ前半でジワジワと脚を使っていたのかもしれない。いずれにせよ、現状の力ではこれが精一杯の競馬か。
 

ファンタジーステークス直前

 
鋭い伸びで併走馬を圧倒するヤマカツマーメイド(左)

鋭い伸びで併走馬を圧倒するヤマカツマーメイド(左)

via google imghp
 
2連勝とメンバーの中では勢いNo.1の存在とも言えるヤマカツマーメイド。スッと先行できて終いの脚も使える器用なタイプで、そうそう大崩れする事はなさそうな1頭だろう。パンチ力という点で上位人気馬と比べるとどうかだが、得てしてハイペースや上がりのかかるタフな競馬となれば浮上して来るイメージ。どちらかと言えば父ロードカナロアよりも母父グラスワンダーの影響が色濃く出ているのだろう。雨が降っても恐らく難なく対応して来る筈だ。“ヤマカツ”の馬の鞍上にはやはり池添謙一騎手がしっくり来るのである。
 

ヤマカツマーメイド

 
ヤマカツマーメイド(ヤマカツマリリン2017)

ヤマカツマーメイド(ヤマカツマリリン2017)

牝馬

父馬:ロードカナロア
母馬:ヤマカツマリリン
母父:グラスワンダー
所属:池添兼雄厩舎(栗東)
生産:岡田牧場
馬主:山田和夫

通算成績:5戦2勝(2-1-0-2)
主な戦績:りんどう賞など
via google imghp
 
重賞5勝馬ヤマカツエースやフローラステークスで2着に入ったヤマカツグレースを兄姉に持つヤマカツマーメイド。父がロードカナロアに変わっても余りタイプは変わらず、上の2頭同様に長く渋い活躍をしそうな雰囲気がプンプンする1頭である。血統云々に関わらず、距離が延びても雨が降っても自身のパフォーマンスは常に発揮するイメージで、恐らく同世代の中でも長く安定した走りをするだけに良い意味で物差し馬的な扱いになって来るのではないだろうか。
 

血統構成

 
ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
レディブラッサム Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
ヤマカツマリリン グラスワンダー Silver Hawk Roberto
Gris Vitesse
Ameriflora Danzig
Graceful Touch
イクセプトフォーワンダ Tejabo Deputy Minister
Cutty
Unique Gal Bold Ruckus
Spin to Win


 

兄弟馬

 
ヤマカツエース(ヤマカツエース2012)

ヤマカツエース(ヤマカツエース2012)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ヤマカツマリリン
母父:グラスワンダー
所属:池添兼雄厩舎(栗東)
生産:岡田牧場
馬主:山田和夫

通算成績:30戦7勝(7-1-4-18)
主な戦績:金鯱賞、中山金杯、福島記念、NZTなど
via google imghp
 
ヤマカツグレース(ヤマカツマリリン2014)

ヤマカツグレース(ヤマカツマリリン2014)

牝馬

父馬:ハービンジャー
母馬:ヤマカツマリリン
母父:グラスワンダー
所属:池添兼雄厩舎(栗東)
生産:岡田牧場
馬主:山田博康

通算成績:25戦2勝(2-5-0-18)
主な戦績:大阪ーハンブルクカップなど
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.9pt

 
ファミリーには実績馬はいないが、兄弟に重賞クラス2頭がおりロードカナロア産駒といえば期待していい1頭だろう。
 

前評判

 
前評判という意味では、上にヤマカツエースとヤマカツグレースがいる時点でクラシック戦線を期待せざるを得ない注目馬だったのは確か。父がロードカナロアになって同性のヤマカツグレースよりも全体的に能力が上位互換されている筈で、2000m以下での走りなら重賞を意識しても良いだけの血統構成である。しかも馬自身が丈夫で長く活躍してくれる計算も立ちそうであり、まさに馬主孝行といった存在か。
 

馬名の意味

 

冠名+人魚

 
牝馬を意識したネーミング。

関連記事

関連タグ

著者