調教の走りは絶好、鞍上も太鼓判

 
躍動感ある走りで併走馬を圧倒するムスコローソ

躍動感ある走りで併走馬を圧倒するムスコローソ

via google imghp
 
新馬戦の内容を考えれば当然の話だが、稽古の動きを見ればその能力の高さがハッキリと見て取れる。古馬に混じって3頭併せで行われた追い切りでは、余裕の手応えで格上と併入。2ヶ月の休養を経て更に馬が成長し全ての面でパワーアップした印象だ。距離が伸びる面も前走のレースぶりから不安は無く、今回初騎乗となる大野騎手も『具合が良かったですね。乘りやすいし、総合的な能力が高い』と期待を寄せるコメント。キャリア400勝に後1勝と迫ったベテランの目が静かに燃え上がっていた。
 

ダイナカール一族の血がいきなり覚醒

 
戸崎圭太騎手『最後はしっかり伸びた』

戸崎圭太騎手『最後はしっかり伸びた』

via google imghp
 

2017年06月18日 新馬戦 芝1400m 東京競馬場

1着:ムスコローソ 牡2 (戸崎圭太)
2着:リンシャンカイホウ 牡2 (内田博幸)
3着:エングローザー 牡2 (C.ルメール)

レースタイム:1:23.7(良)
レース上がり3ハロン:34.6
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
 
新馬戦らしく全馬バラついたスタート。縦長の展開となり波乱の様相を呈したが、インの先団でジッと我慢したムスコローソが直線で鋭く突き抜ける味な競馬を見せる。各馬がフラついて走る中、同馬は坂を駆け上がってから更に加速し後続に5馬身差を付ける完勝だった。騎乗した戸崎圭太騎手も、『ラストまでしっかりとキレましたね、これは走ります』とその内容を賞賛。今後の活躍が期待される。
 

ムスコローソ

 
ムスコローソ(ルナレガーロ2015)

ムスコローソ(ルナレガーロ2015)

牡馬

父馬:ヘニーヒューズ
母馬:ルナレガーロ
母父:アドマイヤムーン
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:落合幸宏

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
如何にも短距離馬という胸前のガッチリとした作り。その反面でトモ辺りの肉付きはやや物足りなく、ここから更にパワーアップする伸びシロも感じる馬体。いずれにせよ、同時期の他馬と比べると遥かに完成度は高く早くから活躍出来る仕上がり早のタイプには違いない。叔父にオレハマッテルゼがいる血統で、同じく短距離戦線での活躍が楽しみな1頭だ。馬体重は春の取材時点で495kg。
 

血統背景

 
ヘニーヒューズ ヘネシー Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Island Kitty Hawaii
T. C. Kitten
Meadow Flyer Meadowlake Hold Your Peace
Suspicious Native
Shortley Hagley
Short Winded
ルナレガーロ アドマイヤムーン エンドスウィープ フォーティナイナー
Broom Dance
マイケイティーズ サンデーサイレンス
ケイティーズファースト
カーリーエンジェル ジャッジアンジェルーチ Honest Pleasure
Victorian Queen
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー


 

兄弟馬

 
初仔
 

近親馬

 
エアグルーヴ

エアグルーヴ

牝馬

父馬:トニービン
母馬:ダイナカール
母父:ノーザンテースト
所属:伊藤雄二厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:ラッキーフィールド

通算成績:19戦9勝(9-5-3-2)
主な戦績:オークス、天皇賞秋など
via google imghp
 
オレハマッテルゼ

オレハマッテルゼ

牡馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:カーリーエンジェル
母父:ジャッジアンジェルーチ
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:小田切有一

通算成績:38戦9勝(9-8-5-16)
主な戦績:高松宮記念など
via google imghp
 
エガオヲミセテ

エガオヲミセテ

牝馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:カーリーエンジェル
母父:ジャッジアンジェルーチ
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:小田切有一

通算成績:19戦4勝 (4-1-3-11)
主な戦績:マイラーズカップ、阪神牝馬特別など
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
ダイナカール一族で父ジャッジアンジェルーチと良血血統でないながら結果を出しているカーリーエンジェルの孫。母自身は未勝利なので期待はできないがファミリー力は日本屈指でヘニーヒューズは持ち込みで結果を出しているので早熟短距離で結果は出してきそうな印象。
 

前評判

 
『春頃から急に体調が良くなって一気に変化を見せた1頭です。まさにアスリート体型でフットワークもキビキビと良い動き。勝ち気で走りに前向きな性格なので、短距離戦線での活躍を期待しています』との事。叔父オレハマッテルゼに続く、短距離GⅠのタイトルを狙える好素材かもしれない。
 

馬名の意味

 

筋肉が逞しい、マッチョな(イタリア語)

 
馬体を見たままの印象でネーミング。オーナーの潔さがまた良い。

関連記事

関連タグ

著者