マーメイドステークス2019の結果

 

マーメイドステークス2019の動画

 

レース回顧

 
アドラータが果敢にハナに立って先手を主張。2番手にレーツェル、続いてダンサールやフローレスマジックなどの人気勢が前の集団を形成した。前半1000mが59.8という淀みないペースで流れるも、馬群はある程度ひと塊で進み各馬にチャンスのある状態で直線コースへ。やや先行組がバテ始めた所の外を回って伸びて来たレッドランディーニがあっさり突き抜ける走りで単独先頭に立った。内から伸びるスカーレットカラーを抑えてそのまま押し切るかに見えたが、残り100mで一気に追い込んだ大外のサラスが見事にゴール前でハナ差かわして1着で入線。最後方からゴボウ抜きのパフォーマンスを見せて嬉しい重賞初勝利を飾った。
 

勝ち馬サラス

 
サラス

サラス

牝馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:ララア
母父:Tapit
所属:西村真幸厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:吉田照哉

通算成績:12戦4勝(4-1-3-4)
主な戦績:マーメイドステークスなど
via google imghp
 
オルフェーヴル産駒の影響か、走りにムラはあるもののやはり能力は一級品のサラス。3歳時に紫苑ステークスでも人気を集めた様に秘めたるポテンシャルは重賞級だったが、このマーメイドステークスでそれが一気に弾き出された印象だ。当然ながら軽斤量のお陰もあるがそれでも直線で15頭をゴボウ抜き出来る芸当は力が無いと難しいだろう。血統的にもこの勝利はフロックではなく、今後も牝馬の重賞戦においてはいつでも勝ち切るシーンを想定しておきたい1頭だ。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎センテリュオ
〇モーヴサファイア
▲サラス
レッドランディーニ
△ランドネ
ダンサール
スカーレットカラー
フローレスマジkック
×レーツェル
クィーンズベスト
 

馬連:想定13点:×不的中、三連単:想定224点:〇勝利

 
本命対抗は人気通りが無難だっただろう。勝ち負けのサラス、レッドランディーニは斤量込みで単穴想定でき連下は、単勝15倍未満、紐は、単勝20倍未満が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:98.5 ※想定RR:100.8

 
                       
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 石川 坂入 大川 今中 田中 単勝オッズ
1 3 サラス 51.0 松若 100.3 2:00.3 × 14.2
2 16 レッドランディーニ 51.0 池添 100.0 ハナ 26.8
3 15 スカーレットカラー 53.0 岩田康 101.3 3/4 10.6
4 4 センテリュオ 54.0 北村友 100.0 1.3/4 4.6
5 8 ウインクルサルーテ 50.0 高倉 95.5 1/2 89.3
6 11 モーヴサファイア 54.0 川田 98.5 クビ 4.8
7 7 チカノワール 50.0 小崎 94.0 ハナ × 80.2
8 14 クィーンズベスト 52.0 松山 96.0 1.3/4 16.4
9 1 サンティール 52.0 荻野極 96.7 1/2 × 31.1
10 2 ウスベニノキミ 49.0 酒井 97.7 1.3/4 × 34.4
11 13 ダンサール 51.0 藤岡康 90.0 3/4 × 7.1
12 9 アドラータ 50.0 坂井 90.0 1/2 × × × 35.8
13 12 フローレスマジック 55.0 石橋 102.6 クビ 12.7
14 6 カレンシリエージョ 50.0 秋山 96.5 1.1/4 × 36.2
15 5 ランドネ 54.0 Mデム 99.6 7 6.8
16 10 レーツェル 51.0 和田 90.0 ハナ × 16.1


 

危険な人気馬結果 フローレスマジック→13着(6人気)

 
結果として想定よりもだいぶ人気薄になった事が答えなのだろうか。道中は前目に付けて気持ち良さそうに走っていたが、直線で一気に減速。これまでに見せた事のない凡走ぶりで13着大敗を喫してしまった。ハンデ差もあったのだろう。
 

穴馬予想結果 サラス→1着(7人気)

 
見事、大外から一気の追い込みで重賞初勝利を飾ったサラス。51kgの斤量も活かした形だが、元々これくらいの潜在能力はあった馬である。血統的下地も十分であり、オルフェーヴル産駒らしいムラッ気はあるがそれでももう少し上を目指せる逸材だ。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ④⑪-②③⑤⑥⑩⑫⑬⑭⑮⑯ 不的中
単勝 3 1,420円 枠連 2-8 1,530円
複勝 3 500円 ワイド 3-16 5,520円
16 950円 3-15 2,480円
15 410円 15-16 3,840円
馬連 3-16 19,380円 馬単 3→16 33,680円
三連複 3-15-16 56,780円 三連単 3→16→15 391,310円


 

編集部の回顧

 
ハンデ戦らしく今年も荒れて、展開も予想よりもややハイペースに、難しいレースであった。勝ち馬サラスについて、展開がはまったかたちだが、勝ちきったところがとても評価できる。阪神コースを得意にしているが重賞ではやや足りない印象であったがハンデを活かしたのもあるが強い競馬であった。2着馬レッドランディーニ、とても悔しい2着。格上挑戦で大外枠と難しい条件の中いい内容の競馬であった。この馬も展開がはまったかたちだが近走のパフォーマンスは素晴らしいものがある。馬券外からはモーヴサファイア、センテリュオについて。2頭ともいい競馬をしたが枠とハンデの分といったところか。内容としては良いので次走注目したいところである。(石川)
 
勝ったサラスは軽ハンデとはいえ強い競馬だった。後方でじっと構え、直線も外一気での差し切り勝ちはお見事。松若騎手も慌てずじっと構え直線勝負にかけた。2000mも1番合う距離ではないか。終わってみれば5着まで道中10番手以下の馬が独占した結果となった。(坂入)
 
く~残念するぎ、単穴レッドランディーニは4コーナー抜群の手応えで先頭立ってしまって、直線でソラつかってしまってさされて2着、連下まで想定サラスにかわされてしまった。とはいえやはり低斤量の能力ある馬が上位にきた感じで斤量背負ってる組と斤量ほどの実力差はなかっただけにサラスも単穴まで上げておく判断が出来なかった自分をくいる。本命対抗も上位にはきてるだけに想定判断としては久々に良かっただけに実際に的中想定にならない結果になって残念である。(大川)
 
とにかく読めない一戦だった。パールステークス組は外せないと改めて思った。勝ったサラスは自在性が良く、松若騎手も思い切って乗ったのが良かった。(今中)
 
とにかくマーメイドステークスは荒れると思っていてもやはりそれ以上に荒れる。人気馬がここまでこぞって崩れるかというくらいに崩れる。頭では分かっていながらも、毎年上記人気組をしっかり抑えてしまうところが何故か悲しいと思える1戦だった。(田中)
 

マーメイドステークス2019の予想

 

◎センテリュオ

 
センテリュオ

センテリュオ

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:アドマイヤキラメキ
母父:エンドスウィープ
所属:高野友和厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:9戦3勝(4-4-0-1)
主な戦績:下鴨ステークスなど
via google imghp
 
前走の下鴨ステークスを楽勝の内容で差し切って見せたセンテリュオ。元々地力は高かったが体質面などで使い込めず、ようやく馬に身が入って来てパフォーマンスが十二分に発揮される様になった印象。これまでの全9戦中、8戦で連対するという完璧な内容のキャリア。ハンデ戦とは言え、ここで無様な競馬をする様なタイプには思えない。本命としては申し分なし。
 

○モーヴサファイア

 
モーヴサファイア

モーヴサファイア

牝馬

父馬:ハービンジャー
母馬:モルガナイト
母父:アグネスデジタル
所属:池添学厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田和美

通算成績:13戦5勝(5-4-0-4)
主な戦績:但馬ステークスなど
via google imghp
 
メキメキと力を付けて来たモーヴサファイア。2歳時から注目は集めていたが、喉の手術を皮切りに走りに安定感が増して来ている。特に阪神コースは4戦全連対を果たしており最も得意とする舞台。決め手勝負よりも混戦時にゴチャ付いた流れでスッと抜け出す競馬が合っているだけに、ハンデ戦のマーメイドステークスはピッタリの印象だ。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:100.6

 
フローレスマジック、センテリュオ、モーヴサファイアあたりが充実上位も斤量差以上の地力ではないので低斤量馬が台頭しそうなイメージ。積極的に狙っていっていいレースだろう。
 
 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 石川 坂入 大川 今中 田中 予想オッズ
1 サンティール 52.0 97.0 × 83.2
2 ウスベニノキミ 49.0 酒井 99.2 × 61.0
3 サラス 51.0 松若 93.0 × 23.9
4 センテリュオ 54.0 北村友 103.0 3.5
5 ランドネ 54.0 Mデム 102.2 21.6
6 カレンシリエージョ 50.0 秋山 99.3 × 92.8
7 チカノワール 50.0 小崎 90.0 × 129.3
8 ウインクルサルーテ 50.0 高倉 96.0 198.1
9 アドラータ 50.0 坂井 97.0 × × × 43.9
10 レーツェル 51.0 和田 91.0 × 27.8
11 モーヴサファイア 54.0 川田 94.0 4.5
12 フローレスマジック 55.0 石橋 104.0 4.9
13 ダンサール 51.0 藤岡康 93.0 × 13.2
14 クィーンズベスト 52.0 松山 96.0 16.2
15 スカーレットカラー 53.0 岩田 100.0 8.0
16 レッドランディーニ 51.0 池添 100.0 19.0


 

危険な人気馬 フローレスマジック(想定3人気)

 
地味に阪神コースは初となるフローレスマジック。トリッキーでは無いが、馬場やゴール前の坂などやはり走った事がある馬と無い馬では適正度合いが変わって来る。ましてや、それが多頭数のハンデ戦ともなれば立ち回りなども含めてやや割り引いておきたい。
 

穴馬予想 サラス(想定9人気)

 
前走のパールステークスでは上がり最速の脚を使って3着に入ったサラス。元々の潜在能力はここでも十分戦える素材で、何より阪神コースは3戦して馬券圏外になった事は無い相性の良い舞台でもある。内々で脚を溜め、直線で上手くスペースを確保出来れば割り込んで来る可能性は高い。
 

編集部の見解

 
本命はモーヴサファイア、前走とても素晴らしいパフォーマンス。強いメンバーの中いい競馬であった。近走の安定感もとても評価できる。追い切りの動きも1週前が素晴らしく、状態は良く感じる。馬場が渋っているのもプラスに働くであろうし期待できる。対抗はランドネ、前走は逃げることができずに直線では不利もあった、前々走では同型が多くハイペースにと負けはしたが敗因は明確であり、しっかりと自分のかたちに持ち込めば巻き返しがきく。このメンバーなら楽に運べそうだし馬場が渋っている点、追い切りの動きも絶品なので期待できる。スムーズに行けば今回とても面白いであろう。(石川)
 
ハンデ戦らしく混戦となった今年のマーメイドS。本命はモーヴサファイア。ベストは1800〜2000m、阪神コースもいまだ連対を外したこともなくコース相性もよい。川田騎手とも手が合うはず。対抗はセンテリュオ。4走前のレースではモーヴサファイアに敗れているが、0.2秒差ならばひけをとらないだろう。3番手以下も大混戦。軽ハンデ馬が突っ込んできてもなんら不思議ではない。(坂入)
 
勢い優先で本命センテリュオ、対抗モーヴサファイアで。斤量込みで狙いは単穴にレッドランディーニ。この斤量であれば能力的に勝ちまであるとみた。1着想定はこれでもあまいとおもうが連下大量に必要なレースなので結果点数つかってハズれる可能性も高いですがこのラインで勝負。(大川)
 
◎センテリュオ、荒れるレースだが、この馬の安定性を重視したい。連対を外したのが一回だけと毎回確実に走ってくれる。相手レベルが上がっても好走必至。○フローレスマジック、実績は1番あるが、毎回勝ちきれない。メンバーレベルの低いここなら勝てるか。△アドラータ、馬場次第ではこの馬の逃げ残りも十分あり得る。(今中)
 
過去の歴史を振り返っても荒れる時は荒れる。負ける時は強い馬でも負ける。そうなれば個人的に秋華賞前の500万下で見せた競馬が忘れられないダンサールを本命に。マーメイドステークスは滅法上手い藤岡康太騎手が乗ってくれるのは百人力だ。対抗にセンテリュオだが、前へすんなり行った時のランドネが最も怖い存在。(田中)

関連記事

関連タグ

著者