北九州記念直後

 

2019年8月18日 北九州記念 芝1200m 小倉競馬場

1着:ダイメイプリンセス 牝6 (秋山真一郎)
2着:ディアンドル 牝3 (北村友一)
3着:アンヴァル 牝4 (藤岡康太)

レースタイム:1:08.2(良)
レース上がり3ハロン:35.5
勝ち馬上がり3ハロン:34.5
 
+26kgと予想以上の馬体増で出走して来たモズスーパーフレア。スタートを決めて逃げるかと思われたが、内からイエローマリンバとラブカンプーが押してハナを主張。3番手に控えての競馬となった。スムーズに立ち回り直線では一旦先頭に立つも、最後の最後で脚が上がってしまい4着に敗れてしまった。とは言え、この仕上げで上位争いを演じているならやはり能力は相当に高い。次はスプリングステークスだろうが、きっちり絞れて来れば一気に戴冠まであるだろう。
 

北九州記念直前

 
軽快に坂路を駆け上がるモズスーパーフレア

軽快に坂路を駆け上がるモズスーパーフレア

via google imghp
 
調教の負荷をかけ過ぎた為に、高松宮記念ではガス欠状態だったモズスーパーフレア。陣営もその点を考慮して、調整の間隔などを工夫。やればやるだけ時計も出すタイプなだけに、その辺の見極めを秋の大一番スプリンターズステークスまでしっかりと持って行きたい。それでも一週前にはやはり坂路で50秒台を出している程で、今回も頭から飛ばして後続に脚を使わせる逃げには変わり無さそうだ。
 

高松宮記念直後

 

2019年3月24日 高松宮記念 芝1200m 中央競馬場

1着:ミスターメロディ 牡4 (福永祐一)
2着:セイウンコウセイ 牡6 (幸英明)
3着:ショウナンアンセム 牡6 (藤岡康太)

レースタイム:1:07.3(良)
レース上がり3ハロン:34.1
勝ち馬上がり3ハロン:33.6
 
スタートのタイミングはまずまずも、そこからいつものテンのスピードが見られず押して押してハナに立ったモズスーパーフレア。走り自体も硬く、結果として直線に入ると逆噴射するかの様にズルズルと後退。結果的に15着となってしまったが、管理する音無調教師も『少し負荷をかけ過ぎたかもしれないですね』と、中2週で中間もビシビシ追い切った事に本調子でない原因を探っていた。
 

高松宮記念直前

 
軽めのキャンターで調整するモズスーパーフレア

軽めのキャンターで調整するモズスーパーフレア

via google imghp
 
オーシャンステークスから中2週という事もあり、軽めの調整で疲れを取る事に専念したモズスーパーフレア。類まれなスピードは既にレースで実証済み、鞍上には無敗のコンビでフェブラリーステークスを制した絶好調の武豊騎手が跨るのだから鬼に金棒である。冬毛が残っているものの、それでも連勝して来ているあたり心配無用。ダノンスマッシュとの連勝馬対決に注目されているが、終わってみればあっさりとモズスーパーフレアが圧逃しているかもしれない。
 

オーシャンステークス直後

 

2019年3月2日 オーシャンステークス 芝1200m 中山競馬場

1着:モズスーパーフレア 牡4 (C.ルメール)
2着:ナックビーナス 牝6 (大野拓弥)
3着:ダイメイフジ 牡5 (松岡正海)

レースタイム:1:07.1(良)
レース上がり3ハロン:34.8
勝ち馬上がり3ハロン:34.8
 
外枠からあっさりとレースの主導権を握ったモズスーパーフレア。ナックビーナス、ラブカンプーなどのスプリント戦の強豪を引き連れハイペースで逃げる道中。前半32秒3という流れも同馬にとっては普通の流れなのだろう。直線に入ってもそのまま脚色を伸ばしつつ、ナックビーナス以下をあっさりと振り切って初重賞勝利を達成。鞍上のルメール騎手もその走りに満足し、次の高松宮記念でも戦える手応えを感じるコメントを残していた。
 

オーシャンステークス直前

 
ほぼ馬なりで50秒7を記録するモズスーパーフレア

ほぼ馬なりで50秒7を記録するモズスーパーフレア

via google imghp
 
モズスーパーフレアが絶好調の動きを披露。元より稽古は動くタイプだが、ここに来て体も大きくなり更に迫力あるフットワークで坂路を駆け上がって来る。最終追い切りも満足の行く走りを見せ、音無調教師も満足の表情。『中京(高松宮記念)は逃げ切るのが難しいコース、ここで結果を出せないと』と、あくまでも先の本番を見据えたコメントで奮い立たせる。今回はC.ルメール騎手が初騎乗となるが、スタートして先行押し切りは得意とするだけに手は合うに違いない。
 

モズスーパーフレア

 
モズスーパーフレア(Christies Treasur...

モズスーパーフレア(Christies Treasure2015)

牝馬

父馬:Speightstown
母馬:Christies Treasure
母父:Belong to Me
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:Alpha Delta Stables LLC(米)
馬主:キャピタルシステム

通算成績:16戦6勝(6-1-1-8)
主な戦績:カーバンクルステークスなど
via google imghp
 
2歳8月デビュー、新馬戦を圧勝するとそのまま小倉2歳ステークスでも1番人気に支持されたモズスーパーフレア。そこは人気を裏切るも、翌年もコンスタントに勝ち星を重ねてあっという間にオープン入りを決めている。特にカーバンクルステークスはハナから飛ばし行ける所まで行くスタイルからの完勝。地力を付けているのは間違いなく、重賞勝ちも目前の所まで来ているだろう。芝で活躍しているが、ダートでも相当面白い。
 

血統背景

 
Speightstown Gone West Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Secrettame Secretariat
Tamerett
Silken Cat Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Silken Doll Chieftain
Insilca
Christies Treasure Belong to Me Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Belonging Exclusive Native
Straight Deal
Roses At Sunset Valid Appeal In Reality
Desert Trial
Bid Gal Bold Bidder
Nowmepache


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
ファミリー、兄弟に日本実績はないが父が日本馬場との相性がよさそうなので強調材料としてはそれくらいだろう。
 

前評判

 
近年におけるSpeightstown産駒の猛威は凄まじい。全日本2歳優駿勝ち馬でNHKマイルカップ2着のリエノテソーロを始め、ダート1400mの日本レコードホルダーであるマテラスカイ、ニュージーランドトロフィー2着のメイソンジュニアなど、とにかく芝・ダート問わずマイル以下でスピード力を武器に押し切る競馬が身上とも言える。モズスーパーフレアはその典型でもあり、とにかく前へ行き切ってこそ。クラスが上がっても、条件が変われどとにかく前へ前へ。
 

馬名の意味

 

冠名+恒星の表面で起こるエネルギーの大爆発

 
何の引用もない響きでのネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者