プロキオンステークス直後

 

2019年7月8日 プロキオンステークス ダート1400m 中京競馬場

1着:アルクトス 牡4 (田辺裕信)
2着:ミッキーワイルド 牡4 (北村友一)
3着:ヴェンジェンス 牡6 (幸英明)

レースタイム:1:21.2(稍重)
レース上がり3ハロン:36.9
勝ち馬上がり3ハロン:36.5
 
発馬良く、前を見る形で自身はマイペースでの追走となったミッキーワイルド。逃げたマテラスカイやサクセスエナジーなどが飛ばし3ハロン33秒台のハイペースでレースは流れ、先行集団の1列後ろにいた本馬にとっては願ってもない展開。そのまま理想的な流れで直線コースへ入ると、馬群を割ってグイグイ前へ進出。途中、内から抜け出たアルクトスとの一騎打ちとなりゴール前で競り負けてしまって2着惜敗となった。しかし、重賞初挑戦でこの内容なら近い内にタイトル奪取は間違いないだろう。
 

プロキオンステークス直前

 
馬なりで坂路ラスト12秒1でまとめたミッキーワイルド

馬なりで坂路ラスト12秒1でまとめたミッキーワイルド

via google imghp
 
とにかくダートに転向してからの充実っぷりが半端ないミッキーワイルド。特にその脚質と操縦性含めた安定感が魅力で、その上終いの脚もしっかりしており勝ち切れるキャラクターでもある。まだ伸びシロは十分ありそうで、上のクラスに上がったからとは言え揉まれても負けないタイプの1頭だろう。ロードカナロア産駒のダート適性を証明する為にも、ここは3連勝で初タイトル獲得と勢いを付けたいところ。
 

麦秋ステークス直後

 

2019年6月2日 麦秋ステークス ダート1400m 東京競馬場

1着:ミッキーワイルド 牡4 (北村友一)
2着:サザンヴィグラス 牡4 (野中悠太郎)
3着:ハルクンノテソーロ 牡5 (田辺裕信)

レースタイム:1:23.5(良)
レース上がり3ハロン:36.1
勝ち馬上がり3ハロン:35.5
 
スタートを決めて前半は好位の外目を追走したミッキーワイルド。レースが動く局面でも慌てる事なくスッとポジションを上げて行くと、直線に入った時は抜群の手応えで前を窺う脚色。そこから先に抜け出しを図ったハルクンノテソーロを捉えにかかると、一気に脚を使って抜き去る走り。最後までその勢いは止まらず、結果2着サザンヴィグラスに4馬身差を付ける内容で連勝を飾った。このパフォーマンスが継続できれば重賞に上がっても非常に面白い存在だ。
 

ミッキーワイルド

 
ミッキーワイルド(ワイルドラズベリー2015)

ミッキーワイルド(ワイルドラズベリー2015)

牡馬

父馬:ロードカナロア
母馬:ワイルドラズベリー
母父:ファルブラヴ
所属:安田隆行厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:野田みづき

通算成績:13戦4勝(4-5-1-3)
主な戦績:麦秋ステークスなど
via google imghp
 
芝でデビュー勝ちを飾るも、上のクラスに上がってから頭打ちとなっていたミッキーワイルド。6戦目のダート路線へ転向してからは、適正の高さを見せ4着以下無しで安定感抜群の走りとなっている。父ロードカナロア自体がダート路線でも優に走れていたであろう事から、驚きの余地は無いもののここまで良いパフォーマンスが出ているのは母系の優秀さも相まっての事だろう。ファルブラヴの肌も産駒にスピード感を伝える上で重要な役割を果たしている。
 

血統背景

 
ロードカナロア キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
レディブラッサム Storm Cat Storm Bird
Terlingua
サラトガデュー Cormorant
Super Luna
ワイルドラズベリー ファルブラヴ Fairy King Northern Dancer
Fairy Bridge
Gift of the Night Slewpy
Little Nana
ディアアドマイヤ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
マリスターⅡ Baldski
Pink Dove


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
ベッラレイア(マリスターⅡ2004)

ベッラレイア(マリスターⅡ2004)

牝馬

父馬:ナリタトップロード
母馬:マリスターⅡ
母父:Baldski
所属:平田修厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田勝己

通算成績:17戦3勝(3-3-3-8)
主な戦績:フローラステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
マリスターⅡの一族だが活躍馬が多いわけではないのでSS×ファルブラヴの母がそこそこ走っている能力もありその母のロードカナロア産駒というくらいだろう。兄弟はまだ走ってきている馬はいないので当馬がひっぱっていく感じだが今後の走りに注目も兄弟の注目度はあまりない。
 

前評判

 
新馬戦で圧倒的1番人気を背負っていた様にデビュー前から注目の存在だったミッキーワイルド。それだけ調教で動いていた事もある様に、ポテンシャル自体は非常に高い1頭だろう。芝でポンポンと勝ち上がるも、上位クラスの馬には歯が立たず惨敗を繰り返していた。気分転換に出走した初ダート戦でいきなり好走すると、そこからグングン適正を見出しあっという間にオープン入り。今後の短距離路線でも目が離せない存在だ。
 

馬名の意味

 

冠名+野性の

 
ミッキーにはもはや何を付けても走るイメージしか湧かない。

関連記事

関連タグ

著者