マイラーズカップ2019の結果

 

マイラーズカップ2019の動画

 

レース回顧

 
ダノンプレミアムが抑えてグァンチャーレの単騎先行からレースが始まった。見たままのスローペースでレースは流れ、完全な決め脚勝負となった1戦。持ったままで4コーナーを回って来たダノンプレミアムが、逃げ粘るグァンチャーレをあっさりと競り落としてそのまま押し切る強い内容で復帰後連勝を達成。2着にはそのグァンチャーレが、3着はインディチャンプとの競り合いを制したパクスアメリカーナが入線している。3番人気モズアスコットは休み明けか、全く良い所なく7着に終わっている。
 

勝ち馬ダノンプレミアム

 
ダノンプレミアム

ダノンプレミアム

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:インディアナギャル
母父:Intikhab
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム
馬主:ダノックス

通算成績:7戦6勝(6-0-0-1)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークス、マイラーズカップなど
via google imghp
 
スタートからあえて抑えて番手の競馬を実践したダノンプレミアム。調教でもラスト1Fだけを強く伸ばしていた様に、ハナからこの作戦で勝負しに来たのだろう。安田記念を前に試せるところはここしかなく、それでいて上がり32秒2を楽々とマークして快勝するのだからもはや敵なしの状態か。マイルまでならほぼ無双レベルで、ビューティージェネレーションが来日するなら日本対香港の実力馬による一騎打ちとなる公算が高い。それにしてもダノンプレミアムは只々強い。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎ダノンプレミアム
〇インディチャンプ
△モズアスコット
パクスアメリカーナ
×グァンチャーレ
ケイアイノーテック
 

馬連:想定5点:×不的中、三連単:想定24点:×不的中

 
本命はダノンプレミアム1択、単穴は不要で対抗連下は単勝15倍未満、紐は単勝50倍未満が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:108.3 ※想定RR:108.7

 
                 
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 石川 坂入 大川 今中 田中 単勝オッズ
1 6 ダノンプレミアム 57.0 川田 117.8 1:32.6 1.3
2 8 グァンチャーレ 56.0 池添 109.0 1.1/4 × × × × 23.8
3 2 パクスアメリカーナ 56.0 藤岡佑 110.8 アタマ 12.4
4 3 インディチャンプ 56.0 福永 112.5 クビ 4.7
5 1 ストーミーシー 56.0 北村友 105.8 1.1/4 124.9
6 9 ケイアイノーテック 58.0 Aシュ 106.7 1.1/4 × × 38.6
7 4 モズアスコット 58.0 Cルメ 111.1 2.1/2 × × 9.9
8 10 メイショウオワラ 54.0 武豊 98.8 3 95.3
9 5 コウエイタケル 56.0 小牧 98.9 3/4 340.8
10 7 トーアライジン 56.0 松山 90.7 4 379.8


 

危険な人気馬結果 パクスアメリカーナ→3着(4人気)

 
道中は内々で前の3頭を見る形でレースを進めたパクスアメリカーナ。直線に入って追われるとエンジンのかかりに少し時間が掛かったものの、最後のゴール前でグイッと加速しグァンチャーレに迫る脚で3着を確保。インディチャンプとの決め手勝負で勝ち切った事は評価すべきだろう。それでも、ダノンプレミアムとはやはり大きな差があると見る。
 

穴馬予想結果 該当馬なし

 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ③⑥-②④⑨ 不的中
単勝 6 130円 枠連 6-7 1,070円
複勝 6 110円 ワイド 6-8 360円
8 230円 2-6 250円
2 190円 2-8 830円
馬連 6-8 1,090円 馬単 6→8 1,200円
三連複 2-6-8 1,800円 三連単 6→8→2 4,680円


 

編集部の回顧

 
予想通りスローの展開に。勝ち馬のダノンプレミアムはしっかりと折り合い、上がりも使っているし素晴らしいの一言。まだ目一の仕上げではないし、本番に向けていいレースができたと思う。2着グァンチャーレについては最後良くかわされなかったと思う。この2着は大きい。馬券外からはインディチャンプについて、+10キロと太め感があり、ちょっと重い動きだったように思う。東京の方が合うであろうし、ペース的にも次回に期待がもてるであろう。(石川)
 
ダノンプレミアムは完勝だった。スタートも決まり番手につけ逃げ馬をピッタリマーク。直線も抜けだし危なげない勝利。このまま順調ならば安田記念も勝ち負けになるだろう。結果的には行った行ったの競馬で決まり開幕週らしい競馬だったがダノンプレミアムの強さだけが際立ったレースだったのではないか。(坂入)
 
ダノンプレミアムは、ペースが流れたらもっと地力さでていたがこのメンバーにしてはスローの展開で楽にグァンチャーレを交わすだけのレースで上がりは限界に近いタイムで上がっているので着差は関係なく楽勝という結果。やはりかなり強い。単穴不要だったがパクスアメリカーナとインディチャンプの2頭の2着候補が不甲斐なくグァンチャーレをとらえきれなかったが想定としてはベストだっただろう。58キロの2騎には辛かった。(大川)
 
ダノンプレミアムは強かったが、同厩舎のパクスアメリカーナはあきらか邪魔しないようにと言われていたようなレース運び。最後の伸びを見ても本気で勝ちに行けばもっと肉薄していた。ダノンプレミアムは今回ノーマークで楽に走れたが、本番はそうもいかない。長い直線でどうなるか、簡単に本命には推せない。(今中)
 
インディチャンプがあそこまで仕上げて来ていないというのを想定できていなかった。ダノンプレミアムに関しては相手がその体たらくでは当然ながら圧勝するだろう。唯一、穴を開けるとしたら超スローペースからの粘り込みという点でグァンチャーレが2着に入ったものの、安田記念では全く通用しないパフォーマンスだけにスルーで良いだろう。思いの外、パクスアメリカーナが頑張った事で評価を見直したい。(田中)
 

マイラーズカップ2019の予想

 

◎ダノンプレミアム

 
ダノンプレミアム

ダノンプレミアム

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:インディアナギャル
母父:Intikhab
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ケイアイファーム
馬主:ダノックス

通算成績:6戦5勝(5-0-0-1)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークス、金鯱賞など
via google imghp
 
昨年のダービー以来となる金鯱賞でリスグラシュー以下を危なげなく退けたダノンプレミアム。まだまだ余裕のある脚色で、4歳世代ではやはり最強クラスの1頭なのだろう。その後のローテーションに注目されていたが、今年はマイラーズカップから安田記念に向かうとの事。結果として、マイルのパフォーマンスが特に抜きん出ている事から短距離戦線を制圧する可能性は大。
 

○インディチャンプ

 
インディチャンプ

インディチャンプ

牡馬

父馬:ステイゴールド
母馬:ウィルパワー
母父:キングカメハメハ
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:8戦5勝(5-1-1-1)
主な戦績:東京新聞杯など
via google imghp
 
明け4歳世代では最も勢いを感じる1頭のインディチャンプ。前走の東京新聞杯では、出遅れながらも直線鮮やかに突き抜ける内容で重賞初制覇を達成した。決め手だけならダノンプレミアム以上で、スローペースからの瞬発力勝負の展開になればこちらに分がありそう。とにかく、スタートさえ決めればダノンプレミアムをマークしてどこまで立ち回れるか、そこに焦点が当たる。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:108.7

 
ひさびさマイルも先行力あるので圧倒的にダノンプレミアムだろう。2着探しもモズアスコットが背負っているのと休み明けを考えるとインディチャンプとパクスアメリカーナあたりだけだろう。ダノンプレミアムから上位流しで十分だろう。
 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 石川 坂入 大川 今中 田中 予想オッズ
1 ストーミーシー 56.0 北村友 104.6 59.2
2 パクスアメリカーナ 56.0 藤岡佑 110.3 7.1
3 インディチャンプ 56.0 福永 112.3 3.2
4 モズアスコット 58.0 Cルメ 112.4 × × 8.4
5 コウエイタケル 56.0 小牧 100.2 159.9
6 ダノンプレミアム 57.0 川田 117.7 1.9
7 トーアライジン 56.0 松山 91.0 267.0
8 グァンチャーレ 56.0 池添 106.8 × × × × 18.3
9 ケイアイノーテック 58.0 Aシュ 105.5 × × 23.5
10 メイショウオワラ 54.0 武豊 100.3 93.1


 

危険な人気馬 パクスアメリカーナ(想定3人気)

 
確かに京都金杯までのプロセスは文句なしのパクスアメリカーナ。しかし、そこからいきなりダノンプレミアムやインディチャンプあたりと当たって勝ち切れるかというといささか疑問符が付く。実力だけで言えばまだモズアスコット以下だろうし、そこは斤量差で埋められるとしてもせいぜい3~4着が精一杯か。
 

穴馬予想 該当馬なし

 

編集部の見解

 
本命はダノンプレミアム、このメンバーなら次の舞台のためにも負けられない一戦であろう。前走改めて能力の高さを示しているし、1600メートルも過去の成績を見る限り問題はなし。少頭数なのでどうゆうレースを組み立てていくのかに注目したい。追い切りでの動きも相変わらず素晴らしく、状態が良く感じる点も良し。対抗はインディチャンプ、追い切りの動きが良く、状態は良く感じる。とても能力の高い馬。少頭数なので詰まることはないであろうし、後は久しぶりの京都でこのメンバー相手にどのようなレースを披露してくれるかというところ。(石川)
 
本命はダノンプレミアム。前走は久々のうえ強敵を蹴散らし堂々と勝利。現時点1600mも間違いなく合うだろう。京都開幕週の高速馬場で時計勝負になっても軸不動。対抗は同じく中内田厩舎のパクスアメリカーナ。金杯以来となるが仕上がりはまずまず。時計勝負になった時に不安は残るが距離実績を考えて2番手候補とした。(坂入)
 
本命はダノンプレミアム。そもそもマイルでも楽に先行できる馬なので1800以上でもあの競馬できるわけで、本来はマイルのほうがパフォーマンスだせる馬のはずなのでここでこの相手にこの斤量で負けるわけがない。負けたとしても負けるわけがない想定でいい。単勝1.1でもぶっこむべきレースだろう。モズアスコットとケイアイノーテックは斤量込で紐までにした。相手はインディチャンプとパクスアメリカーナだけの想定で十分で◯も不要なレース。(大川)
 
◎パクスアメリカーナ、1800〜2000mならダノンプレミアムに勝てる馬はそうそういないが、マイルのスピード勝負ならこの馬の方が能力は上。○ダノンプレミアム、前走はかなり強かったが、1倍台になるほどの信頼は無いように思う。それでも普通に走れば馬券内は確実。△ケイアイノーテック、腐ってもG1馬。ノーマークで走れるので1発に期待したい。(今中)
 
ダノンプレミアムは速めのペースを行き切って押し切れれば勝ち確定だろうが、前哨戦のレースでそんな無理な競馬をすまい。最終追い切りを見ても最後の1Fだけ伸ばしてた事から、恐らく番手で進めて終いだけしっかりと走らせる算段の筈。そうなれば、それをマンマークして直線末脚を爆発させた時のインディチャンプが逆転すると考える。いずれにせよ、上位はこの2頭で決まり。後はパクスアメリカーナとモズアスコットの2頭のみ。(田中)

関連記事

関連タグ

著者