小倉2歳ステークス直後

 

2019年9月1日 小倉2歳ステークス 芝1200m 小倉競馬場

1着:マイネルグリット 牡2 (国分優作)
2着:トリプルエース 牡2 (和田竜二)
3着:ラウダシオン 牡2 (武豊)

レースタイム:1:10.5(重)
レース上がり3ハロン:36.8
勝ち馬上がり3ハロン:36.2
 
スタートはひと息だったが、慌てず徐々にポジションを押し上げて行き先行集団に取り付き競馬を進めたマイネルグリット。前にカイルアコナを見る形で絶好位のポジション。重馬場でも苦にする事なくしっかり芝を捉えて走る姿はやはりスクリーンヒーロー産駒ならではのパワータイプなのだろう。手応え良く直線を迎えると、先に抜け出したカイルアコナをあっさりと捉え、最後は内から追い込んで来たトリプルエースをクビ差振り切って重賞初制覇を達成。乗り替わりの国分優作騎手もきっちりと仕事を果たして見せた。
 

小倉2歳ステークス直前

 
国分優作騎手を背に鋭い動きを見せたマイネルグリット

国分優作騎手を背に鋭い動きを見せたマイネルグリット

via google imghp
 
実績、時計面を見てもNo.1の有力候補にあげるべきマイネルグリット。新馬でマイルを経験した後に、オープンクラスで400mの距離短縮から好タイムで快勝するといった並外れた身体能力を持っている1頭だ。スクリーンヒーロー産駒で馬格もあり、多頭数で混戦模様になった場合でも十分対応出来るタイプ。小倉2歳ステークス特有のゴチャツいた1戦になってもそうそう大きく崩れる事は無さそうである。
 

マイネルグリット

 
マイネルグリット(マイネショコラーデ2017)

マイネルグリット(マイネショコラーデ2017)

牡馬

父馬:スクリーンヒーロー
母馬:マイネショコラーデ
母父:ロージズインメイ
所属:吉田直弘厩舎(栗東)
生産:ビッグレッドファーム
馬主:サラブレッドクラブ・ラフィアン

通算成績:3戦3勝(3-0-0-0)
主な戦績:小倉2歳ステークスなど
via google imghp
 
まさにラフィアン軍団の直径とも言うべき血統構成。コスモヴァレンチ→マイネショコラーデの系譜もそうだが、それらの父がマイネルラヴ→ロージズインメイという生粋のビッグレッドファーム御用達配合なのである。その中でもドリームバレンチノやウインムートなど重賞活躍馬をコンスタントに輩出する優秀なファミリーであり、締めにスクリーンヒーローで一発大物が出ても何ら驚きはしない。
 

血統構成

 
スクリーンヒーロー グラスワンダー Silver Hawk Roberto
Gris Vitesse
Ameriflora Danzig
Graceful Touch
ランニングヒロイン サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ダイナアクトレス ノーザンテースト
モデルスポート
マイネショコラーデ ロージズインメイ Devil His Due Devil's Bag
Plenty O'Toole
Tell a Secret Speak John
Secret Retreat
コスモヴァレンチ マイネルラヴ Seeking the Gold
Heart of Joy
イブキローマン ブレイヴェストローマン
シラフジビゼン


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
ドリームバレンチノ(コスモヴァレンチ2007)

ドリームバレンチノ(コスモヴァレンチ2007)

牡馬

父馬:ロージズインメイ
母馬:コスモヴァレンチ
母父:マイネルラヴ
所属:加用正厩舎(栗東)
生産:ビッグレッドファーム
馬主:ライオンレースホース

通算成績:55戦12勝(12-11-5-27)
主な戦績:JBCスプリント、シルクロードステークスなど
via google imghp
 
ウインムート(コスモヴァレンチ2013)

ウインムート(コスモヴァレンチ2013)

牡馬

父馬:ロージズインメイ
母馬:コスモヴァレンチ
母父:マイネルラヴ
所属:加用正厩舎(栗東)
生産:コスモヴューファーム
馬主:ウイン

通算成績:33戦10勝 (10-2-2-19)
主な戦績:さきたま杯、兵庫ゴールドトロフィーなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
2歳Sの勝ち馬で名繁殖牝馬のコスモヴァレンチの娘で2歳S2着の実績のある母産駒にマイネル軍団大量投下のスクリーンヒーロー産駒。スクリーンヒーロー産駒は種牡馬として低い期待を裏切り大物を出したがその後、種付け数のわりにパッとした産駒が出てこない、しかも牝馬の活躍馬は出ていないので牡馬だけにその点は大丈夫だがどこまでやれるか注目の1頭だろう。
 

前評判

 
サラブレッドクラブ・ラフィアンで1600万円募集、スクリーンヒーロー産駒で血統的にもある程度期待が持てそうな所から考えれば妥当な価格帯と言えるだろう。コスモヴァレンチの流れを汲んだ牝系ならどこかで一発大物を出す事も十二分に考えられ、特に父の種牡馬実績を照らし合わせてみると初年度の本馬がいきなり該当するというのも案外に頷ける。
 

馬名の意味

 

冠名+闘志

 
響きによるネーミングだろう。

関連記事

関連タグ

著者