北海ハンデキャップ直後

 

2019年7月14日 北海ハンデキャップ 芝2600m 函館競馬場

1着:ポンデザール 牡4 (藤岡康太)
2着:ドリームスピリット 牡4 (武藤雅)
3着:ラクローチェ 牡3 (幸英明)

レースタイム:2:41.7(良)
レース上がり3ハロン:36.2
勝ち馬上がり3ハロン:35.5
 
道中は静かに最後方でジッとレースの局面を見定めるポンデザール。前半1000mが64秒近いスローペースとなるや否や、4コーナーで外々を一気に上がって行くと直線コースでは前を捉える捲り気味の競馬へ。単独で抜け出すと、最後はドリームスピリットが半馬身差詰め寄るもしっかりと振り切って3連勝を達成。ハーツクライ産駒が長距離路線でいよいよ覚醒の時を迎える。GⅠ馬の弟はやはり伊達ではない様だ。
 

北海ハンデキャップ直前

 
さすがの血統馬という流れで古馬になって帳尻を合わせて来た感のあるポンデザール。ハーツクライ産駒という事もありこの成長曲線はある程度予想できたが、それにしても前走の荒川峡特別は強かった。馬がガラリと変わった様な直線の伸び具合で、あの競馬がコンスタントに出来るなら昇級戦でも十分に戦える内容だったに違いない。力もあるタイプで洋芝にも適正がありそう、今回の北海道シリーズで長距離路線の注目馬として台頭できる可能性は高いのではないだろうか。
 

荒川峡特別直後

 
約9ヶ月ぶりとなったレースで、馬体重は大幅に増量。明らかに太め残しの作りで叩き台に思われた1戦だったが蓋を開けてみればポンデザールの圧勝劇。道中は後方待機も、勝負どころで前のヴァンクールシルクを目標に早めに動いて行く競馬。そこから直線長く良い脚を使い豪快に差し切る内容は馬体以上に成長を見せる素晴らしいパフォーマンスだったろう。今後は長距離路線でジワジワとクラスを駆け上がって行くに違いない。
 

3歳未勝利直後

 

2018年08月26日 3歳未勝利 芝2600m 札幌競馬場

1着:ポンデザール 牝3 (J.モレイラ)
2着:コロンバスデイ 牝3 (C.ルメール)
3着:エイカイオリンピア 牡3 (I.メンディザバル)

レースタイム:2:46.2(稍重)
レース上がり3ハロン:36.7
勝ち馬上がり3ハロン:35.8
 
道中はもっさりとした感じで追走、後方待機のまま前へ行く機会を窺いつつレースを静観したポンデザール。ペースが上がった4コーナー手前、J.モレイラ騎手の手が動いた瞬間にスイッチが入り一気に外目を進出。グングン加速するとあっという間に先行集団に取り付き、直線もその脚は衰える事無くコロンバスデイをあっさりと差し切って見せた。これまでの走りとは一変、重賞馬のそれの様なパフォーマンスで血統馬に相応しい内容の初勝利となった。
 

血統背景

 
ポンデザール(ジョコンダⅡ2015)

ポンデザール(ジョコンダⅡ2015)

牝馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ジョコンダⅡ
母父:Rossini
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:6戦3勝(3-0-0-3)
主な戦績:北海ハンデキャップなど
via google imghp
 
全体的に馬格が物足りない印象だが、牝馬で奥手のハーツクライという事を考えればまだまだこれからの成長で補えるだろう。何と言ってもサトノクラウンの下で堀厩舎。少なくとも全くの駄馬という可能性は限りなく低く、順調にデビュー出来れば桜花賞はともかくオークスを目標に立てれるレベルの馬にはなってくれる筈だ。スラーっとした胴と脚長からも長距離適性がまざまざと見て取れる。馬体重は春の取材時点で467kg。
 

血統背景

 
ハーツクライ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アイリッシュダンス トニービン カンパラ
Severn Bridge
ビューパーダンス Lyphard
My Bupers
ジョコンダⅡ Rossini Miswaki Mr.Prospector
Hopespringseternal
Touch of Greatness Hero's Honor
Ivory Wand
La Joconde Vettori Machiavellian
Air Distingue
Lust Pursuit of Love
Pato


 

兄弟馬

 
サトノクラウン(ジョコンダⅡ2012)

サトノクラウン(ジョコンダⅡ2012)

牡馬

父馬:Marju
母馬:ジョコンダⅡ
母父:Rossini
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:里見治

通算成績:20戦7勝(7-1-1-11)
主な戦績:宝塚記念、香港ヴァーズなど
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:2.3pt

 
半兄にサトノクラウンがいるものの他の兄弟が全く走っていないしファミリーに日本実績馬がまだいないので血統からの強調材料はない。
 

前評判

 
春の段階では、『まだ強い負荷の稽古はしていません。血統的にじっくりと行った方が良いでしょうし、馬が徐々に変わって来ているのも含めて無理はさせたくありませんからね。性格が素直で、ハーツクライ産駒らしい大きなフットワークでキレがありそうな走りを見せています』との事。サトノクラウン以降、ステイゴールド、ディープインパクトと来て結果が出ていないだけにここが試金石となる。
 

馬名の意味

 

ルーヴル美術館へと続くパリ、セーヌ川にかかる橋

 
フランスにかかる橋、即ち海外に渡って各地を渡り歩ける様な活躍を願っての命名だろう。サンデーレーシングらしいネーミングだ。

関連記事

関連タグ

著者