函館記念直後

 

2019年7月14日 函館記念 芝2000m 函館競馬場

1着:マイスタイル 牡5 (田中勝春)
2着:マイネルファンロン 牡4 (丹内祐次)
3着:ステイフーリッシュ 牡4 (中谷雄太)

レースタイム:1:59.6(良)
レース上がり3ハロン:35.9
勝ち馬上がり3ハロン:35.9
 
発馬を決めてスッと先手を取ったマイスタイル。マイネルファンロンを引き連れて馬群を引っ張る形となったが、自身は至って楽な形でリズム良くレースを進めて行った。前半1分を切るペースも本馬にとっては平均的な流れ。4コーナーでマイネルファンロンが早めに仕掛けて来ると一旦は先頭を譲ってしまうものの、また直線で見事盛り返して見せゴール前でクビ差競り勝った所がゴールとなった。まさに自分のスタイルで競馬が出来れば実にしぶとい実力馬である。
 

函館記念直前

 
ベストの舞台で重賞初制覇なるか、マイスタイル

ベストの舞台で重賞初制覇なるか、マイスタイル

via google imghp
 
マイスタイルの勇躍する場所はここ以外に考えられない。昨年堂々の連勝を飾ってオープン入りを果たした函館シリーズの舞台。その後は惜しい競馬が続いてタイトルを逃して来たものの、あとひとつ歯車が噛み合えば勝ち切れるポテンシャルの馬である。そのためにも、やはり当時のスタイルでもある絶対的なハナの主張を今回はもう一度見せて欲しい。ある程度ハイペースで行っても終いはもう一度粘り込めるだけに、函館2000m無敗の相性を思う存分活かしたいところである。
 

ダービー卿チャレンジトロフィー直後

 

2019年3月30日 ダービー卿チャレンジトロフィー 芝1600m 中山競馬場

1着:フィアーノロマーノ 牡5 (川田将雅)
2着:プリモシーン 牝4 (福永祐一)
3着:マイスタイル 牡5 (横山典弘)

レースタイム:1:31.7(良)
レース上がり3ハロン:35.2
勝ち馬上がり3ハロン:34.8
 
外枠が懸念されたが、横山典弘騎手が上手く好スタートを切って早い内にインへ誘導する好プレー。経済コースを回ってしっかりと前に付いて行く競馬はさすが巧みの技を見せてくれた。そのまま直線コースでも上手く勝ち馬の後ろから出して行って、最後は際どく3着に迫る走り。昆調教師もマイル重賞での戦い方にメドを立て、今後の見通しを明るく語っていたのが印象的だった。
 

マイスタイル

 
マイスタイル(ファーストナイナー2014)

マイスタイル(ファーストナイナー2014)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ファーストナイナー
母父:フォーティナイナー
所属:昆貢厩舎(栗東)
生産:猪野毛牧場
馬主:寺田千代乃

通算成績:21戦5勝(5-4-2-10)
主な戦績:函館記念など
via google imghp
 
遡れば牝馬でスプリントGⅠを制したビリーヴと近親関係にあるマイスタイル。自身もハーツクライの影響からかデビュー後暫くは距離を伸ばしつつのローテーションが多かったが、やはり古馬になって母父の血が覚醒し出したのだろう。距離適性が徐々に短くなり、マイル前後がベストの印象を受ける。決め手には欠け、前に行ってある程度スピードを乗せたまま直線に入って粘り込みたい。
 

血統背景

 
ハーツクライ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス トニービン カンパラ
Severn Bridge
ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
ファーストナイナー フォーティナイナー Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
File Tom Rolfe
Continue
レディダンジグ Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Lady's Secret Secretariat
Great Lady M.


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
ビリーヴ(グレートクリスティーヌ1998)

ビリーヴ(グレートクリスティーヌ1998)

牝馬

父馬:サンデーサイレンス
母馬:グレートクリスティーヌ
母父:Danzig
所属:昆貢厩舎(栗東)
生産:猪野毛牧場
馬主:寺田千代乃

通算成績:28戦10勝(10-3-5-10)
主な戦績:スプリンターズステークスなど
via google imghp
 

血統評価:1.0pt

 
一族としては、ビリーヴやストーンステッパーが出ているがファミリーしては実績馬はいない。兄弟もはしっていない。血統構成からの強調材料はない。
 

前評判

 
血統自体の出は良いが、母自体に繁殖実績が無い点とハーツクライ×フォーティナイナーという組み合わせがどうもピンと来ない1頭だった。それでも折り返しの未勝利を強い内容で勝ち上がると、弥生賞では2着。日本ダービーではあわやの競馬で4着入線と潜在能力の高さを早々に見せていた存在である。徐々にフォーティナイナーの血が強くなって来ているのはやはり母系の遺伝力が強い証拠だろう。
 

馬名の意味

 

私の生き方

 
どんな事があっても走りを貫いて行って欲しいという想いでネーミングか。

関連記事

関連タグ

著者